グアルディオラがシティと2年の契約延長で合意! 近日中に公式発表へ

2022.11.22 22:05 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ジョゼップ・グアルディオラ監督(51)がマンチェスター・シティとの2年間の契約延長で合意に至った模様だ。移籍市場に精通するジャーナリストのデイビッド・オーンスタイン氏が報じている。

バルセロナ、バイエルンを指揮した後、2016年にシティの新指揮官に就任したグアルディオラ監督。以降、公式戦374試合を指揮し、276勝43分け55敗と圧倒的な戦績を残す。クラブ悲願のチャンピオンズリーグ(CL)制覇は達成できずも、4度のプレミアリーグ制覇など国内の11ものトロフィーを獲得している。

シティとの現行契約は今シーズン限りも、以前から契約延長に前向きな姿勢を見せていたスペイン人指揮官は、2025年までの契約延長に合意に至ったという。
契約に関しては2020年11月の延長時と同じ形式で、基本的には1年契約となっている。残りの1年はグアルディオラ監督とクラブの双方が延長オプションを保持する形となり、必要に応じて早期契約終了を選択できるという。

グアルディオラ監督とシティは今回の中断期間を利用し、共通の将来について話し合いを行っており、近日中にも公式発表がなされる見込みだ。

関連ニュース
thumb

クロップ&ペップ、チェルシーの派手な動きに何思う? 「彼らが何をしようが…」

チェルシーの今冬補強を巡り、リバプールのユルゲン・クロップ監督とマンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督がそれぞれ見解を示した。 オーナーが代わって、ようやく上層部の陣容が固まったチェルシーは今冬、途中就任からなかなか調子を掴めずにいるグレアム・ポッター監督を後押ししようと計8選手を獲得。投じた移籍金額は3億2300万ポンド(約510億5000万円)と派手に動いた。 なかでも、粘りに粘ってベンフィカから獲得したアルゼンチン代表MFエンソ・フェルナンデスはイギリス史上最高額となる1億680万ポンド(約168億8000万円)の値に。ポッター監督のマネジメント能力が大いに試されそうだが、贅沢な陣容となった。 そうしたチェルシーの動きに他クラブの監督は何を思うか。イギリス『スカイ・スポーツ』によると、その件に関する質問が今週末の試合を控えるクロップ監督とグアルディオラ監督に飛び、それぞれがコメントしたという。 クロップ監督は「私は弁護士なしでは何も言わない! いや、冗談だよ」と茶化しながら、素直に外から見ての感想を語りつつ、疑問も口にした。 「何が可能で、何が不可能といったビジネスの部分はわからない。みんな、良い選手だから、その点からすれば、『おめでとう』だ」 「どうしたら、あれが可能なのかわからないが、この件を説明するのは明らかに私じゃない。いずれは彼らがうまくプレーするようになるだろうが、どれほど早くできるかはわからないね」 また、グアルディオラ監督はシティがファイナンシャルフェアプレー(FFP)の調査対象となる補強で他クラブの厳しい目が向いた過去に触れながら、考えを示した。 「プレミアリーグで5番目か、6番目の支出で、我々は5年間で11個のトロフィーと4つのプレミアリーグを手にした。それこそが本当に重要なこと。チェルシーが何をしたのか、他のクラブが何をしたのかは私に関係ない」 「もちろん、我々もチェルシー、アーセナル、リバプール、マンチェスター・ユナイテッドのように良い選手が必要。良い選手がいないと、ここプレミアリーグでも、ヨーロッパでも競っていけない。だから、投資は必要だ」 「今の市場は“すごい”んだ。チェルシーが何をしようが、私に関係ない。ルールがあり、忘れてはならないのは8、9チームがプレミアリーグに(FFP抵触が発覚した2020年にシティを)追放するよう書状を送ったことだ」 2023.02.04 11:15 Sat
twitterfacebook
thumb

シティが再び来日か…この夏に日本&タイを巡るツアー

マンチェスター・シティがこの夏に再び来日するようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 今季のプレミアリーグでこそアーセナルに上を走られているが、近年は強さを誇示するシティ。2019年夏のプレシーズン中にアジアツアーの一環で来日したが、今夏も来季に向けた準備で日本を訪ねるという。 今年7月中旬に行われるとされる今回のアジアツアーでは日本のほかにも、タイを訪問する予定。計画はまだ未確定ながら、日本により長く滞在して、短期間の訪問地としてタイに移動する見込みとのことだ。 2019年夏の来日時はシティ・フットボール・グループの繋がりで横浜F・マリノスと対戦。横浜FMが前半のうちにMF遠藤渓太のゴールで一時追いついたが、そこからシティが引き離して、3-1で勝利している。 なお、Jリーグは先月、今年7月にJリーグワールドチャレンジと銘打ち、海外の強豪クラブを招いて試合を行うと発表済み。その参戦クラブがシティなのか。正式発表が待たれる。 2023.02.03 18:40 Fri
twitterfacebook
thumb

【プレミアリーグ第22節プレビュー】各新戦力らの活躍に注目! シティは指揮官不在のスパーズと激突

EFLカップやFAカップを挟んで2週間ぶりの開催となるプレミアリーグ。この間に移籍市場が閉幕し、大小様々な取引が行われた。とりわけチェルシーは欧州全体で市場の主役に。総額510億円を費やしてムドリクやエンソ・フェルナンデスを獲得した。 要注目のチェルシーの試合は金曜日開催。相手は戦力では大きく劣るフルアムだが、順位では10位のチェルシーに対して7位と3つ上。プレミアリーグでの通算成績でもわずか2勝だが、現在のブルーズにとっては丁度良い相手だろう。新戦力たちの活躍も楽しみだが、ポッター監督によると負傷離脱していたベン・チルウェル、リース・ジェームス、ラヒーム・スターリング、ルーベン・ロフタス=チークのイングランド人たちが復帰する予定。上位浮上の追い風にしたいところだ。 そのチェルシーから大黒柱のジョルジーニョを獲得したアーセナルはアウェイでエバートンと対戦する。トロサールやキヴィオルに続く今冬3人目の補強はロンドンの宿敵からとなった。優勝に向けて強力な援護射撃となったが、FAカップ4回戦ではリーグ戦でもライバルのマンチェスター・シティに敗戦。これで調子が崩れなければいいが…。 アーセナルを5ポイント差で追うシティはアウェイでトッテナム戦。5ポイント差だが消化試合は1試合多く、これ以上の取りこぼしは許されない状況だ。上述のようにFAカップでアーセナルを下しているため、15日に行われる第12節分のアーセナル戦に向けて良い感触を掴んだに違いない。もちろんトッテナムは手強い相手だが、ここで躓いてはいられない。 前回対戦からわずか3週間での対戦となる両者。先月19日に行われた第7節分の一戦では4-2で敗れたトッテナムは、その後のフルアム戦、FAカップのプレストン戦の連勝で挽回して見せた。だが、先日にコンテ監督が胆嚢摘出のための緊急手術を受け、しばらくマネジメントから離れることに。サイドラインの闘将の不在はどのように影響するのだろうか。一方で、ダンジュマとペドロ・ポロの新戦力のデビューは楽しみなところだ。 4位のマンチェスター・ユナイテッドはクリスタル・パレスをホームに迎え撃つ。前節はアーセナルに敗れ公式戦11試合ぶりの黒星がついたが、その後、EFLカップとFAカップでぞれぞれノッティンガム・フォレストとレディングを退け次のステージへ。EFLカップでは決勝でニューカッスルと対戦する。その勢いをリーグに持ち込みたいところだが、主力のエリクセンが足首のケガで3カ月の離脱を強いられることに。代わりにバイエルンからレンタルしたザビツァーに期待したい。 リバプールはアウェイでウルブスと対戦する。前節は共に不調同士のチェルシーと0-0の引き分けを演じ、痛み分けとなった。ただ、次のFAカップ4回戦のブライトン戦では三笘薫にゴールを奪われるなどして敗戦。公式戦ここ6試合でわずか1勝と体たらくが続いている。移籍市場でもガクポに続く援護射撃は受けられず。加えて、コナテがハムストリングを負傷で3週間の離脱に直面しており、厳しい状況が続いている。 ◆プレミアリーグ第22節 ▽2/3(金) 《29:00》 チェルシーvsフルアム ▽2/4(土) 《21:30》 エバートンvsアーセナル 《24:00》 アストン・ビラvsレスター ブレントフォードvsサウサンプトン ブライトンvsボーンマス マンチェスター・ユナイテッドvsクリスタル・パレス ウォルバーハンプトンvsリバプール 《26:30》 ニューカッスルvsウェストハム ▽2/5(日) 《23:00》 ノッティンガム・フォレストvsリーズ 《25:30》 トッテナムvsマンチェスター・シティ 2023.02.03 17:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ペップもカンセロとの確執を否定「彼は全ての試合に出場したいと思っていた」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督がバイエルンへ電撃移籍したポルトガル代表DFジョアン・カンセロについて言及した。 移籍期限最終日にバイエルンへ買い取りオプション付きのレンタルで加入したカンセロとの間に確執があったのではないかとの憶測もあったが、カンセロ本人に続き、グアルディオラ監督も否定している。 「ワールドカップ後、我々は異なるシステムを使い、別の選手にチャンスを多く与えた。各選手に独自の個性があり、カンセロはプレーするのが大好きな選手だ。彼が幸せを感じるにはプレーする必要がある。彼は全ての試合に出場したいと思っていた。それがバイエルンえ実現することを願っている。彼の健闘を祈るよ」 グアルディオラ監督の言及通り、カタール・ワールドカップ後、カンセロは控えに回る機会が多くなった。プレミアリーグでは6試合中2試合の先発に留まり、3試合は出場機会すらない状況だった。 2023.02.03 00:00 Fri
twitterfacebook
thumb

「10億ユーロの価値がある」辣腕代理人ライオラ氏の後を継いだピメンタ氏がハーランドについて言及、自身の仕事も語る「移籍できなかったことは一度もない」

サッカー界の辣腕代理人として名を馳せながらも昨年4月に他界したミーノ・ライオラ氏。25年間にわたりパートナーとして働き、現在は後を継いで代理人を務めているラファエラ・ピメンタ氏がスペイン『マルカ』のインタビューに応えた。 ピメンタ氏は、サンパウロ出身。国際法を専門としていた弁護士モナコにあるライオラ氏が構えたオフィスを引き継いだ。 2022年4月に急逝したライオラ氏。顧客である選手たちがいる中で、世界でも有数の代理人の後を継ぐことになったが、「他に選択肢はなかった」と語り、「ミーノに起こったことは予想外だった」と当時を振り返った。 ライオラ氏からは、この仕事について言及されたといい「このパートナーシップは義務ではない。やりたくなければ、この重い物を運ばなくて良い。幸せになることをするべきだ。続けたいならばそれで良い。もしもやりたくないならばだ」と、代理人業を引き継ぐかどうかを選んで良いと言ってくれたという。 その中で、現在の顧客で最も価値がある1人がマンチェスター・シティのノルウェー代表FWアーリング・ハーランド(22)。驚異的なゴールの記録を残しており、初挑戦のプレミアリーグでも大暴れしている。 ピメンタ氏は「彼のことを考えると笑わずにはいられない。彼は陽気な男の子」とコメント。「それは彼の1つの側面であり、もう1つの側面はとてもプロフェッショナルで、真剣に仕事に取り組んでいる」と、若さもありながら、フットボーラーとしてのプロフェッショナルさもあるとした。 昨夏にはドルトムントからレアル・マドリーに移籍するのか、シティに移籍するのかが話題となった中、シティへと移籍が決まった。 ハーランドの今の価値について問われたピメンタさんは「私にとってハーランドは10億ユーロ(約1415億円)の価値がある。多分、誰もそれを支払うつもりはないでしょうけど、彼がクラブにやってきた時の可能性ということ。ファンやゴール、結果、プロフェッショナリズム、デジタルコンテンツ、知名度、スポンサーなど、全てを合わせればそれぐらいの価値になる」とコメント。「ただ、実際の選手の価格はクラブによって設定される。選手に7億ユーロも払う人がいないことはわかっているけど、クラブにアーリングが来た時の価値は計り知れないものであり、少なくとも10億ユーロの価値があると思う」と、複合的に考えた価値は計り知れないとした。 そして選手が移籍を望めばできるのかということについては、「25年間、この代理人として全ての契約を結んできた。選手が『行きたい』と言って、行けなかったということは一度もなかった」とコメント。選手の希望を受けて、契約をまとめることが仕事だとした。 2023.02.02 19:55 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly