ブラジル国内屈指の司令塔スカルパがフォレスト移籍へ

2022.12.03 00:57 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ノッティンガム・フォレストがパウメイラスの元ブラジル代表MFグスタボ・スカルパ(28)の獲得を決定的なものとした。

移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、今シーズン限りでパウメイラスとの契約が終了する28歳はすでにフォレスト移籍のためイングランドに向かっており、今週末にメディカルチェックを受診。その後、2026年までの3年半契約にサインする予定だ。

ブラジル屈指の名門フルミネンセでプロキャリアをスタートしたスカルパは、2018年にパウメイラスに完全移籍。加入2年目から主力に定着すると、2度のカンピオナート・ブラジレイロ・セリエA、コパ・リベルタドーレス優勝に貢献した。
過去にブラジル代表歴もある左利きの攻撃的MFは、177cmのサイズを含めてアスリート能力に特筆すべきものはないが、テクニックと戦術眼、駆け引きの巧さが光るクラック。今シーズンはリーグ戦で35試合7ゴール12アシスト、コパ・リベルタドーレスで8試合4ゴール2アシストと、チャンスメークに加えてフィニッシュにも絡める司令塔だ。

関連ニュース
thumb

大所帯フォレスト、補強止まらず! アトレティコDFフェリペ&ニューカッスルMFシェルヴェイとも交渉中

ノッティンガム・フォレストがアトレティコ・マドリーから元ブラジル代表DFフェリペ(33)、ニューカッスルから元イングランド代表MFジョンジョ・シェルヴェイ(30)の2選手獲得に近づいているようだ。 フェリペは身長190cmのセンターバックで、2016年夏にコリンチャンスからポルトへ移籍し、2019年夏には30歳でアトレティコへ加入。当初は主力としてプレーも、昨季終盤から徐々に出場機会が減り、今季はラ・リーガ3試合、チャンピオンズリーグ(CL)1試合、計283分間の出場にとどまっている。 一方、かつてリバプールでもプレーしていたシェルヴェイはニューカッスル在籍8シーズン目のセントラルハーフで、プレミアリーグ通算出場数は270試合。こちらも長らく主力としてクラブを支えてきたが、今季は序盤戦で長期離脱を余儀なくされ、復帰後も公式戦5試合出場にとどまっている。 イギリス『90min』によると、フォレストは両選手の獲得に向けて交渉中。昨夏には大量21選手を補強し、現在では34選手を抱える大所帯のため、フェリペとシェルヴェイの獲得に備え、イングランド人MFルイス・オブライエン(24)とイングランド人DFハリー・トフォロ(27)のレンタル放出を進めているという。 なお、フェリペは1月上旬にウォルバーハンプトン行きの交渉が決裂しており、シェルヴェイにはトルコからオファーが届いているものの、本人が難色。フォレストは両選手の獲得に自信を持っているとのことだ。 2023.01.30 13:40 Mon
twitterfacebook
thumb

オリンピアコスで構想外の韓国代表FWファン・ウィジョ、MLSのシカゴ・ファイアーが正式オファーと報道

メジャーリーグ・サッカー(MLS)のシカゴ・ファイアーが、かつてガンバ大阪でもプレーしたオリンピアコスの韓国代表FWファン・ウィジョ(30)の獲得を目指しているようだ。 ファン・ウィジョは2017年7月に城南FCからガンバ大阪へと完全移籍。G大阪では70試合で30ゴール7アシストの成績を残すと、2019年7月にボルドーへと完全移籍した。 ボルドーでも点取り屋として活躍。公式戦97試合で29ゴール7アシストを記録。2021-22シーズンはリーグ・アンで32試合に出場し11ゴール2アシストを記録していたが、チームはリーグ・ドゥ(2部)に降格。チームは財政難を抱えていた中、2022年8月にノッティンガム・フォレストへと完全移籍。そのままオリンピアコスへとレンタル移籍していた。 しかし、オリンピアコスでは多くの出番を得ておらず、ここまで公式戦14試合で1アシスト。ゴールは決められていない。 ギリシャ・スーパーリーグでも昨年10月17日のPAOKテッサロニキ戦に出場して以降はメンバー外の状態。現在もその状態は続いており、今冬移籍の噂が立っている。 ボルドー、オリンピアコスでプレーしているため、ファン・ウィジョは2022-23シーズンの秋春制を採用するリーグでプレーすることは不可能。そのため、2023シーズンの春秋制を採用するリーグにしか移籍できず、候補としてはMLSのクラブやb国のFCソウル、そしてヴィッセル神戸も興味を示しているとされていた。 そんな中、移籍に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏がファン・ウィジョに関してシカゴ・ファイアーが獲得に動いているとのこと。保有元のフォレストに正式にオファーを出したようだ。 オリンピアコスでは構想外となっており、新天地を探す方が得策のファン・ウィジョ。果たして、アメリカ行きが実現するだろうか。 2023.01.29 22:10 Sun
twitterfacebook
thumb

K・ナバス、フォレスト行きに合意か…あとはクラブ間の交渉次第

パリ・サンジェルマン(PSG)のコスタリカ代表GKケイロル・ナバス(36)がノッティンガム・フォレスト移籍を快諾したようだ。 かつてレアル・マドリーで数々のタイトルに貢献して、2019年夏にPSG入りしたK・ナバス。GKジャンルイジ・ドンナルンマが加入した昨季までマウリシオ・ポチェッティーノ前監督の併用により、一定の出番が保証されたが、今季はクリストフ・ガルティエ監督の下でベンチウォーマーに成り下がる。 そうして移籍話が盛り上がるなか、行き先に浮上するのがケガを負ったGKディーン・ヘンダーソンの代わりを探すフォレストだ。フランス『レキップ』によると、プレミアリーグ方面ではボーンマスの興味もあったが、K・ナバスはフォレストと合意に達して、クラブ間交渉の決着を残すのみだという。 クラブ間合意の焦点は買取義務オプション付きのローンか、あるいは完全移籍なのかというところ。27日も交渉が続いたが、PSG側は年俸900万ユーロ(約12億6000万円)の人件費削減にもつながりうる話と認識しているようだ。 なお、K・ナバスはヨーロッパでのプレー続行を望み、FWクリスティアーノ・ロナウドの獲得でときのクラブとなるアル・ナスルからのオファーを拒否したが、PSGからの退団をこれまで以上に躊躇していない状況とも。36歳でプレミアリーグ初挑戦となるのか、動向が注目される。 2023.01.29 16:15 Sun
twitterfacebook
thumb

PSG指揮官はフォレスト行き噂のケイロル・ナバスの希望を尊重

パリ・サンジェルマン(PSG)を率いるクリストフ・ガルティエ監督が、ノッティンガム・フォレスト行きが取り沙汰されるコスタリカ代表GKケイロル・ナバス(36)の去就に言及した。フランス『RMC Sport』が伝えている。 レアル・マドリー時代にチャンピオンズリーグ3連覇などに貢献したケイロル・ナバス。しかし、ベルギー代表GKティボー・クルトワの加入に伴い、2019年夏にパリへ新天地を求めた。 その新天地ではここまで公式戦108試合に出場。だが、今シーズンは加入2年目で守護神の座を確立したイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマのバックアップに甘んじ、ここまではクープ・ドゥ・フランス2試合の出場にとどまっている。 この現状を受け、以前にはマドリー時代の元同僚クリスティアーノ・ロナウドが加入したサウジアラビアのアル・ナスルからオファーが届いていた模様だが、ヨーロッパでのプレー継続を求めるコスタリカ代表GKはこのオファーを固辞。 しかし、ここに来てプレミアリーグのボーンマス、フォレストから関心を示されており、とりわけイングランド代表GKディーン・ヘンダーソンの負傷で補強の緊急性がある後者から具体的なオファーが舞い込んでいる。 一部ではすでにフォレスト行きを受け入れたとも伝えられるケイロル・ナバスの去就に関して、ガルティエ監督は29日に行われるスタッド・ランス戦に向けた公式会見の場で言及。 「素晴らしい競争相手であり、シーズンの初めから好パフォーマンスを見せている」と、そのプロフェッショナリズムを称賛するベテランGKの希望を尊重したいとのクラブとしての考えを明かした。 「我々は移籍市場の後にチームの現実を見ることになるだろう」 「しかし、彼と彼のキャリアのために、我々は彼を尊重しなければならず、彼の言うことに耳を傾けなければならない。ただ、我々の側ではまだ何も決定していない」 2023.01.27 23:31 Fri
twitterfacebook
thumb

D・ヘンダーソン負傷のフォレスト、ケイロル・ナバス獲得を検討

ノッティンガム・フォレストが、パリ・サンジェルマンのコスタリカ代表GKケイロル・ナバス(36)の獲得を画策しているようだ。移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が報じている。 24年ぶりのプレミアリーグながら、ここまで5勝6分け9敗の13位と、まずまずの成績を収めているフォレスト。プレシーズンに20人を超える補強を施しチームを一新して迎えた今シーズン、開幕当初は結果が出なかったが、スティーブ・クーパー監督が粒揃いの選手たちを何とかチームとしてまとめ上げ、徐々に成績が好転してきている。 第10節以降はわずか3敗という成績だったが、14日に行われたプレミアリーグ第20節のレスター・シティ戦で、守護神のディーン・ヘンダーソンが太ももを負傷。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』によると、離脱期間は4~6週間が見込まれており、現在はウェールズ代表のウェイン・ヘンシーがゴールマウスに立っている。 だが、そのヘネシーが36歳という年齢で、ヘンダーソンも今季終了後に所属元のマンチェスター・ユナイテッドに戻る契約となっていることから、今後に向けてGKの人員整理は必須。そこで注目されているのが世界的GKのナバスだという。 同選手はかつて2014年から2019年にかけてマドリーに在籍し、チャンピオンズリーグ3連覇に大きく貢献。だが、現在ロスブランコスの守護神に君臨するティボー・クルトワの加入に伴い、押し出される形でPSGへ移籍することになった。 フランスの首都でも加入後2シーズンは正GKとして活躍したコスタリカ代表GKだが、ここでもジャンルイジ・ドンナルンマの登場で出番が減少。今季は完全に控えに回り、公式戦の出場はカップ戦の2試合にとどまっている。 少し前に古巣のマドリーとの関連が伝えられたナバスだが、ロマーノ氏によれば、このキャリア晩年にプレミアリーグ挑戦の熱が湧いてきているとのことで、フォレスト移籍も前向きに検討する可能性があるとのこと。 ただし、それにはやはりPSGの承諾が必要。契約は2024年夏まで残っており、フォレストとしても粘り強い交渉が必要となるかもしれない。 2023.01.27 18:25 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly