「タケのウインク」5試合ぶりゴールの久保建英、勝利直後のご機嫌な様子が話題「最高やね」

2023.03.22 12:25 Wed
Getty Images
レアル・ソシエダがエルチェ戦の裏側を公開している。
PR
19日にラ・リーガ第26節でエルチェと対戦したソシエダ。久保は2トップの一角で先発出場すると、トップ下に入ったダビド・シルバとの連係から何度もチャンスに絡み、48分にチームの先制点をマーク。チームを2-0の勝利に導き、マン・オブ・ザ・マッチに輝く活躍を見せた。
公式戦7試合ぶりの勝利を収めたソシエダだが、21日にクラブの公式YouTubeチャンネルを更新。エルチェ戦の試合前後の様子を明かしている。

試合後、ロッカールームへと戻るソシエダの選手たち。カメラに向かって手を伸ばしたり声を掛けたりとカメラマンとコミュニケーションをとる選手も多い中、久保は最後に登場。カメラに向かってご機嫌なウインクを披露した。

動画にはファンも「タケのゴール&ウインク」、「やっぱり勝利のinsideが最高やね」とコメント。久保にとっては2月13日のエスパニョール戦以来5試合ぶりのゴールだっただけに、喜びも大きかったようだ。


PR
1 2
関連ニュース

最終盤の頭脳プレーにクロップ監督もご満悦!攻守に躍動の遠藤航が高評価 「躍進に大きな影響」「観衆に愛された」

リバプールの日本代表MF遠藤航が高い評価を受けている。 21日、プレミアリーグ第26節でリバプールはホームにルートン・タウンを迎えた。 マンチェスター・シティ、アーセナルと昨季優勝争いをした2チームを抑えて首位に立っているリバプール。後方から猛然と追いかけられている中、残留争い中のルートンを迎えた。 遠藤はアンカーとして先発出場。今冬ルートンに加入した橋岡大樹はメンバー外となり日本人対決は実現しなかったが、遠藤は自身の役割を全う。守備面はもちろんのこと、攻撃面でもチャンスにつながるパスを出すなど活躍した。 特に31分には絶妙な浮き球のパスをボックス内に送るも、ルイス・ディアスが上手く合わせられず。再三チャンスメイクを見せていた。 その遠藤には、イギリス『リバプール・エコー』が8点(10点満点)と高評価。 「ディアスの隙を突いてプレーし、何度もセカンドボールを拾った。後半のリバプールの躍進に大きな影響を与えた」 また、イギリス『デイリー・メール』は7点(10点満点)の評価をつけている。 「ソリッドだった。常にポゼッションを奪い返し、アンフィールドの観衆に愛されていた」 さらに、リバプール専門メディアのイギリス『This is Anfield』も7点(10点満点)の評価。 「ボールをしっかりと扱い、前半には美しい浮き球のパスを一本決め、ルイス・ディアスに多くの得点チャンスの1つを与えた」 「ルートンが中央を突破した時の守備は、全体的にはかなり良かったが、彼にとっての問題はそれを頻繁に相手が行わなかったこと。ほとんどが斜めか彼のサイドにパスを出したことだった。変わらずに自身の役割を果たした」 <span class="paragraph-title">【動画】遠藤航の痺れる浮き球パスでルイス・ディアスに決定機!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="_cxfHZHEIxE";var video_start = 112;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】遠藤航のそつのない頭脳プレーにクロップ監督も満面の笑みで拍手を送る</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="_cxfHZHEIxE";var video_start = 354;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.22 13:05 Thu

「かっこいい」「良い笑顔」ウタカと江坂任がユニフォーム交換で笑顔! ACLの旅を終えた甲府に韓国王者・蔚山がエール「一緒に試合ができ光栄でした」

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)を戦うために来日したKリーグ1王者の蔚山HDが、ヴァンフォーレ甲府戦の写真をアップして話題となっている。 21日、ACL2023-24 ラウンド16・2ndレグで甲府は蔚山と対戦した。 1stレグは蔚山が3-0で勝利した中で迎えた国立競技場での一戦。Kリーグ1王者とJ2クラブの対戦となり、力の差はあったものの、甲府は粘りを見せたが、1-2で敗戦。2戦合計1-5で蔚山がベスト8進出を果たした。 試合後、蔚山はクラブの公式インスタグラムを更新。そこには、江坂任とピーター・ウタカがユニフォームを交換した2ショットがアップした。 Jリーグでは同じチームではプレー経験はない2人だが、互いのユニフォームを掲げての2ショット。蔚山は甲府へのエールを送っている。 「ヴァンフォーレ甲府の偉大なチャレンジに、相手として一緒に試合ができ光栄でした」 「次回また対戦相手として会い、見事な試合ができることを願っています」 労いの言葉を送った蔚山。ファンも「選手たちはマナーが良かった」、「良い戦いだった」とコメント。また、「江坂カッコいい」、「久々にプレーが見れた」、「良い笑顔」というコメントの他、蔚山ファンからは「ウタカのシュートにどれだけ驚かされたか」、「2点は取れていたかも」と、ウタカへの賛辞も送られている。 また、ヴァンくんとフォーレちゃんの2ショットもアップ。ヴァン君はフリップにハングルで「山梨に遊びにきてね」とメッセージを送るなどし、交流を図っていた。 <span class="paragraph-title">【写真】江坂任とウタカが笑顔でユニフォーム交換の2ショット</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/C3nDGNvvAUy/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/C3nDGNvvAUy/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/C3nDGNvvAUy/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">울산 HD FC(@uhdfc_1983)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/C3nC2CFveZS/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/C3nC2CFveZS/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/C3nC2CFveZS/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">울산 HD FC(@uhdfc_1983)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2024.02.22 12:58 Thu

「決めてほしかった」「せめて枠に入れて」遠藤航にアシストのチャンスも…ガクポのシュートミスに思わず頭を抱える、遠藤には称賛「めちゃくちゃ良いプレー」

リバプールの日本代表MF遠藤航が見せた好プレーが話題だ。 21日、プレミアリーグ第26節でルートン・タウンをアンフィールドに迎えたリバプール。遠藤はアジアカップから戻って3試合連続の先発出場を果たし、[4-3-3]のアンカーでフル出場した。 リーグ3連勝を狙った一戦となる中、リバプールは12分に思わぬ先制ゴールを許してしまうものの、後半の56分と58分にヴィルヒル・ファン・ダイクとコーディ・ガクポの連続ゴールで逆転に成功。71分にはルイス・ディアスのゴールでさらに突き放す。 それからもゴールへの意識を失わない中、81分に遠藤が決定機を演出する。 相手陣内でボールホルダーにプレッシャーをかけた遠藤が見事なボール奪取。ショートカウンターを発動すると、中央へ走り込んだガクポへとスルーパスを通す。だが、ガクポのシュートは上手く巻ききれず枠を大きく外れてしまった。 簡単ではなかったもののせめてゴールの枠には飛ばしたかったシュート。真後ろで見ていた遠藤も思わず頭を抱えたプレーには、ファンからも「決めてほしかった」、「せめて枠に入れてほしい」、「ガクポ決めてくれたらアシストついたのに」と多くの意見が寄せられた。 一方で、遠藤の一連のプレーには「めちゃくちゃ良いプレー」、「遠藤のボール奪取はナイスだった」、「実質アシストやな」と称賛が寄せられていた。 遠藤にアシストはつかなかったものの、90分にはハーヴェイ・エリオットのゴールも生まれたリバプール。リーグ3連勝を飾り、今週末に控えるチェルシーとのEFLカップ(カラバオカップ)決勝に弾みをつけている。 <span class="paragraph-title">【動画】遠藤航にアシストのチャンスも…ガクポがシュートミス(4:43~)</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="_cxfHZHEIxE";var video_start = 283;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.22 12:35 Thu

「イニエスタみたいなプレー」「さらに上手くなってる」遠藤航の絶妙ループパスにファンも絶賛「こんなこともできんのか」

リバプールの日本代表MF遠藤航がまたも躍動した。 21日、プレミアリーグ第26節でルートン・タウンをアンフィールドに迎えたリバプール。遠藤はアジアカップから戻って3試合連続の先発出場を果たし、[4-3-3]のアンカーでフル出場した。 守備面では気の利いたポジショニングとセカンドボールの回収でいつも通りの安定感を発揮すると、この日は攻撃面でも存在感を発揮した。 31分、相手陣内中央でボールを受けた遠藤は相手のプレスを交わして前進。ゴール前に走り込むルイス・ディアスへ、ピンポイントで通る見事な浮き球のパスを通した。コロンビア代表FWのシュートは枠に飛ばなかったものの、アンフィールドの観客も沸いたプレーだった。 遠藤のプレーには、ファンも「イニエスタみたいなプレー」、「激うま」、「こんなこともできんのか」、「上手すぎる」、「さらに上手くなってる」と称賛を寄せている。 80分にはコーディ・ガクポの決定機も演出した遠藤。アシストが付くことはなかったが、チームに欠かせない存在となっている。 <span class="paragraph-title">【動画】遠藤航がイニエスタを彷彿とさせる絶妙プレー!(1:52)</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="_cxfHZHEIxE";var video_start = 112;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.22 11:15 Thu

後半4発で鮮やか逆転の首位リバプールがPL3連勝でEFL杯決勝へ! 遠藤航フル出場も橋岡大樹はベンチ外【プレミアリーグ】

プレミアリーグ第26節、リバプールvsルートン・タウンが21日にアンフィールドで行われ、ホームのリバプールが4-1で逆転勝利した。なお、リバプールのMF遠藤航はフル出場、ルートンのDF橋岡大樹はベンチ外となった。 前節、ブレントフォードに4-1の快勝を収めて首位キープに成功したリバプール。今週末に今シーズン初タイトルを懸けたチェルシーとのEFLカップ(カラバオカップ)決勝を控えるなか、第26節の前倒し開催で降格圏の18位ルートンをホームで迎え撃った。 クロップ監督はリーグ3連勝を狙った一戦で前節から先発5人を変更。負傷離脱のジョタ、カーティス・ジョーンズに加え、コンディションに不安を抱えるヌニェスに代えてガクポ、エリオット、グラフェンベルフを起用。また、ロバートソンとコナテをベンチに置いてジョー・ゴメス、クアンサーを起用し、サラーは大事を取ってかベンチ外となった。 立ち上がりからエンジン全開のリバプールは開始5分、エリオットのスルーパスに反応したルイス・ディアスがボックス内でいきなり決定的なシュートを放つなど攻勢を仕掛けていく。 以降も圧倒的なボール保持で押し込みつつ、ボールを失った際には素早いトランジションで二次攻撃、三次攻撃を狙う。10分にはセットプレーの流れからゴール前のガクポがバイシクルシュートを放つが、これはGKカミンスキの正面を突く。 立ち上がりの攻防を見れば、ホームチームの先制点は時間の問題かに思われたが、先にゴールを奪ったのはまさかのアウェイチームだった。12分、相手陣内左サイドでのスローインの流れからボックス内でウッドロウが身体を張って前向きで走り込んできたタヒス・チョンに落とすと、ゴール左からすかさずシュート。これはGKケレハーが何とかはじき出したものの、ファーに流れたボールをドフリーのオグベネが頭で流し込んだ。 あっさりとした守備対応から早々に失点したリバプールはすぐさま反撃を開始。だが、先制点によって勢いづくルートンの強度の高い守備に苦戦し、効果的なボールの前進には至らず。それでも、エリオットとディアスの連携から要所で相手守備を崩していく。 早い時間帯に同点ゴールを奪えなかったものの、前半半ばを過ぎた辺りから攻撃にリズムが出てきたリバプール。31分には遠藤が見事なプレス回避からゴール前に走り込むディアスへ浮き球のパスを通すが、コロンビア代表FWはダイレクトシュートを枠に飛ばせない。 その後は幾度かターンオーバーの状況を活かしてディアスがボックス内への侵入を試みたが、相手のソリッドな守備対応を前にフィニッシュまで持ち込めず。また、全体的にアタッキングサードでの判断、精度の問題によって崩し切れない場面が目立つ、フラストレーションが溜まる状況のままハーフタイムを迎えた。 後半も同じメンバーで臨んだリバプールは、大きくアプローチを変えることなく焦れずに攻め続ける。そして、立ち上がりからディアス、ガクポと良い形でのフィニッシュを見せると、そのまま押し切った。 56分、右CKの場面でキッカーのマク・アリスターが右足アウトスウィングの正確なボールをボックス中央に入れると、マークを完全に振り切ったファン・ダイクが強烈なヘディングシュートをゴール左隅に突き刺す。 さらに、直後の58分には相手陣内右サイドでのスローインをボックス右で受けたマク・アリスターがダイレクトクロス。これをニアで競り勝ったガクポがヘディングで合わせ、瞬く間に試合を引っくり返した。 まさに畳みかける攻めで一気に試合を引っくり返したホームチームは、その勢いのまま3点目を目指す。だが、再びの右CKでファン・ダイクに訪れた決定機はGKカミンスキの好守に阻まれた。 その後、ややルートンに押し返されたものの、主導権は渡さない試合巧者は相手のミスを突いて突き放す。71分、ルートンの自陣でのスローインの流れから中央へ中途半端に入れたボールに途中出場のロバートソンが反応。ダイレクトでボックス左に走り込むディアスに繋ぐと、ここまで最後のところで苦しんでいた背番号7が落ち着き払ったフィニッシュで左足シュートをニアへ突き刺した。 これで勝負を決めたリバプールは、週末のチェルシー戦を睨み主力を下げながら試合をクローズに入る。それでも、前がかりなルートンの戦い方を利用し、遠藤が見事なボール奪取からのスルーパスでガクポの決定機を演出するなどゴールへの意識は失わず。 すると、後半最終盤の90分には直前に投入された17歳FWダンズも絡んだショートカウンターから最後はボックス中央でルーズボールに反応したエリオットがリバプールでの通算100試合出場を自ら祝うメモリアルゴールで後半のゴールショーを締めくくった。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、多くの主力を欠きながらも鮮やかな逆転勝利でリーグ3連勝を決めたリバプールは首位キープに成功すると共に、EFLカップ決勝へ大きな弾みを付けた。 2024.02.22 06:29 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly