バルサ、カタールW杯参戦中の左SBアレハンドロ・バルデとの契約更新が進む! 新たに5年契約へ

2022.11.30 13:45 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナとスペイン代表DFアレハンドロ・バルデ(19)の契約更新が迫っているようだ。

バルセロナのカンテラで育ち、昨シーズンにプロデビューを果たしたバルデ。同シーズンは公式戦7試合の出場にとどまったが、今季は本格的にトップチームに身を置き、中断前まで16試合に出場、3アシストを記録していた。

そんな活躍から、今回のワールドカップでは負傷したホセ・ルイス・ガヤに代わって追加招集を受けることに。これがA代表として初招集だったが、本大会ではここまで2試合で途中出場している。
クラブではチャビ・エルナンデス監督が絶大な信頼を置いていることもあり、2024年夏までとなっている契約の更新を進めている模様。移籍に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によれば、新契約は新たに5年間と、10億ユーロの契約解除金が設定されるようだ。

一方で、バルデと同じ左サイドバックで長らく活躍してきたジョルディ・アルバに関しては、クラブが2024年夏まで残す契約の解除を検討していると言われている。

関連ニュース
thumb

フィオレンティーナ、アムラバト狙うバルセロナからのオファーを拒否

フィオレンティーナはモロッコ代表MFソフィアン・アムラバト(26)の獲得を狙うバルセロナからのオファーを拒否したようだ。移籍市場に精通するジャーナリスト『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が報じている。 同氏によればバルセロナは1月30日に移籍金3600万ユーロ(約50億7000万円)、アドオン400万ユーロ(約5億6000万円)の買い取りオプション付きレンタルのオファーを提示したようだが、フィオレンティーナに拒否されたとのことだ。 アムラバトは先のカタールW杯では全7試合にフル出場し、モロッコ代表の4位躍進に大きく貢献していた。 2023.01.31 23:45 Tue
twitterfacebook
thumb

バルサがU-19スペイン代表DFバジェと2025年まで契約延長、ピケがオーナーのFCアンドラへレンタル移籍

バルセロナは31日、バルセロナ・アトレティックに所属するU-19スペイン代表DFアレックス・バジェ(18)との契約延長を発表した。新契約は2025年6月30日までとなる。 また、同時にセグンダ・ディビシオンのFCアンドラへのレンタル移籍も発表。2023年6月30日までのレンタルとなり、買い取りオプションは付いていない。 バジェは2014-15シーズンにカンテラに加入。順調に昇格を続け、左サイドバックとしてポジションを確立していったという。 今シーズンからバルセロナ・アトレティックに昇格。プリメーラ・フェデラシオン(スペイン3部)で19試合に出場し1アシストを記録。また、チャンピオンズリーグではグループステージの最終節でベンチ入りを果たしていた。 2023.01.31 22:30 Tue
twitterfacebook
thumb

裁判所がバルサの訴えを認める、スペイン代表MFガビが無事に登録されることに

バルセロナは31日、スペイン代表MFガビ(18)がラ・リーガに選手登録されることを発表した。 ガビはバルセロナのカンテラ育ち。18歳ながらすでにバルセロナで75試合に出場し3ゴール11アシストを記録。また、ルイス・エンリケ元監督に見初められ、スペイン代表デビューを果たすと、17試合に出場し3ゴールを記録していた。 カタール・ワールドカップ(W杯)でもチームを支える活躍を見せると、バルセロナは今冬にファーストチームの選手として登録しようと動いた。 しかし、慢性的な財政難を抱え、サラリーキャップに抵触するという理由でガビの登録をラ・リーガは拒否していた。 バルセロナ側は全ての要件を満たしたと判断したにも関わらず、ラ・リーガに拒否されたことで裁判所へと訴えていたという。 裁判所は、ラ・リーガの支配的な立場を認め、バルセロナの主張は正当性があると判決。冬の移籍ウインドーが閉じる前に選手登録ができないということは選手がフリーになることを意味し、とても深刻で回復不可能な損害をバルセロナに与えると判断したという。 すでに裁判所からの命令がラ・リーガに通達されており、バルセロナはガビがファーストチームの選手として登録されているとのことだ。 2023.01.31 21:40 Tue
twitterfacebook
thumb

バルサがW杯で躍進のモロッコ代表MFアムラバトを狙う?

選手登録に問題を抱えるバルセロナだが、カタール・ワールドカップ(W杯)で活躍したモロッコ代表MFに関心を持っているという。スペイン『アス』が伝えた。 バルセロナは財政難を抱え、ラ・リーガのサラリーキャップにも抵触。スペイン代表MFガビやウルグアイ代表DFロナルド・アラウホのファーストチーム登録すら拒否されるという事態に陥っている。 先日発表されたスペイン代表DFマルコス・アロンソとの契約延長も認められない状況。逼迫した財政状況ながら、選手の獲得を諦めていない。 そのターゲットとなっているのがフィオレンティーナのモロッコ代表MFソフィアン・アムラバト(26)とのことだ。 オランダでキャリアをスタートさせ、ユトレヒトやフェイエノールトでプレー。その後、クラブ・ブルージュ、エラス・ヴェローナでプレーすると、2020年1月にフィオレンティーナへ完全移籍を果たした。 フィオレンティーナでは公式戦83試合に出場し1ゴールを記録。ボランチとして今シーズンもセリエAで17試合、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)で5試合に出場していた。 またモロッコ代表としても46試合に出場。カタールW杯では全7試合にフル出場しチームの4位という成績に貢献していた。 『アス』によれば、買い取りオプションのないレンタル移籍で加入する可能性があるという。 バルセロナは、今冬の補強をしない方向性を示していたが、引退した元スペイン代表DFジェラール・ピケ、アトレティコ・マドリーへと移籍したオランダ代表FWメンフィス・デパイが抜けた分だけはサラリーキャップの余裕があるとのこと。そこにアムラバトが入り込む余地があるのかは不明だ。 2023.01.31 18:45 Tue
twitterfacebook
thumb

バイエルン退団希望のパヴァール、カンセロ加入でバルサ移籍に一歩前進?

バイエルンのフランス代表DFバンジャマン・パヴァール(26)はバルセロナ移籍に一歩近づいたようだ。 パヴァールは今季のブンデスリーガで15試合、チャンピオンズリーグ(CL)でグループステージの全6試合に出場するバイエルンの主力DF。だが、右サイドバック起用が中心の現状に不満を抱き、契約延長を拒否しているとされる。 契約は2024年6月までで、今夏のバルセロナ移籍が取り沙汰されている状況。そんななか、バイエルンはマンチェスター・シティからポルトガル代表DFジョアン・カンセロ(28)のレンタル獲得が目前になったと伝えられ、これがパヴァール退団を後押しするようだ。 スペイン『ムンド・デポルティボ』は「カンセロの到着がバヴァールを隅に追いやる」と表現。今冬の移籍市場閉幕が迫るなか、カンセロは駆け込みでバイエルンへ加入するとされ、その裏では今夏の移籍を念頭に置いたパヴァールとバルセロナの話し合いが進む。 バルセロナはすでにパヴァール獲得に本腰。代理店を通じてカンセロのバイエルン行きを事前に察知していたことも大きな理由とされる。 2023.01.31 16:35 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly