【CLグループH総括】PSG順当突破も不振ユーベが早期敗退

2022.11.04 18:31 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマンとユベントスを中心に展開されると思われたグループだったが、ユベントスの不振が際立つ結果となった。昨季ベスト8のベンフィカが2季連続のベスト16進出、ユベントスは9季ぶりにグループステージ敗退の屈辱を味わう形となった。

■順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.ベンフィカ[14/4/2/0/9]
2.パリ・サンジェルマン[14/4/2/0/9]
3.ユベントス[3/1/0/5/-4]
4.マッカビ・ハイファ[3/1/0/5/-14]

◆ユベントス粉砕、PSGとは互角~ベンフィカ~
Getty Images

主砲FWヌニェスが抜けたベンフィカだったが、チーム力は落ちていなかった。PSGとは互角に戦い、ユベントスに至っては2戦とも快勝と完膚なきまでに叩きのめした格好だ。ワールドカップに向けたポルトガル代表に選出のMFジョアン・マリオ、DFアントニオ・シウバ、FWゴンサロ・ラモスの3選手に加え、チームの顔であるMFラファ・シウバらがしっかりと仕事を果たし、知将シュミット新監督の下、好チームに仕上がっていた。最終節ではマッカビ・ハイファに怒涛の6ゴールを叩き込み、PSGとのアウェイゴール総数差で大逆転での首位通過を決めた。
◆MNMの破壊力~パリ・サンジェルマン~
Getty Images

ガルティエ体制となったPSGは初戦のユベントス戦を制してこのグループの主導権を握った。序盤は3バックシステムがハマらず内容的には芳しくない試合が続いたものの、FWムバッペ、FWメッシ、FWネイマールの前線3人が絡んだ際のイマジネーションは唯一無二で破壊的な攻撃力を誇った。それでもグループステージで躓くような失態は犯さず、1試合を残して順当に決勝トーナメント進出を決めた辺りは流石だった。また、第5節から[4-3-1-2]に移行して以降は攻守にバランスが取れ始めており、決勝トーナメントが始まる2月にはチーム力を上げていきそうな予感だ。

◆失望の結果~ユベントス~
Getty Images

アッレグリ体制2季目で昨季からの上積みが期待されたユベントスだったが、失望の結果となった。今季の目玉だったMFポグバの負傷離脱が痛かったことは事実だが、それを差し引いても散々な内容、結果となった。常に相手の出方を窺っての後手後手の戦いぶりでチームとしての限界があった。かつての強固な守備は見る影もないため、好き勝手にやられてしまった。鬼門となっていたベスト16に辿り着くことすらできず、1試合を残しての早期敗退という屈辱の結果に終わった。

◆不振ユーベから金星~マッカビ・ハイファ~
Getty Images

勝ち点1でも得られれば健闘と思われたマッカビ・ハイファだったが、ユベントスから金星を挙げるインパクトを残した。PSGとのホーム戦でも好勝負を演じ、ワールドクラスの選手が不在の中でよく戦った見せた。イスラエル王者に恥じない戦いぶりだった。

関連ニュース
thumb

ホッフェンハイムが元米代表DFブルックス獲得! 昨夏ベンフィカ加入もわずか半年でドイツ帰還

ホッフェンハイムは26日、ベンフィカから元アメリカ代表DFジョン・アンソニー・ブルックス(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「23」に決定。契約期間は2024年6月30日までの1年半となる。 アメリカ人の両親の元、ベルリンで生まれたブルックスは、ヘルタ・ベルリンでプロキャリアをスタート。その後、2017年に加入したヴォルフスブルクでは5シーズンに渡ってプレーし、公式戦146試合に出場し、8ゴールを記録。193cmの恵まれたサイズと屈強なフィジカルを武器に、3バックと4バックを併用するチームのバックラインを支えていた。 カタール・ワールドカップのメンバー入りはならずも、アメリカ代表として45キャップを誇る29歳DFは、昨夏にベンフィカへフリートランスファーで加入。だが、ここまで公式戦5試合の出場にとどまり、わずか半年でのドイツ帰還を選択した。 2023.01.26 23:52 Thu
twitterfacebook
thumb

ベンフィカがまさかの好待遇…! 今冬残留のエンソ・フェルナンデスに3億円の“包み金”?

ベンフィカがアルゼンチン代表MFエンソ・フェルナンデスに対して、破天荒な好待遇を準備しているようだ。ポルトガル『レコルド』が報じている。 先のカタール・ワールドカップでアルゼンチン代表の優勝に貢献したそのパフォーマンスが高い評価を集めたエンソ・フェルナンデス。レアル・マドリーやリバプールなどビッグクラブが関心を示すようになり、一躍に移籍市場の目玉選手に躍り出ると、最近ではチェルシー行きがもっぱらの噂となっている。 今冬のチェルシーは大枚を叩いて夏に続く大型補強を実施。フェルナンデス同様に注目度の高かったシャフタールのミハイロ・ムドリクを最大総額1億ユーロの移籍金で獲得するなど、新オーナー陣が底知れない資金力の高さを見せつける格好となった。 アルゼンチン代表MFに向けても大金を用意していたが、さすがに1億2000万ユーロの契約解除金は用意できず、選手譲渡などあらゆる手を尽くしてもベンフィカを納得させることは不可能だった。 冬の移籍期間も残り1週間を切り、世界が注目した22歳の去就はベンフィカ残留が濃厚に。すると、クラブはさぞ満足したのだろうか、その補償金として200万ユーロ(約2億8300万円)をフェルナンデスに手渡す前代未聞の厚遇を決断したようだ。 同選手の移籍に関してはロジャー・シュミット監督は初期段階で非売品であることを明確にし、しつこくオファーを持ちかけるチェルシーに対しては「無礼」と断言していたが、その熱意を行動で示す形となった。 2023.01.26 19:10 Thu
twitterfacebook
thumb

神戸が狙っていたGKウーゴ・ソウザからベンフィカが撤退…ピッチ外の問題がネックに

ヴィッセル神戸が獲得を目指していたとされているフラメンゴのブラジル代表GKウーゴ・ソウザ(23)だが、噂されたベンフィカへの移籍も無くなったようだ。ブラジル『Torcedores』が伝えた。 ブラジル代表歴もあるウーゴ・ソウザはフラメンゴの下部組織育ちで、2019年9月にファーストチームに昇格。ここまでカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで46試合に出場し11試合でクリーンシートを達成。コパ・リベルタドーレスでも5試合に出場していた。 神戸が獲得のオファーを出し、50%の保有権に対して130万ドル(約1億7000万円)を支払い、3年契約を提示し合意したとされていたが、一転して家族の問題で日本行きを拒否していた。 そのウーゴ・ソウザにはベンフィカが獲得に乗り出し、本人も希望していたヨーロッパでのプレーが叶うことになると思われていた。 しかし、現在は彼を欲しがるクラブは存在しないとのこと。ベンフィカが獲得を見送った理由にはウーゴ・ソウザが抱える問題があるという。 『Torcedores』はフラメンゴの関係者のコメントとしてウーゴ・ソウザの問題点を紹介。「彼をチームに入れることはリスクになる」と語った人物は、「ピッチ外のことを優先してきた」、「グループ内でポジションを争う意欲をほとんど見せない」と指摘している。 神戸との契約も合意しながら家族の問題でブラジル残留に翻意。これはフラメンゴの幹部を怒らせたともいう。 また、フラメンゴも彼を戦力として考えていないとのこと。チームには留まらせるものの、ポジションを与える気はないようだ。 ウーゴ・ソウザは2025年12月までフラメンゴとの契約を残しており、移籍金は7000万ユーロ(約100億円)とのこと。この移籍金もかなりネックになっているとされている。 <span class="paragraph-title">【動画】GKウーゴ・ソウザのパフォーマンス集</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="oNuqPqjpv00";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.24 16:40 Tue
twitterfacebook
thumb

今季すでに570億円を投じているチェルシー、W杯最優秀若手のエンソ・フェルナンデスを諦めず…170億円一括払いが獲得条件

今冬の移籍市場で大金を投じて補強を繰り返しているチェルシー。すでに6選手を獲得しているなか、本命の獲得をまだ諦めていないようだ。ポルトガル『レコルド』が伝えた。 チェルシーが今冬のターゲットとしていたのはベンフィカに所属するアルゼンチン代表MFエンソ・フェルナンデス(22)。ベンフィカで主軸を担っている中、昨年9月にアルゼンチン代表デビュー。すると、カタール・ワールドカップ(W杯)では全7試合に出場し、チームの36年ぶり3度目の優勝に大きく貢献。最優秀若手選手賞を受賞していた。 W杯の活躍もありビッグクラブが獲得に動いた中、チェルシーもそのうちの1つに。リスボンを訪れベンフィカと交渉していたが、1億2700万ユーロ(約180億2000万円)を分割払いするオファーを提示。エンソ・フェルナンデスには1億2000万ユーロ(約170億2000万円)の契約解除条項が存在しているため、オファー額は上回っているものの、マヌエル・ルイ・コスタ会長は現金で受け取ることしか求めていなかった。 するとチェルシーは、その後にオファー内容を変更し、9000万ユーロ(約127億7000万円)に加えて、モロッコ代表MFハキム・ツィエクの完全移籍、さらにFWダビド・ダトロ・フォファナ(20)、MFアンドレイ・サントス(18)のレンタル移籍を提案したという。 当然オファーの内容が下がっているためベンフィカは拒否。また、チェルシーはプレミアリーグへの移籍を望むエンソ・フェルナンデスとの口頭合意に向けて動いたことでベンフィカの怒りを買うことに。ロジャー・シュミット監督も「ベンフィカや我々全員に対する敬意を欠いている。彼らのやっていることは受け入れられない。彼らは選手を狂わせている」と語り、チェルシーの態度に怒りを示していた。 破談に終わり、移籍はないと見られていた中、やはりチェルシーは諦めきれない様子。今シーズンからオーナーがロマン・アブラモビッチ氏からトッド・ベーリー氏に交代したチェルシーだが、豊富な資金をすでに市場に投下している。 夏にはDFヴェスレイ・フォファナ(8000万ユーロ/約113億4000万円)、FWラヒーム・スターリング(5600万ユーロ/約79億4000万円)、DFマルク・ククレジャ(6500万ユーロ/約92億2000万円)などを獲得し、冬にもFWミハイロ・ムドリク(7000万ユーロ/約100億円)、FWジョアン・フェリックス(レンタル料1100万ユーロ/約15億6000万円)などを補強。2度の移籍市場ですでに4億ユーロ(約567億円)以上を投じているが、それでもエンソ・フェルナンデスを狙うようだ。 チームの成績は10位と中位に位置しており、トップ4入りは厳しい道のりに。エンソ・フェルナンデスを獲得するには投資額が700億円を超えてくるが、残り1週間で更なる補強にこじつけるのか注目だ。 2023.01.24 10:55 Tue
twitterfacebook
thumb

【プリメイラ・リーガ日本人選手】守田復帰のスポルティングがリーグ戦3試合ぶりの白星!

2022-23シーズンのプリメイラ・リーガ第17節が週末に行われた。 今シーズンのプリメイラ・リーガでは、スポルティングCPへ移籍したMF守田英正やジル・ヴィセンテで飛躍を遂げたMF藤本寛也らに加え、昨夏にはヴィトーリア・ギマランエスにDF小川諒也、ボアヴィスタにMF渡井理己、カーザ・ピアにFW邦本宜裕と新たに3人が参戦。また、今冬にはサンタ・クララにMF三竿健斗、カーザ・ピアにMF相馬勇紀が加入している。 守田が4試合ぶりにベンチ入りしたスポルティングは、8位ヴィゼラとホームで対戦。スポルティングはゴールレスで迎えた後半にエドワーズを下げて守田を投入。 するとスポルティングは、59分に試合を動かす。ボックス左深くまで侵入したマテウス・レイスのクロスをファーサイドのポロが折り返し、最後はゴンサウヴェスが流し込んだ。 その後、アレックス・メンデスのゴールで追いつかれたスポルティングだったが、試合終了間際に獲得したPKをポロが決め、リーグ戦3試合ぶりの勝利を飾った。 ★守田英正[スポルティングCP] ▽1/20 スポルティングCP 2-1 ヴィゼラ ◆後半からプレー ★小久保玲央ブライアン[ベンフィカ] ▽1/21 サンタクララ 0-3 ベンフィカ ◆ベンチ入りせず ★藤本寛也[ジル・ヴィセンテ] ▽1/26 カーザ・ピア 1-3 ジル・ヴィセンテ ◆93分までプレー ★小川諒也[ギマランエス] ▽1/21 ギマランエス 0-1 ポルト ◆ベンチ入りせず ★田川亨介[サンタ・クララ] ▽1/21 サンタクララ 0-3 ベンフィカ ◆65分からプレー ★三竿健斗[サンタ・クララ] ▽1/21 サンタクララ 0-3 ベンフィカ ◆65分までプレー ★渡井理己[ボアヴィスタ] ▽1/23 ブラガ vs ボアヴィスタ ★中村航輔[ポルティモネンセ] ▽1/20 アロウカ 4-0 ポルティモネンセ ◆フル出場 ★邦本宜裕[カーザ・ピア] ▽1/26 カーザ・ピア 1-3 ジル・ヴィセンテ ◆60分までプレー ★相馬勇紀[カーザ・ピア] ▽1/26 カーザ・ピア 1-3 ジル・ヴィセンテ ◆60分からプレー 2023.01.23 07:15 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly