モナコ戦で重傷のマルセイユMFアリ、左ヒザ十字じん帯捻挫で長期離脱へ…

2022.11.15 01:08 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マルセイユは14日、モナコ戦で負傷したモロッコ代表MFアミーヌ・アリの診断結果を明かした。

アリは、13日に行われたリーグ・アン第15節のモナコ戦に先発出場。しかし、後半序盤の58分にモナコDFアクセル・ディザジとの接触で左ヒザを強く捻って悶絶。ピッチ内で応急処置を受けた後、すぐさま担架に乗せられて運び出されていた。

そして、この重傷によってカタール・ワールドカップのモロッコ代表メンバーに招集されていた同選手は大会直前での無念の離脱となった。
その悲劇の負傷の翌日に行われた検査の結果、クラブはアリが左ヒザ十字じん帯の捻挫という診断を受けたことを報告。現時点で離脱期間に関しては言及はないが、少なくとも数カ月単位の離脱となる見込みだ。

関連ニュース
thumb

マルセイユ、ポルトガル期待のFWヴィティーニャを獲得!

マルセイユは31日、ブラガからU-21ポルトガル代表FWヴィティーニャ(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「9」に決定。契約期間は2027年6月30日までの4年半となる。 フランス『レキップ』によると、マルセイユは逸材FW獲得に3000万ユーロ(約42億3000万円)の移籍金を支払うことになったようだ。 3強に次ぐポルトガルの強豪生え抜きのヴィティーニャは、同国の世代別代表でも活躍する183cmのストライカー。昨シーズンに主力に定着すると、今シーズンここまでは公式戦27試合13ゴール5アシストの数字を残している。 センターフォワードとしては決してサイズに恵まれていないが、身体能力が非常に高く、前を向いてもDFを背負っても相手守備に脅威を与えられるパワフルなプレースタイル。また、足元の技術や周囲を生かす術も備えており、守備面の貢献度の高さを含めて非常にタフなストライカーだ。 2023.02.01 07:36 Wed
twitterfacebook
thumb

マルセイユがU-21ポルトガル代表FWヴィティーニャ獲得へ!

マルセイユが、ブラガのU-21ポルトガル代表FWヴィティーニャ(22)を獲得する見込みだ。フランス『レキップ』が報じている。 報道によると、マルセイユは今冬の移籍市場でアトレティコ・マドリーが関心を示し、サウサンプトンが獲得に動いていたとされる逸材FWの獲得に近づいているという。 マルセイユは3000万ユーロ(約42億3000万円)程度に設定される契約解除金の支払いを決断し、選手自身も移籍完了のためマルセイユ行きの飛行機に搭乗しているとのことだ。 3強に次ぐポルトガルの強豪生え抜きのヴィティーニャは、同国の世代別代表でも活躍する183cmのストライカー。昨シーズンに主力に定着すると、今シーズンここまでは公式戦27試合13ゴール5アシストの数字を残している。 センターフォワードとしては決してサイズに恵まれていないが、身体能力が非常に高く、前を向いてもDFを背負っても相手守備に脅威を与えられるパワフルなプレースタイル。また、足元の技術や周囲を生かす術も備えており、守備面の貢献度の高さを含めて非常にタフなストライカーだ 2023.01.31 23:10 Tue
twitterfacebook
thumb

セビージャがマルセイユから指揮官サンパオリの教え子獲得! パプ・ゲイエを半年レンタル

セビージャは30日、マルセイユからセネガル代表MFパプ・ゲイエ(24)を買取オプションなしの半年ローンで獲得した旨を発表した。 先のカタール・ワールドカップ(W杯)にも出場したゲイエ。ワトフォード在籍歴も持つが、ル・アーヴルでのプロ入りからフランスが主戦場の守備的MFで、2020年夏からマルセイユでプレーしている。 同年夏のワトフォード入りからわずか17時間後のマルセイユ移籍を国際サッカー連盟(FIFA)に不正とされ、活動停止命令を受けもしたが、通算100試合の出場数が示すように加入1年目から主力を張る。 今季もここまで公式戦19試合に出場して1得点1アシストだったが、この冬のタイミングでスペイン挑戦を果たす運びに。ホルヘ・サンパオリ監督とはマルセイユ時代に共闘して以来の再会となる。 24日に24歳の誕生日を迎えたばかりのゲイエはクラブ公式メディアで「サンパオリとの話が大きかった。彼とは知っている仲だし、僕の資質もわかってくれている」と移籍の決め手を明かし、喜びを語った。 「セビージャに来られてとても幸せだし、誇りに思う。ファンのみんなさんとここでプレーするのが楽しみだ。この契約は間違いなく良いバースデープレゼントさ。この新しい冒険のスタートを切るのを楽しみにしている」 2023.01.31 10:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ユベントスに痛手…今季8Gのミリクが左太もも負傷で離脱へ

ユベントスのポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリクが、左太もものケガで戦線離脱を強いられた。 今夏にマルセイユからレンタルで加入したミリクは、ここまで公式戦23試合で8ゴールをマーク。昨年10月からリーグ戦7連勝を飾っていたチームで3ゴール1アシストを記録するなど攻撃陣を牽引する働きを見せていた。 しかし、先日に行われたセリエA第20節のモンツァ戦の終盤に左太ももを負傷。痛そうな表情を浮かべながらピッチを後にしていた。 ユベントスによれば、ミリクは左太もものハムストリングスに中程度のケガを負っていることが確認されたとのこと。また、クラブはミリクが2週間後に再検査を受診することを明かしている。 なお、再検査後に離脱期間などが発表されるとのことだが、『フットボール・イタリア』はミリクの離脱期間について6~8週間程度になると報じている。 2023.01.31 00:06 Tue
twitterfacebook
thumb

マルセイユがモロッコ代表MFウナイ獲得を発表! カタールW杯の主役の一人が仏屈指の名門へ

マルセイユは29日、アンジェからモロッコ代表MFアゼディン・ウナイ(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「8」に決定。契約期間は2027年6月30日までの4年半となる。 なお、フランス『レキップ』によると、マルセイユは移籍金800万ユーロ+アドオン200万ユーロの総額1000万ユーロ(約14億1000万円)に加え、将来のリセール時の移籍金の一部を支払うことになる模様だ。 モロッコ生まれで、フランスのストラスブール、アヴランシェのリザーブチームを経て、2020年にアヴランシェに加入したウナイ。その翌年にアンジェに完全移籍し、リーグ・アンデビューを飾ると、ここまでリーグ戦48試合に出場し、2ゴール2アシストを記録している。 そのアンジェでの活躍が評価され、昨年1月にヴァイッド・ハリルホジッチ前監督の下でモロッコのフル代表デビュー。そして、先のカタール・ワールドカップ(W杯)ではフィオレンティーナMFソフィアン・アムラバトと共に中盤の要として圧巻のパフォーマンスを披露し、アフリカ勢初のベスト4進出の立役者となった。 豊富な運動量と献身性を生かした堅実な守備に加え、繊細なボールタッチと独特のリズムで相手の逆を取る、巧みなドリブルとキープ力。182cmの痩身から繰り出す強烈なミドルシュートや正確なパスとプレーの引き出しが非常に多い、万能型MFだ。 <span class="paragraph-title">【動画】今冬の注目株がマルセイユに加入</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr"> <a href="https://twitter.com/AzzedineOunahi?ref_src=twsrc%5Etfw">@AzzedineOunahi</a> <br><br>Le milieu offensif marocain a signé son contrat et est désormais ️<a href="https://twitter.com/hashtag/AzzedineEstOlympien?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#AzzedineEstOlympien</a> <a href="https://t.co/Pvjk7bmaqe">pic.twitter.com/Pvjk7bmaqe</a></p>&mdash; Olympique de Marseille (@OM_Officiel) <a href="https://twitter.com/OM_Officiel/status/1619709469973168129?ref_src=twsrc%5Etfw">January 29, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2023.01.30 00:52 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly