元アイスランド代表MFシグルドソン、デンマーク1部のリンビーと1年契約を締結…21年夏から選手生活がストップ

2023.09.01 20:05 Fri
Getty Images
デンマーク・スーペルリーガのリンビーBKは8月31日、元アイスランド代表MFギルフィ・シグルドソン(33)の加入を発表した。

かつてアイスランド代表の大躍進を支えたシグルドソン。人口40万人にも満たないアイスランドをユーロ2016のベスト8進出、ロシア・ワールドカップ(W杯)出場へと導き、クラブキャリアでは2017-18シーズンからエバートンでプレーしていた。
ところが選手生活は2021年7月を境に中断。当時、「プレミアリーグでプレーする31歳の選手が未成年への性的虐待で逮捕された」という情報が流れ、エバートンも名前を伏せつつ、自クラブの選手が当局に捜査されていると公表。当てはまる選手はシグルドソンしかおらず、2021-22シーズンは一度も公の場に姿を見せなかった。

シーズン終了後にはエバートンからの退団が発表され、それ以来、1年以上音沙汰なし。リンビーによると、2年のブランクがあるシグルドソンは8月30日にメディカルチェックを終え、2024年6月までの1年契約を締結。背番号は「18」を着用する。

リンビーはシグルドソン加入にあたり、「ギルフィはここ数年サッカーをしていないが、我々は彼の復調を辛抱強く支えるつもりだ。リンビーにとってビッグプレーヤーであることに疑いの余地はなく、加入をとても誇りに感じている」と説明している。
シグルドソンもクラブ公式サイトを通じてコメントを寄せ、「僕のクオリティや豊富な経験をクラブに還元できると願っているよ。ここには若くて才能あふれる選手が揃っているね。僕から学びを得たいと言ってくれる彼らとともに、僕自身もレベルアップしたい」などと意気込みを語っている。
関連ニュース

ユーロ2024のプレーオフ組み合わせ決定! 残り3カ国を12カ国が3つのトーナメントで争う【ユーロ2024】

欧州サッカー連盟(UEFA)は23日、ユーロ2024プレーオフの組み合わせ抽選を実施した。 スイスのニヨンで行われた抽選会。12カ国が出場し、3つの枠を争うこととなる。 4カ国が3つに分かれてトーナメント方式で開催。準決勝は2024年3月21日、決勝は3月26日に予定されている。 パスAでは、ポーランドvsエストニア、ウェールズvsフィンランドが準決勝で実現。パスBでは、イスラエルvsアイスランド、ボスニア・ヘルツェゴビナvsウクライナ、パスCではジョージアvsルクセンブルク、ギリシャvsカザフスタンに決定した。 また、決勝は同じパス内の勝者が対戦。パスAはウェールズかフィンランド、パスBはボスニア・ヘルツェゴビナかウクライナ、パスCはジョージアかルクセンブルクで開催される。 ◆ユーロ2024プレーオフ 【パスA】 ◆準決勝 ▽2024/3/21(木) ポーランドvsエストニア ウェールズvsフィンランド ◆決勝 ▽2024/3/26(火) ウェールズ/フィンランド vs ポーランド/エストニア 【パスB】 ◆準決勝 ▽2024/3/21(木) イスラエルvsアイスランド ボスニア・ヘルツェゴビナvsウクライナ ◆決勝 ▽2024/3/26(火) ボスニア・ヘルツェゴビナ/ウクライナ vs イスラエル/アイスランド 【パスC】 ◆準決勝 ▽2024/3/21(木) ジョージアvsルクセンブルク ギリシャvsカザフスタン ◆決勝 ▽2024/3/26(火) ジョージア/ルクセンブルク vs ギリシャ/カザフスタン 2023.11.23 22:30 Thu

ブルーノ・フェルナンデス&オルタ弾でアイスランドを下したポルトガルが全勝で予選突破【ユーロ2024予選】

ポルトガル代表は19日、ユーロ2024予選最終節でアイスランド代表と対戦し2-0で勝利した。 ユーロ予選9連勝中の首位ポルトガル(勝ち点24)は、3日前に行われたリヒテンシュタイン代表戦からスタメンを6人変更。ゴンサロ・ラモスやジョタ、ネヴェス、GKジョゼ・サらに代えてパリーニャやオタビオ、ルベン・ディアス、GKジオゴ・コスタらをスタメンで起用した。 他グループの結果次第でプレーオフへの望みを残しているアイスランドに対し、立ち上がりから攻勢を続けるポルトガルは7分にブルーノ・フェルナンデスのパスでボックス左まで侵入したオタビオのクロスが直接ゴール方向へ飛び、クロスバー直撃。 格下相手にホームで圧倒するポルトガルは37分、ボックス右から侵入したベルナルド・シウバのヒールパスを受けたブルーノ・フェルナンデスがペナルティライン付近から鋭いシュートをゴール左隅に突き刺した。 迎えた後半も主導権を握るポルトガルは、62分にベルナルド・シウバとジョアン・マリオを下げてリカルド・オルタとラファエル・ゲレイロを投入。すると66分、フェリックスがボックス左からシュートを放つと、相手GKがファンブルしたボールをC・ロナウドが詰める。このシュートもGKヴァルディマルソンのブロックに阻まれたが、こぼれ球に素早く反応したオルタが無人のゴールにシュートを流し込んだ。 追加点を奪ったポルトガルは、試合終了間際にトラウスタソンに決定機を許したが、ゴール前のパリーニャに当たったボールはクロスバー直撃。結局、試合はそのまま2-0でポルトガルが勝利。ユーロ予選を全勝で突破した。 ◆グループJ 結果 ポルトガル 2-0 アイスランド リヒテンシュタイン 0-1 ルクセンブルク ボスニア・ヘルツェゴヴィナ 1-2 スロバキア ◆グループJ 順位表 勝ち点(勝ち/引き分け/負け)得失点 1.ポルトガル 30(10/0/0)+34 2.スロバキア 22(7/1/2)+9 ―――ユーロ本大会出場――― 3.ルクセンブルク 17(5/2/3)-6 4.アイスランド 10(3/1/6)1 5.ボスニア・H 9(3/0/7)-11 6.リヒテンシュタイン 0(0/0/10)-27 2023.11.20 06:47 Mon

雪国の過酷な環境で育ったグズムンドソン、セリエAで注目度高まるエレガント・ドリブルの原点を明かす「雪だらけでも道端でも…」

ジェノアのアイスランド代表MFアルベルト・グズムンドソン(26)がスペインメディアのインタビューに応じた。 ジェノアのグズムンドソン。この名前にピンとくる人はあまりいないだろう。AZ時代は日本代表DF菅原由勢とチームメイトだったが、2021-22シーズン途中にジェノアへ移籍し、昨季はセリエBでプレー。今季からセリエAに戻ってきた。 ただ、今季の活躍はにわかに注目を集めており、ここまでセリエA全9試合出場で3ゴール。アルベルト・ジラルディーノ監督率いるチームで2トップの一角を担い、自由なボールの受け方やエレガントなドリブル、切れ味鋭いシュートなどなど、対戦相手を悩ます非常に怖い存在となっている。 この活躍はイタリアを超えてスペインまで届いているようで、スペイン『Relevo』がグズムンドソンへのインタビューを実施。アイスランド産のドリブラーは、自身のプレースタイルは少年時代に磨かれたものと明かしている。 「欧州全体がどうとかは言えないけど、子どもたちが路上でサッカーをしている姿を最近ほとんど見かけないんだ。僕はアイスランドしか知らないけど、近年はアイスランドでも学校や街中に人工芝のピッチがたくさん作られ始めた。そもそも雪国ゆえにストリートサッカーが難しいっていうのはあるけどね」 「ストリート、人工芝、天然芝…どんな環境でサッカーをしたって成長につながることは間違いない。僕は子どものころに道端でボールを蹴ってたし、学校へ行けばコンクリートの上でサッカーをした。雪だらけでボールがどこへ飛ぶか予測できないピッチでも1人で練習した。雪が積もり過ぎれば今度は屋内でフットサルさ」 雪国アイスランドの出身でありながら、南米の選手かと思わせるような回答をしたグズムンドソン。やはり、好きな選手も南米出身のドリブラーが多い。 「リオネル・メッシはどの瞬間も異次元のレベル。ネイマールもね。そう、僕はネイマールを心から愛してるんだ。子どもたちは皆ネイマールのような選手が好きだろ? 今なら…そうだな、レアル・マドリーのヴィニシウス・ジュニオールだね。彼のドリブルはとっても上手で、観るのが楽しい」 生粋のドリブラー・グズムンドソン。26歳と決して若手ではないが、現在の活躍が続けば、来年の今頃はビッグクラブにいるかもしれない。 2023.10.24 18:40 Tue

謎に包まれたキャリア中断から2年…シグルドソンが853日ぶりに公式戦復帰へ

元アイスランド代表MFギルフィ・シグルドソン(33)が853日ぶりに公式戦復帰する。イギリス『サン』が伝えている。 小国アイスランドの大躍進を支えたシグルドソン。ユーロ2016のイングランド代表撃破とベスト8進出、さらにロシア・ワールドカップ(W杯)出場の立役者となった司令塔は、クラブキャリアでは2017-18シーズンからエバートンに所属していた。 しかし、選手キャリアは2021年7月にストップ。当時、「プレミアリーグでプレーする31歳に未成年者への性的暴行嫌疑がかけられている」との情報が流れ、時を同じくしてエバートンが個人名を避けつつ、自クラブの選手が当局の捜査対象になっていると公表した。 これがシグルドソンであると断定できる材料は一切なく、逮捕・起訴されたという情報もなし。ただ、それ以来、2年以上にわたって表舞台から姿を消し、2021-22シーズン終了後にはエバートン退団が発表された。 今夏まで行方不明状態が続いていたわけだが、先月31日、デンマーク・スーペルリーガのリンビーBKがシグルドソンとの1年契約締結を発表。加入に際し、「シグルドソンはここ数年サッカーをしていない。コンディション回復をゆっくり待つ方針だ」と声明を発表している。 エバートン時代に最後にプレーしたのは2021年5月のマンチェスター・シティ戦。リンビーでは現在までに出場がないものの、23日に行われるスーペルリーガ第9節のヴェイレBK戦でデビューする見通しだという。 シグルドソンの同胞であり、リンビーを率いるフレイヤー・アレクサンダーソン監督は地元メディアの取材に対し、「23日の試合で間違いなく出場する。とてもコンディションが良い」と初のメンバー入り・起用を明言。エバートン時代以来、853日ぶりの公式戦復帰が確実となっている。 2023.09.19 16:13 Tue

C・ロナウド、男子選手初の代表200キャップがギネスに 「みんなにありがとうと言わないと」

ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがギネス認定の記録を樹立した。 クラブキャリアこそサウジアラビアに移したが、代表では依然として中心を張り続けるC・ロナウド。今月の代表活動にも呼ばれ、20日のユーロ2024予選グループJ第4節のアイスランド代表戦では1-0の勝利に決勝弾で貢献した。 その一発が代表通算123ゴール目となり、キャップ数も男子サッカー史初の200試合目に。ともに自身が持つ男子の歴代最多記録をさらに更新した格好だが、出場数はギネスに認定され、試合前に表彰セレモニーが執り行われた。 ちなみに、データ提供会社『Opta』によれば、A代表デビューから実に19年と304日での到達に。そんな38歳は『UEFA.com』によると、自ら祝砲のメモリアルゲームを振り返り、喜びとともに周囲に感謝の意を表している。 「僕にとっても信じられないような功績だし、アメージングだ。そして、もちろんながら、決勝ゴールを決めたことはよりスペシャル(な瞬間)だったよ」 「僕のためにあのようなパーティーをしてくれたスタジアム、アイスランド、スタジアムの人々、ファンに感謝の気持ちを伝えないと。ポルトガル代表や連盟にもね」 「彼ら全員にありがとうと言わなければならない。彼らは僕の一日を作ってくれたんだ」 2023.06.21 11:40 Wed
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly