首位アーセナルが3連勝で中断期間へ! 主将ウーデゴールの2ゴールで下位ウルブス撃破《プレミアリーグ》

2022.11.13 06:43 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第16節、ウォルバーハンプトンvsアーセナルが12日にモリニュー・スタジアムで行われ、アウェイのアーセナルが0-2で勝利した。なお、アーセナルのDF冨安健洋は負傷欠場となった。

首位のアーセナルは前節、チェルシーとのビッグロンドン・ダービーを1-0のスコア以上の完成度の差を見せつけてリーグ連勝を達成した。ただ、主力を温存したEFLカップではブライトン相手に1-3で完敗し、圧倒的な強さを誇るエミレーツ・スタジアムでの今季初黒星となった。

カップ戦敗退のバウンスバックを図ると共に、首位でのカタール・ワールドカップ中断入りを目指すアルテタのチームは、ロペテギ新監督招へいが決定し、スティーブ・デイビス暫定体制ラストゲームとなる19位のウルブスとのアウェイゲームに臨んだ。スペイン人指揮官はブライトン戦で温存した主力を復帰させ、ダービーと全く同じスタメンを採用。冨安は引き続きベンチ外となった。
試合開始直後に体調不良を訴えたジャカの治療のため、試合が一時中断となるアクシデントが発生したが、スイス代表MFは無事プレーに復帰。再開後は拮抗した攻防が続く。

ボールの主導権を握って押し込み始めたアーセナルだが、一度プレーに復帰したジャカがやはりプレー続行困難となり、16分にファビオ・ヴィエイラがスクランブル投入された。

以降は押し込んで手数をかけた攻めで5バック攻略を目指すアーセナル、ゲデスとアダマ・トラオレの快足2トップでロングカウンターを狙うウルブスという構図の下で一進一退の攻防に。20分にはセメドのスルーパスに抜け出したゲデスがボックス内で右足シュート、23分にはジンチェンコの左クロスにガブリエウ・ジェズスのヘディングシュートと互いに際どいシーンを作り出す。

前半半ばから終盤にかけても試合展開に大きな変化はなし。普段に比べて両ウイングの打開は鳴りを潜めるが、ジェズスが相変わらずの存在感を発揮。35分にはカウンターからサカのスルーパスに抜け出し、ボックス左から右足を振るが、これは惜しくもクロスバーを叩く。続く40分には相手を押し込み、ホワイトの正確な右クロスからファーで浮いたジェズスがヘディングシュートを放つが、今度は枠の左に外れる。

一方、狙いとするゴールレスの展開を維持するウルブスは前半終了間際に千載一遇の決定機が訪れる。サリバの不用意なバックパスを奪ったゲデスがそのままボックス内に侵入し右足を振り抜くが、これは決死のカバーに入ったDFガブリエウにブロックされて土壇場での先制点とはならなかった。

互いに選手交代なしで臨んだ後半、立ち上がりはウルブスの堅守速攻が機能。2トップがロングカウンターから良い形でボックス内に侵入する場面を作り出す。

後半はなかなかリズムを掴み切れないアーセナルだったが、最初のチャンスをゴールに結びつける。55分、ボックス手前左でジンチェンコからパスを受けたジェズスがカットインの途中でボックス内に抜けたファビオ・ヴィエイラに絶妙なスルーパスを供給。ポルトガル人MFがGKを引き付けてゴールライン際で折り返すと、フリーで飛び込んだウーデゴールが押し込んだ。

アーセナルの鮮やかな崩しから均衡が破れた試合はここからよりオープンな展開に。相手が前に出てきたことで、アタッキングサードでよりスペースを使えるようになったアーセナルは、ボールを動かしながら久々のゴールがほしいジェズスが積極的に足を振っていく。

対してウルブスは失点前からの攻撃を継続しつつ、68分にはモウティーニョとネウソン・セメドを下げてポデンセ、これがプレミアリーグデビューとなる19歳DFレンビキサを同時投入。だが、結果的にこの交代が裏目に出る。

75分、左サイド深くでレンビキサからボールを奪い返したマルティネッリが自身と入れ替わりにボックス内へ走り込むジンチェンコへヒールパス。ジンチェンコのグラウンダーの折り返しのこぼれに反応したマルティネッリのダイレクトシュートはGKジョゼ・サの好守に阻まれるが、ゴール前のウーデゴールがこぼれ球を冷静にゴール左隅へ蹴り込んだ。

キャプテンのこの試合2点目で勝利に大きく近づいたアーセナルは、ここからややゲームコントロール優先の戦い方にシフト。これに対してウルブスは後ろの枚数を削ってマテウス・ヌネスを投入し、攻勢を強めていく。

試合終盤はホームチームが再三ゴールを脅かすが、得点力不足が深刻なチームはこの試合でも最後の質を欠く。

その後、3枚替えで試合をクローズしたアーセナルが、下位相手に決定力の差を見せ付け3連勝を達成。今節敗れた2位のマンチェスター・シティとの勝ち点を5ポイントに広げ、首位で中断期間を迎えることになった。

関連ニュース
thumb

元ドイツ代表MFエジルが現役引退? 現地記者が引退決断と報道、レアルやアーセナルで活躍した世界屈指のプレーメーカー

元ドイツ代表MFメスト・エジル(34)が引退を決断したようだ。 今シーズンからイスタンブール・バシャクシェヒルでプレーするエジル。しかし、背中のケガなどの影響で今シーズンは欠場が続いていた。 今年に入り復帰。スュペル・リグの直近3試合ではプレーしていたが、突如として引退を決断したという。 トルコ『ファナティック』の記者であるヤクプ・チナール氏によると、エジルはクラブとの契約を早期に解消し、引退を決断したとのこと。3日のチームトレーニングに参加せず、チームメイトに別れの挨拶をしたと伝えている。 トルコ系ドイツ人でもあるエジルは、シャルケやブレーメンでプレー。2010年8月にレアル・マドリーへと移籍すると、2013年9月にはアーセナルへと移籍する。 世界最高のプレーメーカーとも言われ、マドリーとアーセナルでは大きな功績を残すことに。マドリーでは公式戦159試合で27ゴール81アシスト、アーセナルでは254試合で44ゴール78アシストを記録していた。 しかし、2020年以降は急激にパフォーマンスが低下。出番が限られると、2021年1月にフェネルバフチェへ完全移籍。しかし、トルコではさらに苦しい状況が待っており、今シーズンはわずか7試合しかプレーできていなかった。 ドイツ代表としては92試合で23ゴールを記録。2010年の南アフリカ、2014年のブラジル、2018年のドイツとワールドカップ3大会に出場しブラジル大会では見事に優勝を遂げていた。 現時点でクラブや本人から公式の引退発表はないが、どうやらキャリアの終了が近づいているようだ。 2023.02.03 23:40 Fri
twitterfacebook
thumb

「アーセナルの全てが大好き」長期契約のマルティネッリが契約延長で意気込み語る「恩返しをして、誇りに思ってもらいたい」

アーセナルとの長期契約を結んだブラジル代表FWガブリエウ・マルティネッリ(21)が、心境を語った。クラブ公式サイトが伝えた。 アーセナルは3日、マルティネッリとの契約延長を発表。期間は明かされていないが、2027年夏までの契約となり、1年間の延長オプションがついていると各メディアが報じている。 マルティネッリは契約延長に喜びを露わにし、クラブを愛していると語った。 「素晴らしい気分だよ。新しい契約を結べて本当に嬉しい。チームとファンのために最善を尽くし、彼らに恩返しをして、誇りに思ってもらいたいんだ」 「何度も言ってきたけど、僕はアーセナルの全てが大好きだ。この街を愛し、チームメイトを愛し、ファンを愛し、クラブを愛し、このクラブのために最善を尽くすつもりだ」 マルティネッリはブラジル4部のイトゥアーノから2019年7月にアーセナルに完全移籍で加入。当時は注目度も高くない若手の青田買いと見られていた。 1年目から試合に出場しゴールを決めるもシーズン終盤に重傷を負い長期離脱。復帰後も結果が出せなかったが、3年目の昨シーズンに飛躍。ブラジル代表にまで成長した。 入団当初のことを振り返ったマルティネッリは、緊張で言葉が通じなかったとエピソードを明かし、ユニフォームを着た時の気持ちは今も変わらないとした。 「すごく緊張して、英語が一言も出てこなかったことを覚えている。彼らと話すことさえできなかったし、さらに悪いことに、彼らが何を言っているのかも理解できなかったことを覚えている」 「ユニフォームを手にして、エンブレムを見た時のことを覚えている。とても誇りに思ったし、とても幸せだった。着た時の感覚は今でも変わらないね」 3年目となった今シーズンは、プレミアリーグ19試合で7ゴール2アシストを記録。首位を走るチームの原動力となっている。 19年ぶりのプレミアリーグ制覇が見えてきたアーセナル。マルティネッリはタイトルを獲ると意気込みを語り、支えてくれるファンへの感謝の気持ちを述べた。 「僕たちはトロフィーを獲得する必要がある。僕だけじゃなく、ドレッシングルームにいる全員が試合でプレーしたいと思っているし、ファンのためにも優勝を望んでいる」 「ファンのみんなには、全てのサポートの感謝したい。今シーズン、僕にとっては素晴らしいものだった。今シーズンのスタジアムの雰囲気は信じられないものだよ。ただただ、感謝したい。このクラブのために、毎日100%を捧げるつもりだ」 <span class="paragraph-title">【写真&動画】マルティネッリとパートナーがエミレーツで2ショット</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CkZEG4muDu-/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CkZEG4muDu-/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CkZEG4muDu-/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Bella(@isabellarrousso)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2023.02.03 23:30 Fri
twitterfacebook
thumb

「まだ疑わしい」負傷交代のトーマスについてアルテタ監督は慎重な姿勢、スミス・ロウは「まだ」と復帰は未定

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、ガーナ代表MFトーマス・パルティの状態に言及した。クラブ公式サイトが伝えた。 トーマスは今シーズンのプレミアリーグで16試合に出場し2ゴールを記録。中盤の要として大きな役割を果たしていた。 チームを支えているトーマスだったが、1月27日に行われたFAカップ4回戦のマンチェスター・シティ戦では負傷の影響で前半のみで交代していた。 アーセナルにとっては痛い負傷となったが、今冬にはチェルシーからイタリア代表MFジョルジーニョを補強していた。 アルテタ監督はトーマスの状態について言及。今日のトレーニングの様子次第だと語った。 「見守ろう。まだ疑わしい。今日、彼がどういう形で来るか、チームと一緒にトレーニングできるのか、できないのかを見てみよう。その上で判断することになる」 「彼は離脱してはいない。でも、トーマスには珍しく、マンチェスター・シティ戦は交代しなければいけないほどの状態だった。彼が元気になることを願っている」 週末のエバートン戦で復帰できる可能性があるようだが、状態は未定。プレミアリーグ制覇に向けて、無理をさせて長期離脱になることは避けたいところだ。 なお、同様に離脱中のMFエミール・スミス・ロウに関しては「まだだ」と復帰はまだ先になるとも語った。 2023.02.03 21:15 Fri
twitterfacebook
thumb

カイセド代理人が今冬を語る…「テーブルの上にあるオファーを目にして、彼は…」

ブライトン&ホーヴ・アルビオンに所属するエクアドル代表MFモイセス・カイセド(21)の代理人が口を開いた。 今冬、去就を巡る報道が相次いだカイセド。チェルシーの関心も示されるなか、2度のオファーを出したアーセナルが最終的にアドオン込みで7000万ポンドを積んだが、ブライトンに即却下され、移籍が実現しなかった。 カイセド本人も当初こそクラブ公式サイトで残留意思を打ち出したが、アーセナルの1stアタックが明らかになってから、自身のSNSでそれを覆す移籍志願の声明。だが、ブライトンのスタンスは最後まで揺るがなかった。 今冬の移籍マーケットが閉幕するまで練習参加が禁じられたカイセドは再合流したが、イギリス『サン』によると、代理人のマヌエル・シエラ氏は『Marca90Ec』で選手の明確な移籍意思と嘆願文の作成関与を認めた。 「テーブルの上にあるオファーを目にして、モイセスは『前に進みたい』と言った。あれは生涯における夢。人生で二度とないかもしれないチャンスだ」 「そして、あのステートメントの下書きを手伝った。彼にプレミアリーグでプレーする夢を叶えるチャンスを与えてくれたクラブへの願いと感謝を込めてね」 また、「明日、何が起こるかなんてわからない。練習でケガするかもしれない。何が起こるかわからないんだ」とも述べると、物議を呼んだ移籍嘆願文を含め、ブライトンと合意してのものだと正当性を強調している。 「モイセスは声明を発表する許可をクラブに求めた。彼が練習に参加せず、試合に出なかったのは彼らが休暇を与えたから。でも、ブライトンは彼を突き放しはしなかった」 「彼らは状況を理解し、彼のことをとても愛している。合意の上だったんだ」 2023.02.03 20:40 Fri
twitterfacebook
thumb

アーセナルがブラジル代表FWマルティネッリと長期契約締結! 今季は19試合7ゴールと首位のチームを牽引

アーセナルは3日、ブラジル代表FWガブリエウ・マルティネッリ(21)との契約更新を発表した。 契約期間は明かされず、長期とされているが、『The Athletic』は2027年までとし、さらに1年間の延長オプションを持っているという。 マルティネッリはブラジル4部のイトゥアーノから2019年7月にアーセナルに完全移籍で加入。当時は注目度も高くない若手の青田買いと見られていた。 加入1年目は開幕戦でデビューすると、プレミアリーグ14試合で3ゴールを記録。結果を残し始めた矢先にヒザを負傷して離脱。2年目はそのケガの影響もありシーズンのおよそ半分を棒に振り、プレミアリーグ14試合で2ゴール1アシストを記録していた。 3年目はレギュラーに定着し、プレミアリーグ29試合で6ゴール6アシストと飛躍。ブラジル代表にも選ばれると、今シーズンはプレミアリーグ19試合で7ゴール2アシストとさらに躍進。カタール・ワールドカップ(W杯)にも出場していた。 左ウイングとして定着し、チームの欠かせない攻撃のピースとなっているマルティネッリ。ミケル・アルテタ監督は契約延長を喜んだ。 「ガビが長期契約にサインしてくれて本当に嬉しい。我々のサポーターは、彼がユニフォームを着るたびに、そのクオリティとエネルギーを目にすることができる。トレーニングでも毎日同じように、ハードワークとポジティブな価値観を見せている」 「ガビはまだとても若く、まだまだ多くのものを手にするだろうし、一緒にこの旅を歩めることは素晴らしい。我々は今、彼の大きな才能を伸ばし続け、今後数年間アーセナルで活躍する姿が見られるのを楽しみにしている」 2023.02.03 18:37 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly