ヤング・ボーイズに競り勝ったライプツィヒが白星スタート【CL】

2023.09.20 03:42 Wed
Getty Images
ライプツィヒは19日、チャンピオンズリーグ(CL)グループG開幕節でヤング・ボーイズとのアウェイ戦に臨み、3-1で勝利した。
PR
昨季はマンチェスター・シティの前にベスト16で敗れた5季連続出場のライプツィヒは、ブンデスリーガで3勝1敗と良好なスタートを切った中、早くもチームにフィットしている新戦力のシャビ・シモンズとオペンダを先発で起用した。
2季ぶり3度目出場のヤング・ボーイズに対し、オペンダとポウルセンの2トップとするフラットな[4-4-2]で臨んだライプツィヒが立ち上がりから好機を連発すると、勢いそのまま開始3分に先制する。ラウムの右CKからシマカンのヘディングシュートが決まった。

先制後、徐々にリスクを避けて自陣に構える形としたライプツィヒがヤング・ボーイズの攻撃を受け止めていたが、33分に失点。ウグリニッチのダイレクトパスを受けたエリアにペナルティアーク左からトゥキックシュートを決められた。

ハーフタイムにかけても守勢を強いられたライプツィヒは1-1で前半を終えた。
迎えた後半、52分にライプツィヒはPKを獲得しかける。シャビ・シモンズがボックス内に侵入し、GKラチョッピに倒されるもVARの末、ファウルはなかったとの判断となった。

さらに62分、ラウムのFKからオペンダが決定的なダイビングヘッドを放ったが、GKラチョッピの好守に阻まれた。攻勢のライプツィヒは5分後、再びラウムのFKから途中出場のシェシュコがヘッド。ネットを揺らしたが、わずかにオフサイドに阻まれる。

それでも73分、ついに勝ち越しゴールを奪いきる。ショートコーナーの流れからボックス手前中央のシェラーガーがミドルシュートを蹴り込んだ。

終盤にかけても主導権を渡さなかったライプツィヒは追加タイムにカウンターからシェシュコが3点目を決めて勝負あり。初戦を勝利で飾っている。

PR
関連ニュース

途中出場オペンダ弾など4分間で3発のライプツィヒが浅野先発ボーフムに逆転勝利、マドリー戦に弾み【ブンデスリーガ】

ブンデスリーガ第24節、ボーフムvsライプツィヒが2日に行われ、1-4でライプツィヒが逆転勝利した。ボーフムのFW浅野拓磨は88分までプレーしている。 前節ボルシアMGに5失点大敗を喫した15位ボーフム(勝ち点25)は、浅野が[4-2-3-1]の右MFでスタメンとなった。 一方、前節バイエルンに惜敗した5位ライプツィヒ(勝ち点40)は、4日後にチャンピオンズリーグのレアル・マドリー戦を控える中、オペンダをベンチスタートとし、シェシュコとバウムガルトナーの2トップで臨んだ。 オープンな入りとなった中、まずは3分、ライプツィヒに決定機。ダニ・オルモのスルーパスを受けたシャビ・シモンズが独走。GKと一対一となったが、シュートはルーテに止められてしまう。 すると7分、ボーフムが先手を取る。中央約25mの位置からヴィッテクが直接FKを狙うと、鋭いシュートが枠へ。GKグラーチは守備範囲だったが、弾ききれずネットが揺れた。 勢いを増すボーフムは12分、ロジラのミドルボレーで牽制した中、14分にライプツィヒが追いつきかける。ショートカウンターの流れからシェシェコのラストパスを受けたシャビ・シモンズが今度はGKとの一対一を右足アウトでの巧みなシュートで制した。しかしVARが入りオフサイド判定となってノーゴールに。 それでも30分、ファインゴールで追いつく。ボックス手前左でパスを受けたダニ・オルモがカットインからの強烈なミドルでゴール右上に突き刺した。ハーフタイムにかけてもオープンな展開で推移した中、1-1で前半を終えた。 迎えた後半、一進一退の攻防で推移していた中、65分にオペンダを投入したライプツィヒが逆転する。68分、ハイダラのスルーパスを受けてボックス左に侵入したオペンダがシュートを決めきった。 そして71分、一気に突き放す。カウンターからY・ポウルセンのパスをボックス左で受けたシャビ・シモンズがラストパスを狙うと、DFに当たってオウンゴールとなった。 さらに1分後、ボックス左に侵入したシャビ・シモンズのラストパスをY・ポウルセンが決めて4-1としたライプツィヒが試合の大勢を決すると、87分にクワーテンが退場したボーフムをそのまま4-1で退けた。 68分から72分にかけて一気に3ゴールを挙げて畳みかけたライプツィヒがマドリー戦に向けて弾みを付けている。 2024.03.03 01:34 Sun

欠場続くベリンガムがCLでの復帰目指す 回復プロセスは計画どおり

レアル・マドリーのイングランド代表MFジュード・ベリンガムはチャンピオンズリーグ(CL)での復帰を目指しているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 レアル・マドリー1年目から公式戦29試合で20得点8アシストの好成績をもってして、輝きを放つ20歳MFだが、先月10日に行われたラ・リーガ第24節のジローナ戦で足首を負傷してから欠場を強いられている。 ベリンガムの回復プロセスは計画どおりに進んでいるが、グループ合流はまだ。2日に行われるラ・リーガ第27節のバレンシア戦も欠場の様相だが、5日に行われるCLラウンド16・2ndレグのRBライプツィヒ戦に100%の状態で復帰できるよう集中しているという。 一方で、エドゥアルド・カマヴィンガとダニエル・カルバハルに復帰の見通しで、レアル・マドリーが抱える離脱者はティボー・クルトワ、ダビド・アラバ、エデル・ミリトン、ホセル、そしてベリンガムの5選手に減るそうだ。 そのほかのメンバーは万全のコンディションで、戦術的なものを中心としたトレーニングセッションでバレンシア戦に向けて準備しているとのことだ。 2024.03.01 11:25 Fri

バイエルンがエバール氏招へいを発表…スポーツ部門の取締役に就任

バイエルンは26日、マックス・エバール氏(50)の招へいを発表した。 昨年9月までRBライプツィヒでスポーツディレクター(SD)を務めていたエバール氏は、スポーツ部門の取締役に就任すると共に3名で構成される監査委員会のメンバーを務めることになる。 現役時代にプレーした古巣への帰還を果たしたエバール氏は、取締役就任に際して以下のコメントを残している。 「私は幼少期から青年期までをFCバイエルンとミュンヘンで過ごし、すべてが始まったクラブに新たな役割で戻ることは私にとって特別なことだ。スポーツ部門の取締役としての仕事は大きな挑戦であり、私は多大な敬意と謙虚さを持ちながらも、それ以上の期待を持って取り組んでいく。ここにいるみんなと一緒に、FCバイエルンが今後も成功を収め、ファンに喜びをもたらすためにできる限りのことをしたいと思っている」 3月1日付けで仕事をスタートするバイエルンでは、クリストフ・フロイントSDと協力してリクルート部門にも携わる見込みだ。 現役時代に右サイドバックとしてバイエルンやボーフム、グロイター・フュルト、ボルシアMGでプレーしたエバール氏。現役引退後は古巣ボルシアMGで育成部門の責任者を務めた後、2008年からSDに就任した。 以降は古豪として知られるクラブで、10年以上に渡って補強部門の責任者を担い、監督人事、新戦力補強を主導。この間にタイトルこそ獲得できていないものの、チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得など、安定してヨーロッパのコンペティションに参戦できる競争力をもたらしてきた。 2022年12月から2023年9月までSDを務めたライプツィヒではバイエルンへの引き抜きの噂が取り沙汰された際の振る舞いを巡り、「クラブに対する責任の欠如」を理由に解任されていた。 2024.02.27 07:00 Tue

トゥヘル退任決定のバイエルン、ケインの劇的ドッペルパックでライプツィヒに競り勝ち連敗ストップ【ブンデスリーガ】

ブンデスリーガ第23節、バイエルンvsライプツィヒが24日に行われ、2-1でバイエルンが勝利した。 前節ボーフムに逆転負けし、公式戦3連敗となった2位バイエルン(勝ち点50)は、首位レバークーゼンとの勝ち点差を8に広げられた中、トゥヘル監督の今季限りでの退任が決定。そのバイエルンは出場停止のウパメカノに代わってセンターバックにはデ・リフトとダイアーが入った。 一方、5位ライプツィヒ(勝ち点40)は前節ボルシアMG戦でゴールを挙げたオペンダとシャビ・シモンズが先発となった。 開始5分にラファエル・ゲレイロの左クロスに合わせたケインのヘディングシュートでゴールに迫ったバイエルンが押し込む入りとする。 ここはGKブラシュヴィッヒのファインセーブに阻まれたバイエルンだったが、ポゼッションを高めてライプツィヒに圧力をかけていった。 ライプツィヒにカウンターを許さず試合を進めるバイエルンは34分、ムシアラのスルーパスに抜け出たサネがGKと一対一になるも、かわしにかかったところで角度が厳しくシュートを打ちきれない。 さらに42分、ゴール前のケインがバイシクルシュートを狙ったが、GKブラシュヴィッヒの正面を突き、ゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半、53分にハイダラのミドルシュートでGKノイアーを強襲したライプツィヒは、直後のCKから決定機。シマカンのボレーでゴールに迫ったが、わずかに枠を外れた。 すると56分にバイエルンが先制。ムシアラのパスをボックス左で受けたケインがシュートを決めきった。 追う展開となったライプツィヒは61分に同点の絶好機。しかしシェシュコが抜け出してGKと一対一になるも、シュートはノイアーにビッグセーブで阻止された。 だが70分、ライプツィヒが追いつく。ダニ・オルモのパスをボックス内で受けたシェシュコが今度はシュートを決めきった。 追いつかれたバイエルンは80分、ケインがゴール至近距離からヘディングシュートを狙うも枠外へ。それでも追加タイム1分、ケインがバイエルンを救う。ボックス左に侵入したチュポ=モティングの浮き球ボールをケインが左足ボレーで蹴り込んだ。 これが決勝点となってバイエルンが競り勝ち、連敗を止めている。 2024.02.25 04:26 Sun

バイエルン、ライマーが古巣ライプツィヒ戦で復帰へ

バイエルンのオーストリア代表MFコンラート・ライマーが24日に行われるブンデスリーガ第23節、古巣ライプツィヒ戦で復帰するようだ。トーマス・トゥヘル監督が前日会見で明かしている。 ライマーは1月24日に行われたウニオン・ベルリン戦でふくらはぎを負傷。公式戦5試合を欠場していた。その間、チームは公式戦3連敗を喫し、トゥヘル監督は今季限りでの退任に追い込まれてしまった。 先発できるかは微妙なようだが、ボランチ、右サイドバックを器用にこなすライマーの復帰で連敗を止めることはできるか。 2024.02.23 23:30 Fri
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly