横浜FM、GK中林洋次の契約満了を発表「感謝しかありません」

2022.11.24 10:50 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
横浜F・マリノスは24日、GK中林洋次(36)の契約満了を発表した。

神奈川県出身の中林は、横浜FMのジュニアユースに所属。2005年に入団したサガン鳥栖でプロデビューを飾ると、サンフレッチェ広島、ファジアーノ岡山を経て、2019年夏に地元クラブである横浜FMに期限付き移籍の形で加入。明治安田生命J1リーグ優勝に貢献すると、翌年完全移籍に切り替わった。

しかし、その後はGK高丘陽平やGKオビ・パウエル・オビンナの存在もあり、出場機会を得ることはできず。今シーズンも公式戦出場はなく、リーグ戦では一度もベンチ入りしなかった。
地元クラブの横浜FMを去ることになった中林は、クラブを通じてこれまでの感謝を述べている。

「契約満了により今年でチームを離れることになりました。僕にとってF・マリノスは地元クラブであり、ジュニアユース時代「プロサッカー選手」という夢を与えてくれたクラブでもあります。そんな思い入れのあるクラブに33歳という年齢から迎え入れてくれたことは感謝しかありません」

「なかなか自分の持ち味をピッチで発揮することができませんでしたが試合に向けて準備を続ける日々は充実した時間でした。ここで得た経験を今後のサッカー人生に活かして悔いのないものにしていきたいです。3年半あたたかい応援ありがとうございました」

関連ニュース
thumb

横浜FMvs甲府のスーパー杯で「JO1」のメンバー5名がハーフタイムにライブ開催!オリジナルパフォーマンスを披露

Jリーグは2日、11日に行われる「FUJIFILM SUPER CUP 2023」のハーフタイムに、JO1がライブを開催することを発表した。 ハーフタイムにライブを行うのは、川西拓実、木全翔也、河野純喜、佐藤景瑚、豆原一成の5名となる。 今回のパフォーマンスは、大会限定のオリジナルパフォーマンスとなる。 JO1は、日本最大級のオーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN」で、番組視聴者である“国民プロデューサー”累計約6500万票の投票により選ばれた11人組グローバルボーイズグループ。昨年、大晦日には「第73回NHK 紅白歌合戦」への初出場を果たし、日本国内外で非常に高い注目を集めている。 パフォーマンスを行う5名はコメントしている。 ●川西拓実 「まさかこのような大会で、自分たちがライブをさせていただけるとは思っていませんでした。貴重な機会をいただき、本当にありがとうございます。 選手の方々とファン・サポーターの皆さんと一緒に盛り上げられるように頑張ります!」 ●木全翔也 「昔僕もサッカーをしていてJリーグに憧れていたので、こういった形で応援に参加することができて本当に嬉しいです!僕自身も、皆さんも楽しめるよう準備していきます!!宜しくお願いします!」 ●河野純喜 「今回FUJIFILM SUPER CUP 2023のハーフタイムでのパフォーマンスをさせていただくことになり本当に嬉しく思います。毎年熱い戦いを楽しみにしていたので、今回その戦いをもっと熱く、僕たちらしく盛り上げられたらなと思います。みなさんぜひ会場でお会いしましょう。」 ●佐藤景瑚 「僕も昔からサッカーをやっていたので、こうしてJO1としてサッカーに携わることができてとても嬉しいです!盛り上げられるように頑張りたいと思います!」 ●豆原一成 「このような機会をいただき、本当にありがとうございます!5人でのパフォーマンスですが、パワフルにカッコよく、2023シーズンの幕開けに相応しいライブをしたいと思います!」 <span class="paragraph-title">【動画】JO1が横浜FMと甲府のユニフォーム姿でメッセージ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br><a href="https://t.co/WTbTXkB7Dy">https://t.co/WTbTXkB7Dy</a> <a href="https://t.co/48iJOypa9E">pic.twitter.com/48iJOypa9E</a></p>&mdash; Jリーグ(日本プロサッカーリーグ) (@J_League) <a href="https://twitter.com/J_League/status/1620996809165516800?ref_src=twsrc%5Etfw">February 2, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.02 13:33 Thu
twitterfacebook
thumb

連覇目指す横浜FMのキャプテンは今季も喜田拓也! エドゥアルド、小池龍太、水沼宏太が副キャプテン

横浜F・マリノスは2日、2023シーズンのキャプテンを発表した。 2022シーズンは明治安田生命J1リーグで優勝を果たした横浜FM。今シーズンは連覇を目指すシーズンとなる。 その大事なシーズンのキャプテンは、引き続きMF喜田拓也が務めることに決定した。 また、副キャプテンには3選手が就任。DFエドゥアルド、DF小池龍太、MF水沼宏太が務めることとなる。 まずはFUJIFILM SUPER CUP 2023のヴァンフォーレ甲府戦を控える横浜FM。4選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆キャプテン 喜田拓也 「何度任命されてもこのクラブでキャプテンを務める責任、重み、光栄さ、色々なものを感じます。そして横浜F・マリノスに関わるすべての人のために自分のすべてを懸けたい。そう思える仲間がいることに感謝をして、覚悟を持って務めます。行こうぜ、トリコロールの勇者たち!!」 ◆副キャプテン エドゥアルド 「信頼を得て、副キャプテンに選ばれたことをうれしく思います。横浜F・マリノスがトップにいつ続けるために全力を尽くしていきます。そのために、チームの目標を達成するために常にチームでハードワークをして龍太と宏太とともに喜田キャプテンをサポートし、チーム全体を盛り上げます。Keep fighting Marinos family!」 小池龍太 「今シーズン副キャプテンに就任しました。常に戦う姿勢でキャプテンを支え、どんな時もマリノスフットボール、その楽しさを体現できるよう、全力で努めていきます。今年もマリノスファミリー全員で戦いましょう!応援よろしくお願いします!」 水沼宏太 「今シーズンも昨シーズンに引き続き、副キャプテンを務めさせていただくことになりました!キャプテンを支え、昨シーズンの自分達を超えられるよう、全力を尽くします」 「今シーズンは連覇への挑戦です!マリノスファミリーみんなの気持ちを一つに、チャレンジャーとしてともに戦いましょう!よろしくお願いします!」 2023.02.02 11:10 Thu
twitterfacebook
thumb

「良い顔してる」「このカラーいいな。好み」Aリーグ移籍の齋藤学が新天地でのユニフォーム手に、背番号は「4」

Aリーグのニューカッスル・ジェッツへ加入した元日本代表FW齋藤学(32)の背番号が決定した。 横浜F・マリノスの育成組織で育った齋藤は、2009年にトップチームに昇格。2011年に愛媛FCへの期限付き移籍で研鑽を積んだ。翌年には横浜FMに復帰し、2014年にはブラジル・ワールドカップ(W杯)の日本代表メンバーにも選出された。 右ヒザ前十字じん帯損傷の不運に見舞われる中で2018年には川崎フロンターレへと電撃移籍。名古屋グランパスを経て2022年6月からはKリーグ1の水原三星ブルーウィングスでプレーしていた。 初のオーストラリア挑戦となる齋藤の背番号は「4」に決定。本拠地でネームの入ったユニフォーム手にする齋藤の姿を、1月31日にクラブ公式ツイッターが公開している。 この1枚には「電光掲示板までちゃんと学なのすごい」といった演出に目を留めるコメントや「ユニフォームのフォント可愛いッスね」とデザインに注目する声も。齋藤へのエールを含め、「良い顔してる」、「本田圭佑み」、「このカラーいいな。好み」など、様々な声が届いた。 ニューカッスル・ジェッツで指揮を執るのは、横浜FMのアシスタントコーチや鹿児島ユナイテッドFCの監督を務めたアーサー・パパス監督。4日にはパース・グローリーとのアウェイ戦を控えるが、日本を代表するドリブラーの新天地デビューにも期待が膨らむ。 <span class="paragraph-title">【写真】ニューカッスル・ジェッツの本拠地でユニフォームを手にする齋藤学</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Our new number<a href="https://twitter.com/hashtag/BondedByGold?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BondedByGold</a> <a href="https://t.co/mo6pPDvhy2">pic.twitter.com/mo6pPDvhy2</a></p>&mdash; NEWCASTLE JETS FC (@NewcastleJetsFC) <a href="https://twitter.com/NewcastleJetsFC/status/1620276697877876736?ref_src=twsrc%5Etfw">January 31, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.01 17:05 Wed
twitterfacebook
thumb

横浜FM退団のDF池田航が関東2部のエスペランサSCへ移籍

横浜F・マリノスは31日、DF池田航(21)がエスペランサSCへ完全移籍することを発表した。 池田は横浜FMの下部組織育ちで、プライマリー追浜からジュニアユース追浜、ユースと昇格。2020年にトップチームに昇格していた。 1年目の途中からSC相模原へ育成型期限付き移籍すると、2021年はカマタマーレ讃岐へ、2022シーズンは7月にJFLのFCマルヤス岡崎へ育成型期限付き移籍していた。 横浜FMでは試合の出番はなく、Jリーグでは讃岐時代にJ3で2試合に出場したのみ。岡崎ではJFLで7試合に出場していた。 池田はクラブを通じてコメントしている。 「今シーズン共に闘わせてもらう事になりました池田航です。個人として成長と経験をこのチームでしていきたいと思います。そしてチームを昇格という目標に向かって頑張ります!エスペランサファミリーの皆さん1年間よろしくお願いします」 エスペランサSCは2022シーズンは関東サッカーリーグ1部を戦っていたが最下位で終了。2023シーズンは2部に降格することが決定している。 2023.01.31 12:15 Tue
twitterfacebook
thumb

日本最高位は浦和もアジアで5位、韓国勢が上位占める…クラブランキングのアジアトップ30にはJリーグ4クラブ

IFFHS(国際サッカー歴史統計連盟)は25日、2022年のアジアサッカー連盟(AFC)所属クラブのランキングを発表した。 様々な統計を行うIFFHS。2022年1月1日から12月31日までの試合結果を基に作成され、勝利数や勝ち点数などからポイントを算出。ランキングを作成している。 Jリーグクラブで最上位は浦和レッズ。98ポイントを獲得し、アジアで5位となった。なお、世界では150位となっている。 アジア1位は天野純が所属する全北現代モータース(韓国)で165ポイント。世界全体でも42位に位置している。また、2位は江坂任が所属する蔚山現代(韓国)で121ポイント。こちらも世界で99位と100位内に入り、韓国の2クラブが上位に並んだ。 3位はアル・ヒラル(サウジアラビア)で112ポイント。4位は大邱FC(韓国)で104.75ポイントとなっている。 なお、6位には川崎フロンターレで93.5ポイント(世界161位)、昨年のJ1王者の横浜F・マリノスは88.5ポイントで8位(世界179位)となっている。 ちなみに、トップ30では日本は4クラブで2位、韓国が8クラブで1位となっている。日本の残り1クラブはヴィッセル神戸で69.5ポイントの16位(世界267位)だった。 <span class="paragraph-subtitle">◆IFFHSクラブランキング(アジア)</span> 順位/世界順位/クラブ名/ポイント 1(42):全北現代モータース(韓国)/165pt 2(99):蔚山現代(韓国)/121pt 3(115):アル・ヒラル(サウジアラビア)/112pt 4(133):大邱FC(韓国)/104.75pt 5(150):浦和レッズ/98pt 6(161):川崎フロンターレ/93.5pt 7(167):アル・シャーブ(サウジアラビア)/91.5pt 8(172):BGパトゥム・ユナイテッド(タイ)/90.5pt 9(179):横浜F・マリノス/88.5pt 10(183):ナサフ・カルシ(ウズベキスタン)/87pt 11(188):アル・ドゥハイル(カタール)/86pt 12(213):フーラード(イラン)/77.5pt 13(242):シャールジャ(アラブ首長国連邦)/72.75pt 14(249):PFCソグディアナ・ジザフ(ウズベキスタン)/71.5pt 15(250):ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)/71pt 16(267):ヴィッセル神戸/69.5pt 17(271):FCソウル(韓国)/68.5pt 17(271):アル・アハリ・ドバイ(アラブ首長国連邦)/68.5pt 19(296):浦項スティーラース(韓国)/66pt 20(308):セパハン(イラン)/65.5pt 21(310):山東泰山(中国)/64.5pt 22(320):メルボルン・シth(オーストラリア)/63.75pt 23(321):アル・シーブ(オマーン)/63.5pt 24(339):仁川ユナイテッド(韓国)/61.5pt 25(370):アル・タアーウン(サウジアラビア)/58.75pt 26(372):アル・ジャジーラ(アラブ首長国連邦)/58.5pt 27(390):済州ユナイテッド(韓国)/57pt 27(390):パフタコール(ウズベキスタン)/57pt 29(407):アル・サッド(カタール)/55.5pt 29(407):江原FC(韓国)/55.5pt 2023.01.27 17:55 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly