Jリーグが東京Vの通訳に「けん責」処分、インドネシア代表DFアルハンの出場をSNSで漏洩

2022.10.06 18:01 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
Jリーグは6日、東京ヴェルディのインドネシア語通訳への処分を発表した。

問題が起きたのは7月。明治安田生命J2リーグ第25節の栃木SC戦の前にインドネシア代表DFプラタマ・アルハンの通訳が試合メンバーに選ばれたことをSNSで投稿していた。

これは情報漏洩にあたり、クラブはけん責処分を下していた。
Jリーグは6日に処分を発表。けん責処分とすることとした。

Jリーグによると、懲罰の理由について「担当通訳は、同クラブにおいてアルハン選手の通訳を務めていることからJリーグ規約第3条〔遵守事項〕に定めている「Jリーグ関係者」に該当するとともに、試合前日時点の出場メンバーはクラブの関係者のみ知る内部事情であることから、本件行為はJリーグ規約第3条第7項に定める「Jリーグ関係者は、職務の遂行を通じて知り得た協会、Jリーグ、Jクラブその他のJリーグ関係者に関連する一切の秘密または内部事情を、第三者に開示または漏えいしてはならない。」に違反するものである」と、情報漏洩であるとした。

また、「クラブは、本件行為の重大性を鑑みて担当通訳に対して独自に処分(けん責)を科しているが、本件行為のような出場メンバーの事前漏えいは、例え本人に悪意がなくとも八百長や違法賭博への関与を疑われかねず、スポーツ・インテグリティを脅かしうる事案であることから、再発防止を徹底すべくJリーグからも担当通訳へけん責を科すこととする」とし、処分の理由を説明した。

関連ニュース
thumb

東京VがGKマテウス、MFバスケス・バイロン、DF加藤蓮と契約更新

東京ヴェルディは1日、GKマテウス(29)、MFバスケス・バイロン(22)、DF加藤蓮(22)との契約更新を発表した。 マテウスはブラジル出身で、2020年にフィゲイレンセから東京Vに加入した。ブラジル代表に招集されたこともある守護神は、2シーズンでレギュラーとしてプレー。今シーズンもケガによりシーズン当初は出番がなかったが、J2で20試合に出場、天皇杯でも3試合プレーした。なお、今年は日本代表との試合に臨んだブラジル代表にトレーニングメンバーとしても呼ばれていた。 バスケス・バイロンはいわきFCから今シーズン加入。J2で28試合に出場し4得点を記録。天皇杯でも3試合に出場した。 加藤は北海道コンサドーレ札幌の下部組織育ちで、明治大学を経て、今シーズン入団。J2で30試合、天皇杯で1試合に出場した。 3選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆GKマテウス 「来年もこのクラブでプレーできることをとても光栄に思います。これまで以上に集中し、最終的な目標を明確にして臨むことができる事をとてもうれしく思っています。来年は自分たちの年にできるよう精一杯頑張ります」 ◆MFバスケス・バイロン 「東京ヴェルディに関わるみなさん、2022年は熱い応援本当にありがとうございました。今年は初めてのJリーグで楽な試合は1試合もなくて、J2の厳しさを知れました。それと共に、もっと成長できる、もっと結果を残せると感じる事もできました。チームから離れてしまう選手、加入する選手、残る選手とそれぞれいますが、2023年シーズンはJ1昇格に向けて全員でより明確な目標を持って、1試合1試合を熱く闘います」 「来年も緑のユニフォームに袖を通してプレー出来ることにもうワクワクしてます。感謝の気持ち、楽しむ気持ちを忘れず、ピッチでチームを引っ張れるよう努力します。来年も応援宜しくお願いします」 ◆DF加藤蓮 「来年もヴェルディで戦えることを大変嬉しく思います。ヴェルディの勝利のために全力で戦います。来年こそはJ1昇格という目標を全員で達成しましょう!来シーズンも応援よろしくお願いします!」 2022.12.01 13:22 Thu
twitterfacebook
thumb

J3愛媛が東京VのDF山口竜弥を完全移籍で獲得「必ずJ2に昇格します」

愛媛FCは1日、東京ヴェルディからDF山口竜弥(22)を完全移籍で獲得することを発表した。 山口は東海大学付属相模高校から0218年にガンバ大阪に入団。2021年から東京Vでプレーしていた。 東京Vでは、1年目にJ2で15試合、天皇杯で1試合に出場。今シーズンはJ2で4試合、天皇杯で2試合の出場に終わっていた。 山口は両クラブを通じてコメントしている ◆愛媛FC 「東京ヴェルディから移籍してきました。山口竜弥です。覚悟と決意を持ってこのクラブに来ました。必ずJ2に昇格します。よろしくお願いします」 ◆東京ヴェルディ 「ヴェルディを退団することになりました。ヴェルディのファン・サポーターの皆様にはいかなる時でも温かい声をかけ続けて頂きました。そういった期待や声援にまったく応えることができず、悔しくて不甲斐ないです。本当に申し訳ありませんでした」 「それでも自分にとっては二年間とても大きな支えになってました。本当にありがとうございました」 「ヴェルディファミリーの一員としてJ1昇格を分かち合いたかったです。チームは変わりますが、東京ヴェルディの昇格を心から願い、信じています。今まで沢山のご声援本当にありがとうございました」 2022.12.01 10:10 Thu
twitterfacebook
thumb

松本DF田中隼磨が40歳で現役引退…地元クラブでの幕引きを「とても嬉しく、そして誇りに」

松本山雅FCは17日、DF田中隼磨(40)の現役引退を発表した。20日に予定する明治安田生命J3リーグ最終節のSC相模原戦後にセレモニーが執り行われる。 田中は横浜F・マリノスユース出身で、2001年にトップチーム昇格した翌シーズン途中から東京ヴェルディで修行。2004年から横浜FMに戻り、2006年に日本代表入りを果たしたりと主力に定着した。 その後、2009年に名古屋グランパスに移ってJ1優勝を経験すると、2014年からは地元クラブの松本に。2018年のJ1昇格にも貢献したが、9年目の今季はここまで公式戦での出場がなかった。 Jリーグ通算では569試合に出場。田中はクラブを通じて「皆様には突然のご報告になりますが、今シーズンをもちまして松本山雅FCで現役引退することを決断いたしました」とスパイクを脱ぐ決断を報告。また、これまでを振り返りつつ、コメントを締めた。 「サッカーをはじめてから今日まで、またプロキャリアをスタートして23年間の長きに渡り、横浜フリューゲルス、横浜F・マリノス、東京ヴェルディ1969、名古屋グランパス、Jリーグ、日本サッカー協会をはじめ、さまざまな形で私のことを支えていただいたサッカー関係者の皆様、一緒に困難を乗り越えてきたチームメイト、そしてどんなときでも応援してくれたファン・サポーターの皆様、本当にありがとうございました」 「生まれ育った街のクラブ 松本山雅FCでサッカー選手として引退できることを、とても嬉しく、そして誇りに思えます。11月20日最終戦にピッチに立つ姿を見せることが、共に戦ってきたファン・サポーターの皆様をはじめこれまで支えてくださった多くの皆さんに向けて、選手としてできる最後の恩返しであり、感謝を伝えられる形になるだろうと思っています。プロサッカー選手として残りの4日間を悔いなく全うしたいと思います。田中隼磨 3 “絆”」 2022.11.17 10:59 Thu
twitterfacebook
thumb

元日本代表MF二川孝広が42歳で現役生活に幕…黄金期G大阪の10番

日本フットボールリーグ(JFL)のFCティアモ枚方は16日、元日本代表MF二川孝広(42)の現役引退を発表した。 ガンバ大阪のアカデミー育ちで、プロ5年目からチームの10番として、数々のタイトルとともに黄金時代の軸を担った二川。168cmのサイズだったが、一線を画すサッカーセンスを武器にパスで違いとなり、2006年に日本代表初招集を受けた。 G大阪での17年半を経て、2016年夏から東京ヴェルディに移り、2018年に栃木SCに。2019年からFCティアモ枚方に活躍の場を求め、4年間を過ごしたが、今年をもって現役を退く決断をした。 G大阪時代に現ジュビロ磐田の元日本代表MF遠藤保仁らとともに黄金の中盤を形成したファンタジスタはクラブを通じて、別れの挨拶をしている。 「今シーズンで現役生活を引退する決断をしました。この歳までサッカーを続ける事ができ幸せでした。サッカーを通して沢山の経験ができ、成長できたかなと思ってます。これまでお世話になった沢山の人達に感謝しています。ありがとうございました。そしてファン、サポーターの方々、これまでの沢山の応援ありがとうございました」 2022.11.16 13:05 Wed
twitterfacebook
thumb

欧州遠征のU-21日本代表、東京VのFW染野唯月を追加招集

日本サッカー協会(JFA)は14日、東京ヴェルディのFW染野唯月をU-21日本代表に追加招集した。 前回の9月に続いて欧州遠征に臨むU-21日本代表だが、柏レイソルFW細谷真大がコンディション不良で途中離脱。これを受け、染野を代替招集した。 今回の欧州遠征ではU-21スペイン代表(18日/ポルトガル)、U-21ポルトガル代表(22日/スペイン)と対戦する。 2022.11.14 22:16 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly