ユナイテッドが新星ガルナチョのPL初弾で劇的勝利! エリクセンは加入後初G含む1G1A《プレミアリーグ》

2022.11.14 03:33 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第16節、フルアムvsマンチェスター・ユナイテッドが13日にクレイブン・コテージで行われ、アウェイのユナイテッドが1-2で勝利した。

5位のユナイテッドは前節、アストン・ビラに1-3のスコアで完敗。公式戦無敗が10試合でストップした。だが、直近のEFLカップではそのビラに苦戦を強いられながらも4-2の逆転勝利を飾り、しっかりとリバウンドメンタリティを示した。

9位のフルアムのホームに乗り込んだカタール・ワールドカップ中断前のラストゲームではEFLカップで温存したカゼミロやエリクセン、ショーを復帰させ、累積警告で出場停止のダロト不在の右サイドバックには本職左のマラシアを起用。クリスティアーノ・ロナウドやサンチョは体調不良で引き続き欠場した。
互いに集中した入りを見せた中、開始5分にはウィリアンのお膳立てからカルロス・ヴィニシウスが両チームを通じて最初のシュートを放つが、これはGKデ・ヘアの足を使った見事なセーブに遭う。

一方、ユナイテッドも9分には背後へ抜け出したラッシュフォードとの連携からボックス中央のマルシャルに決定機も、ここは相手DFの寄せもあってうまくミートし切れず。GKレノにかき出される。

互いに一度ずつシュートシーンを作り合った中、先手を奪ったのはアウェイのユナイテッド。14分、中盤で持ち上がったケアニーをカゼミロが潰してカウンターを発動。エリクセン、マルシャル、ブルーノ・フェルナンデスと繋いでボックス左からポルトガル代表MFが入れたグラウンダーのクロスがDFにディフレクトしてファーに流れると、飛び込んだエリクセンがスライディングシュートで押し込んだ。

エリクセンの加入後初ゴールで早々に均衡が破れた試合はここからオープンな展開に。

ウィリアンを起点にチャンスを窺うホームチームは28分、ハリー・ウィルソンが強烈な左足のミドルシュートを枠に飛ばす。直後の30分にはボックス中央に抜け出したマルシャルがシュートに持ち込むが、いずれの決定機もデ・ヘア、レノと両守護神の好守に遭う。

その後はフルアムがボールを握って押し込む時間帯が続くが、最後の局面で身体を張るユナイテッドの守備を崩し切るまでには至らない。一方、カウンターを起点に追加点へ迫ったユナイテッドはマルシャルのヘディングシュートやエリクセンの攻撃参加から決定機を迎えたものの、こちらも決め切ることはできなかった。

アウェイチームの1点リードで折り返した後半は引き続きホームチームが優勢に試合を進めていく。52分にはボックス中央でゴールを背にしたカルロス・ヴィニシウスの鋭い反転シュート、直後の右CKではファーで競り勝ったリームが渾身のヘディングシュートを放つ。だが、ゴール至近距離からのいずれのシュートもGKデ・ヘアの驚異的な反射神経にはじき出される。

以降は行ったり来たりの状況が続くと両ベンチが動く。ユナイテッドは55分にエランガを下げてマクトミネイを投入。スコットランド代表MFをトップ下、B・フェルナンデスを右ウイングに配置転換。フルアムは直後の57分にハリー・ウィルソンを下げて古巣対戦のダニエル・ジェームズを右ウイングに入れた。すると、この交代策が試合を動かす。

61分、ハーフウェイライン付近のタッチライン際でB・フェルナンデスがギリギリで残したボールをロビンソンが回収。ここからフルアムのカウンターが発動する。相手陣内左のハーフスペースでタメを作ったウィリアンを外側で追い越したケアニーがDFリンデロフの股間を抜く高速クロスを供給すると、斜めのランニングでゴール前に飛び込んだダニエル・ジェームズが右足ワンタッチで流し込んだ。

今夏、リーズから加入したウェールズ代表FWの初ゴールで振り出しに戻った試合は以降もホームチームの時間帯が続く。前半から駆け引きの巧さを見せたウィリアンの左サイドに加え、ダニエル・ジェームズが右サイドで推進力をもたらし、守備側にとって絞り辛い攻撃を展開する。

この守勢を受け、テン・ハグ監督は疲労が見え始めたマルシャルを下げてガルナチョを左サイドに投入。これでラッシュフォードが最前線に入り、直近のアストン・ビラ戦で機能した後半終盤の形にシフトする。

その後、ユナイテッドが80分を過ぎた辺りから盛り返し、試合は一進一退の攻防のまま最終盤に突入。後半のアディショナルタイムは3分と短く引き分け濃厚かに思われたが、ユナイテッドの新星が土壇場で大仕事を果たした。

93分、自陣での巧みなビルドアップでプレスをかいくぐったユナイテッドは左サイドに張るガルナチョへ展開。そのまま縦に運んだ18歳FWは内側のエリクセンにボールを預けてボックス左へ猛スプリントを仕掛けると、デンマーク代表MFから完璧なリターンパスが届く。快足を飛ばしてDFを振り切りGKにコースを消される前に左足のシュートをゴール右下隅へ流し込んだ。

そして、試合はこの直後にタイムアップを迎え、エリクセンの加入後初ゴールに加え、ガルナチョにプレミアリーグ初ゴールが生まれたユナイテッドがフルアムとの接戦を劇的に制し、リーグ2戦ぶりの勝利で中断期間を迎えることになった。

関連ニュース
thumb

夏のストライカー獲得を目指すユナイテッド、エイブラハムをリストアップか

マンチェスター・ユナイテッドがローマのイングランド代表FWタミー・エイブラハムの(25)獲得を検討しているようだ。 昨年11月にFWクリスティアーノ・ロナウドがクラブとの対立から退団し、新たな点取り屋を探すユナイテッド。最優先ターゲットはトッテナムのイングランド代表FWハリー・ケイン(29)だが、トッテナムがエース売却を断固拒否する姿勢であることから、獲得には大きなハードルがある。 また、同じく獲得を狙うナポリのナイジェリア代表FWビクター・オシムヘン(24)についても、アウレリオ・デ・ラウレンティス会長が「売り物ではない」と断言。タフなネゴシエーターとして知られるデ・ラウレンティス会長を相手に、交渉は困難を極めると予想される。 イギリス『テレグラフ』によると、今夏の移籍市場で確実にストライカーを確保したいユナイテッドは、プレミアリーグでの実績を持つエイブラハムもリストに含めたとのことだ。同選手はローマで重要な戦力となっている一方で、クラブは補強のための資金を必要としており、移籍金次第では売却もやぶさかではない模様だ。 チェルシーの下部組織出身であるエイブラハムは、2019-20シーズンにプレミアリーグで15ゴールを記録するなど活躍したが、その後序列が低下したことで2021年夏に5年契約でローマ入り。加入初年度から主軸に定着すると、今季も公式戦28試合で7ゴール5アシストを記録している。 2023.02.09 16:34 Thu
twitterfacebook
thumb

カゼミロの影響大…いるいないでユナイテッドの平均勝ち点&失点に差

マンチェスター・ユナイテッドはブラジル代表MFカゼミロのいるいないでだいぶ結果が変わってくるようだ。 昨夏にレアル・マドリーから加わってから、今やボランチの一角をすっかりモノにするカゼミロ。危機察知能力にプラスして、ボールの捌きも卒なく、タイミングの良い攻撃参加で躍動する30歳はデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンとともにもはや欠かせない中盤のキャストだ。 だが、4日に本拠地で行われたプレミアリーグ第22節のクリスタル・パレス戦で相手のラフプレーが発端の乱闘騒ぎで対峙したMFウィル・ヒューズの首もとについつい手をかけてしまい、一発退場。ただ相手を止めようとしただけだろうが、イメージが悪く、3試合の出場停止処分が科された。 そうして、ユナイテッドは8日に第8節延期分のリーズ・ユナイテッド戦を迎えたが、0-2のビハインドから何とか2-2のドロー。ただただ前後半の失点が勿体ない試合となってしまったが、データ提供会社『Opta』によると、カゼミロの先発有無で勝ち点や失点の平均値に差があるという。 今季のユナイテッドはカゼミロが先発なら、1試合あたりで2.3ポイントを掴み、失点数も0.7。それに対して、スタメン外なら、1試合あたりで1.4ポイントにとどまり、失点数も2.1まで跳ね上がるそうだ。 こういう数字を見ると、カゼミロの偉大さが改めて身に沁みるが、3試合出場停止のうち、まだ1試合を消化したのみ。エリクセンのほか、MFドニー・ファン・デ・ベークとMFスコット・マクトミネイも離脱中とあまり選択肢がないエリク・テン・ハグ監督だが、残り2試合をどう乗り越えるか。 2023.02.09 15:05 Thu
twitterfacebook
thumb

復活弾に感慨深げなサンチョ「どれだけこの感覚を待ち侘びたことか」

マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWジェイドン・サンチョが自らの復活弾に歓喜した。 昨年10月下旬の試合を最後に心身のコンディション不良でチームから遠ざかったが、今月に入ってようやく復帰に漕ぎつけたサンチョ。8日にホームで行われたプレミアリーグ第8節延期分のリーズ・ユナイテッド戦もベンチからのスタートだったが、復帰後最長となる31分間のプレーを果たした。 そんなリーズ戦では0-2の劣勢下で左サイドハーフとしての出場となったが、63分にチームがイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードのゴールで1点差に詰め寄ったなか、70分にボックス左で相手のブロックボールを拾うと、迷いなしの右足シュートをねじ込み、貴重な同点弾をマークした。 チームを大逆転に導けなかったものの、0-2のビハインドから貴重な勝ち点1を呼び込んだ22歳アタッカーは試合後、自身のSNSを更新。自らの復活をアピールする一発を感慨深げに振り返り、次戦に決意を新たにしている。 「どれだけこの感覚を待ち侘びたことかは言い表しがたいよ! チームは素晴らしいキャラクターを発揮した。僕は再び週末に向かう」 2023.02.09 12:25 Thu
twitterfacebook
thumb

欠場のワン=ビサカ、体調不良が理由に…テン・ハグが説明

マンチェスター・ユナイテッドのイングランド人DFアーロン・ワン=ビサカは病欠だったようだ。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じた。 カタール・ワールドカップ(W杯)明けからDFジオゴ・ダロトの負傷欠場が続き、出場が続いたワン=ビサカ。8日のプレミアリーグ第8節延期分では復帰のダロトがスタートから出場したが、ワン=ビサカの姿はベンチにすらなかった。 結果的にこの試合を通じてダロトの出来がイマイチだったとあって、ここにきて評価を上げるワン=ビサカの不在が痛かった感があるが、エリク・テン・ハグ監督は試合前のインタビューで体調不良によるメンバー外を明かしたという。 トップ4圏内の維持を目指すプレミアリーグのほか、ヨーロッパリーグ、FAカップ、カラバオカップとすべてのコンペティションを残すユナイテッドだが、最近は負傷者が増加傾向。MFカゼミロも出場停止中と戦力ダウンを強いられる。 ダロトのパフォーマンスが上がってこないようだと、右サイドバックの人選も懸念点となるが、ワン=ビサカの状態やいかに。 2023.02.09 10:45 Thu
twitterfacebook
thumb

前後半の早い失点が響いたテン・ハグ「許しがたい」

マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督が振り返った。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 8日のプレミアリーグ第8節延期分でリーズ・ユナイテッドをホームに迎え撃ったユナイテッド。監督交代に揺れる相手との一戦だったが、前後半の立ち上がりに失点して0-2までもっていかれ、その後の巻き返しで何とか2-2のドローに持ち込んだ。 2点差を追いついたのはポジティブだが、トップ4圏内の維持を狙う上でも残留を争う相手に勿体ない試合に。今週末にも今度は敵地でリーズ戦に臨むテン・ハグ監督もその思いを吐露した。 「勝ち点を獲得したが、2ポイントを落としてしまった。各ハーフとも立ち上がりがとても悪く、許しがたい。ダービーではなおさらね。プレーやバトルの準備、そして責任感も求められるが、どれもなっていなかった」 そんな一戦では最近になって、ようやく復帰のFWジェイドン・サンチョが途中出場から貴重な同点弾を記録。オランダ人指揮官も継続的な活躍を求めつつ、喜んだ。 「とても嬉しいよ。彼はまだ復活途中だ。素晴らしいフットボーラーなのは知っての通り。間違いなくチームに大きなインパクトをもたらせる。今夜がそうだったわけだが、コンスタントにインパクトを残せる選手だ」 「彼は我々もだが、もっとハードワークする必要がある。あのゴールは彼を強くし、さらなるモチベーションになるはず。あの2ゴール目は彼のことを思うとなおさら、本当にエンジョイしたよ」 2023.02.09 09:30 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly