ルヴァンカップ決勝で初優勝するときのデータって何かある?! の巻/倉井史也のJリーグ

2023.11.04 08:30 Sat
©超ワールドサッカー
今週はルヴァンカップ決勝にフォーカスオン!! 今回は決勝初出場の福岡と優勝2回、準優勝4回の浦和との決戦ということで、いくつか調べてみちゃうぞ、と。

まず初優勝ってそんなに難しいの?初めて優勝する前って何度ぐらい負けてるのってことで考えてみると
V川崎:1992年初優勝(その前の準優勝0回)
清水:1996年初優勝(その前の準優勝2回)
鹿島:1997年初優勝(その前の準優勝0回)
磐田:1998年初優勝(その前の準優勝2回)
柏1999年初優勝(その前の準優勝0回)
横浜FM:2001年初優勝(その前の準優勝0回)
浦和:2003年初優勝(その前の準優勝1回)
FC東京:2004年初優勝(その前の準優勝0回)
千葉:2005年初優勝(その前の準優勝1回)
G大阪:2007年初優勝(その前の準優勝1回)
大分:2008年初優勝(その前の準優勝0回)
湘南:2018年初優勝(その前の準優勝0回)
川崎F:2019年初優勝(その前の準優勝4回)
名古屋:2021年初優勝(その前の準優勝0回)
広島:2022年初優勝(その前の準優勝2回)

おお、こうしてみると過去15回の初優勝のチームが誕生したとき、そのうち8回は初出場初優勝。でも最初は当然初出場初優勝なので、7回って考えたほうがいいかも。そう考えると大体半分ぐらいは決勝進出して即優勝ってことですな。

ではその準優勝0回で優勝したチームと対戦相手は、直前のリーグ戦でどんなリザルトだったのかというと、
・1997年:鹿島(H&A)
※10月4日にリーグ終了、決勝は11月22日と11月29日
※1998年フランスワールドカップアジア最終予選は9月6日〜11月9日、ジョホールバルの歓喜は11月16日

・1999年:柏
※決勝11月3日
柏1-1横浜FM(H)
鹿島0-1広島(A)

・2001年:横浜FM
※決勝10月27日
横浜FM2-3C大阪(H)
磐田2-1札幌(A)

・2004年:FC東京
※決勝11月3日
FC東京1-1広島(A)
浦和2-0C大阪(A)

・2008年:大分
※決勝11月1日
大分0-1神戸(A)
清水3-1G大阪(H)

・2018年:湘南
※決勝10月27日
湘南2-2札幌(H)
横浜FM1-2G大阪(A)

・2021年:名古屋
※決勝10月30日
名古屋2-2神戸(H)
C大阪2-1横浜FM(H)

なな、なんと!! 初めての決勝進出で初優勝したチームって直前のリーグ戦で勝ってない!! 今回は福岡0-4横浜FM(H)、浦和0-0鹿島(A)。ってことで思わず「福岡、あるじゃん!!」とならないところがありまして。

現在、勝点54で得失点差+15の浦和が勝点45で得失点差-7の福岡にリーグ戦の順位でひっくり返されることってまずないでしょ。歴代初優勝したチームのリーグ戦の最終順位を調べると

・1997年:鹿島(H&A)
年間順位なし

・1999年:柏
柏:3位
鹿島:9位

・2001年:横浜FM
横浜FM:13位
磐田:2位

・2004年:FC東京
FC東京:8位
浦和:2位

・2008年:大分
大分:4位
清水:5位

・2018年:湘南
湘南:13位
横浜FM:12位

・2021年:名古屋
名古屋:5位
C大阪:12位

え……と、リーグ戦で最終的に上位だったチームが勝った回数は3回、下位だったチームが勝ったのは3回って、全然データ的に関係してない!! 結局その時の勢いが大事ってことですね。

でもまぁここでは面白いから、とりあえず福岡有利っていうデータもあるよってことで!!



【倉井史也】
試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。
関連ニュース

昇格組って初白星出るまでドキドキするけどそこにはこんなデーターが?! の巻/倉井史也のJリーグ

この時期、練習を見に行くと特にピリピリしてるのが昇格組なんですよね〜。去年とステージが違うって、やっぱり怖いもんです。最初に勝つまで「本当に勝てるのだろうか」って余計にドキドキするもんだと思いますよ。やってるほうも見てるほうも。そんな心臓に悪い試合ってどれくらい続くんでしょ? ということで、直近10年の昇格組が開幕から何試合目で勝利したかを調べてみました。でも、降格チーム数が2023年は1チーム、2020年は降格チームなしだったので、ここはデータから外しておきます。 【2022年】 ・磐田:△●○/3試合目※ ・京都:○/1試合目 【2021年】 ・徳島:△△●●●○/6試合目※ ・福岡:●△●○/4試合目 【2019年】 ・松本:△○/2試合目※ ・大分:○/1試合目 【2018年】 ・湘南:○/1試合目 ・長崎:●△△●●●○/7試合目※ ・名古屋:○/1試合目 【2017年】 ・札幌:●●△○/4試合目 ・清水:●○/2試合目 ・C大阪:△●△○/4試合目 【2016年】 ・大宮:○/1試合目 ・磐田:●○/2試合目 ・福岡:●△●△●△●○/8試合目※ 【2015年】 ・湘南:●○/2試合目 ・松本:△●○/3試合目※ ・山形:●●○/3試合目※ 【2014年】 ・G大阪:●○/2試合目 ・神戸:△△○/3試合目 ・徳島:●●●●●●●●●○/10試合目※ 【2013年】 ・甲府:△●●△○/5試合目 ・湘南:●△△●△●○/7試合目※ ・大分:●△△●●●●△●●●○/12試合目※ 【2012年】 ・FC東京:○/1試合目 ・鳥栖:△●○/2試合目 ・札幌:△●●●●●●●○/8試合目※ ということで、平均すると3.9試合。だいたい4試合目ぐらいまでにはみんなホッとしてる感じだと思います。でもって、試合数の後に付けている※印はその年に降格してしまったということを意味してて、深刻なのは初勝利が6試合目以降だったチームは全部降格してるってこと。2013年の甲府が5試合目で初勝利なんだけど降格してないから、今のところここが目安かな?:ということで、まずは5試合目までドキドキドキドキして見ちゃおうかな!! <div id="cws_ad"><hr>【倉井史也】</br>試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。</div> 2024.02.22 19:30 Thu

えっと、もうスーパーカップってホントですか?そうなんですか?! の巻/倉井史也のJリーグ

はい!! 今日のFUJI FILM スーパーカップから本格的に日本のサッカーシーズンスタート!! アジアカップとACLで見るほうは目がすっかり準備できてますからね。負けず劣らず日本国内でもいいサッカーを見せてほしいもんです。 で、このスーパーカップ、勝ったチームがその年のリーグを制したのって、1994年のV川崎、1998年の鹿島、2006年の浦和、2009年の鹿島、2013年の広島、2021年の川崎F。負けたほうがリーグを制したのって、2001年の鹿島、2004年の横浜FM、2008年の鹿島、2018年の川崎F。 つまりこの試合に出ているチームって、30シーズンのうち10シーズンで優勝してるんです。おお、何という高確率。さらに確率を上げるために、スーパーカップに出たチームが前年度は何位だったかというデータを出すと 1994年:V川崎(1位) 2-1 横浜F(7位、7位) 1995年:V川崎(1位) 2(4PK2)2 平塚(11位、2位) 1996年:横浜M(1位) 0-2 名古屋(4位、2位) 1997年:鹿島(1位) 3-2 V川崎(7位) 1998年:磐田(1位) 1-2 鹿島(1位、4位) 1999年:鹿島(1位) 2-1 清水(2位、5位) 2000年:磐田(1位) 1(3PK2)1 名古屋(4位) 2001年:鹿島(1位) 0-3 清水(8位)※ 2002年:鹿島(1位) 1(4PK5)1 清水(4位) 2003年:磐田(1位) 3-0 京都(6位) 2004年:横浜FM(1位) 1(2PK4)1 磐田(2位)※ 2005年:横浜FM(1位) 2(4PK5)2 東京V(9位) 2006年:G大阪(1位) 1-3 浦和(2位) 2007年:浦和(1位) 0-4 G大阪(3位) 2008年:鹿島(1位) 2(3PK4)2 広島(16位)※ 2009年:鹿島(1位) 3-0 G大阪(8位) 2010年:鹿島(1位) 1(5PK3)1 G大阪(3位) 2011年:名古屋(1位) 1(3PK1)1 鹿島(4位) 2012年:柏(1位) 2-1 FC東京(1位・J2) 2013年:広島(1位) 1-0 FC東京(10位) 2014年:広島(1位) 2-0 横浜FM(2位) 2015年:G大阪(1位) 2-0 浦和(2位) 2016年:広島(1位) 3-1 G大阪(2位) 2017年:鹿島(1位) 3-2 浦和(2位) 2018年:川崎F(1位) 2-3 C大阪(3位)※ 2019年:川崎F(1位) 1-0 浦和(5位) 2020年:横浜FM(1位) 3(2PK3)3 神戸(8位) 2021年:川崎F(1位) 3-2 G大阪(2位) 2022年:川崎F(1位) 0-2 浦和(6位) 2023年:横浜FM(1位) 2-1 甲府(18位・J2) こうやって見ると、スーパーカップに勝っても負けても、前年度リーグ戦1位のチームがその年も優勝してるんです。お、となるとやっぱり今年も勝っても負けても神戸有利? それも含めて楽しみましょ!! <div id="cws_ad"><hr>【倉井史也】</br>試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。</div> 2024.02.17 08:00 Sat

えっと、もうJリーグ始まる直前ってホントですか?そうなんですか?! の巻/倉井史也のJリーグ

すっかりアジアカップに没頭していたら、え? 来週土曜日ってもうスーパーカップ? まだ全然戦力分析終わってないんですけど。 そんなとき、最初にやってることをバラします。ざっくりとした方向を掴むために、【IN】【OUT】の人数を、去年と比べるんです。で、すごく多かったりすると「これは新しくチーム作り直したな」とか、監督が一緒で選手の出入りが少なかったら「熟成してきたな」とか、いろいろまず頭に入れるんです。 ということで、今週は去年と比較した選手の移籍状況を書き出しておいちゃうよ!! 監督は2023年シーズン終了時と2024年シーズン最初の監督は誰か、移籍のデータの元はJリーグ公式ホームページの「2023年シーズン移籍情報(J1は2023年9月27日18:53版・J2は2023年9月8日18:02版)」と「2024年シーズン移籍情報(2024年2月9日18:15版)」。するとこんな結果に!! ・札幌 監督:ミハイロ・ペトロヴィッチ(2023)→ミハイロ・ペトロヴィッチ(2024) 2023年IN:7人 2023年OUT:15人 2024年IN:12人 2024年OUT:12人 ・鹿島 監督:岩政大樹(2023)→ランコ・ポポヴィッチ(2024) 2023年IN:14人 2023年OUT:14人 2024年IN:5人 2024年OUT:11人 ・浦和 監督:マチェイ・スコルジャ(2023)→マティアス・ヘグモ(2024) 2023年IN:13人 2023年OUT:16人 2024年IN:11人 2024年OUT:17人 ・柏 監督:井原正巳(2023)→井原正巳(2024) 2023年IN:16人 2023年OUT:18人 2024年IN:9人 2024年OUT:14人 ・FC東京 監督:ピーター・クラモフスキー(2023)→ピーター・クラモフスキー(2024) 2023年IN:19人 2023年OUT:21人 2024年IN:14人 2024年OUT:15人 ・東京V 監督:城福浩(2023)→城福浩(2024) 2023年IN:15人 2023年OUT:20人 2024年IN:15人 2024年OUT:20人 ・町田 監督:黒田剛(2023)→黒田剛(2024) 2023年IN:25人 2023年OUT:19人 2024年IN:19人 2024年OUT:12人 ・川崎 監督:鬼木達(2023)→鬼木達(2024) 2023年IN:10人 2023年OUT:12人 2024年IN:12人 2024年OUT:12人 ・横浜FM 監督:ケヴィン・マスカット(2023)→ハリー・キューウェル(2024) 2023年IN:12人 2023年OUT:19人 2024年IN:8人 2024年OUT:8人 ・湘南 監督:山口智(2023)→山口智(2024) 2023年IN:14人 2023年OUT:21人 2024年IN:8人 2024年OUT:12人 ・新潟 監督:松橋力蔵(2023)→松橋力蔵(2024) 2023年IN:5人 2023年OUT:4人 2024年IN:9人 2024年OUT:10人 ・磐田 監督:横内昭展(2023)→横内昭展(2024) 2023年IN:6人 2023年OUT:8人 2024年IN:16人 2024年OUT:19人 ・名古屋 監督:長谷川健太(2023)→長谷川健太(2024) 2023年IN:15人 2023年OUT:22人 2024年IN:16人 2024年OUT:11人 ・京都 監督:曺貴裁(2023)→曺貴裁(2024) 2023年IN:16人 2023年OUT:19人 2024年IN:11人 2024年OUT:14人 ・G大阪 監督:ダニエル・ポヤトス(2023)→ダニエル・ポヤトス(2024) 2023年IN:14人 2023年OUT:16人 2024年IN:13人 2024年OUT:15人 ・C大阪 監督:小菊昭雄(2023)→小菊昭雄(2024) 2023年IN:15人 2023年OUT:17人 2024年IN:7人 2024年OUT:15人 ・神戸 監督:吉田孝行(2023)→吉田孝行(2024) 2023年IN:18人 2023年OUT:17人 2024年IN:13人 2024年OUT:12人 ・広島 監督:ミヒャエル・スキッベ(2023)→ミヒャエル・スキッベ(2024) 2023年IN:10人 2023年OUT:12人 2024年IN:5人 2024年OUT:6人 ・福岡 監督:長谷部茂利(2023)→長谷部茂利(2024) 2023年IN:9人 2023年OUT:11人 2024年IN:6人 2024年OUT:7人 ・鳥栖 監督:川井健太(2023)→川井健太(2024) 2023年IN:18人 2023年OUT:25人 2024年IN:14人 2024年OUT:19人 こうしてみると、監督が代わっているところって少ないし、なかなか堅実な補強をしているチームが多い感じ。これってきっと初めての20チームでのJ1で、どういう戦いになるか分からないから途中で補強をする余力を残してるって感じでしょうか。 それにしても磐田、今年はたーんと補強するんだよ〜!! <div id="cws_ad"><hr>【倉井史也】</br>試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。</div> 2024.02.10 19:00 Sat

みなさん、そろそろアジアカップの影響って心配になってませんか?! の巻/倉井史也のJリーグ

こうなってくると気になるのは、アジアカップのJリーグへの影響でしょ。だって1月開催の時は開幕前のキャンプに主力選手が参加できないし、1月からコンディション上げまくってて終盤まで持つかどうか分からないし、どっちかというとシーズン通して疲労困憊ってことになりかねないし。 でもって初夏に開催されても、暑い中でバンバン走り回ってるから大会後のケガとか心配だし、こっちもスタミナがどこまで持つかっていう問題もあるだろうし。 だからアジアカップの日本代表で、どのチームが一番多く選手を輩出していたかということと、その年のそのチームが何位だったか調べてみたよ!! 【1996年】 開催国:UAE 開催時期:12月 大会結果:準々決勝敗退 Jリーグ順位:関係せず 【2000年】 開催国:レバノン 開催時期:10月 大会結果:優勝 日本代表メンバー:横浜FM・磐田 各4人 Jリーグ順位 横浜FM:2位 磐田:4位 【2004年】 開催国:中国 開催時期:7月〜8月 大会結果:優勝 日本代表メンバー:鹿島・磐田 各4人 Jリーグ順位 鹿島:6位 磐田:5位 【2007年】 開催国:タイ・ベトナム・マレーシア・インドネシア 開催時期:7月 大会結果:4位 日本代表メンバー:千葉4人 Jリーグ順位 千葉:13位 【2011年】 開催国:カタール 開催時期:1月 大会結果:優勝 日本代表メンバー:鹿島・広島 各3人 Jリーグ順位 鹿島:6位 広島:7位 【2015年】 開催国:オーストラリア 開催時期:1月 大会結果:準々決勝敗退 日本代表メンバー:鹿島・FC東京・G大阪 各3人 Jリーグ順位 鹿島:5位 FC東京:4位 G大阪:2位 【2019年】 開催国:UAE 開催時期:1月〜2月 大会結果:準優勝 日本代表メンバー:G大阪・広島 各2人 Jリーグ順位 G大阪:7位 広島:6位 うーん、上位には食い込んでるんだけど優勝は出来てない。アジアカップの影響は大きいってことでしょう。でもこうしてみたらJリーガー少なくなってて、リーグ戦への影響は少ないのかも。ちょっと悲しいけど、とりあえずJリーガーの活躍に期待しましょう!! <div id="cws_ad"><hr>【倉井史也】</br>試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。</div> 2024.02.03 19:00 Sat

ふむふむ。Jリーグもかつて20チーム構成で行われたことがあったのじゃぞ?! の巻/倉井史也のJリーグ

アジアカップやってるし、各クラブの合宿もあるし、んでもってJリーグの日程も発表されて、もう去年からずっとサッカーシーズンつながってる感じしませんか。それってよくありませんか。秋春とか春秋とか言ってないで、冬冬でシーズンオフなし。選手は途中で勝手に2カ月の有給休暇取っていいとか、そんな感じもいいじゃないですか。 まぁよくないわけですけど。で、今年の日程を見てやっぱり時代が変わったと思うのは、J1からJ3まで20チームで揃ったってことです。これまでデータを調べるのに、2005年にJ1が18チーム構成になってから、2020年は降格がなかったから別建て、とかいろいろ考えなきゃいけなかったんですけど、これでまた最初からデータの構築をしなきゃいけないんです。今後は大禍で変なことになりませんように。 と思ってたんですけど、よく考えたらこれまでも20チーム構成ありましたよね。J1では2021年が20チーム構成だったし、J2では2011年が20チーム。とりあえずこの2つの年についていろいろ調べておきましょうか。 【J1リーグ・2021年】 ・最終順位 1 :  川崎 /勝ち点 92 2 :  横浜FM /勝ち点79 3 :  神戸 /勝ち点 73 4 :  鹿島 /勝ち点 69 5 :  名古屋 /勝ち点 66 6 :  浦和 /勝ち点 63 7 :  鳥栖 /勝ち点 59 8 :  福岡 /勝ち点 54 9 :  FC東京 /勝ち点53 10 : 札幌 /勝ち点 51 11 : 広島 /勝ち点 49 12 : C大阪 /勝ち点 48 13 : G大阪 /勝ち点 44 14 : 清水 /勝ち点 42 15 : 柏 /勝ち点  41 16 : 湘南 /勝ち点 37 17 : 徳島 /勝ち点 36 18 : 大分 /勝ち点 35 19 : 仙台 /勝ち点 28 20 : 横浜FC /勝ち点27 ・優勝決定 34節(残り4節) ・得点王(23点) レアンドロ・ダミアン(川崎) 前田大然(横浜FM) 【J2リーグ・2011年】 ・最終順位 1 :  FC東京 /勝ち点77 2 :  鳥栖 /勝ち点 69 3 :  札幌 /勝ち点 68 4 :  徳島 /勝ち点 65 5 :  東京V /勝ち点 59 6 :  千葉 /勝ち点 58 7 :  京都 /勝ち点 58 8 :  北九州 /勝ち点 58 9 :  草津 /勝ち点 57 10 : 栃木 /勝ち点 56 11 : 熊本 /勝ち点 51 12 : 大分 /勝ち点 50 13 : 岡山 /勝ち点 48 14 : 湘南 /勝ち点 46 15 : 愛媛 /勝ち点 44 16 : 富山 /勝ち点 43 17 : 水戸 /勝ち点 42 18 : 横浜FC /勝ち点41 19 : 鳥取 /勝ち点 31 20 : 岐阜 /勝ち点 24 ・優勝決定 37節(残り2節) ・得点王(23点) 豊田陽平(鳥栖) ってことで、調べてみたんだけどよく考えたら2021年は新型コロナウイルスの影響でいろいろ苦労しながら開催されたのと、川崎があまりに強すぎて数字的にちょっと偏りがありそうだし、2011年は東日本大震災の影響がありまくりで日程が変則になっていたので、これまた補正をかけなきゃいけないし。 ってことで、今年は参考になるデータがめちゃくちゃ少ない中での開幕ってことが分かりますよね。ね? 分かりますよね? 今年は当たらなくても許してくれますよね? 許してね!! <div id="cws_ad"><hr>【倉井史也】</br>試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。</div> 2024.01.28 12:45 Sun
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly