負傷交代のガクポは重傷回避、代表ウィーク明けのダービーで復帰の見込みか

2023.10.03 10:25 Tue
Getty Images
負傷したリバプールのオランダ代表FWコーディ・ガクポだが、重傷は免れたようだ。

今シーズンもリバプールの主力の一人として、ここまで公式戦8試合の出場で3ゴールを記録しているガクポ。しかし、9月30日に行われたプレミアリーグ第7節のトッテナム戦では、同点ゴールを決めた直後にヒザを負傷し前半だけでピッチを退いていた。
試合後にはユルゲン・クロップ監督からも状態を心配されていたガクポだが、イギリス『The Athletic』のジェームズ・ピアース記者によると長期離脱は回避できた模様。インターナショナルマッチウィーク明けのプレミアリーグ第9節で行われる、エバートンとの“マージーサイド・ダービー”で復帰を目指すとのことだ。

ただし、この負傷で今週予定されているヨーロッパリーグ(EL)グループE第2節のロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズ戦と、プレミアリーグ第8節のブライトン&ホーヴ・アルビオン戦は欠場が確実に。特にブライトン戦はFWジオゴ・ジョタも出場停止となっているだけに、クロップ監督は難しい舵取りを迫られている。

関連ニュース

ファン・ダイク今季初弾にソボスライがダメ押し! 遠藤航フル出場のリバプールが新生ブレイズ撃破で連勝【プレミアリーグ】

プレミアリーグ第15節、シェフィールド・ユナイテッドvsリバプールが6日にブラモール・レーンで行われ、アウェイのリバプールが0-2で勝利した。なお、リバプールのMF遠藤航はフル出場した。 前節、フルアムとの壮絶な撃ち合いを遠藤のプレミア初ゴールやアレクサンダー=アーノルドの2ゴールで劇的に制した2位のリバプール。連勝を狙う今節はヘッキングボトム監督を解任し、ワイルダー新監督を招へいした最下位のブレイズとのアウェイゲームに臨んだ。 クロップ監督は中2日の一戦に向けて先発4人を変更。負傷のマティプに代えてコナテを起用したほか、ツィミカスとグラフェンベルフ、ヌニェスに代えてジョー・ゴメス、遠藤、ガクポを起用した。 ワイルダー監督帰還で盛り上がりを見せるブラモール・レーンで幕を開けた一戦は拮抗した立ち上がりに。リバプールは10分、遠藤の見事な自陣中央でのプレス回避からの左サイドへの展開から最初の決定機。スペースを持ち上がったルイス・ディアスからの正確なクロスをファーでフリーのサラーが左足ダイレクトボレーで合わすが、これをうまくミートできない。 一方、守勢を凌いだブレイズは直後の12分にビッグチャンス。中盤でジョー・ゴメスからボールを奪い切ったアーチャーが数的同数のカウンターに持ち込み、ボックス左に走り込むマカティーにラストパスを通すと、マカティーは胸トラップから左足のシュートを放つ。だが、これはGKケレハーのビッグセーブに阻まれた。 その後はミスを引きずるジョー・ゴメスを筆頭にややアウェイの空気に呑まれたリバプールは、ボールを握って押し込む一方、相手の鋭いカウンターに手を焼く。18分にはアーチャーにボックス内まで運ばれるが、DFファン・ダイクが最後のところで逡巡した相手の隙を見逃さずに見事なブロックで阻む。 時間の経過とともに落ち着きを取り戻したアウェイチームは、80%を超えるボール支配率で相手を押し込みながら左サイドのディアスが再三勝負を仕掛けて多くのCKを獲得。その流れから制空権を握るコナテ、ファン・ダイクがフィニッシュに繋げていく。 以降もハーフコートゲームを展開していくと、やはりセットプレーが試合を動かす契機となる。37分、右CKの場面でアレクサンダー=アーノルドが入れた右足アウトスウィングのクロスをボックス中央でフリーになったファン・ダイクが右足ダイレクトでゴール左隅へ蹴り込んだ。 苦しみながらも頼れる主将の今季初ゴールで先手を奪ったクロップのチームは、前半のうちに追加点こそ奪えなかったものの危なげなく1点リードで前半を終えた。 後半も試合展開に大きな変化はなし。前半に比べて前からボールを奪いにきたブレイズをいなすリバプールは、前半同様にセットプレーから最初の決定機。55分、先制点と似た形からアレクサンダー=アーノルドが入れた右足アウトスウィングのクロスをサラーが強烈な右足ボレーで合わせる。だが、これはGKフォダリンガムの圧巻のワンハンドセーブに阻まれた。 2点目のチャンスを逸したリバプールはこの直後にアクシデント。前半から幾度となく相手のチャージを受けていたマク・アリスターがピッチに座り込んでしまい、プレー続行不可能に。57分にカーティス・ジョーンズがスクランブル投入された。 その後、連戦を考慮して67分にはサラーとディアスの両翼を下げてヌニェス、エリオットを同時投入。フレッシュなアタッカーの投入で攻撃を活性化させたいクロップのチームだが、粘るブレイズの堅守に苦戦。77分にはアレクサンダー=アーノルドからの完璧なスルーパスに抜け出したヌニェスがGKと一対一のビッグチャンスを迎えるが、これを決め切れない。 80%近いボール支配率とは裏腹に流れの中ではほとんど決定機を作れないリバプールは、結局2点目を奪い切れないまま後半最終盤に突入。ロングスローを含めた相手のセットプレーの脅威にも晒されたが、最後の最後にトドメの一撃を決め切った。 94分、自陣右サイドでヌニェスが身体を張った守備でボールを奪い返すと、ボックス左でボールを呼び込むソボスライへクロスを通す。これを右足の絶妙なファーストタッチで収めたハンガリー代表MFが鋭い右足のシュートをゴール左に突き刺した。 新生ブレイズに苦戦を強いられながらもきっちり勝ち切ったリバプールが、リーグ連勝で首位アーセナルを2ポイント差で追走している。 2023.12.07 06:46 Thu

リバプール関心の20歳…サンパウロが左利きCBルーカス・ベラルドの売却を視野に「必ず別れが来る」

サンパウロが元U-20ブラジル代表DFルーカス・ベラルド(20)へのオファーに前向きだという。 ルーカス・ベラルドは身長182cmの左利きセンターバック。昨年7月にサンパウロのU-20チームからファーストチームへ昇格すると、2023シーズンに入って定位置を奪取し、ここまで公式戦47試合でプレーしている。 サンパウロは同選手との契約を2026年6月まで残しているものの、イギリス『90min』によると、欧州各国から関心が寄せられるなか、来たるオファーに耳を傾け、売却も念頭に置いているという。 どうやら今夏の時点でウォルバーハンプトンが獲得に乗り出していたといい、来年1月、または来夏に向けてはリバプールもリストアップ。サンパウロのゼネラル・マネージャー(GM)を務めるルイ・コスタ氏は、ルーカス・ベラルドら若手タレントの将来が欧州にあることを認めている。 「彼らは広い心を持った、とても素晴らしい青年たち。我々(サンパウロ)としては、彼らとの別れが来ることをすでに知っているよ。彼ら自身や代理人とも話し合うつもりだ」 「ベラルドとの契約は近々2027年まで延長するだろう。ただ、他クラブからオファーがあれば、さらに協議もする。私の立場で選手からプレッシャーをかけられたことは一度もないよ」 サンパウロはルーカス・ベラルドの他、ブラジル人MFロドリゴ・ネストル(23)、ブラジル人MFパブロ・マイア(21)といった選手にも欧州から関心。ルイ・コスタGMは彼らとの良好な関係性を窺わせつつ、適切なオファーがあれば快く欧州へ送り出す方針を明言した格好だ。 なお、ルーカス・ベラルドにはバイエルン、モナコ、リヨンもスカウトをブラジルへ派遣するなどして動向を追っているとみられている。 2023.12.06 14:45 Wed

「パーフェクトだ」「タイミング完璧」PL初ゴールの遠藤航、実況を興奮させた完璧なスライディングタックルにも称賛の声「こっちの方が印象的」

プレミアリーグ初ゴールが話題となったリバプールの日本代表MF遠藤航だが、別のプレーも話題だ。 先週末に行われたプレミアリーグ第14節で、フルアムと対戦したリバプール。ベンチスタートとなった遠藤は2-3と1点ビハインドで迎えた83分に途中出場すると、87分にはチームを同点に導く豪快なミドルシュート。同点に追いついたリバプールは直後にトレント・アレクサンダー=アーノルドがゴールを決め、4-3の逆転勝利を収めた。 チームにとって大きな価値のある一発を決めた遠藤だったが、後半アディショナルタイムのプレーにも注目が。フルアムのジョアン・パリーニャが持ち上がってきた場面で、タッチが大きくなったところを見逃さずに遠藤がスライディングタックル。見事にボールを奪いきっていた。 リバプールの公式SNSでもこのプレーがピックアップされると、「ゴールはもちろん凄いけど、こっちの方が印象的だったね」、「ゴールも凄いけど、ここも遠藤らしくて好き」、「パーフェクトだ」、「タイミング完璧」とファンからも称賛が寄せられている。 存在感を高めている遠藤だが、中2日で行われるシェフィールド・ユナイテッド戦でも出場機会を得られるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】遠藤航の完璧なスライディングタックル</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="qme" dir="ltr"> <a href="https://t.co/zaL12SYWTQ">pic.twitter.com/zaL12SYWTQ</a></p>&mdash; Liverpool FC (@LFC) <a href="https://twitter.com/LFC/status/1731974629244248181?ref_src=twsrc%5Etfw">December 5, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.12.06 12:10 Wed

リバプール、フルアム戦負傷交代のマティプがシェフィールド・U戦を欠場へ

リバプールのカメルーン代表DFジョエル・マティプが、6日に行われるプレミアリーグ第15節シェフィールド・ユナイテッド戦を欠場するようだ。 マティプは3日に行われたプレミアリーグ第14節フルアム戦に先発。右ヒザを痛めて68分に交代していた。 リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督は前日会見でマティプについて「離脱期間はわからないが、良い状況ではない」と話し、しばし戦列を離れることを示唆した。 26日までの計7試合、週2試合ペースが続く過密日程の中、リバプールは主力DFを欠いて臨む可能性が出てきてしまった。 2023.12.06 07:45 Wed

「完璧過ぎる」「何回見ても最高」遠藤航の豪快ミドル、ベンチの反応やサポーターの盛り上がりが分かるマルチアングル映像も話題!「このゴールは一生忘れない」

リバプールに所属する日本代表MF遠藤航のプレミアリーグ初ゴールをマルチアングルで捉えた映像が話題だ。 先週末に行われたプレミアリーグ第14節で、フルアムと対戦したリバプール。ベンチスタートとなった遠藤は2-3と1点ビハインドで迎えた83分に途中出場すると、87分にはチームを同点に導く豪快なミドルシュート。同点に追いついたリバプールは直後にトレント・アレクサンダー=アーノルドがゴールを決め、4-3の逆転勝利を収めた。 『SPOTVNOW』の公式YouTubeチャンネルは、記念すべき遠藤のプレミア初ゴールをマルチアングルで公開。相手GKの手が届かないコースへと飛んで行った遠藤のシュートや、同点弾に沸くリバプールのサポーター、逆転を目指すべくすぐにボールを拾おうとするモハメド・サラー、ユルゲン・クロップ監督らベンチのリアクションなど、臨場感たっぷりの映像になっている。 これには、ファンからも「痺れる」、「何回見てもかっこよすぎるわ」、「何回見ても最高だな」、「一連の流れが完璧過ぎる」、「このゴールは一生忘れない」と様々な反響が寄せられている。 プレミアリーグ初ゴールが大きな価値のある一発となった遠藤。ファンの心をガッチリと掴むゴールになったのではないだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】遠藤航の圧巻ミドルをマルチアングルで!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="mqUdK58bgGE";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.12.05 19:40 Tue
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly