レーティング:ユベントス 0-1 ミラン《セリエA》

2023.05.29 05:42 Mon
Getty Images
セリエA第37節、ユベントスvsミランが28日に行われ、0-1でミランが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。
※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価。

▽ユベントス採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
1 シュチェスニー 5.5
1本好守があった
DF
15 ガッティ 5.5
失点場面ではジルーのマークに付ききれず。レオンの対応は問題なかった

3 ブレーメル 6.0
ジルーとの空中戦で負けず

(→ボヌッチ -)
6 ダニーロ 6.0
彼のエリアを侵攻されることはなかった

MF
11 クアドラード 5.5
前半は右サイドからのチャンスメークで貢献

5 ロカテッリ 5.5
まずまずパスを捌いたが、ミランの守備を翻弄するには至らず

25 ラビオ 5.5
ゴール前に絡むプレーを見せたが、効果は薄かった

17 コスティッチ 5.0
単調な縦への仕掛けからのクロスで好機作れず

(→ミリク 5.0)
何もできなかった

FW
7 キエーザ 5.5
推進力は見せたが、精度を欠いていた

18 ケアン 5.5
前半は苦手のポストプレーで存在感も後半は消えた

(→イリンジュ・ジュニア -)

22 ディ・マリア 5.5
アタッキングサードでよくボールに触ったが、決定的な仕事はしきれず

(→パレデス 5.5)
可もなく不可もなく

監督
アッレグリ 5.5
前半のサッカーを続けて欲しかった

▽ミラン採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
16 メニャン 5.5
難しいシュートは飛んでこなかった

DF
2 カラブリア 6.0
精度の高いクロスからアシスト。コスティッチの対応に当たった

(→カルル -)

23 トモリ 6.5
対人の強さで守備を牽引

28 チャウ 6.5
的確なカバーリングが目立った

19 テオ・エルナンデス 6.0
守備をベースに戦い、無失点に貢献

MF
30 メシアス 5.5
攻撃面での貢献がもう少し欲しいところ

(→サーレマーケルス 5.5)
1度決定機があった

33 クルニッチ 5.0
気が利いている面もある一方、自陣での危険なボールロストが3度ほど。失点に繋がらなくて良かった

10 ブラヒム・ディアス 5.0
チーム全体の重心が下がっていたため、良い形でボールを受けられず

(→ポベガ -)

8 トナーリ 6.0
攻守によく働いた

17 レオン 5.5
カウンターの起点になるも決定的な仕事はできず

(→バロ・トゥーレ -)

FW
9 ジルー 6.5
ワンチャンスで決勝ゴール

(→オリジ -)

監督
ピオリ 6.0
リスクを排除して確実に引き分け以上の結果を狙いに行き、見事勝利

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
トモリ(ミラン)
チャウと好連係を見せて無失点に貢献。鉄壁だった。

ユベントス 0-1 ミラン
【ミラン】
ジルー(前40)

関連ニュース

ラビオが1G1A、後半ATに同点弾被弾も直後のガッティ弾で曲者モンツァを退けたユベントスが暫定首位浮上【セリエA】

ユベントスは1日、セリエA第14節でモンツァとのアウェイ戦に臨み、2-1で競り勝った。 前節インテルとのイタリア・ダービーを引き分けた2位ユベントス(勝ち点30)は、肋骨が万全ではないロカテッリに代わってニコルッシが引き続き中盤アンカーで先発となった。 昨季シーズンダブルを食らった9位モンツァ(勝ち点18)に対し、キエーザとヴラホビッチの2トップで臨んだユベントスは9分にPKを獲得。ロングボールに抜け出したカンビアーゾがボックス内でキリアコプーロスに倒された。しかしキッカーのヴラホビッチはシュートを2度GKディ・グレゴリオに止められ、先制とはならない。 それでも直後のCKから先制する。ニコルッシの右CKをラビオがヘッドで叩き込んだ。先制後はモンツァにポゼッションを譲り自陣にユベントスが引いて対応する。 35分にはラビオのミドルシュートでGKを強襲して牽制した中、1点のリードで前半を終えた。 迎えた後半も慎重に試合を進めたユベントスは徐々に押し込まれる展開に。最終ラインで凌ぐ中、70分に負傷明けのダニーロをニコルッシに代えて中盤アンカーに投入した。 5バックとして守り倒しにかかったユベントスだったが、追加タイム2分に追いつかれる。右サイドからV・カルボーニに上げられたインスウィングクロスがそのままゴールに吸い込まれた。 痛恨の被弾かと思われたユベントスだったが、2分後に勝ち越し弾。ラビオが右サイドを突破した流れから最後はゴール前に上がっていたガッティがねじ込んだ。 これが決勝点となってユベントスが曲者モンツァを退け、暫定首位に浮上している。 2023.12.02 06:52 Sat

ダニーロがモンツァ戦メンバー入り、約6週間ぶりに戦列復帰

ユベントスのブラジル代表DFダニーロが1日に行われるセリエA第14節モンツァ戦の招集メンバーに名を連ねた。 ダニーロは10月13日に行われたワールドカップ予選のベネズエラ代表戦に先発するも、左ハムストリングを痛めて交代していた。 その後、セリエA5試合を欠場したダニーロだが、約6週間ぶりに戦列復帰となる。 2ポイント差で首位インテルを追う2位ユベントス。主将ダニーロの復帰で昨季シーズンダブルを許したモンツァを下し、暫定首位に踊り出ることはできるか。 2023.12.01 23:45 Fri

移籍の噂もあったヴラホビッチ、契約延長交渉中と明かす… ユベントス愛も強調「僕はここで幸せ」

ユベントスのセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチ(23)が契約延長へと向かっているようだ。 2022年1月にフィオレンティーナからユベントスへと加入したヴラホビッチ。昨シーズンは公式戦42試合で14ゴールを記録したこのストライカーは、今夏チェルシーやマンチェスター・ユナイテッドといったプレミアリーグのクラブへの移籍も取り沙汰された。 10月上旬のケガから復帰し、直近のインテル戦で約2カ月ぶりのゴールを決めたヴラホビッチは、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューに応じる中で将来についてコメント。2026年6月までとなっている現行契約の延長に向け、スポーツ・ディレクター(SD)を務めるクリスティアーノ・ジュントリ氏との交渉が進んでいると明かした。 「契約はまだ2年半残っているし、急いでいるわけではないが、ジュントリと僕の代理人はすでに話し合っている。僕はここで幸せだ」 また、今夏流れた去就の噂にも言及。退団の意思はなかったと断言している。 「僕はずっとここに残りたいと思っていた。そういった声は常に存在するし、それもサッカーの一部だが、全ての声を聞いていたらおかしくなってしまう可能性もある」 「僕は自分を孤立させてピッチのことだけを考えていた。最終的に残留できてとても幸せだ。それが僕が望んでいたことだ」 2023.12.01 18:30 Fri

ベナティアが古巣マルセイユのスポーツアドバイザーに就任!

マルセイユは11月30日、元モロッコ代表DFのメディ・ベナティア氏(36)がクラブのスポーツアドバイザーに就任したことを発表した。 クラブの発表によれば、ベナティア氏はパブロ・ロンゴリア経営委員会会長やステファン・テシエ専務理事と密接に協力しながら、特に優秀な人材の獲得、育成、保持といった観点から、クラブのスポーツ戦略の立案と実行を支援する役割を担うとのこと。 また、相談役としての役割にとどまらず、プロチームのスカウト部長に昇格したロベルト・マルフィターノとともに、スカウティングや ミッションにも携わるとのことだ。 フランス屈指の育成機関クレールフォンテーヌ卒業後、マルセイユの下部組織で育ったベナティアは、2005年にファーストチームに昇格。その後、国内の幾つかのクラブへのレンタルを経て、ウディネーゼやローマ、バイエルン、ユベントスでプレー。バイエルンでは2度のブンデスリーガ優勝、ユベントスでは3度のセリエA優勝を経験した。 その後、カタールのアル・ドゥハイルを経て、2021年7月にファティ・カラギュムリュクに加入。しかし、慢性化していたケガの影響もあって同年12月に現役を引退。セカンドキャリアでは代理人に転身し、代表の後輩であるMFアゼディン・ウナイのマルセイユ入りをお膳立てしていた。 2023.11.30 23:45 Thu

ユベントス、ユナイテッド戦で劇的弾のコペンハーゲン18歳ルーニーを視察へ

ユベントスがコペンハーゲンのU-21スウェーデン代表MFルーニー・バルドグジ(18)の視察を行うようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 クウェート出身で右ウイングを主戦場とするアタッカーのバルドグジ。U-21スウェーデン代表に飛び級で選出されている将来有望なアタッカーは、今季ここまでデンマークの国内リーグであるスーペルリーガで16試合出場7ゴール、先のチャンピオンズリーグではマンチェスター・ユナイテッド相手に決勝点を奪うなど、注目が集まっている。 そんなバルドグジに対し、ユベントスは29日に行われるCLバイエルン戦にスカウトを派遣するとのこと。 コペンハーゲンとの契約は2025年6月で切れるため、移籍金は比較的安価と見られるが、ナポリでFWクヴィチャ・クワラツヘリアを発掘したクリスティアーノ・ジュントリSDのお眼鏡にかかった新ルーニーをユベントスは確保できるか。 2023.11.29 23:20 Wed
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly