パリ五輪2次予選最終節なでしこ戦へ向け、ベトナム女子代表指揮官「まずは一生懸命プレーし続けること」

2023.10.30 18:20 Mon
オーストラリア&ニュージーランドW杯でもベトナム女子代表を指揮したマイ・ドゥク・チョン監督
Getty Images
オーストラリア&ニュージーランドW杯でもベトナム女子代表を指揮したマイ・ドゥク・チョン監督
ベトナム女子代表のマイ・ドゥク・チョン監督が、なでしこジャパン戦への展望を口にした。ベトナムサッカー連盟(VFF)が伝えている。

オーストラリア&ニュージーランド大会で、女子ワールドカップ(W初)初出場を飾るなど、近年の成長著しいベトナム。VFFのテクニカルダイレクター(TD)には6月から越田剛史氏が就任しており、オリンピック初出場へ向けても機運は高まっている。
ウズベキスタンでの集中開催となっているパリ・オリンピックアジア2次予選グループCでは、初戦こそホスト国であるウズベキスタン女子代表に0-1で惜敗したものの、第2戦のインド女子代表を3-1で勝利。11月1日にはなでしこジャパンと対戦する。

第19回アジア競技大会では日本女子代表に0-7で敗れ、日本優位との見方が強いものの、番狂わせを演じれば2次予選突破の可能性が残る。マイ・ドゥク・チョン監督はタフな試合になることを承知のうえで、「まずは一生懸命プレーし続けること」と意気込みを語った。

「(日本戦へ向けては)間違いなく精神的にも肉体的にも準備をしなければならないだろう。2試合を通して、ベトナム女子チームはウズベキスタンとインドと対戦し、優れたフィジカルの強さを見せた。よりボールを保持し、積極的に動き、優れた持久力があることも披露できた。(第2節、第3節の会場である)ロコモティフ(・スタジアム)のピッチがあまり良くないので、連動したパスに影響が出てしまうのが少し残念だ」
「サッカー日本代表チームは多様なプレーをするし、全員が同じ方向を向いて試合に臨んでいる。ベトナム女子チームはあらゆる状況に備えなければならないが、まずは一生懸命プレーし続けることだと思う」
関連ニュース

ベトナム代表のトルシエ監督が解任…W杯予選が厳しい状況も、パリ五輪最終予選を戦うU-23ベトナム代表が不在になる大問題に発展

ベトナムサッカー連盟(VFF)は27日、ベトナム代表を指揮するフィリップ・トルシエ監督(69)の解任を発表した。 かつては日本代表も指揮したトルシエ監督。退任後はカタール代表やモロッコ代表などの代表チームのほか、マルセイユなどでも指揮。2023年2月にベトナム代表監督に就任した。 2019年からはU-19ベトナム代表を指揮しており、長年ベトナムサッカーに携わってきており、パリ・オリンピック出場を目指すU-23ベトナム代表も兼任していた。 2026年の北中米ワールドカップ(W杯)アジア予選でベトナムを率いたが、グループステージ4試合を消化し、1勝3敗の勝ち点3。2位のインドネシア代表とは勝ち点差「4」となっており、2位以内に入ることが非常に難しい状況となっていた中、契約解除が発表された。 なお、後任人事に動く必要があり、A代表と共にU-23代表の監督探しも必要な状況。AFC U23アジアカップは目前に迫っており、まずはU-23ベトナム代表監督を探すことに注力するという。 また、6月のW杯予選に向けてA代表は監督を探すことになるが、間に合わない場合は暫定指揮も考えるとのことだ。 2024.03.27 20:30 Wed

アジアカップで日本代表を苦しめたインドネシアのロングスローがW杯予選でもさく裂!元東京Vアルハンの一投でトルシエ率いるベトナム撃破

アジアカップ2023で日本代表を苦しめたインドネシア代表のロングスローが、ワールドカップ(W杯)予選でも火を噴いた。 インドネシアは21日、2026北中米W杯アジア2次予選のグループF第3節で、フィリップ・トルシエ監督率いるベトナム代表をホームに迎え、1-0で勝利を収めた。 唯一のゴールが生まれたのは52分、東京ヴェルディにも在籍していたプラタマ・アルハンの一投からだった。 左サイド、決して深くはない位置からのスローインだったが、アルハンのロングスローはノーバウンドでボックス内まで到達。ゴール前で跳ねたボールを相手DFがクリアし損ねる、こぼれ球をエギ・マウラナ・フィクリが蹴り込むと、5万7696人の観衆が詰めかけたスタジアムは大歓声に包まれた。 日本もアジアカップではアルハンのロングスローから失点。飛び道具が脅威となっていたことは記憶に新しい。なお、2選手はハーフタイムの3枚替えに伴い、後半開始から出場。シン・テヨン監督の采配も功を奏した。 今大会は2027年アジアカップの予選も兼ねており、グループ上位2チームはW杯3次予選へ進むとともに、アジアカップ本大会出場権を獲得できる。東南アジアのライバルを下し、1勝1分け1敗としたインドネシアは、3戦全勝のイラクに次ぐグループF2位に浮上。大きな1勝となった。 <span class="paragraph-title">【動画】日本戦でも脅威となったアルハンのロングスローからインドネシアが決勝点!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="jAAWN9UTEqo";var video_start = 675;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】アルハンのロングスローから日本がアジアカップで失点したシーン</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="IeLgFc9Usvk";var video_start = 449;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.03.22 18:30 Fri

「歴史的ツーショットでは!?」来日したトルシエ監督がW杯に選ばなかった中村俊輔と笑顔の2ショット「この2人の笑顔が見れるなんて!」

ベトナム代表のフィリップ・トルシエ監督が視察のために来日。来日中に実現した2ショットが話題を呼んでいる。 1998年から2002年の日韓ワールドカップ(W杯)まで日本代表を指揮したトルシエ監督。2023年からはベトナムの監督に就任すると、アジアカップ2023では日本とも対戦。日本を相手に一時は逆転するなど、存在感を発揮していた。 そのトルシエ監督は、横浜FCでプレーするベトナム代表FWグエン・コンフオンの視察のために来日し、24日に行われたレノファ山口戦や、25日の栃木シティとのトレーニングマッチを視察していた。 トルシエ監督が母国フランスのボルドーで手掛けるワイン「Sol Beni - ソル・ベニ」の公式Xでは、視察時の様子が次々と公開。その中の1枚が話題だ。 公開された1枚でトルシエ監督が笑顔を浮かべる隣に並んでいるのは、横浜FCの中村俊輔コーチだ。2人は肩を組みながら中村氏も笑顔を浮かべている。 トルシエ監督が日本をベスト16に導いた日韓W杯で、代表メンバーから落選したことで大きな話題を呼んでいたのが中村氏だった。 そうした過去もあるだけに、この2ショットには「ものすごくエモーショナルな光景です」、「この2人が笑顔でツーショット撮る日が来るとは…!胸熱‼︎」、「これはエモい…」、「シドニー五輪から日韓W杯あたりの世代には刺さりまくる笑顔のツーショットだ」、「これは歴史的ツーショットでは!?」、「この2人の笑顔が見れるなんて!」と少なくない反響が寄せられている。 <span class="paragraph-title">【写真】「歴史的ツーショットでは!?」トルシエ監督と中村俊輔が笑顔の2ショット</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ja" dir="ltr">そしてトレーニングマッチの後には中村俊輔氏(横浜FCコーチ)にお会いして大変楽しくお話しさせていただきました。お別れの際には車までお見送りいただきました。<br>本当にありがとうございました。<a href="https://twitter.com/hashtag/%E4%B8%AD%E6%9D%91%E4%BF%8A%E8%BC%94?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#中村俊輔</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%A8%AA%E6%B5%9CFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#横浜FC</a> <a href="https://t.co/ZOJKtJmfTV">pic.twitter.com/ZOJKtJmfTV</a></p>&mdash; ソルベニ SOL BENI@トルシエ (@sol_beni_3_4_3) <a href="https://twitter.com/sol_beni_3_4_3/status/1761755500650385730?ref_src=twsrc%5Etfw">February 25, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.28 12:55 Wed

「危ない」「カンフーキックだ」日本戦の裏で起きた退場劇…ベトナム代表FWが飛び蹴り見舞う「完全にジャンピングニー」

アジアカップ2023のグループD第3節イラク代表vsベトナム代表の一戦で生まれたプレーが物議を醸している。 すでにグループ首位での決勝トーナメント進出を決めているイラクと、グループステージ敗退が決まっているベトナムの一戦。グループDのもう1試合、日本代表vsインドネシア代表戦と同時刻のキックオフとなった。 試合は、イラクがボールを持つもののベトナムがチャンスをものにする。17分のプレーはVARとオンフィールド・レビューによるチェックでオフサイドによりゴール取り消しとなったが、42分にブイ・ホアン・ベト・アインが先制ゴールを決める。 だが、それから間もない前半アディショナルタイムに痛恨のプレー。競り合いの際に飛び蹴りを見舞い、相手選手に乗っかるような格好となったクアット・ヴァン・カンが、この試合2枚目のイエローカードを受け退場となってしまった。 これには、ファンからも「こりゃアカン」、「カンフーキック」、「完全にジャンピングニー」、「マッスルインフェルノや」、「危ない」とコメントが集まっていた。また、判定に抗議したグエン・タイ・ソンにもイエローカードが提示されており、「よく抗議できたな」という声もあった。 なお、試合は数的優位を得たイラクが2点を奪って逆転。ベトナムも1人少ない中で追いつく気迫を見せたが、後半アディショナルタイムにイラクが勝負を決める3点目を奪い、3-2でイラクが勝利。クアット・ヴァン・カンの退場はベトナムに大きな負担をかけることとなった。 <span class="paragraph-title">【動画】ほぼ飛び蹴り…クアット・ヴァン・カンの退場シーン(1:31~)</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="en" dir="ltr"> HIGHLIGHTS | Iraq 3️⃣-2️⃣ Vietnam <br><br>It&#39;s the Aymen Hussein show once again in Group D!<br><br>Match Report <a href="https://t.co/87wP33dgDJ">https://t.co/87wP33dgDJ</a><a href="https://twitter.com/hashtag/AsianCup2023?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#AsianCup2023</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/HayyaAsia?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#HayyaAsia</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/IRQvVIE?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#IRQvVIE</a> <a href="https://t.co/DMekdWA4mF">pic.twitter.com/DMekdWA4mF</a></p>&mdash; #AsianCup2023 (@afcasiancup) <a href="https://twitter.com/afcasiancup/status/1750194383230779606?ref_src=twsrc%5Etfw">January 24, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.01.25 12:30 Thu

日本戦に続きアイメンが2得点! ベトナムが意地を見せるもGS首位確定済みのイラクが土壇場で勝ち越し3戦全勝【アジアカップ2023】

アジアカップ2023のグループD第3節イラク代表vsベトナム代表が24日にジャシム・ビン・ハマド・スタジアムで行われ、3-2でイラクが勝利した。 初戦でインドネシア代表を下し、第2節では日本代表からも勝利をあげたイラク。当該チーム同士の対戦成績により、グループ首位での決勝トーナメント進出を決めている。 対するベトナムは日本に善戦しながらも初戦を落とし、続くインドネシア戦も0-1で敗北。グループステージ敗退が決まっている中、少しでも爪痕を残したい一戦となった。 低い位置から繋ぐイラクに対し、高い位置から積極的にプレッシャーをかけにいくベトナム。しかし、時間が経つにつれイラクがペースを握り始める。 突破口を開けないまま15分が経過。すると17分、5バックでブロックを固めるベトナムがワンチャンスからネットを揺らす。 左サイド高い位置でスローインを得ると、その流れからヴォー・ミン・チョンがグラウンダーのクロス。ザイド・タシーンの必死に足を伸ばしたクリアがそのままゴールへ向かった。これでベトナム先制かに思われたが、VARとオンフィールド・レビューによるチェックの結果、クロスのタイミングでわずかにオフサイドがあったと判定され、ノーゴールに覆った。 肝を冷やしたイラクはその後もボールを保持。35分には相手GKのビルドアップミスからチャンスを得るが、シュートはDF陣の体を張ったブロックに遭う。 ゴールレスのままハーフタイム突入の気配も出てきた42分、またしてもベトナムがわずかな隙を突く。敵陣右サイドでFKを得ると、クアット・ヴァン・カンのクロスにブイ・ホアン・ベト・アインが右足から飛び込み、今度こそ先制に成功した。 このまま優位に試合を進めたいベトナムだったが、前半アディショナルタイムに予期せぬ事態が。競り合いの際に飛び蹴りを見舞うような格好となったクアット・ヴァン・カンが、この試合2枚目のイエローカードを受け退場。抗議したグエン・タイ・ソンにもイエローカードが提示され、後半に不安を残す形で試合を折り返した。 追いかけるイラクは後半頭から日本戦で2ゴールを決めたアイメン・フセインら2選手を投入。10人となったベトナムのフィリップ・トルシエ監督も1人選手を入れ替えるが、早々に失点してしまう。 47分、左CKを獲得したイラク。インスイングのクロスがゴール前に送り込まれると、レビン・カリーブ・スラカが頭で合わせ、理想的な後半の入りとした。 このまま逆転したいイラクは、ジダン・イクバルの個人技や、途中出場のユセフ・ワリ・アミンのヘディングなどでベトナムゴールに襲いかかる。すると、73分にはついにイラクが逆転。アリ・ジャシム・エライビが左サイドを突破すると、切り替えしてから右足で上げたクロスをアイメンが頭で押し込んだ。 さらに83分、ユセフ・ワリ・アミンがボックス内で倒されてPKを獲得すると、キッカーを務めたのはアイメン。しかし、ゴール左隅を狙ったがポストに阻まれ、追加点とはならなかった。 このまま終われないベトナムは最後に意地を見せる。アディショナルタイム1分、セットプレーの流れからイラク陣内で混戦を生み出すと、味方のパスに反応したグエン・クアン・ハイが最終ラインの裏へ抜け出す。そのままGKとの一対一を制し、土壇場で同点に追いついた。 ベトナムが追いつき、同点で終わるかと思われ中、10分の追加タイムが取られた試合はまだ終わらない。102分、再びユセフ・ワリ・アミンがボックス内で倒され、イラクがPKを獲得。今度はアイメンが右隅にきっちり決め勝負あり。3-2とシーソーゲームを制したイラクが3戦全勝で決勝トーナメントでの戦いに弾みをつけた。 イラク代表 3-2 ベトナム代表 【イラク】 レビン・カリーブ・スラカ(後2) アイメン・フセイン(後28、後45+12[PK]) 【ベトナム】 ブイ・ホアン・ベト・アイン(前42) グエン・クアン・ハイ(後45+1) <span class="paragraph-title">【動画】日本を撃破したアイメンが試合を決める!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1750151688042737818?ref_src=twsrc%5Etfw">January 24, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.01.24 22:53 Wed
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly