【J1注目プレビュー|第4節:湘南vs京都】今季無敗の湘南、よく知る曺貴裁監督との対戦で成長を見せられるか

2023.03.12 11:45 Sun
©︎CWS Brains, LTD.
【明治安田生命J1リーグ第4節】
2023年3月12日(日)
15:00キックオフ
湘南ベルマーレ(6位/5pt) vs 京都サンガF.C.(11位/3pt)
[レモンガススタジアム平塚]

◆進化した姿を見せつけられるか【湘南ベルマーレ】
開幕から3試合、しっかりと得点を奪えている湘南は1勝2分けとまずまずのスタートを切った。

ミッドウィークの浦和レッズとのYBCルヴァカップは0-0のドロー。3試合連続の引き分けは、プラスにもマイナスにも捉えられる状況だ。

今シーズンの湘南は、これまでの縦に速いスタイルは継続しながらも、しっかりとボールを繋いで攻撃を展開できる強みを持っている。この3連続ドローはどの試合も勝つチャンスがあった。リーグ戦2試合についてはリードを追いつかれるという勝負弱さも見えているが、それでも負けずにきている。
ポイントはいかにゴールを奪えるか。チャンスを生かしていれば、という状況を減らすことで、積み上がる勝ち点も大きく変わってくる。

よく知る曺貴裁監督に進化した姿を見せられるかに注目だ。

★予想スタメン[3-3-2-2]
GK:ソン・ボムグン
DF:舘幸希、大岩一貴、杉岡大暉
MF:石原広教、永木亮太、畑大雅
MF:小野瀬康介、平岡大陽
FW:町野修斗、阿部浩之
監督:山口智

◆復調傾向、リーグ戦連勝へ【京都サンガF.C.】

開幕2連敗、ゴールが遠く元気のなかった京都だが、前節はFC東京相手にプレスが決まり、2-0で初勝利を収めた。

昨シーズンも残留を最後まで争っただけに、早いところで勝利が欲しかったはずだが、一安心。ミッドウィークのルヴァンカップでもガンバ大阪に1-3と完敗を喫したものの、攻撃面ではプラス材料も見られた。

曺貴裁監督としてはよく知る古巣との対決。ただ、進化しているのは相手だけではない。しっかりとした運動量をベースに、ハードワークを続けて主導権を握り切れるか。FC東京戦のような連動したプレスでハメていきたいところだ。

プレスでハメに行けるのか、いなされずにペースを掴めるのか。京都も進化したところを見せたい。

★予想スタメン[4-3-3]
GK:若原智哉
DF:白井康介、井上黎生人、麻田将吾、佐藤響
MF:福岡慎平、川崎颯太、武田将平
FW:山田楓喜、パトリック、木下康介
監督:曺貴裁

関連ニュース

【J1注目プレビュー|第28節:G大阪vs浦和】リーグ&カップで完敗のG大阪が借りを返す!? 浦和は逆転優勝へ勝つしかない

【明治安田生命J1リーグ第28節】 2023年9月24日(日) 17:00キックオフ ガンバ大阪(10位/34pt) vs 浦和レッズ(4位/46pt) [パナソニック スタジアム 吹田] ◆今季の借りは今季の内に【ガンバ大阪】 前節はホームにアルビレックス新潟を迎えて1-1のドロー。これで勝利からは3試合遠のいている。 最下位に長らくいたことを考えると、中位に位置していること自体は素晴らしいバウンスバックを見せたと言えるだろう。8戦で7勝という結果も残したが、今は何もないというのが現状だ。 目指せるタイトルはなく、残留争いからも抜け出した今、明確な目標を持つことが難しい状況。新シーズンを見越して戦い方の精度を上げていくというのも1つと言える。 ただ、今節の相手は浦和。かつてはタイトルを争いあった仲だが、今季はリーグ戦で完敗、カップ戦でもなす術なしと残念な結果に。「浦和には負けない」という気持ちで選手は臨むこと間違いなしだけに、勝利を掴んで自信を取り戻したい。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:東口順昭 DF:髙尾瑠、福岡将太、クォン・ギョンウォン、黒川圭介 MF:ダワン、ネタ・ラヴィ、山本悠樹 FW:ファン・アラーノ、イッサム・ジェバリ、食野亮太郎 監督:ダニエル・ポヤトス ◆逆転優勝へ勝ち続けるしかない【浦和レッズ】 前節はホームに京都サンガF.C.を迎えた中で0-0のゴールレスドローに終わった。その後AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の戦いに向かい、中国の武漢では終盤のゴールで勝ち点1を持ち帰った。 苦しんだ末の勝ち点1。またしても、ホセ・カンテの素晴らしいゴールに救われた浦和だが、リーグ戦でも逆転優勝を目指す上では負けられない。 首位との勝ち点差は現時点で「9」。直接対決を残しているだけに、6ポイント差をどうにか保ち、最後に捲るチャンスを待ちたいところだろう。 ポイントはケガ人の続出。武漢では明本考浩も負傷してしまい、手薄な陣容に。それでもしっかりと勝利を目指し、G大阪を完全に封じたい。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:西川周作 DF:酒井宏樹、アレクサンダー・ショルツ、マリウス・ホイブラーテン、荻原拓也 MF:伊藤敦樹、岩尾憲 MF:小泉佳穂、安居海渡、関根貴大 FW:ホセ・カンテ 監督:マチェイ・スコルジャ 2023.09.24 12:50 Sun

【J1注目プレビュー|第28節:湘南vs川崎F】見えた最下位脱出、24年ぶり国立の湘南が神奈川ダービーで躍動なるか

【明治安田生命J1リーグ第28節】 2023年9月24日(日) 16:00キックオフ 湘南ベルマーレ(18位/21pt) vs 川崎フロンターレ(9位/36pt) [国立競技場] ◆24年ぶりの国立、走り回れ【湘南ベルマーレ】 前節はアウェイで北海道コンサドーレ札幌に0-1で勝利。5試合ぶりの勝ち点3を手にした。 残留争いの中でやや突き放されてしまった感もあった中、この2試合で4ポイントを積み上げ、今節の勝利で最下位を脱出できる可能性が浮上。息巻いて臨むこととなる。 舞台は国立。24年ぶりにそのピッチに立つベルマーレの選手たちだが、サポーターも望ましいもの。30周年を彩る一戦とするには、やはり最下位を脱出する結果を添えたい。 相手は同じ神奈川の川崎F。海外遠征から戻ってきたチームだけに、コンディション面では上回れるはず。湘南らしくピッチを走り回って上回れるか。圧倒的な試合を見せたい。 ★予想スタメン[3-3-2-2] GK:富居大樹 DF:舘幸希、キム・ミンテ、大野和成 MF:石原広教、田中聡、杉岡大暉 MF:小野瀬康介、平岡大陽 FW:大橋祐紀、ディサロ燦シルヴァーノ 監督:山口智 ◆アジアで勝利、3連勝なるか【川崎フロンターレ】 前節はホームにFC東京を迎えた“多摩川クラシコ”で1-0と勝利。泥沼の6戦未勝利から抜け出すことに成功した。 大きな収穫は失点がなかったこと。6試合続いていた失点、さらに1試合以外は複数失点という苦しい状況の中で、大きな試合をクリーンシートに抑えたことも大きい。 そんな中で迎えたアジアでの戦いは、アウェイで先勝。移動やコンディションの問題はあるが、チームとして良い方向に向けそうな予感がある。 ポイントはこの一戦。アジアと並行したチーム力があるとは今は言い切れない。それだけに、シーズン終盤にどれだけ影響が出るのかも不明。国立の舞台でしっかりとパフォーマンスを出せるのか。メンバーを入れ替えるならば、その選手たちの奮起にも期待したい。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:チョン・ソンリョン DF:山根視来、大南拓磨、高井幸大、佐々木旭 MF:脇坂泰斗、ジョアン・シミッチ、橘田健太 FW:家長昭博、レアンドロ・ダミアン、瀬川祐輔 監督:鬼木達 2023.09.24 12:05 Sun

【J1注目プレビュー|第28節:鹿島vs横浜FM】ホーム鹿島は上位への挑戦権を手にできるか、横浜FMは失意から立ち直りたい

【明治安田生命J1リーグ第28節】 2023年9月24日(日) 15:00キックオフ 鹿島アントラーズ(3位/46pt) vs 横浜F・マリノス(2位/51pt) [県立カシマサッカースタジアム] ◆上位への挑戦権を手にできるか【鹿島アントラーズ】 前節はホームにセレッソ大阪を迎えた一戦で1-0と勝利。長い時間数的不利となっていたが、それでもしっかりと勝ち切ることができた。 チームとして良くない振る舞いを見せてしまったことは反省すべきだろう。ただ、10人で勝ち切れたことは自信にして良いところ、上位追撃の一歩を踏み出せた。 勝利によりC大阪を上回り、今度はその上位との直接対決。全く調子が出ない横浜FMを喰らうチャンスは今しかない。勝ち点差は「5」。勝てば3位以内が見えてくるだけに、しっかりとホームで叩きたい。 ポイントは退場したディエゴ・ピトゥカの代わりに出ることが予想される柴崎岳だろう。復帰後の初先発が期待される中、ここまでの試合でも違いを見せられることは証明した。いかにゲームをコントロールし、決定的な仕事をするか。司令塔のパフォーマンスに注目が集まる。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:早川友基 DF:広瀬陸斗、植田直通、関川郁万、安西幸輝 MF:樋口雄太、柴崎岳、佐野海舟、仲間隼斗 FW:垣田裕暉、鈴木優磨 監督:岩政大樹 出場停止:ディエゴ・ピトゥカ ◆泥沼の王者、自信を取り戻したい【横浜F・マリノス】 前節はホームにサガン鳥栖を迎えて1-1のドロー。リーグ戦は3試合でわずか勝ち点1と苦しんでいる中、首位のヴィッセル神戸のお付き合いのおかげで生き延びている。 しかし、チーム状態はかなり心配だ。AFCチャンピオンズリーグでは、仁川ユナイテッド相手に4失点。全てひっくり返されてのカウンターからの失点となってしまった。 普段出番が少ない選手が多く起用されたことも大きな要因と言えるが、チームとして同じ失敗を4度繰り返した点は、今の調子の悪さの表れとも言える。 仁川戦も問題だったのは守備にも見えるが、攻撃が上手くいかないことが最大の要因。リーグ戦でも得点力が下がり、攻撃がうまく完結しないことで、後手を踏む守備となりやられてしまうこともある。今一度立て直し、首位の首をしっかりと追いかけたいところだ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:一森純 DF:松原健、喜田拓也、エドゥアルド、永戸勝也 MF:山根陸、ナム・テヒ、渡辺皓太 FW:水沼宏太、アンデルソン・ロペス、エウベル 監督:ケヴィン・マスカット 2023.09.24 11:45 Sun

【J1注目プレビュー|第28節:神戸vsC大阪】C大阪はラストチャンス、首位の神戸は突き放せるか

【明治安田生命J1リーグ第28節】 2023年9月23日(土) 19:00キックオフ ヴィッセル神戸(1位/52pt) vs セレッソ大阪(6位/45pt) [ノエビアスタジアム神戸] ◆前節は不甲斐ない敗戦、払拭できるか【ヴィッセル神戸】 首位を走っていた神戸。しかし、前節はアウェイでサンフレッチェ広島相手に2-0で敗戦。手痛い一敗となった。 とはいえ、2位の横浜F・マリノスがまさかの取りこぼしとなり、首位陥落は免れることに。この運を生かすしかない。 広島戦で見られたのは失ったアグレッシブさ。連戦や疲労など理由は様々だが、らしくない戦いを見せて完敗に終わった。悲願の優勝を目指す上では残念な試合だったと言える。 メンタル的な問題なのか、首位に立ったことでの気の緩みなのか。いずれにしても、いつでも首位陥落の可能性はある状況だけに、しっかりと我に立ち帰り、らしさを出すことが重要。首位に相応しい戦いをホームで見せつけたい ★予想スタメン[4-3-3] GK:前川黛也 DF:酒井高徳、山川哲史、本多勇喜、初瀬亮 MF:山口蛍、大﨑玲央、佐々木大樹 FW:武藤嘉紀、大迫勇也、汰木康也 監督:吉田孝行 ◆勝てば肉薄、サイドを制圧できるか【セレッソ大阪】 リーグ戦4連勝を目指して臨んだ前節の鹿島アントラーズ戦は、相手が早々に1人少なくなった中で1-0で敗れた。 上位の背中が見えてきた中での手痛い黒星。上位陣が揃って取りこぼしただけに、その痛さは何倍にもなってしまっただろう。 その中で首位との対決。勝ち点差「7」という状況だと考えると、「10」になるか「4」になるかは大違い。ここで勝利すれば、希望の光が見えてくる。 ポイントとなるのはサイド攻撃。神戸も得意とするところだが、神戸を上回る展開力を見せることも可能だ。相手をストロングポイントで上回れるかにも注目だ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:ヤン・ハンビン DF:毎熊晟矢、進藤亮佑、鳥海晃司、舩木翔 MF:ジョルディ・クルークス、喜田陽、香川真司、カピシャーバ FW:上門知樹、レオ・セアラ 監督:小菊昭雄 2023.09.23 13:30 Sat

【J1注目プレビュー|第28節:名古屋vs札幌】共に不調の攻撃陣、欲しいのはゴールと勝ち点3

【明治安田生命J1リーグ第28節】 2023年9月23日(土) 16:00キックオフ 名古屋グランパス(5位/46pt) vs 北海道コンサドーレ札幌(13位/32pt) [豊田スタジアム] ◆4戦未勝利の下降線、止まれるか【名古屋グランパス】 前節はアウェイでアビスパ福岡に敗れた名古屋。優勝争いから一転、チームは転落の一途を辿っている。 最後に勝ったのは第23節で、4試合勝ちなし。1分け3敗と苦しい戦いが続いている。上位陣に取りこぼしが目立っている中で、最も悪い成績となり5位まで順位を落とした。 その大きな要因の1つは得点力の低下。マテウス・カストロが抜けてからというもの、攻撃のバリエーションが減り、ゴール付近での脅威は陰りを見せ、この4試合では2得点しか奪えていない。 セレッソ大阪戦は3失点を喫したが、それ以外は1失点と負けるほど守備が崩壊はしていない。いかにしてゴールを奪うかがポイントに。苦しい局面をどう乗り越えるのか、長谷川健太監督の采配も気になるところだ。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:ランゲラック DF:藤井陽也、中谷進之介、河面旺成 MF:野上結貴、稲垣祥、内田宅哉、森下龍矢 MF:森島司、永井謙佑 FW:キャスパー・ユンカー 監督:長谷川健太 契約上出場不可:中島大嘉 ◆後半戦わずか1勝、苦しみを抜け出せるか【北海道コンサドーレ札幌】 前節はホームに湘南ベルマーレを相手に0-1で敗戦。最下位にも勝ち点を許してしまう展開となった。 前半戦とは打って変わり後半戦は大苦戦中。わずか1勝と一気に順位も転落した。 前々節はガンバ大阪を相手に4-0と完勝したことで、悪い流れを断ち切ったのかに思えたが、まさかの最下位に零封される始末。攻撃サッカーを掲げているチームとしては寂しい結果だ。 残り7試合上位対決が多くなる中で、チムが掲げるスタイルをしっかり見せて勝てるのか。6年目のシーズンとなったミハイロ・ペトロヴィッチ監督も、最後に一矢報いたいところだろう。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:高木駿 DF:田中駿汰、岡村大八、中村桐耶 MF:ルーカス・フェルナンデス、駒井善成、福森晃斗、菅大輝 MF:浅野雄也、スパチョーク FW:小柏剛 監督:ミハイロ・ペトロヴィッチ 出場停止:荒野拓馬 2023.09.23 11:30 Sat
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly