来夏に契約切れとなるセルジ・ロベルト、バルセロナからの新契約オファーを拒否か

2023.02.02 23:35 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スペイン代表DFセルジ・ロベルト(30)がバルセロナから提示された新契約の最初のオファーを拒否したようだ。

スペイン『マルカ』によれば、今冬での契約更新を目指していたバルセロナは、残りの契約が半年となるセルジ・ロベルトに対し、現行契約と同条件となる1年契約の延長オファーを提示。しかし、同選手の代理人との最初の話し合いでは合意に至らなかったとのことだ。

なお、クラブ側は冬の移籍市場が閉幕し今季中の移籍がなくなった今では、契約延長交渉を急いでおらず、両者の新たな話し合いの日程は未定となっているようだ。
同クラブのカンテラーノとして、トップチームで10シーズン目を迎えているセルジ・ロベルト。ポリバレントな選手である一方、ケガが多く、パフォーマンスが安定しないことから今季もなかなか定位置が掴めておらず、公式戦18試合の出場にとどまっていた。

関連ニュース
thumb

元神戸ボージャンが現役引退へ…発信源はバルサ時代の同僚ピケ、口滑らしで公に

ヴィッセル神戸を退団した元スペイン代表FWボージャン・クルキッチ(32)だが、どうやらこのまま現役を退くようだ。スペイン『アス』などの複数メディアが報じた。 バルセロナのカンテラ出身で、将来を有望視されたが、ケガも重なってうまくいかず、2021年夏から1年半を神戸で過ごしたボージャン。昨季をもって退団してからはフリーの状況が続く。 新天地が気になるところだったが、神戸が最後のクラブになる模様。バルセロナ時代に共闘したジェラール・ピケ氏が共同で主催する7人制サッカーリーグのTwitchライブで明かしたという。 「ボージャンは引退する。木曜日(23日)にカンプ・ノウでさよならを告げるんだ」 このピケ氏の発言に周囲もびっくり。それもそのはずで、まだ公表されていない情報だったからだ。 共演者の1人だったイバイ・ジャノス氏から「それって知られていないことだよね?」と問われると、ピケ氏もそこでようやく自身のやらかしに気づいたようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】「ボージャンは引退する」…バルサ時代の戦友ピケがうっかり口を滑らす</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">BOJAN KRKIĆ SE RETIRA DEL FÚTBOL<br><br>El leak de Gerard <br><br>Te esperamos en la <a href="https://twitter.com/KingsLeague?ref_src=twsrc%5Etfw">@KingsLeague</a> <a href="https://twitter.com/BoKrkic?ref_src=twsrc%5Etfw">@BoKrkic</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/KingsLeague?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#KingsLeague</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/AfterKings11?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#AfterKings11</a> <a href="https://t.co/ClUqajgweo">pic.twitter.com/ClUqajgweo</a></p>&mdash; Universo Kings League (@UniversoKingsL) <a href="https://twitter.com/UniversoKingsL/status/1637943370168320003?ref_src=twsrc%5Etfw">March 20, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.03.21 21:45 Tue
twitterfacebook
thumb

デ・ヨングが態度を軟化? ユナイテッド行きの可能性排除せず 「誰も知りえない」

バルセロナのオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング(25)がマンチェスター・ユナイテッド移籍の可能性を排除しなかった。イギリス『90min』が伝えている。 デ・ヨングはバルセロナの主力選手として活躍しているものの、昨夏は深刻な財政難に苦しむクラブがユナイテッドやチェルシーへの売却を望んでいると報じられた。 とりわけ、ユナイテッドは獲得に熱心だったが、デ・ヨングは愛着を持つバルセロナ退団を拒み、クラブ間交渉も不調に終わった。しかし、今季も終盤戦が近づくにつれて噂が再燃。デ・ヨング本人がオランダ『Ziggo Sport』のインタビューでこれに言及したという。 「今夏のユナイテッド加入はないよね?」と問われたデ・ヨングは「いいや、そうは思わない。もちろん、今はまだ誰も知りえないことだ。とにかく、僕はバルセロナで幸せだ」と口に。クラブ愛は変わらずとも、可能性は捨てきれないという見解を示した格好だ。 バルセロナがサラリーキャップへの抵触を避けるためには選手の売却などで資金を調達する必要があるとされる。今夏もデ・ヨング売却を進める方針で、本人もそれを把握しているのかもしれない。 なお、ユナイテッドの方も今夏に再びデ・ヨング獲得に動く可能性があると指摘されている。 2023.03.21 19:07 Tue
twitterfacebook
thumb

バルセロナが19歳の至宝ヴィルツに関心、代理人の父親と接触するも…

バルセロナがレバークーゼンのドイツ代表MFフロリアン・ヴィルツ(19)に関心を寄せているようだ。ドイツ『スカイ』が伝えている。 2019-20シーズンに史上3番目の若さとなる17歳15日でブンデスリーガデビューを果たした“ドイツの至宝”ヴィルツ。昨年3月の大ケガからは長期離脱を強いられたが、今年1月の復帰後は公式戦13試合で2得点6アシストを記録しており、すでに完全復活した印象がある。 ビッグクラブ行きの噂は負傷前からあったなか、最近はバイエルンからの関心がたびたび報じられる。しかし、フロリアン・プレッテンバーグ記者によれば、推定市場価値6300万ユーロ(約88億5000万円)のヴィルツはバイエルンにとって高すぎる選手だという。 一方、ヴィルツにはバルセロナも関心を寄せ、代理人を務める父親に電話で接触。だが、父親は今年初めにドイツ『キッカー』のインタビューで「息子はレバークーゼンと良好な関係を保っている。2024年のユーロまでは残るだろう」と語っていた。 そのため、少なくとも来季まではレバークーゼン残留が確実。バルセロナも深刻な財政難を解消できない限りは獲得の望みが薄いと考えられている。 2023.03.21 16:00 Tue
twitterfacebook
thumb

バルセロナが夏のカンセロ獲得に関心か、バイエルンは残留希望も買取OPは98.5億円

今冬マンチェスター・シティから電撃的にバイエルンへとレンタル移籍したポルトガル代表DFジョアン・カンセロ(28)だが、来季は別のクラブでプレーしている可能性があるようだ。 ジョゼップ・グアルディオラ監督の下、左サイドバックとして重要な役割を担っていたカンセロ。“カンセロ・ロール”とも呼ばれる通常のサイドバックとは異なる戦術の中心となっていた。 しかし、カタール・ワールドカップ(W杯)を終えると、カンセロの出番は急に減ることに。先発の座を奪われると、電撃的にバイエルンへと移籍していた。 ポジションを失った中で移籍を決断したが、バイエルンでも順風満帆とは言えない。絶対的なスタメンではなく、チャンピオンズリーグ(CL)のパリ・サンジェルマン(PSG)とのラウンド16・2ndレグでは4分の出場となっている。 ただ、バイエルンはカンセロを高く評価。シティとの契約には買い取りオプションも付帯しているが、その金額は7000万ユーロ(約98億5000万円)とされており、ドイツ『スカイ・スポーツ』によれば、バイエルンはこの移籍金を払うつもりはないとのこと。ただ、カンセロの残留を求めており、交渉をしていくという。 ただ、そのカンセロに対しては興味を持つクラブもあり、それがバルセロナだという。 慢性的な財政難に陥りながらも選手を補強したいバルセロナ。選手を売却するなど、資金調達しなければサラリーキャップにも抵触するため、獲得以前にやるべきことは多い。 それでもカンセロの獲得を希望。シティに残る可能性もあるが、バイエルンとのせめぎ合いになる可能性が出てきている。 2023.03.21 12:05 Tue
twitterfacebook
thumb

オランダ代表、デ・ヨングとベルフワインがケガのため不参加に…マレンとフェールマンを追加招集

オランダサッカー協会(KNVB)は20日、ユーロ2024予選に臨むオランダ代表メンバーの変更を発表した。 ルイス・ファン・ハール監督から引き継いだロナルド・クーマン監督の初陣となるオランダだが今回、新体制でも主力としての活躍が期待されたバルセロナのMFフレンキー・デ・ヨングとアヤックスのFWテーフェン・ベルフワインが不参加が決定した。 KNVBによれば、F・デ・ヨングとベルフワインはケガのために不参加になるとのこと。代わりに、FWドニエル・マレン(ドルトムント/ドイツ)とMFジョエイ・フェールマン(PSV)が追加招集されることとなった。 オランダはグループBに入っており、フランス代表、アイルランド代表、ギリシャ代表、ジブラルタル代表と同居。24日にアウェイでフランスと、27日にホームでジブラルタルと対戦する。 2023.03.21 07:30 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly