「本当に恥ずかしい行為」ゴミ拾いが話題の一方で、イングランドサポーターが中身入りのカップをみんなで投げ捨て炎上「アルコールを提供したくない理由だろう」

2022.12.01 18:20 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
綺麗に片付けて帰っていくサポーターたちが増えているカタールとは裏腹に、わざわざ散らかして帰っていくというサポーターがいたようだ。カタール・ワールドカップ(W杯)もあと2日でグループステージの全日程が終了を迎え、ベスト16が出揃うことになる。

番狂わせが起こったほか、抜け出すチームがないなど、いつもとは違う様相となる一方で、ピッチ外では日本人サポーターの行動が大きな話題となっている。
以前から行われていたものの、試合後にゴミを拾って片付けて帰る日本人サポーターの姿が大きくクローズアップ。国際サッカー連盟(FIFA)がインタビューを行うなど脚光を浴びると、世界からも称賛の声が殺到。そして、称賛されるだけでなく、イランやモロッコ、エクアドル、フランス、チュニジアなど多くの国のサポーターがゴミを拾う姿が大会が進むごとに増えていく。

日本代表もこれまで通りドレッシングルームを綺麗に整頓して立ち去っており、コスタリカ代表戦で敗れた後もその綺麗さには世界が驚くことに。そんな中、わざわざ散らかす行為を見せたサポーターたちに嘆きの声が上がっている。

それはイングランド代表のサポーター。イギリス『First Edition』というニュース番組の公式ツイッターが1つの動画を投稿。それは、25日に行われたグループステージ第2戦でイングランドがアメリカ代表とゴールレスドローに終わった後の映像だ。

ロンドンで行われたパブリックビューイングに集まったサポーターたち。初戦の快勝から一転して、不甲斐ない戦いを見せたことに腹を立て、試合終了のホイッスルと同時に持っていた中身入りのコップ投げ出す人が続出したのだ。

1人が始まれば、続々と同じ行動をする人が現れ、中身も全て飛び散る事態に。一方で、このことを予期していたのか、カッパを着用して濡れるのを防ぐサポーターも多くいるのだ。

カタールでは片付けるというものがクローズアップされている中でのこの行為には、多くの人が批判。「これを家でやるのだろうか」、「本当に恥ずかしい行為」、「不満はあるがビールは捨てない」、「パブで試合を観戦してなぜポンチョを着るのか」、「これがカタールでアルコールを提供したくない理由だろう」などとコメントが集まった。

中には、「6ゴールの後に1ゴールもなかったんだから当然だ」、「90分見て何も起こらなかったからだ」と、このような行為が当然と捉える人も少なくなく、やはり文化の違いというところだろう。

1 2

関連ニュース
thumb

首位撃破で光差したエバートン、絶対的エースが負傷… 宿敵リバプール戦欠場も

エバートンは、リバプールとのマージーサイド・ダービーで絶対的エースを欠くことになるかもしれない。イギリス『サン』が伝える。 2部降格の危機に瀕するエバートンは、4日のプレミアリーグ第22節で首位アーセナルと対戦。終始劣勢を強いられながらもDFジェームズ・タルコウスキの値千金の先制点を死に物狂いで守り抜き、ホームで1-0の金星を挙げた。 この一戦はショーン・ダイチ新監督の初陣ということもあってグディソン・パークは歓喜。長らく続いたトンネルから抜け出し、13日にアウェイで行われる宿敵リバプールとの伝統の一戦に向け、文句なしに弾みをつけられたと思われた。 しかし、新たな懸念が浮上。アーセナル戦で足を痛めて途中交代していた絶対的エースのFWドミニク・キャルバート=ルーウィンがハムストリングを負傷したとの見方が強まり、リバプール戦の出場が危ういという。 ダイチ監督も「おそらく痛めた」とキャルバート=ルーウィンのリバプール戦欠場を覚悟し、今週中に検査を受けることも明らかに。降格圏の18位に沈むエバートンにとっては残りの全試合が正念場となるが、なかなか一筋縄ではいかなそうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】9戦未勝利から首位撃破! 歓喜のグディソン・パーク</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>熱血漢ダイシ、チームに気合注入<br>初陣でアーセナルに勝利<br>\<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%A8%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%B3?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#エヴァートン</a> 1-0 <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%BB%E3%83%8A%E3%83%AB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#アーセナル</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%B7?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ダイシ</a> 監督の初陣となったエヴァートンは、首位アーセナルに1-0で勝利。<br>新体制初戦にして、リーグ戦9試合ぶりの勝利をファンへ届けました。<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%9F%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0%E5%85%A8%E8%A9%A6%E5%90%88%E8%A6%B3%E3%82%89%E3%82%8C%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%AFSPOTVNOW%E3%81%A0%E3%81%91?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#プレミアリーグ全試合観られるのはSPOTVNOWだけ</a> <a href="https://t.co/OtOUVWmfi0">pic.twitter.com/OtOUVWmfi0</a></p>&mdash; SPOTV NOW JAPAN (@SPOTVNOW_JP) <a href="https://twitter.com/SPOTVNOW_JP/status/1622165885808005121?ref_src=twsrc%5Etfw">February 5, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.06 20:12 Mon
twitterfacebook
thumb

序列低下も姿勢に変化なし、テン・ハグ監督がマグワイアと対話 「プレー機会は増える」

マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督はイングランド代表DFハリー・マグワイア(29)に信頼を置いているようだ。 ユナイテッドの主将を務めるマグワイアだが、昨夏のテン・ハグ監督就任後はセンターバックのサブに降格し、スタメン出場の機会が大幅に減少。4日に行われたプレミアリーグ第22節のクリスタル・パレス戦も守備固め要員として3分間の出場にとどまった。 1月はインテルなどへの移籍も取り沙汰されたが、ユナイテッドでのタイトル獲得にこだわり、退団を除外。イギリス『サン』によると、テン・ハグ監督もそんなマグワイアの残留を強く要望しており、序列が下がってもネガティブな態度を見せない29歳に感銘を受けてきたという。 また、移籍期間中にはマグワイア本人に「シーズン後半戦の過密日程に対応するため、プレー機会はより増えるだろう」と、起用プランを説明したとのこと。ユナイテッドはすでに消化した2試合を含め、2月だけで公式戦8試合が予定されている。 2023.02.05 18:05 Sun
twitterfacebook
thumb

免停食らった2日後に運転… 71億円でニューカッスル移籍のゴードン、禁固刑の可能性も

ニューカッスルのU-21イングランド代表MFアンソニー・ゴードンに禁固刑が科される可能性があるようだ。イギリス『サン』が伝えている。 先月29日にエバートンからニューカッスルへの移籍が発表されたゴードン。移籍金は4500万ポンド(約71億1000万円)とも言われ、大きな期待を背負って新天地へとやってきた。 だが、移籍発表翌日の30日、ゴードンはニューカッスルのホームタウンであるタイン・アンド・ウィア州にて、運転免許証不提示によって6カ月の免停を食らった模様。にもかかわらず、その2日後にガールフレンドを乗せて運転する姿がキャッチされたとのことだ。 ゴードンは昨年にも駐車違反と速度超過で免停となっており、今回の件では最長6カ月の禁固刑が科される可能性もあるとのこと。まだ21歳とこれからキャリアを築いていく段階…悪癖は早いうちに捨てておく方が賢明だろう。 2023.02.05 15:14 Sun
twitterfacebook
thumb

トッテナムからレンヌに今季2人目… 22歳DFスペンスのレンタル移籍が目前に

トッテナムのU-21イングランド代表DFジェド・スペンス(22)がスタッド・レンヌへレンタル移籍するようだ。イギリス『サン』が伝えている。 スペンスはフルアムの下部組織育ち。トッテナムには昨夏にミドルスブラから移籍金2000万ポンド(約32億1000万円)で加入も、アントニオ・コンテ監督が要求した補強ではなく、公式戦6試合計43分間の出場にとどまっている。 イギリス『スカイ・スポーツ』によると、レンヌへのレンタルは今季限りの半年間のみ。レンヌには昨夏、トッテナムからウェールズ代表DFジョー・ロドンが1年レンタルで加入しており、同選手は主力としてプレーしている。 なお、スペンスにはレスター・シティやブレントフォード、リヨンなど、国内外から数多くのレンタル申請があったものの、トッテナムは買い取りオプションや買い取り義務の付帯を拒否してきたとのことだ。 2023.01.31 15:12 Tue
twitterfacebook
thumb

大所帯フォレスト、補強止まらず! アトレティコDFフェリペ&ニューカッスルMFシェルヴェイとも交渉中

ノッティンガム・フォレストがアトレティコ・マドリーから元ブラジル代表DFフェリペ(33)、ニューカッスルから元イングランド代表MFジョンジョ・シェルヴェイ(30)の2選手獲得に近づいているようだ。 フェリペは身長190cmのセンターバックで、2016年夏にコリンチャンスからポルトへ移籍し、2019年夏には30歳でアトレティコへ加入。当初は主力としてプレーも、昨季終盤から徐々に出場機会が減り、今季はラ・リーガ3試合、チャンピオンズリーグ(CL)1試合、計283分間の出場にとどまっている。 一方、かつてリバプールでもプレーしていたシェルヴェイはニューカッスル在籍8シーズン目のセントラルハーフで、プレミアリーグ通算出場数は270試合。こちらも長らく主力としてクラブを支えてきたが、今季は序盤戦で長期離脱を余儀なくされ、復帰後も公式戦5試合出場にとどまっている。 イギリス『90min』によると、フォレストは両選手の獲得に向けて交渉中。昨夏には大量21選手を補強し、現在では34選手を抱える大所帯のため、フェリペとシェルヴェイの獲得に備え、イングランド人MFルイス・オブライエン(24)とイングランド人DFハリー・トフォロ(27)のレンタル放出を進めているという。 なお、フェリペは1月上旬にウォルバーハンプトン行きの交渉が決裂しており、シェルヴェイにはトルコからオファーが届いているものの、本人が難色。フォレストは両選手の獲得に自信を持っているとのことだ。 2023.01.30 13:40 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly