J1昇格の横浜FC、東京VのDFンドカ・ボニフェイスを完全移籍で獲得「精一杯プレーします」

2022.12.06 10:22 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
横浜FCは6日、東京ヴェルディのDFンドカ・ボニフェイス(26)を完全移籍で獲得することを発表した。

ンドカ・ボニフェイスは埼玉県出身で、大宮アルディージャの下部組織育ち。浦和東高高校から日本体育大学を経て、2018年に水戸ホーリーホックへと入団した。

水戸で3シーズンを過ごした後、2021年に東京Vに完全移籍で加入。センターバックの主軸としてプレーし、2シーズンでJ2通算66試合5得点を記録。天皇杯でも3試合1得点を記録していた。
ンドカ・ボニフェイスは、自身初のJ1挑戦となる中、両クラブを通じてコメントしている。

◆横浜FC
「横浜FCファン・サポーターのみなさん。この度、東京ヴェルディより移籍してきました」

「横浜FCで自分の価値を証明すると共に、J1の舞台で戦わせてもらうことに感謝しています」

「チームの目標を達成できるように、精一杯プレーします。これから応援のほどよろしくお願いいたします」

◆東京ヴェルディ
「特別な2年間でした。ここで成長し自分への評価をまた一つ変えることができたと思います。なによりチームメイトに感謝したいですピッチ内外で刺激があり居心地がいい場所でした。ここに呼んでくれた江尻強化部長にも感謝しています」

「そしてヴェルディのファン・サポーターの声援の中でプレーできて幸せでしたし、今年は特に愛を感じることができました。チームは自分に対し最大級の評価をしてくれましたが、次のチャレンジをします。ありがとうございました」


関連ニュース
thumb

キング・カズがポルトガル2部のオリヴェイレンセへ期限付き移籍、今月56歳を迎える中2005年以来の海外挑戦

1日、横浜FCに所属する元日本代表FW三浦知良(55)が、ポルトガル2部のオリヴェイレンセへ期限付き移籍することが発表されたた。 三浦はブラジルの名門・サントスでプロキャリアをスタート。その後日本へ戻り、ヴェルディ川崎(現:東京ヴェルディ)、ジェノア(イタリア)、ディナモ・ザグレブ(クロアチア)、京都パープルサンガ(現:京都サンガF.C.)、ヴィッセル神戸、横浜FC、シドニーFC(オーストラリア)でプレー。2022シーズンはJFLの鈴鹿ポイントゲッターズに期限付き移籍していた。 自身初のJFL挑戦となった三浦。大きな注目が集まった中、JFLで18試合に出場し2得点を記録していた。 すると、ポルトガル2部のオリヴェイレンセが興味。既に現地視察も終えている状況だ。オリヴェイレンセは、2022年11月に横浜FCを保有する「ONODERA GROUP」が過半数の株式を取得。同じグループの傘下にあるクラブとなり、グループ内での期限付き移籍となった。 三浦はクラブを通じてコメントしている。 「横浜FCに関わる全ての皆様」 「この度、ポルトガル二部リーグのUDオリヴェイレンセへ期限付き移籍することを決めました。スタッフ、チームメイトをはじめ皆様に支えられ、新しいチャレンジができることに感謝申し上げます」 「新天地でも自分らしく、プレーしている姿を皆様へ届けられるように努力いたします。横浜FCのJ1での幸運を祈願しております。本当にありがとうございました。Boa Sorte!」 なお、今シーズンはポルトガル2部で14位に位置。降格の可能性も残されている中、チームの力になれるか注目だ。 <span class="paragraph-title">【動画】オリヴェイレンセがキングカズを歓迎する特別ムービー</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/%F0%9D%97%A8%F0%9D%97%97%F0%9D%97%A2?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw"># 2023.02.01 20:44 Wed
twitterfacebook
thumb

横浜FCを退団したMF古宿理久がJFLの高知に加入「J3昇格に向けて力となれるように」

横浜FCは1日、MF古宿理久(21)がJFLの高知ユナイテッドSCへ完全移籍することを発表した。 古宿は横浜FCのジュニアユース出身で、青森山田高校から2020年に入団。2021年途中からは水戸ホーリーホック、2022シーズンはY.S.C.C.横浜に育成型期限付き移籍していた。 2022シーズンは明治安田生命J3リーグで16試合に出場。横浜FCではJ1で2試合、リーグカップで3試合の出場に終わっていた。 JFLに挑戦する古宿はクラブを通じてコメントしている。 「自分の持っている力を最大限に発揮し、J3昇格に向けて力となれるように、日々精進していきます。よろしくお願いします」 2023.02.01 14:15 Wed
twitterfacebook
thumb

群馬退団のDF藤井悠太が31歳で現役引退…大宮、横浜FC、福岡でプレー「プロ選手として活動した時間は僕の宝物」

ザスパクサツ群馬は24日、DF藤井悠太(31)の現役引退を発表した。 藤井は埼玉県出身で、武南高校、東洋大学へと進学し、2014年に大宮アルディージャでプロ入りを果たす。 大宮では2シーズンで公式戦3試合しか出番がなく、2016年に横浜FCへと完全移籍。2020年3月にアビスパ福岡へ完全移籍すると、2021年に群馬へ加入。2022シーズン限りで契約満了となっていた。 キャリア通算ではJ2で95試合、天皇杯で5試合に出場していた。 藤井はクラブを通じてコメントしている。 「昨シーズンで引退することを決めました!強化指定選手時代から含めてプロ選手として10年間活動した時間は僕の宝物です」 「大宮アルディージャ、横浜FC、アビスパ福岡、ザスパクサツ群馬で関わってくれた、選手、スタッフ、スポンサー、サポーターの皆様には感謝しかありません!」 「2月から新しい仕事が始まります。次のステージでも頑張ります。ありがとうございました!!」 2023.01.24 15:45 Tue
twitterfacebook
thumb

今年2月に56歳の三浦知良、JFL鈴鹿とのレンタル契約終了 「新天地での新たな挑戦を選択」

元日本代表FW三浦知良(55)が日本フットボールリーグ(JFL)の鈴鹿ポイントゲッターズを退団した。鈴鹿が16日に横浜FCとのレンタル契約終了を発表している。 “カズ”こと三浦は昨季、横浜FCから鈴鹿にレンタル移籍。実兄であり、監督兼ゼネラルマネージャーを務める三浦泰年氏の下で自身初のJFL挑戦を果たして、18試合出場で2ゴールを決めた。 今年2月の誕生日で56歳となるが、ポルトガル2部のオリヴェイレンセに半年レンタルの報道が飛び交うなか、鈴鹿退団が決まった三浦。クラブを通じて1年間を振り返り、感謝の言葉を綴った。 「鈴鹿ポイントゲッターズの関係者、ファン、サポーター、スポンサーの皆様。 このたび、私三浦知良は横浜FCからのレンタル移籍が満了したことをご報告させていただきます」 「初めてのJFL移籍ということもあり、何かと不慣れな自分を支え、共に競い合い、そして温かく見守ってくれたポイントゲッターズの選手、スタッフのみんなには感謝しかありません。みんなと共に戦い抜いたこの約1年間は大変充実したものであり、自分のサッカー人生にとっても大きな財産となりました」 「さらに、応援していただいた鈴鹿市を含む三重県の方々にも深く感謝申し上げます。練習場や公式戦にも遠くから大変多くの方々が来場してくださいました。また、試合会場ではホームもアウェイも関係なく日本中で大きな声援をいただきました。まさに選手冥利に尽きる思いで感激いたしました」 「特に鈴鹿市内においては行く先々で温かい言葉をかけていただきました。鈴鹿で新しい友人もたくさんできました。市内の小学校では生徒のみなさんとの触れ合いの時間をいただき、思い出深い経験になりました。関係各位に改めて御礼申し上げます」 「さて、私は新天地での新たな挑戦を選択いたしました。鈴鹿のみなさんからいただきました優しさを胸に精一杯頑張っていきます。みなさんにBOA SORTE!」 2023.01.16 16:55 Mon
twitterfacebook
thumb

現役引退の元日本代表MF中村俊輔がWOWOWの専属コメンテーター就任

昨シーズン限りで現役を引退した元日本代表MF中村俊輔氏が、WOWOWの専属コメンテーターに就任した。 現役時代は横浜F・マリノスやレッジーナ、セルティック、エスパニョール、ジュビロ磐田、横浜FCでプレーし、日本代表としても活躍した中村氏。現役生活に別れを告げると、カタール・ワールドカップ(W杯)では解説者を務めるなどし、2023シーズンからは横浜FCのコーチに就任している。 その中村氏は、チャンピオンズリーグやラ・リーガでのプレー経験もある中、両方の大会を放送するWOWOWの専属コメンテーターとなった。 また、2月からは各界のスーパースターを招いてトークを展開する新番組『中村俊輔プレミアムトークセッション』(全3回)も放送を開始する。 中村はWOWOWを通じてコメントしている。 「この度、WOWOWサッカーの専属コメンテーターを務めさせていただくことになりました。私が常日頃から見ている『スペインサッカーラ・リーガ』のコメンテーターの一員となり大変うれしく思います。また、このような機会をいただいたことに深く感謝しております」 「視聴者の皆様にサッカーの面白さ、楽しさをお伝えできるように努めるとともに『スペインサッカーラ・リーガ』、『UEFAチャンピオンズリーグ』『UEFAヨーロッパリーグ』を通じて常に進化と変化を繰り返すサッカーを学ばせていただければと考えております。どうぞよろしくお願い申し上げます」 2023.01.16 12:55 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly