ベテラン勢出場の広島がEスタ最終戦3発快勝で有終の美! G大阪は今季最悪6連敗も残留決定【明治安田J1第33節】

2023.11.25 16:17 Sat
広島がEスタでのラストゲーム快勝で3位に。G大阪は泥沼連敗も残留決まる。
©︎J.LEAGUE
広島がEスタでのラストゲーム快勝で3位に。G大阪は泥沼連敗も残留決まる。
明治安田生命J1リーグ第33節の1試合が25日にエディオンスタジアム広島で行われ、ホームのサンフレッチェ広島が3-0でガンバ大阪を下した。

来季から新スタジアムに本拠地を移すため、エディオンスタジアム広島での最終戦になる4位の広島はベテラン勢がメンバー入り。バンディエラの青山は今季のリーグ戦で初めて先発した。一方、引き分け以上で自力残留が決まる15位のG大阪は出場停止明けのダワンが先発し、イッサム・ジェバリもベンチスタートながら復帰した。
立ち上がりから互いにフィニッシュの形まで持っていったが、青山がゴールに迫ったりと広島が徐々にリズム。すると、9分に細かな繋ぎから左サイドのスペースに抜け出した加藤が右足で丁寧にクロスを送り、ゴール前の満田がヘッドで今季4ゴール目。幸先よく先制する。

この先制した勢いに乗って、畳みかける広島はその2分後にも再び左サイドを起点に攻めると、東が一度ゴール前を見渡して左足でクロスを上げ、大外から中に入っていった中野がヘッドで嬉しいJ1初ゴール。先制ゴールから間を開けずの追加点でG大阪の突き放しに成功する。

先制点と同じく加藤とドウグラス・ヴィエイラも絡み、ウィングバックからウィングバックの形で追加点もあっさりと奪った広島は完全にペースを握る流れに。G大阪は前半のうちに1点でも返したいところだが、大半の時間帯で広島の対応に追われ、なかなか攻め手に回れない。
ハーフタイムを挟み、仕切り直しといきたいG大阪だが、前半を通じて終始ペースを握った広島が決定的な3点目。53分、川村の縦パスをバイタルエリア左で受けた加藤がボックス左に入ったところから右足コントロールショットをゴール右に決め、今季5ゴール目をマークする。

後半も失点を重ねるG大阪は60分にイッサム・ジェバリと山見のアタッカー2枚を投入。さらに67分に負傷交代の鈴木に代わって宇佐美を送りだす勝負手に打って出たが、依然として打開できず、73分に37歳の青山との交代で入った39歳の柴崎に左ポストを叩くシュートを許したりと劣勢が続く。

攻守に上回り続ける広島は83分に今季限りで引退する林や、もう1人の功労者である柏を送り込みながら、最後までペースを握り続け、エディオンスタジアム広島でのラストゲームを3発快勝。2試合ぶりの白星で順位も3位に上がった。

一方、G大阪はこれで今季最長6連敗の9試合勝ちなしとなり、17位だった湘南ベルマーレに抜かれて16位に後退。ただ、勝ち点5差の最下位横浜FCが他会場で敗れたため、最終節を残して残留が決まった。

サンフレッチェ広島 3-0 ガンバ大阪
【広島】
満田誠(前9)
中野就斗(前11)
加藤陸次樹(後8)
関連ニュース

レアンドロ・ダミアンが3月頭に母国復帰初戦…川崎F移籍にもつながった“恩師”のもとで選手キャリア最終章へ

元ブラジル代表FWレアンドロ・ダミアンの新天地初戦が近づいているようだ。 川崎フロンターレで5年間プレーしたレアンドロ・ダミアン。日本ではJ1リーグを2度、天皇杯を2度、YBCルヴァンカップを1度制し、2021シーズンはJ1得点王とMVPの個人2冠を成し遂げている。 34歳を迎えての母国復帰で選んだ新天地は、カンピオナート・ブラジレイロ・セリエB(ブラジル2部)のコリチーバ。現在は2024シーズンの全国リーグ開幕に先立ち、パラナ州選手権を戦っている。 12日に合流したというダミアンの契約は1年間。ブラジル『グローボ』によると、デビュー戦は最速で、3月3日に行われるパラナ州選手権ラウンド16・1stレグのシアノルテ戦だという。 ダミアン加入はコリチーバにとって今季の目玉補強。昨季まで本職センターフォワードを配置しない”偽9番”の時期が長かったようだが、ダミアンを置くことでそれを終わらせるプランがあるようだ。 ただ、サッカーはチームスポーツであり、周囲の選手との関わりなくして活躍はない。 ダミアンはどうやらサイドアタッカーを中心としたポジションの近い選手との連携、またチームへのフィット具合を慎重に見極められているようで、現段階ではさほど熟成されていないとのこと。「しばらくは途中出場中心か」とも予想されている。 また、川崎Fでのラストゲーム(昨年12月9日)から2カ月強、コンディションも上がりきっていないとレポートされている。 それでも、コリチーバを率いるは、ダミアンが川崎F移籍前に所属したインテルナシオナル時代の指揮官でもあるグト・フェレイラ監督(※1)。欧州移籍に失敗し、ブラジルに戻っても不遇を抜け出せなかったダミアンを復活させた人物…コリチーバ行きの決め手は、もちろんフェレイラ監督の存在だ。 ロンドン五輪得点王、ブラジル代表通算18キャップ、J1得点王…34歳レアンドロ・ダミアンは、恩師のもとで選手キャリア最終章を迎える。 (※1)フェレイラ監督は2017年5月〜11月にかけてインテルナシオナルを指揮。同年7月加入のダミアンはフェレイラ監督の下でブラジル2部リーグ17試合10得点を記録し、エースとしてチームの1部昇格に貢献した 2024.02.27 19:43 Tue

広島MF松本大弥が右ヒザのじん帯損傷で全治8週間

サンフレッチェ広島は27日、MF松本大弥の負傷を報告した。 松本は25日のトレーニングにて負傷。26日に広島県内の病院で検査を受けた結果、右ヒザ内側側副じん帯損傷と診断され、全治8週間となった。 広島ユース出身の松本は2019年からトップチームに所属し、2021年に大宮アルディージャ、2022年にツエーゲン金沢への期限付き移籍を経験。2023シーズンは広島に戻り、J1リーグ3試合、Jリーグカップ2試合、天皇杯2試合に出場した。 2024.02.27 17:33 Tue

福岡がイラン代表FWを獲得か? 現地報道…今季はリーグ戦16試合8ゴールを記録

イラン代表のFWシャバブ・ザヘディ(28)がJリーグでプレーする可能性があるようだ。 イラン『Tasnim News(タスニム通信社)』によると、アビスパ福岡に加入する可能性があるとのことだ。 『Tasnim News』は「ペルセポリスのサッカークラブのフォワード、シャハブ・ザヘディが日本のクラブ、アビスパ福岡に加入する予定だ。ザヘディは昨年7月にペルセポリスに加入したが、期待には応えられなかった」と伝えている。 ザヘディはイランのペルセポリスでプレーするストライカー。ペルセポリスでプロキャリアをスタートさせると、アイスランドのIBVヴェストマンナイジャール、韓国の水原三星ブルーウィングスでプレー。2019年8月からウクライナでプレーし、オリンピック・ドネツク、ゾリャ・ルハンシクでプレー。ハンガリーのプスカシュAFCでもプレーし2023年7月からペルセポリスに戻っていた。 今シーズンはペルシアン・ガルフ・プロリーグで16試合に出場し6ゴールを記録。2023年6月にはイラン代表デビューも果たしていた。 2024.02.27 13:35 Tue

神戸MF井出遥也が右ハムストリング肉離れで全治6~8週間…FUJIFILM SUPER CUPの川崎戦で負傷

ヴィッセル神戸は27日、MF井出遥也の負傷を報告した。 井出は17日に行われたFUJIFILM SUPER CUP 2024の川崎フロンターレ戦で負傷。神戸市内の病院で検査を行った結果、右ハムストリングの肉離れと診断されたとのことだ。全治は受傷日から6~8週間の見込みとなっている。 千葉県出身の井出は、ジェフユナイテッド千葉、ガンバ大阪、モンテディオ山形、東京ヴェルディを経て、2023シーズンから神戸に加入。昨シーズンは明治安田J1リーグで18試合に出場しており、リーグ優勝を決めた第33節の名古屋グランパス戦では貴重な先制ゴールを挙げていた。 2024.02.27 13:30 Tue

岐阜が青木拓矢を完全移籍で獲得! 昨季限りでFC東京を退団、J1で345試合出場のMFが初のJ3挑戦「経験を還元できたら」

FC岐阜は27日、FC東京を退団していたMF青木拓矢(34)が完全移籍で加入することを発表した。背番号は「21」をつける。 青木は前橋育英高校出身で、2008年に大宮アルディージャに加入しプロキャリアをスタート。2014年にはライバルである浦和レッズへと移籍し話題となった。 浦和では2020年にYBCルヴァンカップで優勝を経験。2021年にFC東京へと完全移籍すると、3年目の2023シーズンは出番が減少。ケガに悩まされるシーズンが続いていた。 これまでJ1通算345試合14得点を記録し、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)でも34試合に出場している経験者がJ3初挑戦となる。 青木はクラブを通じてコメントしている。 「はじめまして、青木拓矢です。まずはシーズンが開幕したこのタイミングでFC岐阜に加入することができ、本当に感謝しています」 「J2昇格のために力になりたいですし、僕の経験をチームに還元できたらと思います!そして、なによりサッカーを楽しみたいと思います!応援よろしくお願いします!」 2024.02.27 09:45 Tue
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly