ユベントス、コロナ禍の不適切な給与支払いの実態明らかに…キエッリーニのメッセージアプリの内容が流出

2022.12.02 23:53 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスの不適切な選手への給与支払いの実態が明らかになった。

イタリア『Il Fatto Quotidiano』は、元イタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニ(現ロサンゼルスFC)が2020年3月当時に『WhatsApp』のグループチャットに送ったメッセージを元に、クラブが選手側が放棄したと見られていた給与の支払いに関する不正行為を報じた。

ここ数年のチーム成績が落ち込むなか、選手との契約や移籍などで虚偽会計や、不正なキャピタルゲインが疑われ、トリノ検察の調査対象に挙がっていたユベントス。そんな中、アンドレア・アニェッリ会長をはじめとする、パベル・ネドベド副会長ら役員の総辞職がアナウンスされ、暗に不正を認める格好となった。
また、イタリア国内と並行して欧州サッカー連盟(UEFA)の独立財務管理委員会(CFCB FC)は、クラブライセンスおよびファイナンシャル・フェアプレー(FFP)規則の違反の可能性について、ユベントスに対する正式な調査を開始している。

そのユベントスに関しては、新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミック時に選手サイドが4カ月分の給与放棄に合意したとの公式なリリースが出されていた。だが、この一件に関しては以前からクラブサイドが秘密裏に給与を支払っていた可能性が報じられており、今回の『Il Fatto Quotidiano』の報道によってそれが裏付けられる形となった。

今回、同紙が独自に入手したキエッリーニが『WhatsApp』のグループチャットに送ったとされるメッセージでは、クラブと選手サイドで秘密裏の給与支払い合意と共に、その事実を隠すように指示が出されていたことが判明した。

「みんな、こんにちは。知っての通り、僕らはこの困難な時期にクラブとすべての従業員を助けるために、ファビオ(・パラティチ)と会長と話し合っている。最終的な提案は次の通りだ。4カ月分の給与が不足している。シーズンをなんとか終えることができた場合は3カ月分、中断した場合は2.5カ月分が(秘密裏に)支払われる」

「会長は、7月1日に1カ月分の給与を支払い、残りは20/21シーズンに支払うことを保証した。彼らは、チーム全体の感受性に本当に感謝している。もし良ければ、明日、会長が上記を保証する署名入りの書類を持ってくる」

「株式市場法により、出てくるであろうコミュニケーションは、4カ月の放棄に関するものにすぎない。この契約の詳細については、インタビューで話さないように求められている」

さらに、その後日送ったとされるメッセージでは、「みんなは数日中に会長と僕が署名したものと同じ全てに値するシートを受け取ることになる。 今シーズンの残り数カ月の給与を放棄することを誓約するものだ。その後、各自の弁護士または代理人に連絡が入り、同時に今シーズンと次のシーズンに有効な契約が締結される。ユベントスは、クラブを支援するために4カ月の支払いを免除するというプレスリリースを行う予定だ。すべてに感謝するよ」

なお、『Guardia di Finanza(イタリアの金融警察)』はユベントスが今回の一件で当時在籍した17選手に対して、総額5660万ユーロ(約80億2000万円)から6180万ユーロ(約87億6000万円)を秘密裏に支払うとの合意を確認しており、その金額分が同期間に申告すべきだった支出からそっくり除外されていたようだ。

キエッリーニに関してはユベントスのクラブ幹部としての復帰の可能性が先日に報じられたが、仮に今回の一件で主導的な立場で不正に関与したと判断された場合、その復帰の道は非常に困難と言わざるを得ない。

関連ニュース
thumb

マッケニー売却が前提… 新体制ユベントス、アタランタの25歳DFメーレと接触

ユベントスが、アタランタのデンマーク代表DFヨアキム・メーレ(25)に関心を寄せているようだ。 不正会計のペナルティとして、セリエAの勝ち点15を剥奪されたユベントス。財政難がクラブ内外に陰を落とすなかでスタートした新体制においては、アメリカ代表MFウェストン・マッケニー(24)を筆頭に主力選手の売却が取り沙汰されている。 そのマッケニーはリーズ・ユナイテッドとの紐付けが注目を集めているが、イタリア『カルチョメルカート』によると、売却が成立した場合、ユベントスは売却益を元手にしつつ、メーレの獲得に動くようだ。 メーレはカタール・ワールドカップ(W杯)にも出場したデンマーク代表の中心選手。W杯では全3試合にスタメン出場し、国際Aマッチ通算34試合9得点を誇る。 クラブキャリアでは母国でプロデビュー後、2017年夏にベルギー1部のヘンクへと移籍し、2021年冬に加入したアタランタではすぐさま欠かせぬ存在に。両サイドハーフと左サイドバックに対応可能で、今季はセリエA17試合で1得点1アシストを記録している。 今季唯一のゴールは23日のユベントス戦。ユベントスは水面下でアタランタ及び代理人との話し合いが始まっており、まずは買い取り義務などが付帯しないシンプルなレンタルから可能性を探っているとのことだ。 2023.01.26 16:32 Thu
twitterfacebook
thumb

ユベントスのマッケニーにリーズが正式オファー、移籍金について交渉中か

リーズ・ユナイテッドがユベントスのアメリカ代表MFウェストン・マッケニー(24)に獲得オファーを出したようだ。 マッケニーは2021年夏にシャルケからユベントスへ加入。複数ポジションをこなせるユーティリティ性の高さでチームを支え、今季も公式戦21試合に出場するなど主力選手の1人としてプレーしている。 一方で、財政難に陥り不正会計による勝ち点15のはく奪処分も受けたユベントスは、資金獲得のための主力売却を計画。一部メディアによると、クラブ幹部は特にマッケニーの売却を希望し、複数のプレミアリーグのクラブに対して逆オファーを仕掛けた模様だ。 イタリア『スカイ・スポーツ』によると、そのうちの1つであるリーズが好反応を示し、総額2800万ユーロ(約39億円)のオファーを出したとのこと。ユベントスは移籍金3500万ユーロ(49億円)+ボーナスを望んでおり、現在両クラブは交渉中だという。 マッケニー自身も、同胞であるジェシー・マーシュ監督が率いるクラブへの加入を前向きに検討しているとのこと。他クラブも関心を示しているものの、現時点ではリーズ加入の可能性が高いと見られている。 2023.01.26 12:03 Thu
twitterfacebook
thumb

主力選手だが… ユーベがマッケニー売却を推進、複数のプレミアクラブに逆オファーか

ユベントスがアメリカ代表MFウェストン・マッケニー(24)の売却を目論んでいるようだ。 マッケニーは2021年夏にシャルケからユベントスへ加入。中盤のあらゆる位置をこなすユーティリティ性が魅力で、本職の中央のみならず、サイドでの起用も。今季は公式戦21試合に出場している。 だが、イギリス『90min』によると、幹部らは今夏の売却を目論み、複数のプレミアリーグクラブに対してマッケニーの「買い取りオプション付き半年レンタル」を逆オファー。いくつかのクラブからは好意的な反応を得ているという。 そのクラブとはアーセナル、ニューカッスル、リーズ・ユナイテッド、アストン・ビラ。プレミアの中堅クラブも含まれるが、いずれも財政難のユベントスより資金力で勝る面々だ。 一方、リバプール、チェルシー、トッテナムの3クラブは以前からマッケニーに関心を寄せているものの、本腰を入れる計画はない模様。移籍の実現性はさておき、不正会計問題の余波が続くユベントスの現状を象徴しているニュースかもしれない。 2023.01.25 18:16 Wed
twitterfacebook
thumb

不正会計で勝ち点剥奪... FIFA理事がユーベの未来を憂慮「少年はファンになれるでしょうか?」

FIFA評議会のイタリア人理事が、不正会計のペナルティを課されたユベントスの未来を憂慮している。イタリア『TuttoMercatoWeb』が伝えた。 新型コロナウイルスの感染拡大で財政に大きなダメージを被ったユベントス。経費削減を目論み、選手の移籍などで不正会計を働いたとされ、20日にイタリアサッカー連盟(FIGC)からセリエAにおける勝ち点「15」の剥奪処分を課された。 不正に関与したアンドレア・アニェッリ前会長を筆頭とする経営陣は昨秋に総退陣。アニェッリ一族と親交が深いFIFAのエヴェリーナ・クリスティリン氏は、イタリア『Rai Sport』のインタビューで処分への率直な感想を語り、ユベントスの未来を憂慮している。 「FIGCでは当初、勝ち点9の剥奪が妥当と考えられていましたが、それは15まで引き上げられ、私や周囲の人間はとても驚きました。ですが、これだけでこの問題を語るべきではありません。私はまだ判決の全文を読めていません」 「いずれにせよユーベは損害を被ります。欧州のカップ戦に参加できなければ尚更です。今後は観客動員が伸び悩むと考えられ、シーズンチケットの売上減少、スポンサーの流出は必然と言えます」 「ある知人はこんなことを私に聞きました。『この現状を見た10歳の少年は、ユーベのファンになろうと思うでしょうか?』 と。今は難しいでしょう」 2023.01.23 18:06 Mon
twitterfacebook
thumb

「ここで幸せに過ごしている」ディ・マリアは勝ち点15剥奪のユベントスに忠誠「ハードワークし続けることが大事」

ユベントスのアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアが、勝ち点剥奪処分にも前を向いた。クラブ公式サイトが伝えている。 ディ・マリアは22日に行われたセリエA第19節のアタランタ戦で先発出場。開始早々に失点するも、22分に得たPKをディ・マリアが決めて同点に。その後は乱打戦となり65分までに3-3のスコアとなったが、リードを奪うまでには一歩及ばず、そのままドローに終わった。 試合後、ディ・マリアは不正会計を理由に勝ち点15を剥奪された状況を嘆きつつ、チームがすべきことは変わらないと強調。同時に、どんな状況であってもユベントスでプレーする喜びは変わらないと語った。 「重要なポイントを獲得できた。いくつかのミスはあったが、とても良いパフォーマンスだったと思う。改善する必要はあるけどね。いきなり勝ち点23になってしまったのは厳しいけど、チームは同じメンタリティで仕事を続けなければならない」 「ユーベには勝利のメンタリティがある。チャンピオンズリーグ出場は不可能な目標ではないよ。今はサポーターと強い絆で結ばれつつ、ハードワークして4位を追い求めなければならない」 「今は多くの問題があり、難しい時期だ。それでも、僕はここで幸せに過ごしている。クラブが強くあること、そして僕らが一体感を示しながらハードワークし続けることが大事だ」 「僕の優先は家族であり、ここでみんなうまくいっているよ。僕たちは幸せなんだ。イタリアで最も大きなクラブ、そしてヨーロッパでもっとも大きなクラブの1つにいるんだからね」 2023.01.23 12:26 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly