シティとリバプールの首位攻防戦は白熱ドロー…ハーランドが最速PL50ゴール到達もTAA弾で痛み分け【プレミアリーグ】

2023.11.25 23:38 Sat
Getty Images
プレミアリーグ第13節、マンチェスター・シティvsリバプールが25日にエティハド・スタジアムで行われ、1-1のドローに終わった。なお、リバプールのMF遠藤航は85分からプレーした。
PR
首位のシティ(勝ち点28)はインターナショナルブレーク前に行われた前節、チェルシーとのアウェイゲームを4-4のドローで終えてリーグ連勝が「3」でストップ。この取りこぼしによって下位との勝ち点差が縮まったなか、次節トッテナム戦を含めリーグ4連覇へ最初の正念場を迎える。グアルディオラ監督は宿敵を迎え撃った大一番で前節から先発1人を変更。グヴァルディオルに代えて負傷明けのアケを起用。ベンチメンバーではグリーリッシュやコバチッチが不在もストーンズが復帰している。
対する2位のリバプール(勝ち点27)は、前節のブレントフォード戦を3-0の快勝。ルートン・タウン、トゥールーズと格下相手に1分け1敗と低調な出来に終わっていたなか、きっちりバウンスバックを達成。良い形で代表戦による小休止に入っていた。要塞エティハドで8試合ぶりの白星を目指した一戦では前節から先発2人を変更。遠藤とガクポに代わってサスペンション明けのマク・アリスター、負傷明けのカーティス・ジョーンズが起用された。

代表戦明けの土曜ランチタイムキックオフで実現した注目の首位攻防戦。立ち上がりからリバプールが勢いを持ってハイプレスを仕掛けたが、これを冷静にかいくぐったシティがベルナルド・シウバ、ドクの左サイドの連携から続けて際どい場面を作り出す。

キックオフ直後の激しい攻防を経て試合は徐々にテンポダウン。シティがボールの主導権を握る形となり、ロドリ、ベルナルド・シウバを起点に細かく動かしながら相手守備に揺さぶりをかけていく。11分にはGKアリソンの不用意なビルドアップのミスからフォーデンにビッグチャンス。ボックス右角でパスカットして左足を振るが、ここはうまくミートし切れずにアリソンの正面を突いた。
一方、守備は粘り強く対応できているものの、ビルドアップではシティの組織的なプレスに手を焼くリバプール。また、リスク管理が徹底されたホームチームに対して狙いとするロングカウンターを発動できない。それでも、16分にはマティプの果敢な持ち上がりから相手守備を崩すと、サラーの右クロスをゴール前のヌニェスが頭で合わせ、GKエデルソンを初めて脅かす。

ここからしばらくリバプールが押し返すシーンを作り出したが、時間の経過とともにシティがペースを取り戻す。すると、前半半ば過ぎにアウェイチームのミスを逃さずにゴールをこじ開けた。

27分、カウンターを狙ったGKアリソンのパントキックのミスをボックス手前左で回収したアケがDF2枚相手にドリブルを仕掛けてボックス左のスペースを狙うハーランドの足元へラストパスを通す。ノルウェー代表FWはここからスムーズに左足を振り抜くと、アリソンの手をはじいたグラウンダーシュートがゴール右下隅に決まった。なお、2試合連発のハーランドはこれがプレミア通算50点目のメモリアルゴールとなった。

守勢の流れでミスから先制を許す厳しい展開となったアウェイチームはすぐさま反撃を開始。より前からボールを奪いに行く姿勢を見せると、35分にはアカンジの横パスを引っかけたソボスライからのラストパスに反応したヌニェスがボックス左でシュートを試みるが、これは惜しくも枠の左に外れる。

前半終盤にかけて試合はややオープンな展開に。この流れで世界屈指のアタッカーとディフェンダーによる見応え十分のマッチアップが繰り広げられるが、ここはマティプやルベン・ディアス、アケといった守備者が一枚上手の素晴らしいプレーをみせ、1-0のスコアのままハーフタイムに突入した。

迎えた後半、両チームは選手交代なしでスタート。互いにハーフタイムの修正を確認しつつの様子見の入りとなったなか、52分にはシティに最初の決定機。ハーランドを起点としたカウンターから左サイドでマク・アリスターを縦に振り切ったドクがボックス左に持ち込んで丁寧な折り返し。これをフリーで走り込んだアルバレスが左足ボレーで合わすが、枠を捉え切れず。

一方、相手のシュートミスに救われる形となったリバプールは直後の55分に2枚替えを敢行。ハムストリングを痛めたジョタに代えてルイス・ディアス、カーティス・ジョーンズに代えてグラフェンベルフをピッチに送り出した。

この交代とハーフタイムの修正によって後半は相手陣内深くまで侵攻する場面を作り出すリバプール。だが、集中したシティの守備を前に流れの中ではなかなかフィニッシュまで持ち込めず。セットプレーからチャンスを窺う形が続く。

後半半ばを過ぎると、試合の流れは再びシティへ傾いていくが、最後のところで粘るリバプールの守備を崩し切れず。頼みのハーランドもボックス内での幾つかのチャンスで仕留め切れない。

すると、試合を通じてなかなかチャンスを作れずにいたものの、最少得点差を維持し続けたアウェイチームの粘りが後半終盤に実る。80分、相手陣内左サイドで仕掛けたディアスが逆サイドに展開。これを受けたサラーが内側で浮いたアレクサンダー=アーノルドに短く繋ぐと、イングランド代表DFがボックス右で放った鋭い右足グラウンダーシュートがゴール左下隅へ突き刺さった。

土壇場で1-1のイーブンに戻したリバプールは、直後の85分にヌニェスとマク・アリスターの南米組を下げてエリオット、遠藤を同時投入。より攻守のバランスを整えて引き分けも視野に入れた戦い方にシフト。

一方、ホームで勝ち切りたいシティは最後まで交代カードを使わず、終盤にギアを上げて勝ち越しゴールを目指す。その中でドクの個人技やセットプレーで幾度かチャンスを作り出したが、ハーランドのヘディングシュートが枠のわずか右へ外れるなど2点目が遠かった。

そhして、試合はこのままタイムアップを迎え、インターナショナルブレーク明けの白熱の首位攻防戦は1-1のドローに終わった。

PR
関連ニュース

賭博違反疑惑によりパケタ獲得から手を引いていたシティ、今夏再アタックか

マンチェスター・シティはウェストハムのブラジル代表MFルーカス・パケタ(26)を今夏も狙うようだ。イギリス『HITC』が報じた。 現在はふくらはぎの負傷により離脱しているものの、2022年夏にリヨンから加入して以来、ウェストハムの攻撃を牽引し続けているパケタ。昨夏はマンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が獲得を熱望し、クラブ間で大筋合意に至ったともいわれた。 しかし、パケタがイングランドサッカー協会(FA)から賭博違反容疑の捜査対象となったことで破談に。それでもグアルディオラ監督は依然としてパケタの加入を望んでいるようで、シティは今夏の獲得を再び検討しているという。 FAはまだパケタの賭博違反容疑に関する判決を下していないものの、本人は人生で賭けをしたことは一度もないと主張し、携帯電話やパソコンなどの証拠を全て捜査のために提出しているとされている。 また、シティ移籍が成立しなかったことに腹を立てているパケタ陣営は、今度こそ取引の腰を折られないよう、FAに裁定を迫っているという。 ウェストハムでは在籍約1年半で通算68試合に出場し、10ゴール13アシストを記録しているパケタ。無事容疑が晴れるとともに、ステップアップとなるのだろうか。 2024.02.21 15:20 Wed

難敵撃破で首位肉薄のシティ、グアルディオラ監督「本当に良い試合をした」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、難敵相手の勝利を喜んだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 21日、ブレントフォードとのプレミアリーグ第18節延期分に臨んだシティ。先週末のチェルシー戦をドローで終え首位返り咲きの可能性が消失すると、この日も攻め込みながら中々得点を奪えずハーフタイムへ。後半も攻めあぐねる時間帯が続いたが、71分にFWアーリング・ハーランドがようやく先制点を決めると最後までこのリードを守り切り1-0で勝利した。 首位リバプールに1ポイント差まで迫ることに成功したグアルディオラ監督は、難敵相手の勝利を評しつつ、この試合ベンチ入りしながらも出場がなかったMFケビン・デ・ブライネの状態にも言及している。 「ブレントフォードは対戦するうえで非常に難しいチームだ。昨シーズン、彼らは我々から6ポイントを奪っているしね。信じられないほど組織化されたチームであり、(イヴァン・)トニーはボールキープの達人だ。素晴らしい選手だと思う。それに彼らはスローインやFKなど、あらゆる細部においても本当に優秀だ」 「彼らを相手にチャンスを作るのがどれほど難しいかを考えると、我々は本当に良い試合をしたと思う。本当に多くのチャンスを作れていた。この勝利によって、今は立ち直れただろう。今、我々はシーズンでもっとも厳しい時期を迎えている」 「今日はケビンを起用できなかった。ハムストリングに痛みがあり、リスクを負いたくなかったんだ。彼は大丈夫さ。5カ月の離脱があったのだから、リスクを負いたくなかった」 2024.02.21 11:40 Wed

ハーランド弾守り切ったシティがブレントフォードに競り勝つ! 2戦ぶり白星で首位リバプールと1pt差に【プレミアリーグ】

プレミアリーグ第18節延期分、マンチェスター・シティvsブレントフォードが20日にエティハド・スタジアムで行われ、ホームのシティが1-0で勝利した。 前節、チェルシーとの激闘を辛くも1-1のドローで終え、公式戦連勝が「11」でストップした2位のシティ。これで首位のリバプールとの勝ち点差は「4」に広がり、自力での首位返り咲きの可能性が消滅した。 クラブ・ワールドカップ参戦の影響で延期となっていた14位ブレントフォードとのアウェイゲームでは2戦ぶりの白星を狙った。中2日の一戦に向けてグアルディオラ監督は先発3人を変更。アケとデ・ブライネ、ドクをベンチに置き、ストーンズ、ベルナルド・シウバ、ボブを起用した。 約2週間前の前回対戦を踏襲する形で試合はスタート。立ち上がりからボールの主導権を握るシティは、開始直後にハーランドが早速エリア外から左足を振ると、7分にも左CKの二次攻撃から前回ハットトリックのフォーデンが鋭い左足ダイレクトボレーでゴールを脅かしていく。 一方、ブレントフォードは相手を引き込む形で2トップを起点にハイラインの背後を狙う。16分にはウィサのスルーパスで一気に背後へ飛びしたオニェカがボックス左に持ち込んでシュートを放つが、パワー不足のシュートはGKエデルソンに難なくキャッチされる。さらに、直後の19分にもボックス手前の好位置で得たFKで味方がずらしたボールをトニーが直接狙うが、わずかに枠の左へ外れる。 以降は互いに狙いとする戦いを継続し、拮抗した展開が続いていく。それでも、30分を過ぎた辺りから要所で攻撃にアクセントを付けるホームチームが多くの決定機を作り出す。 その流れでロドリの浮き球に反応したウォーカーのヘディングの折り返しをゴール前フリーのベルナルド・シウバがヘディングシュート、直後にアカンジの鋭いミドルシュート、セットプレーからルベン・ディアスのヘディングシュートと連続で決定機を創出。 さらに、37分にはこの試合最大の決定機。ボックス左でルーズボールを収めて仕掛けたボブが巧みなシュートフェイントでDFを外してGKの右を抜く右足シュートを放つ。だが、これはDFミーの圧巻のゴールカバーに阻まれた。 前半終盤にかけても多彩な仕掛けでアウェイチームを揺さぶり続けたシティだったが、前回対戦同様に再三の好守で立ちはだかるGKフレッケンに手を焼きゴールをこじ開けることはできなかった。 互いに選手交代なしで臨んだ後半も試合展開に大きな変化はなし。ハーフタイムの修正で攻撃を活性化させたいホームチームだったが、同じく守備面を修正してきたブレントフォードによりソリッドに守られて停滞してしまう。 この展開を受けてグアルディオラ監督は61分、ボブを下げて切り札のドクを投入。しかし、この交代も即攻撃を活性化させる一手とはならず。 以降ももう1枚の切り札であるデ・ブライネ投入の必要性を感じさせる停滞感が漂うが、ここまで完全に消えていたエースストライカーが決定的な仕事を果たす。 71分、自陣ボックス付近でのボール奪取からロドリ、アルバレスと繋いで最前線のハーランドに縦パスが入る。これをうまく収めたノルウェー代表は対峙したDFアイェルのスリップによって一気にスピードを上げてボックス付近まで運ぶと、冷静にGKのポジションを見極めてゴール左隅に左足のシュートを流し込んだ。 苦しみながらもエースのゴールで先制に成功したシティは、相手の出方を窺いながらゲームをコントロール。リスクを冒して攻めに出ることはせず、ブレントフォードが望むオープンな展開に持ち込ませない。 その後、冷静に時計を進めながら足が止まり始めた相手の隙を突いてフォーデン、ハーランドを起点としたカウンターで無理なく追加点を狙う。その形からフォーデンに2度のビッグチャンスが訪れるが、いずれもGKフレッケンのビッグセーブに阻まれる。 結局、追加点を奪えずに迎えた後半アディショナルタイムにはブレントフォードにセットプレーを与えて痺れる状況を作られたが、最後まで集中した対応でゴールを許さず。 この結果、エースのゴールでブレントフォードに競り勝ったシティが2戦ぶりの勝利を収めて首位リバプールとの勝ち点差を「1」に縮めた。 2024.02.21 06:31 Wed

“太り過ぎ”発言をグアルディオラ監督が謝罪…ウェストハム移籍のフィリップスの告白に「本当に申し訳ない」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、イングランド代表MFカルヴァン・フィリップスへの発言を謝罪した。イギリス『BBC』が伝えた。 2022年夏にリーズ・ユナイテッドから加入したフィリップス。しかし、ケガなどもあり出遅れると、期待された活躍ができず。それ以上に多くの出場機会を得られないまま、1月にウェストハムへとレンタル移籍することとなっていた。 そんな中、先日フィリップスがシティでの苦悩の日々についてインタビューで答え、その中でグアルディオラ監督から「太りすぎている」ということを公に言われたことがストレスだったと明かしていた。 グアルディオラ監督は、2022年12月にフィリップスがチームから外れた理由を説明。カタール・ワールドカップ後にチームに復帰した際に発言したものだったが、フィリップスの告白を受けて謝罪した。 「申し訳なかった。彼には謝りたいと思う。本当に申し訳ない」 「それについては確かに話をした。私は選手と話さず、メディアに何か言ったことはこれまでは一度もなかった」 しっかりと自身の非を認めたグアルディオラ監督。一方で、ウェストハムに行ってもフィリップスの苦悩は続き、加入後のファーストプレーで失点に絡むと、その後も失点に関与するなど環境を変えても難しい時間が続いている。 2024.02.20 09:35 Tue

宝田沙織&籾木結花が躍動のレスターが5発逆転勝ち!長谷川唯のシティは首位チェルシーとの大一番制し、勝ち点差ゼロに肉薄【FAWSL】

FA女子スーパーリーグ第14節が16日から18日にかけて各地で行われた。 なでしこジャパンのMF長谷川唯が所属する2位マンチェスター・シティ(勝ち点31)は、アウェイで首位チェルシー(勝ち点34)と対戦し、1-0で勝利を収めた。 今季の優勝を占う大一番と目された一戦は、14分にシティのイングランド女子代表MFジェス・パークが、チェルシーのスコットランド女子代表エリン・カスバートから中盤でボールを奪ってショートカウンターへ転じると、得点ランキングトップを走るジャマイカ女子代表FWカディジャ・ショーが沈め、シティが試合を動かす。 2点差以上の勝利で首位奪還のシティはなおも畳みかけるが、チェルシーも23歳のイングランド女子代表GKハンナ・ハンプトンが好セーブを披露。すると、次第に流れは徐々にチェルシーへ傾くが、シティも若きイングランド女子代表の守護神、19歳GKキアラ・キーティングのショットストップなどでゴールを許さない。 シティリードのまま迎えた最終盤は、チェルシーのハイボール攻勢に対し、シティは全員が自陣に引いての[5-4-1]で対抗。後半アディショナルタイムのチェルシーはイェレナ・チャンコビッチ、シェーケ・ニュスケンと決定機を迎えるが、シティはGKキーティングが神懸ったセーブで立ちはだかり、虎の子の1点を死守。激闘を制し、首位と勝ち点で並んだ。 なお、シティの長谷川はフル出場。チェルシーの浜野まいかはメンバー外だった。 中盤で欠かせない存在となっている長野風花が先発出場した5位リバプール(勝ち点19)は、11位ブライトン&ホーヴ・アルビオン(勝ち点11)の敵地に乗り込み、セリ・ホーランドの決勝点で1-0と辛勝。ポストに助けられる運もあり、最終盤には数的不利に陥るも、逃げ切りに成功した。 宝田沙織と籾木結花が先発した7位レスター・シティ(勝ち点13)は、最下位ブリストル・シティ(勝ち点6)とホームで対戦し、5-2と逆転勝ち。レスターは20分に先制を許すも、籾木が加入後初得点となる鮮やかなループシュートを沈めて33分に同点とすると、前半終了間際には宝田がタップインで逆転ゴールを奪う。折り返しての49分には追い付かれたものの、その後3点を追加し、ブリストルを突き放した。 清水梨紗、林穂之香、植木理子の3選手が揃って先発した9位ウェストハム(勝ち点11)は、残留を争うライバル・10位エバートン(勝ち点11)相手に、0-2と痛恨の敗戦。宮澤ひなたがケガで欠場中の4位マンチェスター・ユナイテッド(勝ち点24)は、リーグ記録更新となる6万160人の入場者を集めたエミレーツスタジアムでの敵地戦で、3位アーセナル(勝ち点28)に1-3と敗れている。 また、6位トッテナム(勝ち点19)vs8位アストン・ビラ(勝ち点13)は2-1でアストン・ビラが勝利し、中位は混戦模様となっている。 <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】長谷川唯フル出場のシティがチェルシーとの激闘を制す</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="jiDC6MRsYUc";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.19 20:20 Mon
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly