ユベントス、コロナ禍の不適切な給与支払いの実態明らかに…キエッリーニのメッセージアプリの内容が流出

2022.12.02 23:53 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスの不適切な選手への給与支払いの実態が明らかになった。

イタリア『Il Fatto Quotidiano』は、元イタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニ(現ロサンゼルスFC)が2020年3月当時に『WhatsApp』のグループチャットに送ったメッセージを元に、クラブが選手側が放棄したと見られていた給与の支払いに関する不正行為を報じた。

ここ数年のチーム成績が落ち込むなか、選手との契約や移籍などで虚偽会計や、不正なキャピタルゲインが疑われ、トリノ検察の調査対象に挙がっていたユベントス。そんな中、アンドレア・アニェッリ会長をはじめとする、パベル・ネドベド副会長ら役員の総辞職がアナウンスされ、暗に不正を認める格好となった。
また、イタリア国内と並行して欧州サッカー連盟(UEFA)の独立財務管理委員会(CFCB FC)は、クラブライセンスおよびファイナンシャル・フェアプレー(FFP)規則の違反の可能性について、ユベントスに対する正式な調査を開始している。

そのユベントスに関しては、新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミック時に選手サイドが4カ月分の給与放棄に合意したとの公式なリリースが出されていた。だが、この一件に関しては以前からクラブサイドが秘密裏に給与を支払っていた可能性が報じられており、今回の『Il Fatto Quotidiano』の報道によってそれが裏付けられる形となった。

今回、同紙が独自に入手したキエッリーニが『WhatsApp』のグループチャットに送ったとされるメッセージでは、クラブと選手サイドで秘密裏の給与支払い合意と共に、その事実を隠すように指示が出されていたことが判明した。

「みんな、こんにちは。知っての通り、僕らはこの困難な時期にクラブとすべての従業員を助けるために、ファビオ(・パラティチ)と会長と話し合っている。最終的な提案は次の通りだ。4カ月分の給与が不足している。シーズンをなんとか終えることができた場合は3カ月分、中断した場合は2.5カ月分が(秘密裏に)支払われる」

「会長は、7月1日に1カ月分の給与を支払い、残りは20/21シーズンに支払うことを保証した。彼らは、チーム全体の感受性に本当に感謝している。もし良ければ、明日、会長が上記を保証する署名入りの書類を持ってくる」

「株式市場法により、出てくるであろうコミュニケーションは、4カ月の放棄に関するものにすぎない。この契約の詳細については、インタビューで話さないように求められている」

さらに、その後日送ったとされるメッセージでは、「みんなは数日中に会長と僕が署名したものと同じ全てに値するシートを受け取ることになる。 今シーズンの残り数カ月の給与を放棄することを誓約するものだ。その後、各自の弁護士または代理人に連絡が入り、同時に今シーズンと次のシーズンに有効な契約が締結される。ユベントスは、クラブを支援するために4カ月の支払いを免除するというプレスリリースを行う予定だ。すべてに感謝するよ」

なお、『Guardia di Finanza(イタリアの金融警察)』はユベントスが今回の一件で当時在籍した17選手に対して、総額5660万ユーロ(約80億2000万円)から6180万ユーロ(約87億6000万円)を秘密裏に支払うとの合意を確認しており、その金額分が同期間に申告すべきだった支出からそっくり除外されていたようだ。

キエッリーニに関してはユベントスのクラブ幹部としての復帰の可能性が先日に報じられたが、仮に今回の一件で主導的な立場で不正に関与したと判断された場合、その復帰の道は非常に困難と言わざるを得ない。

関連ニュース
thumb

リーズ、ユベントスからアメリカ代表MFマッケニーを買取OP付きのレンタル移籍で獲得

リーズ・ユナイテッドは30日、ユベントスからアメリカ代表MFウェストン・マッケニー(24)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得した。背番号は「28」を着用する。 2021年夏にシャルケからユベントスへ加入したマッケニーは、複数ポジションをこなせるユーティリティ性の高さでチームを支え、公式戦90試合以上に出場。今季もここまで公式戦21試合に出場して3得点2アシストを記録していた。 また、41キャップを誇るアメリカ代表では、リーズに所属するMFブレンデン・アーロンソン、MFタイラー・アダムスと共に昨年末に行われたカタール・ワールドカップにも出場。全4試合に出場しチームのベスト16進出に貢献した。 なお、クラブは2月5日に行われるノッティンガム・フォレスト戦でマッケニーがプレミアリーグデビューする可能性を示唆している。 2023.01.31 07:01 Tue
twitterfacebook
thumb

ユベントスに痛手…今季8Gのミリクが左太もも負傷で離脱へ

ユベントスのポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリクが、左太もものケガで戦線離脱を強いられた。 今夏にマルセイユからレンタルで加入したミリクは、ここまで公式戦23試合で8ゴールをマーク。昨年10月からリーグ戦7連勝を飾っていたチームで3ゴール1アシストを記録するなど攻撃陣を牽引する働きを見せていた。 しかし、先日に行われたセリエA第20節のモンツァ戦の終盤に左太ももを負傷。痛そうな表情を浮かべながらピッチを後にしていた。 ユベントスによれば、ミリクは左太もものハムストリングスに中程度のケガを負っていることが確認されたとのこと。また、クラブはミリクが2週間後に再検査を受診することを明かしている。 なお、再検査後に離脱期間などが発表されるとのことだが、『フットボール・イタリア』はミリクの離脱期間について6~8週間程度になると報じている。 2023.01.31 00:06 Tue
twitterfacebook
thumb

モンツァに敗れたユーベが13位に転落…落胆の指揮官「これまでになく悪かった」

ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督が敗戦に落胆した。クラブ公式サイトが伝えている。 ユベントスは29日に行われたセリエA第20節でモンツァをホームに迎えた。序盤から相手に押し込まれる展開が続き、18分には相手FWパトリック・チュリッアに先制点を奪われると、39分にも相手FWダニー・モタにゴールを許して失点。試合を折り返してもペースを握れないまま0-2で敗れ、セリエA初昇格のモンツァに屈辱のシーズンダブルを食らう結果に終わった。 不正会計のペナルティにより、先日15ポイントをはく奪されたユベントスは、この敗戦で順位を13位まで落とす結果に。アッレグリ監督は試合後、チームのパフォーマンスに苦言を呈しつつ、前を向くように促した。 「今日の前半はこれまでになく悪かった。後半はうまくいったが、責任を持って前半を振り返り、全員のパフォーマンスについて考えなければならない」 「前節のアタランタ戦では取り返すことができたが、失点が多いということは考えなければならない。今日はモンツァにあっけなくやられてしまった。本来38ポイントあることは分かっているが、今は23ポイントしかない。ナポリを追いかけていたあの状況に戻らなければならないのだ。我々はピッチで仕事をしなければならないし、それができない者は外に出ていく必要がある」 「少なくとも現時点では、我々は自分たちの順位と向き合い、勝ち点を重ねる必要が絶対にある。今は穏やかであるが、怒りや虚しさも感じている」 「木曜日はカップ戦があり、今は目の前のコンペティションが最優先だ。不調から抜け出さなければならない」 2023.01.30 12:48 Mon
twitterfacebook
thumb

ポグバがベンチ入りのユベントス、モンツァに屈辱のシーズンダブルを喫する《セリエA》

ユベントスは29日、セリエA第20節でモンツァをホームに迎え、0-2で敗れた。 前節アタランタに3-3の打ち合いドローとした10位ユベントス(勝ち点23)は、4日後にコッパ・イタリア準々決勝ラツィオ戦を控える中、ミリクとロカテッリをベンチスタートとした。そして長期離脱していたポグバ、負傷明けのヴラホビッチがベンチ入りした。 今季の1stマッチでクラブ史上初のセリエA勝利をプレゼントした13位モンツァ(勝ち点22)に対し、ケアンを最前線に、ディ・マリアをセカンドトップとする[3-5-1-1]で臨んだユベントスは10分に失点しかける。 カプラーリにボックス左からカットインシュートを決められたが、VARの末にオフサイドがありノーゴールとなった。しかし18分に失点する。 マチンのスルーパスでボックス右に侵入したチュリッアにシュートを決められた。失点後もモンツァにボールを持たれる苦しいユベントスは、39分にリードを広げられた。 カルロス・アウグストにドリブルで打開された流れから最後はスルーパスを受けたモタにシュートを決められた。 屈辱的な内容の前半を受け、ロカテッリら3選手を投入して迎えた後半、ユベントスが圧力をかけていく。しかし好機を作るには至らず、ミリク、ヴラホビッチを投入していく。 すると75分にはディ・マリアのミドルシュートが枠を捉えたが、GKディ・グレゴリオのファインセーブに阻まれた。さらに78分、FKの流れからラビオのシュートが枠を捉えるも、ここもGKディ・グレゴリオの好守に阻止されてしまう。 すると1点が遠いユベントスに追い打ち。ミリクが負傷し、交代枠を全て使い切っていたため10人での戦いを強いられてしまう。 結局、0-2のまま敗戦。セリエA初昇格のモンツァに屈辱のシーズンダブルを食らう結果となった。 2023.01.30 00:58 Mon
twitterfacebook
thumb

インテルにもチェルシーにも居場所のないルカク、夏にプレミアの他クラブへ?

インテルのベルギー代表FWロメル・ルカク(29)にトッテナムやニューカッスル行きの可能性があるようだ。 2021年夏にインテルからチェルシーへと活躍の場を移したルカクだったが、低調なパフォーマンスや本人の希望もあり、1年を経たずして今夏にインテルへとレンタル移籍で復帰。しかし、度重なる負傷によって、今季のここまで公式戦出場は9試合のみとイタリアの地でも期待に応えられていない。 チェルシーとの契約を2026年夏まで残す中、ルカク本人は引き続きインテルでのプレーを希望するも、同クラブはレンタル期間延長や買い取りを行うつもりはない模様。保有元のチェルシーでも復帰は歓迎されていないようで、このままでは今夏には居場所を失うことになりそうだ。 そうした中、イタリア『calciomercatoweb』はトッテナムとニューカッスルへの今夏移籍の可能性があると報道。前者についてはインテル時代に師弟関係にあったアントニオ・コンテ監督の存在も理由の一つであると伝えた。 また、『calciomercatoweb』によると、ユベントスも新天地候補の一つである模様。同クラブは不正会計のペナルティによってUEFA主催大会から追放される可能性がある中、チェルシーの提案するルカクとセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチ(23)とのトレードを受け入れる可能性があるようだ。 2023.01.29 17:18 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly