乱打戦を逆転で制したスパーズ、コンテ「選手は絶対に諦めなかった」

2022.11.13 11:34 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムのアントニオ・コンテ監督が逆転劇を演じたチームを評価した。クラブ公式サイトが伝えている。

12日に行われたプレミアリーグ第16節でリーズ・ユナイテッドをホームに迎えたトッテナム。10分に先制ゴールを許すと、25分にイングランド代表FWハリー・ケインが同点弾を決めるが、43分にも失点して1-2で前半を終えた。試合を折り返して51分にはウェールズ代表DFベン・デイビスのゴールで再び同点に追いつくも、76分に勝ち越しを許して、アウェイチームが三度のリード。万事休すかと思われたが、81分、83分にウルグアイ代表MFロドリゴ・ベンタンクールが立て続けの2ゴールを奪い、4-3で逆転勝利にした。

コンテ監督は試合後、3度のビハインドをはね返して3ポイントを掴んだチームを称賛しながらも、守備には課題があると語った。
「このような試合は、ファンにとって、テレビで試合を見ている人にとって、本当に魅力的でエキサイティングな内容だと理解している」

「この試合にはポジティブな点がいくつかあった。選手たちは絶対に諦めなかった。だからこそ、我々は素晴らしいパフォーマンスを何度も発揮し、多くの試合で逆転勝利を収められているのだ。選手たちは自分たちが最後まで戦わなければならないことをよく分かっている」

「一方、ネガティブな面もあった。3失点というのは、あまりにも多すぎる。そのため、我々はもう一度やり直し、トレーニングから戦術的な面を改善する必要がある」

また、この一戦を終えて、チームはカタール・ワールドカップ前の全日程を終了。1カ月以上にも及ぶ過密日程を振り返りつつ、その結果には達成感を語った。

「中断前最後の試合だったこともあり、大きな努力をした。43日間で13試合を連続して戦うのは、本当に難しかった。肉体的なエネルギーだけでなく、精神的なエネルギーもかなり失われてしまった」

「だからこそ、チャンピオンズリーグ(CL)で首位通過を果たし、リーグでも順位表の好位置に留まったことは、まず第一に、我々が大きな大きな努力をしたこと、そして第二に、私やスタッフ、そして選手たちがこの時期を乗り越えるために、本当にプロフェッショナルとして行動していたことの表れだ」

関連ニュース
thumb

8日にロンドン帰還のコンテ監督、週末レスター戦でベンチ復帰の可能性も…

トッテナムのアントニオ・コンテ監督が、今週末のレスター・シティ戦でベンチに復帰できる可能性があるようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 先日に激しい腹痛を訴え、後に胆嚢炎と診断されたコンテ監督は、今月1日にイタリアのトリノで胆嚢の摘出手術を受けた。 これにより、5日に行われたプレミアリーグ第22節のマンチェスター・シティ戦は不在となり、アシスタントコーチを務めるクリスティアン・ステッリーニ氏が代役としてベンチで指揮を執っていた。 通常、胆嚢摘出手術後、通常の活動に戻るには最低2週間を要すると言われているが、術後の経過が良好なイタリア人指揮官は、8日にトリノからロンドンに帰還する予定だという。 『デイリー・メール』によると、コンテ監督は11日のプレミアリーグ第23節のレスター戦に向け、トレーニンググラウンドでチームを指導できるかは不確実なものの、試合当日にベンチに復帰できる可能性は十分にあるとのことだ。 2023.02.08 23:32 Wed
twitterfacebook
thumb

不振ミラン、守護神メニャンの復帰が遅れる… トッテナム戦欠場濃厚

ミランのフランス代表GKマイク・メニャンは14日に行われるチャンピオンズリーグ・ラウンド16・1stレグのトッテナム戦を欠場する可能性が高いようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。 9月の代表合流中にふくらはぎを痛めて以降、欠場が続いているメニャン。一部報道ではトッテナム戦に間に合う可能性も報じられていたが、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば回復が遅れており、復帰は3月にずれ込むのではないかと主張している。 CLノックアウトラウンドのメンバーには登録されなかったものの、回復が間に合えば24時間以内に限りメンバー変更が可能なため、トッテナム戦出場が期待されたメニャン。 不振に喘ぐミランにとって守護神メニャンの不在は大きな痛手となっているが、3月8日に行われる2ndレグには間に合うだろうか。 2023.02.08 22:40 Wed
twitterfacebook
thumb

トッテナムに痛恨、GKロリスがヒザのじん帯損傷で最大8週間の離脱へ…シティ戦で負傷

トッテナムの元フランス代表GKウーゴ・ロリスが、ヒザの重傷を負ったようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 報道によると、ロリスは5日に行われたプレミアリーグ第22節のマンチェスター・シティ戦で負傷したとのこと。90分のフル出場を果たし、チームの1-0勝利に貢献していたが、その代償を負っていたようだ。 『スカイ・スポーツ』によれば、検査の結果ではじん帯を損傷しているとのこと。ただ、手術は必要ないという。 それでも6〜8週間の離脱となると見られており、シーズンの重要な局面で守護神が不在に。また、来週からはチャンピオンズリーグ(CL)も再開し、ミランとの試合が待っている状況だ。 今シーズンのロリスはプレミアリーグで21試合に出場。CLでも6試合に出場している。カタール・ワールドカップ(W杯)でもキャプテンとしてフランス代表を牽引し、準優勝という成績を残していた。 トッテナムは現在5位につけており、トップ4フィニッシュに向けて重要な試合が続く。なお、代役は元イングランド代表GKフレイザー・フォースターに。サウサンプトンから今シーズン加入し、ここまで公式戦4試合に出場していた。 <span class="paragraph-title">【動画】どこかを痛めているような苦い表情を試合中に見せるGKロリス</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">BREAKING: Hugo Lloris is set to miss up to eight weeks after sustaining a knee injury during Tottenham&#39;s 1-0 win over Manchester City <a href="https://t.co/cdQok0O9as">pic.twitter.com/cdQok0O9as</a></p>&mdash; Sky Sports Premier League (@SkySportsPL) <a href="https://twitter.com/SkySportsPL/status/1623292472875941890?ref_src=twsrc%5Etfw">February 8, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.08 21:30 Wed
twitterfacebook
thumb

試合直後に電話で祝福! 偉業達成のケインに療養中のコンテ監督から「君を誇りに思う」

偉業を達成したトッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインに、休養中の指揮官から祝福の電話があったようだ。 5日に行われたプレミアリーグ第22節のマンチェスター・シティ戦で1-0の勝利に導く決勝点を記録したケイン。これでクラブ通算得点数を267ゴールとし、ジミー・グリーブス氏を抜きクラブ歴代最多得点者となった。また、同時にプレミアリーグにおいても200ゴールに到達し、アラン・シアラーとウェイン・ルーニーに続く史上3人目の快挙を達成した。 シティからの金星、エースの2つの偉業達成というサポーターにとっては多幸感極まる一戦に。一方で、アントニオ・コンテ監督は先日発覚した胆嚢炎の摘出手術のため欠席。チームの大勝利をその場で祝えなかった。 だが、試合後にロッカールームに戻ったケインに一本の電話。他でもないコンテ監督からのもので、「君を誇りに思う」と祝福のメッセージが告げられたという。指揮官はまた、術後の容態も安定し、体調に問題がないことを報告。チームとともに勝利を喜んだ。 2023.02.06 16:10 Mon
twitterfacebook
thumb

G・ネビル氏がシティの戦い方を批判「誰もハーランドの動きを見ていない」

元イングランド代表のギャリー・ネビル氏が、トッテナムに敗れたマンチェスター・シティの戦術を批判している。イギリス『サン』がコメントを伝えた。 5日にプレミアリーグ第22節でトッテナムと対戦したシティ。同節で首位のアーセナルがエバートンに敗れたため、勝ち点差を詰める絶好の機会だったが、相手の堅い守備と精度の高いカウンターに悪戦苦闘し、なかなか得点のチャンスも作ることができない。 そんな中、15分にトッテナムのハイプレスに捕まり、ハリー・ケインに先制点を奪われることに。同クラブの最多得点記録を更新するメモリアルゴールとなり、トッテナム・ホットスパー・スタジアムのサポーターは熱狂の渦に包まれた。 シティはというと、ここまで25得点をマークする頼みのアーリング・ハーランドが沈黙。エースのシュートは0本に抑えられ、一度もネットを揺らせないまま1-0の敗戦を喫した。 G・ネビル氏は、ノルウェー代表FWが無得点に終わったのはチームの戦い方が原因だと主張。ハーランドのフリーランがいくつも無駄になっていたとの印象を語っている。 「ハーランドは常に走っている。あとはボールが来るだけなのに、シティの選手たちはそうしようとしない。彼が無視されるランニングの数は信じられないほどだ」 元シティのマイカー・リチャーズ氏もまた、「誰もハーランドの動きを見ていない。何度も何度も走っているのに」と、ネビル氏に同意見。さらに、辛口のジェイミー・キャラガー氏に至っては「選ぶクラブを間違えたかもしれない」と酷評している。 とはいえ、この日はトッテナムの守備が見事だったことも事実。今のところはあまり悲観するほどでもなさそうだが。 2023.02.06 13:40 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly