「可愛い時とかっこいい時のギャップがすごい」移動時のお茶目な姿が話題の田中碧、今度はグラウンドで真剣な眼差し「良い表情してますね」

2023.01.11 11:55 Wed
Getty Images
デュッセルドルフの日本代表MF田中碧のギャップが注目を集めている。
PR
カタール・ワールドカップ(W杯)に日本代表の一員として出場した田中。グループステージ第3戦のスペイン代表戦では、“三笘の1ミリ”で話題となった折り返しから逆転ゴールを記録するなど、チームのベスト16入りに貢献した。
ドイツへと戻りチームに合流した田中だが、リーグ戦が中断中のデュッセルドルフはスペインでキャンプを実施。移動の際の空港での田中の姿は「可愛い」と話題になっていた。

そのデュッセルドルフは、10日にドルトムントとのトレーニングマッチを実施。先発出場した田中の姿をクラブの日本語版公式ツイッターが披露している。

ここでは空港とは打って変わって真剣な眼差しの田中。試合前ということもあり当然のことではあるが、そのギャップにやられたファンも多いようだ。日本のファンからは「やっぱり可愛い時とかっこいい時のギャップがすごい笑」、「良い表情してますね」といった声も上がっていた。
田中とアペルカンプ真大が先発出場したデュッセルドルフだったが、ドルトムントには1-5で敗戦。14日には、川辺駿原輝綺が所属するグラスホッパーとトレーニングマッチを行う予定だ。



PR
関連ニュース

伊藤フル出場のシュツットガルト、ギラシー&ウンダブ弾で長谷部先発のフランクフルトに快勝【ブンデスリーガ】

シュツットガルトは13日、ブンデスリーガ第29節でフランクフルトをホームに迎え、3-0で快勝した。 シュツットガルトのDF伊藤洋輝はフル出場、MF原口元気とDFチェイス・アンリはベンチ入りも出場せず。フランクフルトのMF長谷部誠は85分までプレーしている。 前節ドルトムントとの上位対決を制して2位バイエルンに勝ち点で並んだ3位シュツットガルト(勝ち点60)は、伊藤が[4-4-2]のセンターバックでスタメンとなった。 長谷部がボランチで先発となった6位フランクフルト(勝ち点42)に対し、シュツットガルトは11分に先制する。伊藤のボール奪取を起点に、スティラーの浮き球パスでディフェンスライン裏を取ったギラシーがネットを揺らすと、直後はオフサイド判定となるもVARでゴールが認められた。 さらに17分、ウンダブが敵陣でボールを奪って独走。そのままシュートを決めきって追加点を挙げた。 ギラシーとウンダブの2トップ揃い踏みでリードを広げたシュツットガルトは28分、マーモウシュにGK強襲のシュートを打たれるも、ブレドロウがセーブ。 すると37分に3点目。ウンダブのスルーパスを受けたルウェリングがボックス内へ侵入し、シュートを決めきった。 3点をリードして迎えた後半もシュツットガルトが敵陣でのプレーを続け、試合をコントロールしていく。 75分には長谷部が敵陣ボックス付近でファウルを貰うと、マーモウシュが直接FKでGKブレドロウを強襲。 その後、85分に長谷部がピッチを後にした中、シュツットガルトが3-0のまま快勝としている。 2024.04.14 03:28 Sun

伊東のアシストから中村が今季3点目!10人のスタッド・ランスは逆転負けを喫する…【リーグ・アン】

スタッド・ランスは13日、リーグ・アン第29節でストラスブールと対戦し1-3で敗戦した。ランスの伊東純也は62分までプレー、中村敬斗は79分までプレーしている。 リーグ戦2連続ドロー中の7位スタッド・ランス(勝ち点40)が、12位ストラスブール(勝ち点33)のホームに乗り込んだ一戦。スタッド・ランスは3トップに伊東、ディアキテ、中村を並べた[4-3-3]の布陣で試合に臨んだ。 試合は開始早々にスコアが動く。スタッド・ランスは8分、フォケの横パスを右サイドで受けた伊東がファーストタッチで縦に抜け出すと、ボックス右横からクロスを供給。これを逆サイドから走り込んだ中村がヘディングでゴールに流し込んだ。 中村の今季3点目で先制したスタッド・ランスは、16分にセットプレーからピンチ。バイタルエリア左で与えたFKからバクワがクロスを供給すると、ファーサイドでフリーのソウが右足ボレーで合わせたが、これはGKディウフが正面でキャッチした。 前半半ば以降は押し込まれる時間が続いたスタッド・ランスだが、34分に再びネットを揺らす。デ・スメットのロングフィードをボックス手前のディアキテが頭で落とすと、これをペナルティアークで受けた中村が深い切り返しでDFをかわしシュート。さらに相手GKが弾いたボールをゴール前のディアキテが押し込んだが、これはオフサイドの判定でゴールは取り消された。 ハーフタイムにかけて再び劣勢の時間が続いたスタッド・ランスは、43分に失点を許す。デレーヌの浮かせたパスに反応したセバにボックス左まで侵入されると、マークについたアグバドゥが後方から倒してしまいPKを献上。このPKをガメイロに決めらた。 さらにスタッド・ランスは、前半追加タイム6分に自身のボールロストからのカウンターをファウルで阻止したコネが2枚目のイエローカードで退場処分となり、10人となり前半を終えた。 迎えた後半、数的不利のスタッド・ランスは立ち上がりに失点する。50分、自陣左サイドでFKを与えると、バクワのクロスをゴール前に走り込んだシラがダイビングヘッドでゴールに流し込んだ。 逆転を許したスタッド・ランスは、62分に伊東とフォケを下げてコウドウとアキエメを投入、さらに79分には、中村とカドラを下げてディアクオンとY・フォファナをピッチに送り出した。 すると88分、左クロスのクリアボールをボックス左のアキエメが頭で繋ぐと、ゴールエリア右手前のコウドウがゴールネットを揺らしたが、これはオフサイドポジションのディアキテのプレー関与でノーゴールとなった。 同点のチャンスを逃したスタッド・ランスは、93分にもサイに試合を決定づけるゴールを許し、そのまま1-3で敗戦した。 2024.04.14 02:05 Sun

旗手と古橋が共にゴール! 後半躍動セルティックが快勝で首位キープ【スコティッシュ・プレミアシップ】

セルティックは13日、セルティック・パークで行われたスコティッシュ・プレミアシップ第33節でセント・ミレンと対戦し、3-0で勝利した。 前節、レンジャーズとのオールドファームを3-3のドローで終えたセルティックは勝ち切れなかったものの、暫定首位をキープ。2戦ぶりの白星を目指した5位チーム相手のホームゲームではFW古橋享梧、MF岩田智輝、MF旗手怜央がスタメンも、負傷のFW前田大然はDF小林友希と共にベンチ外となった。 立ち上がりからボールを保持するものの、相手のコンパクトな守備を前に攻め切れない状況が続くセルティック。古橋ら前線の選手も効果的にボールに関与できず。 前半半ばを過ぎると、左CKの流れからペナルティアーク付近の旗手にシュートチャンスが訪れるが、抑えの利いたシュートはゴール前のDFにはじき出される。このファーストシュートをきっかけにギアを上げたいところだったが、アタッキングサードでの苦戦を改善できぬままゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半、ヤン・ヒョンジュンの右クロスに飛び込んだ古橋に際どい場面が訪れるなど悪くない入りを見せたホームチームは、早い時間帯にゴールをこじ開ける。 52分、右サイドでの崩しからボックス中央でボールを受けた旗手がDFに寄せられながらも素早いひざ下の振り抜きから右足アウトで押し出す形の技ありシュートをゴール左上隅に突き刺し、6カ月ぶりとなる今季3点目を挙げた。 旗手のゴールによって完全に流れを掴んだホームチームは攻勢を強めると、エースが決定的な仕事を果たす。60分、右サイドでフリーのジョンストンが正確なクロスを上げると、タイミング良くゴール前に走り込んだ古橋がドンピシャのヘディングシュートを突き刺した。 古橋の3試合ぶりとなるリーグ11ゴール目で相手を突き放したセルティックは、以降もボックス内に侵入した旗手に自身2点目のチャンスが訪れるなどきっちりゲームをコントロールする。 70分過ぎには旗手と古橋のゴールスコアラーに加え、アンカーでゲームをオーガナイズしていた岩田がお役御免に。フレッシュな選手の投入で逃げ切り態勢に入った。 その後、チームは86分のイダーのゴールでダメ押しに成功し、このままクリーンシートで試合をクローズ。この結果、旗手と古橋の活躍によって2試合ぶりの白星を挙げたセルティックが首位キープに成功した。 セルティック 3-0 セント・ミレン 【セルティック】 旗手怜央(後7) 古橋享梧(後15) イダー(後41) 2024.04.14 01:06 Sun

クロアチア代表コンビがリーグ初弾のシティが暫定首位! 橋岡大樹はフル出場も今季2点目のオウンゴール…【プレミアリーグ】

プレミアリーグ第33節、マンチェスター・シティvsルートン・タウンが13日にエティハド・スタジアムで行われ、ホームのシティが5-1で快勝した。なお、ルートンのDF橋岡大樹はフル出場した。 3位のシティはチャンピオンズリーグ(CL)のレアル・マドリー戦を控える中、降格圏の18位相手にリーグ3連勝を狙った。リーグ前節はクリスタル・パレス相手に4-1の快勝を収めたグアルディオラのチームは、敵地で行われたマドリー戦では激しい打ち合いの末に難所で3-3のドローに持ち込んだ。 逆転でのリーグ優勝へ勝ち点3を積み上げつつ、週明けの大一番へ弾みを付けたいこの一戦では先発6人を変更。守護神エデルソン、体調不良から回復したデ・ブライネが復帰した一方、休養のロドリ、フォーデンらに代えてマテウス・ヌネス、アルバレスらが起用された。対するルートンは橋岡が変則5バックの中央右でスタメンを飾った。 試合は開始早々にホームチームが動かす。2分、デ・ブライネのスルーパスに抜け出したハーランド、ドクとボックス内で続けて際どいシュートを放つと、最後はハーランドの枠を外れた強引なシュートが橋岡の顔面に当たってコースが大きく変わってゴール左隅に決まった。なお、橋岡は先日のアーセナル戦に続く不運なオウンゴールとなった。 幸先よく先制に成功したシティは、以降も人基準のルートンの守備を効果的に揺さぶってチャンスを作っていく。9分にはグヴァルディオルの右足ミドルシュート、14分にはボックス付近からのヌネスのシュートでGKカミンスキにファインセーブを強いる。 前半半ばから終盤にかけても相手陣内でハーフコートゲームを展開するシティズンズ。80%近いボール保持率に加え、ボールを失っても即時奪回でルートンに自陣からの脱出を許さない。そして、前半だけで18本のシュートを浴びせかけたが、27分のヌネスのシュートは左ポストを掠め、前半終了間際のデ・ブライネの枠内シュートは同胞GKカミンスキの好守に遭い、圧倒した前半のうちに追加点を奪い切れなかった。 後半も試合展開に大きな変化はなし。引き続き相手陣内でハーフコートゲームを展開するホームチームは、アルバレスやグヴァルディオルがフィニッシュに顔を出す。 以降も多彩な仕掛けで相手を揺さぶりながらルベン・ディアスらが幾度も際どいシュートを放つと、64分にはセットプレーからようやくゴールをこじ開ける。64分、左CKのショートコーナーでアルバレスからのマイナスパスをペナルティアーク付近のコバチッチが右足ダイレクトシュート。これがゴール前の密集を抜けてゴール右に突き刺さった。 コバチッチに今季プレミアリーグ初ゴールを決められて2点のビハインドを背負ったルートンは、失点直後にオニエディンマの右サイドからのクロスをゴール前のウッドロウがワンタッチで合わせてようやくファーストシュートを記録したが、これは惜しくもクロスバーを叩く。 冷や汗をかいたものの、2点リードを維持したシティは、ここから攻勢を強めると、75分にはドクが鋭い仕掛けからボックス内でオニエディンマのファウルを誘ってPK獲得。これをキッカーのハーランドが冷静に左隅へ蹴り込み、今季リーグ戦20点目とした。 この3点目で勝利を確信したグアルディオラ監督は81分にデ・ブライネ、ハーランドを下げてセルヒオ・ゴメス、ボブの投入で試合をクローズに入る。 この交代直後の81分にはビルドアップのミスを突いたルートンがバークリーのゴールで一矢報いる。 だが、ここから再びギアを上げたシティは87分に左サイドを単騎突破したドクが切れ味鋭いカットインでボックス内に侵入し、DF橋岡の股間を抜くシュートを右隅に流し込む。さらに、試合終了間際の93分にはドクの突破で相手守備を押し下げた後、ボックス手前でフリーとなったグヴァルディオルが見事な右足のミドルシュートをゴール左上隅に突き刺し、公式戦2試合連発となるプレミアリーグ初ゴールを記録した。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、快勝でリーグ3連勝を達成したシティが暫定首位に浮上すると共に週明けのマドリー戦へ大きな弾みを付けた。 <span class="paragraph-title">【動画】不運な橋岡大樹…ハーランドのシュートがあたりオウンゴールに</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="rZHpJMHsvoY";var video_start = 30;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.14 01:02 Sun

ザビッツァーのドッペルパックで10人ドルトムントが板倉フル出場のボルシアMGに逃げ切り勝利【ブンデスリーガ】

ブンデスリーガ第29節、ボルシアMGvsドルトムントが13日に行われ、1-2でドルトムントが勝利した。ボルシアMGのDF板倉滉はフル出場している。 前節ヴォルフスブルク戦を板倉のミドル弾などで3-1の勝利とし、リーグ戦5試合ぶりの白星を飾った11位ボルシアMG(勝ち点31)は、板倉が引き続き[3-4-3]のボランチで先発となった。 一方、前節シュツットガルトとの上位対決に敗れてチャンピオンズリーグ(CL)出場圏外の5位に後退したドルトムント(勝ち点53)は、3日前に行われたCLではアトレティコ・マドリー相手に1-2で敗戦。そのアトレティコ戦のスタメンから6選手を変更。フュルクルクやジャン、フンメルスらがベンチスタートとなった。 開始早々、アラーが相手DFとの接触で足を負傷し、10分にムココとの交代を強いられる。アクシデントに見舞われたドルトムントだったが、22分に先制する。シュロッターベックのロングフィードでボックス左に抜け出したザビッツァーが左足ボレーを叩き込んだ。 攻めあぐねていた中でゴールをこじ開けたドルトムントは27分にPKを獲得。FKの流れでボックス左のシュロッターベックがエングムに足を踏まれた。このPKをザビッツァーが決め、リードを広げた。 2点のビハインドとなったボルシアMGは36分、CKからウーバーのヘディングシュートが決まって1-2とし前半を終えた。 迎えた後半、開始3分にドルトムントがPKを獲得しかける。アデイェミがボックス内でGKに倒されてPK判定となり、ザビッツァーが蹴って決めるも、ここでVARが介入しまさかのPK取り消しに。 すると55分、アデイェミが2枚目のイエローカードを受けて退場に。10人となったドルトムントだったが、自陣に引いてボルシアMGをいなし時間を消化していく。 そして追加タイムのクヴァンカラのヘディングシュートがわずかに枠を外れ、ドルトムントが2-1で逃げ切り。アトレティコ戦に弾みを付けている。 2024.04.14 00:42 Sun
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly