R・ジェームズ1G1Aのチェルシーが強豪対決に完勝で初勝利! 満身創痍ミランは初黒星…《CL》

2022.10.06 06:14 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)のグループE第3節、チェルシーvsミランが5日にスタンフォード・ブリッジで行われ、ホームのチェルシーが3-0で勝利した。

ポッター新体制となったレッドブル・ザルツブルク戦を1-1のドローで終え、1敗1分けのグループ最下位に低迷するチェルシー。インターナショナルマッチウィーク明け初戦となったクリスタル・パレス戦を2-1の逆転で飾り、新体制初白星を手にしたチームは、グループ最大のライバルを相手にグループリーグ初白星を目指した。パレス戦からはジョルジーニョとハヴァーツに代えてクリバリ、ロフタス=チークを起用。システムを[4-4-2]から[3-4-2-1]に変更し、前線はスターリング、オーバメヤン、マウントが並んだ。

対するミランはここまで1勝1分けの無敗でグループ首位に立つ。また、直近のリーグ戦ではエンポリ相手に思わぬ苦戦も、後半アディショナルタイムの劇的ゴールで3-1と勝ち切った。今週末にユベントスとのビッグマッチを控える中、ピオリ監督は先発3人を変更。負傷のケアーとカラブリア、サーレマーケルスに代えてカルルとデスト、クルニッチを起用し、ブリッジ凱旋のジルーとトモリも引き続きスタメンを担った。
注目の強豪対決はアウェイのミランが良い入りを見せたが、最初の決定機はホームのチェルシーに訪れる。5分、相手のゴールキックを撥ね返してコバチッチから最前線のオーバメヤンに鋭い縦パスが入ると、ボックス手前左で短い落としに反応したマウントが右足を一閃。このシュートが枠の右下隅を捉えるが、GKタタルサヌの好守にはじき出される。

いきなりのピンチを凌いだミランは、メガクラブ注目のレオンが左サイドからのカットインでボックス内に侵入するシーンを作ると、トナーリやデ・ケテラエルら若手選手が球際の勝負で臆せず戦い、相手のプレスを剥がしてのカウンターから良い仕掛けも見せる。

立ち上がりの攻防以降は互いにマイボール時にストレスを感じる場面が目立ち、試合が膠着し始める。だが、徐々に強度の高い守備でリズムを掴み始めたホームチームが先にゴールをこじ開ける。

24分、左右のCKでチアゴ・シウバが完全に制空権を握った中で続けて決定機を作ると、3度目のフリーのヘディングシュートをGKタタルサヌが前に弾いた場面でゴール前の混戦からロフタス=チークがかき出しかけたボールをフォファナが冷静に右隅へ蹴り込み、値千金の加入後初ゴールとした。

幸先よく先制に成功したチェルシーは、以降も中盤でうまく守備の網を張りながら前向きな選手がボールホルダーに襲い掛かり、カウンターから追加点に迫っていく。とりわけ、右サイドでの守備が嵌ってスターリングやジェームズを起点とした攻めが目立つ。29分にはジェームズの折り返しからマウントのダイレクトシュート、33分にはオーバメヤンのラストパスに抜け出したマウントが技ありのループシュートでゴールネットを揺らすが、ここはオフサイドの判定となった。

その後、先制点を決めたフォファナが右ヒザを痛めてチャロバーのスクランブル投入を余儀なくされた前半終盤はミランが盛り返す。前半途中から苦しんだボールの循環にやや改善が見受けられた中、終了間際にはレオンがDF4枚をぶち抜く圧巻の個人技でボックス内に侵入し、デ・ケテラエル、クルニッチにボックス内で連続シュートチャンスが訪れるが、ここはGKケパの好守とDFのブロックに阻まれ、同点のチャンスを逃した。

迎えた後半、互いにハーフタイムに修正を施した中で試合の流れがホームチームに大きく傾く。前半同様に強度の高い守備に加え、サイドを起点とした攻撃が機能するチェルシーは畳みかける攻めでミランを一気に突き放した。

まずは56分、左サイド深くでチルウェルが上げたクロスがファーへ流れると、逆サイドでこぼれを回収したジェームズが低くて速いクロスをGKとディフェンスラインの間に供給。これをゴール前のオーバメヤンが冷静にワンタッチで合わせる。

さらに、62分にはミランのビルドアップのミスを突いてショートカウンターに転じると、一度はDFに引っかけられるが、こぼれ球を繋いでペナルティアーク付近のスターリングからボックス右に走り込むジェームズに絶妙なタイミングでラストパスが通る。ここでイングランド代表DFは折り返しを匂わせながらニア上に強烈な右足のシュートを叩き込んだ。

ジェームズの1ゴール1アシストの活躍でリードを3点に広げたチェルシーは、ここからゲームコントロール優先の戦い方にシフト。今後の過密日程を睨んでオーバメヤンやコバチッチら前線の選手を下げてギャラガーやハヴァーツらをピッチへ送り込んでいく。

一方、後半に入って全く攻撃の形を見いだせないミランは、3失点目後にガッビアの投入で相手と同じ3バックに変更。だが、レオンの個での打開意外に攻め手がなく時間だけが過ぎていく。すると、ピオリ監督は70分過ぎにはそのレオンやジルー、ベナセルと主力を下げてオリジら控え選手を投入。敗戦を受け入れつつ、週末のユベントス戦を睨んだ戦い方にシフトした。

この両指揮官の采配もあって試合終盤は主導権を握るホームチームが、危なげなく時計を進めて3-0のまま試合をクローズ。この結果、満身創痍のミランにホームで完勝のチェルシーがグループリーグ3戦目にして待望の初勝利。混戦のグループにおいて2位に浮上している。

関連ニュース
thumb

アスピリクエタがチェルシー愛を語る「さらに長い年月をロンドンで」

スペイン代表DFセサル・アスピリクエタがチェルシー愛を語った。 カタール・ワールドカップ(W杯)に参戦中のアスピリクエタ。グループE最終節の日本代表戦ではFWアルバロ・モラタの先制点を絶妙クロスでアシストした。6日にはベスト8を懸け、決勝トーナメント1回戦でモロッコ代表と対戦する。 所属するチェルシーでは長らく主将の大役を担うも、今夏はバルセロナへの移籍が話題に。モロッコ戦を控えるなか、スペイン『ムンド・デポルティボ』のインタビューに応じ、バルセロナ移籍が実現する可能性はあったと認めつつ、チェルシーとロンドンへの愛が勝ったと語る。 「最終的にチェルシーとの契約を更新するという決断を下したが、これはフットボールの世界においては自然的なことであり、僕自身の頭の中はいつでもクリアだよ」 「ここは僕の家。子どもはロンドンで生まれ、スペイン語よりも英語の方が上手なんだ。望まない形で家を去るなんてできないよ。それを行動(契約更新)で示した格好かな」 また、自身の契約更新とほぼ同じタイミングでチェルシーにやってきた新オーナー、トッド・ベーリー氏の下でも長くプレーしたいと口にした。 「最初はどんな人が来るのかさっぱりだったけど、新たなプロジェクトのために僕のことも頼りにしてくれている。ロンドンで冒険を続けるべきだと悟ったよ。ここでさらに長い年月を過ごせるよう願っている」 2022.12.05 19:29 Mon
twitterfacebook
thumb

プリシッチはニューカッスルへGO! 元イングランド代表GKが提案「エディ・ハウなら…」

元イングランド代表GKポール・ロビンソン氏が、アメリカ代表FWクリスチャン・プリシッチ(24)にニューカッスル行きをオススメした。 プリシッチは現在、カタール・ワールドカップ(W杯)に参戦中。アメリカ代表は3日の決勝トーナメント1回戦でオランダ代表に敗れて敗退となってしまったが、自身はグループステージでチームを勝利に導くゴールを挙げるなど、改めてその能力を世界にアピールした。 一方、所属するチェルシーでは加入以来、なかなか定位置を確保できず、今夏も退団が噂に。来年1月に向けてはマンチェスター・ユナイテッドやアーセナル、ニューカッスルなどが獲得に動いているとされ、その去就に小さくない注目が集まっている。 そんななか、現役時代に2006年のドイツW杯を経験したP・ロビンソン氏は、イギリス『Football Insider』でプリシッチに最適なクラブとしてニューカッスルを提案。理由として指揮官の存在を挙げた。 「W杯のプリシッチには感銘を受けた。やはり、少しばかり遊びの心を持たせた方が輝くタイプだね。チェルシーでは上手くいかない日々が続くが、活かす戦術プランがありさえすれば、どこにいてもトッププレーヤーとして君臨する」 「ニューカッスルがベストな選択肢のはず。エディ・ハウ(監督)ならプレーヤーの最大限の能力を引き出してくれるよ。 彼は個々へのマネジメントが素晴らしいんだ。プリシッチにはピッタリだと思うよ」 2022.12.04 17:07 Sun
twitterfacebook
thumb

マドリー、クロアチア代表CBグヴァルディオルに関心? 日本戦はスタメン確実

レアル・マドリーが、RBライプツィヒのクロアチア代表DFヨシュコ・グヴァルディオル(20)への関心を強めているようだ。スペイン『Fichajes』が報じている。 5日にカタール・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦の日本代表戦を控えるグヴァルディオルは、グループステージで全3試合にフル出場し、日本戦もスタメンが確実。今夏にはチェルシー行きが噂された20歳のセンターバックだ。 所属するライプツィヒでは昨夏の加入から即座に定位置を掴み、今年9月に契約を2027年6月まで延長も、W杯の活躍で再びチェルシー行きが再燃し、つい先日には「将来のことはわからない」と発言。ついに欧州王者マドリーも無関心を装えなくなったようだ。 『Fichajes』は、ライプツィヒの同僚、フランス代表FWクリストファー・エンクンク(25)が来夏のチェルシー移籍を確実なものとしている一方、グヴァルディオルの去就は宙に浮いたままと説明。マドリーは来夏の獲得に本腰を入れる見込みとされている。 2022.12.04 15:26 Sun
twitterfacebook
thumb

チェルシーと紐づく去就に「いずれわかるはず」 渦中のグヴァルディオルが開口

RBライプツィヒのクロアチア代表DFヨシュコ・グヴァルディオル(20)がチェルシー行きの噂に口を開いた。 グヴァルディオルは母国の名門ディナモ・ザグレブから昨夏にライプツィヒ入りしたセンターバック。初の海外移籍だったが、公式戦46試合でピッチに立って今季も主力を張り、現在はカタール・ワールドカップ(W杯)の戦いに身を投じる。 今夏にトッテナムらの関心が囁かれたなか、チェルシーの本腰報道も熱を帯び、プレミアリーグ勢の人気銘柄に。そんな矢先の今年9月にライプツィヒとの契約を2027年6月まで延長したが、チェルシーの継続的な関心が取り沙汰される。 クロアチアのベスト16進出に貢献して、不屈の戦いぶりで反響を呼ぶ5日の日本代表戦に向かうグヴァルディオルだが、イギリス『The Athletic』でチェルシーと紐づく去就を問われると、決まり事なしと返したようだ。 「わからないよ。ここ数カ月の出来事は把握している。でも、正直に言って、まったくわからないんだ。僕の代理人がこのことに対応してくれているし、いずれわかるはず。今はライプツィヒで幸せさ。どうなるかは誰にもわからないけどね」 「もちろん、(チェルシーは)ビッグクラブだし、いつの日か僕もそこにいるかもしれない。そうなれば本当に素晴らしいし、(代表でチームメイトのマテオ・)コバチッチがいるからなおさらね。わからないけど、彼とはよく話をするんだ」 「今の僕からは話せるのはライプツィヒで幸せで、ここにとどまって、彼らのためにプレーするということだけさ」 2022.12.03 09:25 Sat
twitterfacebook
thumb

ベナセル、ミランとの契約延長交渉不調の場合はプレミア行きか

ミランのアルジェリア代表MFイスマエル・ベナセル(25)にプレミアリーグ行きの可能性があるようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 ミランとの契約が2024年6月に切れるベナセル。ミランとの契約延長を最優先としているものの、チームメートのDFテオ・エルナンデスが受け取っている500万ユーロの年俸を希望しているとのこと。 仮にミランとの交渉が不調に終わった場合はチェルシーとアーセナルがベナセルの獲得に関心を持っているようでプレミアリーグ行きの可能性があるようだ。 現状では両クラブとも関心を持っているレベルにとどまっているが、ミランとの交渉が進展しなければベナセル獲得へ本腰を入れる可能性があり、去就に注目が集まる。 2022.12.02 23:45 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly