不屈スパーズが3度のビハインド撥ね返す逆転勝利! ベンタンクールが殊勲の2ゴール《プレミアリーグ》

2022.11.13 02:15 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第16節、トッテナムvsリーズ・ユナイテッドが12日にトッテナム・ホットスパースタジアムで行われ、ホームのトッテナムが4-3で逆転勝利した。

トッテナムは前節、リバプール相手に1-2で惜敗。絶好調のニューカッスルに抜かれて4位に後退した。さらに、直近のEFLカップではノッティンガム・フォレスト相手にほぼ主力を起用しながらも0-2で敗退。厳しい公式戦連敗となった。

カタール・ワールドカップ中断前のラストゲームとなるこの一戦では、4連敗から2連勝と復調気配見せる12位のリーズをホームで迎え撃った。コンテ監督は連敗からのバウンスバックに向けて先発6人を変更。守護神ロリスやベンタンクール、ベン・デイビスを復帰させたほか、リシャルリソンとクルゼフスキを復帰後初スタメンで起用。[3-4-3]の布陣に戻した。
課題のビルドアップで危うさを見せながらも右サイドのエメルソン、クルゼフスキのコンビネーションでチャンスの糸口を掴み始めるトッテナム。しかし、ここ数試合前半の試合運びに大きな問題を抱えるチームはこの試合でも先手を奪われる。

10分、GKメリエの長いボールをハーフウェイライン付近の右サイドでクリステンセンが競り勝って中央に落とすと、ホイビュアと入れ替わったアーロンソンがボックス左に走り込むサマーフィルへラストパス。サマーフィルはDFに寄せられながらもニア下に左足のシュートを流し込んだ。

この失点によってすぐさまギアを入れ替えたトッテナムは、右サイドで質的優位性を作り出すクルゼフスキを起点に決定機を作り出す。13分、クルゼフスキのプルバックに反応したエメルソンのシュートはGKメリエの好守、17分にはリシャルリソンとのパス交換でゴール左まで持ち込んだベン・デイビスからの完璧な折り返しを再びエメルソンがダイレクトで狙うが、今度は枠に飛ばせない。

すると、この直後には1失点目と似たような形からサマーフィルにボックス内に抜け出されるが、ここはGKロリスが完璧な一対一の対応で絶体絶命のピンチを救う。

この守護神のビッグプレーで流れを引き寄せたホームチームは25分、続けて得たCKの流れからボックス内でGKメリエがパンチングで弾いたボールを足元に収めたケインがアダムスを振り切って右足のボレーシュートをゴール左隅へ突き刺した。

エースの同点ゴールで勢いに乗ったコンテのチームは、直後の27分にも相手のビルドアップのミスを誘発し、ボックス内でクルゼフスキがGKと一対一となるが、ここはメリエのファインセーブに阻まれ、電光石火の逆転ゴールには至らない。

前半終盤にかけては球際でのデュエルが強調される激しい展開に。トッテナムはケインとクルゼフスキがボールの収めどころ、配球役として機能し、リシャルリソンも積極的な動き出しでディフェンスラインと駆け引きし、良い形の仕掛けを見せる。

しかし、前半終了間際に2点目を奪ったのはアウェイチーム。43分、左CKの二次攻撃からクーパー、クリステンセンと頭で繋いだボールをディフェンスラインとうまく入れ替わったロドリゴがボックス中央から左足ダイレクトボレーで蹴り込んだ。

1点ビハインドで試合を折り返したトッテナムは、勢いを持って試合に入ると、早々に同点に追いつく。51分、相手陣内右サイドでのエメルソンの素早いスローインでボックス右に抜け出したクルゼフスキがDFをかわしてマイナスの折り返しを供給。ケインのシュートはDFのブロックに遭うが、ペナルティアーク付近でこぼれ球に反応したベン・デイビスの強烈な左足のミドルシュートが、DFに触られながらも勢いを失わずにゴールラインを割った。

追いついて以降はイーブンな展開が続く中、コンテ監督は57分にラングレとエメルソンを下げてダビンソン・サンチェス、ドハーティとバックラインの選手を入れ替えてテコ入れを図る。さらに、68分にはリシャルリソンを下げてビスマを投入し、並びを[3-5-2]の形に変えた。

時間の経過と共に過密日程によるパワーダウンが見え始めるトッテナムに対して、未だ足を残すリーズが押し込む状況が続くと、アウェイチームがこの試合3度目のリードを手にする。76分、中盤でベンタンクールを潰したカウンターから左サイドでロカのパスを受けたロドリゴがボックス左角度のないところから見事な左足シュートを流し込んだ。

この直後にロカを下げてエイリングを投入し、後ろの枚数を増やしたリーズに対して厳しい展開が予想されたホームチームだが、ここから底力を見せる。

まずは81分、ドハーティの右クロスに右のセンターバックのダビンソン・サンチェスがボックス内で競ったこぼれ球がボックス中央のベンタンクールにこぼれると、ウルグアイ代表MFは胸トラップから右足を振り抜くと、DFエイリングの股間を抜けたボールがゴールネットを揺らす。

土壇場で追いついて勢いづくホームチームはこの2分後に試合を引っくり返す。83分、右サイドでダイアー、サンチェス、ケイン、クルゼフスキと流れるようにパスが繋がると、ボックス右に抜け出したスウェーデン代表MFは巧みなボールタッチでDFとGKをつり出してプルバック。これをベンタンクールが左足インサイドで流し込んだ。

前々節のボーンマス戦でもチームを救った勝負強いベンタンクールの2ゴールでこの試合初めてリードを手にしたトッテナム。さらに直後には相手MFアダムスが2枚目のイエローカードをもらって数的優位を手にする。

その後、ペリシッチやケインを起点に冷静に時計を進めて試合をクローズしたコンテのチームが、3度のビハインドを撥ね返す不撓不屈のメンタルを見せて劇的な形で中断前ラストゲームを白星で飾った。

関連ニュース
thumb

8日にロンドン帰還のコンテ監督、週末レスター戦でベンチ復帰の可能性も…

トッテナムのアントニオ・コンテ監督が、今週末のレスター・シティ戦でベンチに復帰できる可能性があるようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 先日に激しい腹痛を訴え、後に胆嚢炎と診断されたコンテ監督は、今月1日にイタリアのトリノで胆嚢の摘出手術を受けた。 これにより、5日に行われたプレミアリーグ第22節のマンチェスター・シティ戦は不在となり、アシスタントコーチを務めるクリスティアン・ステッリーニ氏が代役としてベンチで指揮を執っていた。 通常、胆嚢摘出手術後、通常の活動に戻るには最低2週間を要すると言われているが、術後の経過が良好なイタリア人指揮官は、8日にトリノからロンドンに帰還する予定だという。 『デイリー・メール』によると、コンテ監督は11日のプレミアリーグ第23節のレスター戦に向け、トレーニンググラウンドでチームを指導できるかは不確実なものの、試合当日にベンチに復帰できる可能性は十分にあるとのことだ。 2023.02.08 23:32 Wed
twitterfacebook
thumb

不振ミラン、守護神メニャンの復帰が遅れる… トッテナム戦欠場濃厚

ミランのフランス代表GKマイク・メニャンは14日に行われるチャンピオンズリーグ・ラウンド16・1stレグのトッテナム戦を欠場する可能性が高いようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。 9月の代表合流中にふくらはぎを痛めて以降、欠場が続いているメニャン。一部報道ではトッテナム戦に間に合う可能性も報じられていたが、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば回復が遅れており、復帰は3月にずれ込むのではないかと主張している。 CLノックアウトラウンドのメンバーには登録されなかったものの、回復が間に合えば24時間以内に限りメンバー変更が可能なため、トッテナム戦出場が期待されたメニャン。 不振に喘ぐミランにとって守護神メニャンの不在は大きな痛手となっているが、3月8日に行われる2ndレグには間に合うだろうか。 2023.02.08 22:40 Wed
twitterfacebook
thumb

トッテナムに痛恨、GKロリスがヒザのじん帯損傷で最大8週間の離脱へ…シティ戦で負傷

トッテナムの元フランス代表GKウーゴ・ロリスが、ヒザの重傷を負ったようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 報道によると、ロリスは5日に行われたプレミアリーグ第22節のマンチェスター・シティ戦で負傷したとのこと。90分のフル出場を果たし、チームの1-0勝利に貢献していたが、その代償を負っていたようだ。 『スカイ・スポーツ』によれば、検査の結果ではじん帯を損傷しているとのこと。ただ、手術は必要ないという。 それでも6〜8週間の離脱となると見られており、シーズンの重要な局面で守護神が不在に。また、来週からはチャンピオンズリーグ(CL)も再開し、ミランとの試合が待っている状況だ。 今シーズンのロリスはプレミアリーグで21試合に出場。CLでも6試合に出場している。カタール・ワールドカップ(W杯)でもキャプテンとしてフランス代表を牽引し、準優勝という成績を残していた。 トッテナムは現在5位につけており、トップ4フィニッシュに向けて重要な試合が続く。なお、代役は元イングランド代表GKフレイザー・フォースターに。サウサンプトンから今シーズン加入し、ここまで公式戦4試合に出場していた。 <span class="paragraph-title">【動画】どこかを痛めているような苦い表情を試合中に見せるGKロリス</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">BREAKING: Hugo Lloris is set to miss up to eight weeks after sustaining a knee injury during Tottenham&#39;s 1-0 win over Manchester City <a href="https://t.co/cdQok0O9as">pic.twitter.com/cdQok0O9as</a></p>&mdash; Sky Sports Premier League (@SkySportsPL) <a href="https://twitter.com/SkySportsPL/status/1623292472875941890?ref_src=twsrc%5Etfw">February 8, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.08 21:30 Wed
twitterfacebook
thumb

試合直後に電話で祝福! 偉業達成のケインに療養中のコンテ監督から「君を誇りに思う」

偉業を達成したトッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインに、休養中の指揮官から祝福の電話があったようだ。 5日に行われたプレミアリーグ第22節のマンチェスター・シティ戦で1-0の勝利に導く決勝点を記録したケイン。これでクラブ通算得点数を267ゴールとし、ジミー・グリーブス氏を抜きクラブ歴代最多得点者となった。また、同時にプレミアリーグにおいても200ゴールに到達し、アラン・シアラーとウェイン・ルーニーに続く史上3人目の快挙を達成した。 シティからの金星、エースの2つの偉業達成というサポーターにとっては多幸感極まる一戦に。一方で、アントニオ・コンテ監督は先日発覚した胆嚢炎の摘出手術のため欠席。チームの大勝利をその場で祝えなかった。 だが、試合後にロッカールームに戻ったケインに一本の電話。他でもないコンテ監督からのもので、「君を誇りに思う」と祝福のメッセージが告げられたという。指揮官はまた、術後の容態も安定し、体調に問題がないことを報告。チームとともに勝利を喜んだ。 2023.02.06 16:10 Mon
twitterfacebook
thumb

G・ネビル氏がシティの戦い方を批判「誰もハーランドの動きを見ていない」

元イングランド代表のギャリー・ネビル氏が、トッテナムに敗れたマンチェスター・シティの戦術を批判している。イギリス『サン』がコメントを伝えた。 5日にプレミアリーグ第22節でトッテナムと対戦したシティ。同節で首位のアーセナルがエバートンに敗れたため、勝ち点差を詰める絶好の機会だったが、相手の堅い守備と精度の高いカウンターに悪戦苦闘し、なかなか得点のチャンスも作ることができない。 そんな中、15分にトッテナムのハイプレスに捕まり、ハリー・ケインに先制点を奪われることに。同クラブの最多得点記録を更新するメモリアルゴールとなり、トッテナム・ホットスパー・スタジアムのサポーターは熱狂の渦に包まれた。 シティはというと、ここまで25得点をマークする頼みのアーリング・ハーランドが沈黙。エースのシュートは0本に抑えられ、一度もネットを揺らせないまま1-0の敗戦を喫した。 G・ネビル氏は、ノルウェー代表FWが無得点に終わったのはチームの戦い方が原因だと主張。ハーランドのフリーランがいくつも無駄になっていたとの印象を語っている。 「ハーランドは常に走っている。あとはボールが来るだけなのに、シティの選手たちはそうしようとしない。彼が無視されるランニングの数は信じられないほどだ」 元シティのマイカー・リチャーズ氏もまた、「誰もハーランドの動きを見ていない。何度も何度も走っているのに」と、ネビル氏に同意見。さらに、辛口のジェイミー・キャラガー氏に至っては「選ぶクラブを間違えたかもしれない」と酷評している。 とはいえ、この日はトッテナムの守備が見事だったことも事実。今のところはあまり悲観するほどでもなさそうだが。 2023.02.06 13:40 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly