イガロの4発など大量7得点のアル・ヒラルがACL連覇へ前進!浦和との決勝へ駒を進める《ACL2022》

2023.02.27 06:00 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2022の西地区・準決勝のアルドゥハイル(カタール)vsアル・ヒラル(サウジアラビア)が26日に行われ、0-7でアル・ヒラルが圧勝した。

準々決勝でアル・シャバブ・リヤド(サウジアラビア)を下したアル・ドゥハイルは、元柏レイソルのFWマイケル・オルンガや韓国代表DFナム・テヒ、カタール代表MFアルモエズ・アリらが先発した。

一方、前回王者のアル・ヒラルもFWムサ・マレガやFWオディオン・イガロ、FWルシアーノ・ビエットといった強力な助っ人陣を先発で起用した。
試合は開始早々にスコアが動く。アル・ヒラルは2分、相手スローインをカットした28がボックス右から侵入。飛び出したGKを引きつけて中央に折り返すと、ワンバウンドしたボールをイガロが頭で押し込んだ。

幸先良く先制したアル・ヒラルは、10分にも右サイドからカットインしたミカエルのスルーパスに反応したイガロが飛び出したGKをかわしネットを揺らした。さらに14分には、スルーパスで左サイドを駆け上がったサレム・アル・ドサリの折り返しをマレガが流し込んだ。

3点差としても攻撃の手を緩めないアル・ヒラルは、27分にマレガ、38分にサレム・アル・ドサリがゴールネットを揺らし、5点リードで前半を終えた。

迎えた後半も立ち上がりからアル・ヒラルが主導権を握ると、48分に相手のミスパスをカットしたサレム・アル・ドサリのスルーパスに反応したイガロがネットを揺らし、ハットトリックを達成。

さらにアル・ヒラルは、62分にも細かなパスワークから敵陣に攻め込むと、アルハムダンの落としから再びイガロがゴール左隅にシュートを流し込んだ。

結局、試合はそのまま7-0でアル・ヒラルが圧勝。2大会連続で西地区を制し、浦和レッズとの決勝戦に駒を進めた。なお、決勝は1stレグが4月29日にアル・ヒラルのホームで行われ、2ndレグが5月6日に浦和のホームで行われる。

アル・ドゥハイル 0-7 アル・ヒラル
【アル・ヒラル】
イガロ(前2,10,後3,17)
マレガ(前14,27)
サレム・アル・ドサリ(前38)

関連ニュース
thumb

ACL決勝のキックオフ時間が決定!浦和3度目の優勝へ、埼スタでの第2戦は18時KO

アジアサッカー連盟(AFC)は28日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2022決勝のキックオフ時刻が決定したことを発表した。 東地区からは浦和レッズ、西地区からはサウジアラビアのアル・ヒラルが勝ち進んだ今季のACL。 第1戦は4月29日にキング・ファハド国際スタジアムで行われ、現地時間20:30(日本時間26:30)にキックオフ。第2戦は埼玉スタジアム2002に会場を移し、5月6日日本時間18:00にキックオフとなる。 今シーズンのACLは、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響を受けて日程が大きく変更。決勝は当初2023年2月19日と26日に実施される予定だった。 東地区からは浦和レッズが決勝に進出していたが、埼玉スタジアム2002は当初芝の改修工事が決定していたため、使用できない問題が発生。工期変更を模索していたが費用面などで断念。一方で、AFCに対して日程変更を要求しており、その結果、AFCが日程変更を発表。西地区のラウンド16以降や決勝戦が2カ月以上後ろに倒される結果となっていた。 日本を代表して臨む浦和は2017年大会以来、5大会ぶり3度目の優勝が懸かる。 2023.03.28 17:40 Tue
twitterfacebook
thumb

ブスケッツにサウジやアメリカから関心多数?欧州クラブへの移籍は選ばずか

バルセロナのスペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツ(34)はアメリカや中東から多くの関心を集めているようだ。 バルセロナのカンテラーノとして2008-09シーズンにデビューして以降、クラブの黄金期を中盤の底から支えてきたブスケッツ。これまで公式戦通算712試合に出場し、30ものタイトル獲得に貢献してきた。 34歳となり、今や主将としてもチームを引っ張っているが、クラブとの契約は今季まで。カタール・ワールドカップ(W杯)終了後にはスペイン代表としてのキャリアにピリオドを打った中で、バルセロナからの退団説も取り沙汰されており、有力な新天地はアメリカのインテル・マイアミであるとも伝えられている。 ただ、スペイン『ムンド・デポルティボ』はブスケッツに目をつけているクラブは他にもあると報道。同じアメリカのトロントFCに加え、今冬ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(38)が加入したアル・ナスルのほか、アル・ヒラル、アル・シャバブとサウジアラビアの3クラブが関心を示しているようだ。 なお、ブスケッツはバルセロナとの契約を更新しない場合、新たに他のヨーロッパのクラブに加入するつもりはないとのこと。15年以上にわたってプレーしてきた愛するクラブの敵となることは望んでいないようだ。 2023.03.18 21:18 Sat
twitterfacebook
thumb

アル・ヒラルのビエットが今夏古巣ビジャレアル帰還へ!

アル・ヒラルのアルゼンチン人FWルシアーノ・ビエット(29)が、今夏フリートランスファーで古巣ビジャレアルへの帰還を果たす見込みだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じている。 ビエットは、先日のFIFAクラブ・ワールドカップで3試合3ゴールを挙げる活躍をみせ、クラブ史上初の準優勝に貢献。また、今季ここまでの公式戦で18試合8ゴールと安定した数字を残している。 ただ、今季限りで終了する現行契約を延長する意思はなく、今夏の退団が確実に。そういった中、以前からラ・リーガ復帰を希望してきたストライカーは、2014-15シーズンにプレーした古巣ビジャレアル移籍に関して合意に至ったようだ。 母国のラシン・クラブでプロキャリアをスタートし、2014年に加入したビジャレアルでリーグ戦12ゴールを挙げてブレイクしたストライカーのビエット。その翌年にアトレティコ・マドリーへステップアップを果たしたが、思うような活躍を見せられず。 以降、セビージャ、バレンシア、フルアムへレンタル移籍を繰り返し、2019年夏にスポルティングCPに完全移籍。2020年10月にはアル・ヒラルへ完全移籍し、昨年1月末にはアル・シャバブへの半年ローンも経験していた。 現在、リーグ戦では首位と11ポイント差の4位に甘んじており、逆転優勝は厳しいところだが、2022シーズンのAFCチャンピオンズリーグでは決勝に進出。運命のファイナルではサウジアラビアでの有終の美を飾るべく、浦和レッズの前に立ちはだかることになる。 2023.03.02 00:26 Thu
twitterfacebook
thumb

オルンガの2発でアルドゥハイルが4強入り!準決勝では前回王者アル・ヒラルと激突《ACL2022》

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2022の西地区・準々決勝の2試合が23日に行われた。 ラウンド16で谷口彰悟の所属するアル・ラーヤン(カタール)を下したアルドゥハイル(カタール)が、ナサフ(ウズベキスタン)を下したアル・シャバブ・リヤド(サウジアラビア)と対戦。 元柏レイソルのFWマイケル・オルンガとカタール代表MFアルモエズ・アリを2トップで起用したアルドゥハイルは、12分にエジミウソン・ジュニオールの左クロスをゴール前に抜け出したオルンガが右足で合わせたが、シュートはゴール左に外れた。 一方、元柏レイソルのGKキム・スンギュや元アルゼンチン代表MFエベル・バネガが先発したアル・シャバブは前半終了間際の45分、ボックス左深くまで侵入したモテブ・アル・ハルビの折り返しをニアでカルロスが合わせたが、これは飛び出したGKの体に当たり、ゴール右に外れた。 ゴールレスで迎えた後半、先にスコアを動かしたのはアルドゥハイル。77分、ナム・テヒの右CKからオルンガがヘディングシュートをゴールに叩き込んだ。 さらにアルドゥハイルは、85分にもカリム・ブディアフのロングパスをボックス右で受けたイスマイール・モハンマドの折り返しをオルンガが冷静に流し込み。追加点を奪った。 その後、試合終了間際の93分にサイード・アル・ルベアイのゴールで1点を返されたが、2-1で逃げ切ったアルドゥハイルが準決勝進出を決めた。 また、前回王者のアル・ヒラル(サウジアラビア)は、フーラード(イラン)と対戦。試合はアル・ヒラルがボールの主導権を握るが、先に決定機を迎えたのはフーラードだった。 15分、相手ボックス内でボールを奪い返したイフサン・パフラバンがボックス左からシュート。しかし、これはGKアル・マユーフが左足に当ててセーブ。 対するアル・ヒラルは、ゴールレスで迎えた64分にチャンス。ビエットの縦パスをボックス内のアル・ドサリが落とすと、走りこんだビエットが右足でダイレクトシュート。しかし、これは相手GKの好セーブに阻まれた。 その後は膠着状態が続く中、試合終了間際にスコアが動く。アル・ヒラルは87分、アル・シェフリの斜めのパスに反応したマレガがでボックス右から冷静にゴール左隅へシュートを流し込んだ。 結局、これが決勝点となり、1-0でアル・ヒラルが勝利した。 なお、アルドゥハイルとアル・ヒラルによる準決勝は26日に行われ、勝者が東地区勝者の浦和レッズとアジア王者を懸けて決勝で対戦する。 ◆ACL2022 西地区準々決勝 ▽2/23(木) アルドゥハイル 2-1 アル・シャバブ・リヤド フーラード 0-1 アル・ヒラル 2023.02.24 06:25 Fri
twitterfacebook
thumb

前回王者アル・ヒラルがシャバブ・アル・アハリに完勝でベスト8進出!《ACL2022》

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2022の西地区・ラウンド16のアル・ヒラル(サウジアラビア)vsシャバブ・アル・アハリ(UAE)が20日に行われ、3-1でアル・ヒラルが勝利した。 グループAを首位通過した前回王者のアル・ヒラルと、グループCを2位で通過したアル・アハリによるベスト8進出を懸けた一戦。 マレガやイガロ、ビエットといった強力な助っ人をスタメンで起用したアル・ヒラルは、17分に先制する。中盤でのルーズボールを拾ったマレガがドリブルからバイタルエリア中央へパス。これを受けたイガロがペナルティアーク内から左足一閃。シュートはGKナセルの手を弾き、ゴール左隅に決まった。 先制を許したアル・アハリは、前半終了間際の45分にガニエフの右クロスをファーサイドのファーサイドのアル・ガッサニがダイビングヘッドで合わせたが、このシュートはGKアル・マユーフのくセーブに阻まれた。 1-0で折り返した後半、先にチャンスを迎えたのはアル・ヒラル。51分、ビエットの左CKをニアに走りこんだモハメド・カンノが右足ヒールで合わせたが、これは相手GKにセーブされた。 その後は膠着状態が続いたが、アル・ヒラルは73分にバイタルエリア手前でFKを獲得すると、ビエットのふわりと浮かせたパスをゴール前のチャン・ヒョンスがヘディングシュート。一度は相手GKに弾かれたが、セカンドボールを再び頭で押し込んだ。 待望の追加点を奪ったアル・ヒラルは、79分にも右サイドを持ち上がったマレガのクロスをニアに走りこんだサレム・アル・ドサリがヒールシュートで合わせると、ゴール前のビエットがワンタッチでコースを変えてゴールネットを揺らした。 その後、86分にアル・アハリに1点を返されたアル・ヒラルだが、2点差を守り抜き、3-1で勝利した。 なお、同日に行われたラウンド16もう一試合のアル・ファイサリー(サウジアラビア)vsフーラード(イラン)は、ササン・アンサリィのゴールで逃げ切ったフーラードが勝利した。 2023.02.21 06:30 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly