今がチャンスだ今年のJ1リーグをきちんとおさらいしておくぞ?! の巻/倉井史也のJリーグ

2022.11.19 12:00 Sat
©︎J.LEAGUE
そりゃ日本戦が始まっちゃったら、もうワールドカップ一色ですよ。そりゃ間違いない。J1参入プレーオフが終わり、ドイツ戦の前のこのタイミングこそ、今年のJ1リーグって本当はどうだったのって分析できるときでしょ? ちゅうことで、いろんな角度で考えておきたいと思います。

まず、もし今年が2ステージ制だったら!! ちゃんと延期になっていた第15節G大阪2-0広島も加えて考えると、
【2022年J1リーグ・ファーストステージ】

順:チーム(点/勝/分/負/得/失/差)
1:横浜FM(34/10/4/3/32/18/14)
2:鹿島(33/10/3/4/28/21/7)
3:川崎(33/10/3/4/25/19/6)
4:柏(30/9/3/5/25/15/10)
5:広島(27/7/6/4/21/16/5)
6:C大阪(26/7/5/5/24/18/6)
7:FC東京(25/7/4/6/18/16/2)
8:鳥栖(24/5/9/3/22/19/3)
9:G大阪(20/5/5/7/20/22/-2)
10:京都.(20/5/5/7/16/19/-3)
11:名古屋(20/5/5/7/14/19/-5)
12:札幌(20/4/8/5/17/31/-14)
13:福岡(19/4/7/6/12/13/-1)
14:浦和(18/3/9/5/18/16/2)
15:磐田(18/4/6/7/21/26/-5)
16:清水(16/3/7/7/18/25/-7)
17:湘南(16/4/4/9/15/23/-8)
18:神戸(11/2/5/10/15/25/-10)

【2022年J1リーグ・セカンドステージ】
順:チーム(点/勝/分/負/得/失/差)
1:横浜FM(34/10/4/3/38/17/21)
2:川崎(33/10/3/4/40/23/17)
3:神戸(29/9/2/6/20/16/4)
4:広島(28/8/4/5/31/25/6)
5:浦和(27/7/6/4/30/23/7)
6:名古屋(26/6/8/3/16/16/0)
7:札幌(25/7/4/6/28/24/4)
8:C大阪(25/6/7/4/22/22/0)
9:湘南(25/6/7/4/16/16/0)
10:FC東京(24/7/3/7/28/27/1)
11:鹿島(19/3/10/4/19/21/-2)
12:福岡(19/5/4/8/17/25/-8)
13:鳥栖(18/4/6/7/23/25/-2)
14:清水(17/4/5/8/26/29/-3)
15:G大阪(17/4/5/8/13/22/-9)
16:柏(17/4/5/8/18/29/-11)
17:京都(16/3/7/7/14/19/-5)
18:磐田(12/2/6/9/11/31/-20)

ってことで、横浜FMの完全優勝!! おめでとうございます!! そしてファーストステージとセカンドステージで最も差が大きかったチームは、神戸の15位差!! 続いて柏の12位差、浦和と鹿島の9位差。ただし、柏と鹿島はマイナス方向に動いてしまったのでした。

そして「ボクシング形式の優勝チーム」はどこ? これはボクシングのようにチャンピオンが負けたときだけタイトルが移動すると、どこが優勝したのかって話です。まず去年のチャンピオンが川崎だったので、節を抜きに時系列で考えていくと、

川崎 1-0 FC東京
川崎 2-4 横浜FM(タイトル移動)
横浜FM 1-3 柏(タイトル移動)
柏 0-1 鹿島(タイトル移動)
鹿島 2-0 神戸
鹿島 2-1 湘南
鹿島 2-1 清水
鹿島 1-0 福岡
鹿島 0-3 横浜FM(タイトル移動)
横浜FM 2-1 名古屋
横浜FM 4-1 湘南
横浜FM 3-3 浦和
横浜FM 0-1 福岡(タイトル移動)
福岡 0-1 名古屋(タイトル移動)
名古屋 0-1 広島(タイトル移動)
広島 2-1 C大阪
広島 3-1 福岡
広島 0-2 G大阪(タイトル移動)
G大阪 1-1 浦和
G大阪 0-1 湘南(タイトル移動)
湘南 1-1 広島
湘南 0-0 福岡
湘南 0-1 磐田(タイトル移動)
磐田 0-2 鳥栖(タイトル移動)
鳥栖 0-0 名古屋
鳥栖 2-1 札幌
鳥栖 1-1 福岡
鳥栖 0-4 川崎(タイトル移動)
川崎 1-2 湘南(タイトル移動)
湘南 0-3 横浜FM(タイトル移動)
横浜FM 1-0 福岡
横浜FM 2-1 京都
横浜FM 0-0 札幌
横浜FM 4-0 名古屋
横浜FM 0-2 G大阪(タイトル移動)
G大阪 2-0 磐田
G大阪 0-0 鹿島

ということで、チャンピオンに輝いたのはG大阪!! おめでとうございます!!

【倉井史也】
試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。


NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly