【CLグループ第3節プレビュー①】バイエルン追うインテルとバルサが激突

2022.10.04 18:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ第3節が4日と5日に開催される。ここでは第3節1日目となるグループA~Dの戦いを展望していく。

◆3連勝目指すナポリがアヤックスと対戦~グループA~
Getty Images

グループAでは前節、ナポリがレンジャーズを下して2連勝スタート、リバプールがアヤックスに競り勝って初勝利とした。迎える第3節、ナポリが3連勝を懸けてアヤックスと敵地で対戦する。

ナポリは前節、10人となったレンジャーズ相手に後半の3発で勝利。PKを失敗してひやりとするシーンもあったが、しっかりと勝ち切った。セリエAでも好調を維持し、首位をキープ。飛ぶ鳥を落とす勢いのMFクワラツヘリアの活躍に引き続き注目が集まる中、アヤックスとの連戦を乗り切ってグループステージ突破への足がかりとしたい。
対するアヤックスは前節、敵地でのリバプール戦を惜敗。終盤まで1-1で粘ったが、押し切られてしまった。アンフィールドで善戦できた自信をナポリ戦にぶつけたい。

DFマティプの決勝弾でアヤックスを撃破したリバプールは、レンジャーズとのホーム戦に臨む。まだまだ不安定な戦いが続き、直近のブライトン戦では3失点。乗り切れないシーズン序盤となっているが、レンジャーズとの連戦で復調のキッカケを掴めるか。

【グループA】
▽10/4(火)
《28:00》
リバプール vs レンジャーズ
アヤックス vs ナポリ

◆2連勝スタートのブルージュがアトレティコと対戦~グループB~
Getty Images

グループBでは最弱と思われたクラブ・ブルージュが2連勝と意外な展開に。本命のアトレティコがレバークーゼンに敗れて混戦模様となっている。

ブルージュは前節、敵地でポルトに4発快勝。2連勝スタートとし、悲願のグループステージ突破へ最高のスタートを切った。そのブルージュはグループの本命であるアトレティコと連戦。真価が問われるが、ここを乗り切ってラウンド16への扉をこじ開けたい。

対するアトレティコは代表ウィーク前、レバークーゼン戦に続きマドリード・ダービーを落としたこともあって、直近のセビージャ戦ではシステム変更を施した。これまでMFヴィツェルを5バックの中央に据えていたが、4バックとしてヴィツェルを本来の中盤アンカーに据えた。その結果、セビージャ戦では快勝。ブルージュ戦でも4バックで挑むかに注目だ。

ブルージュにホームで痛い惨敗を喫したポルトは、アトレティコ相手に大きな勝利を手にしたレバークーゼンと対戦。混戦のグループとなりそうなだけにここは両陣営勝ちにいきたい一戦となる。

【グループB】
▽10/4(火)
《28:00》
ポルト vs レバークーゼン
クラブ・ブルージュ vs アトレティコ・マドリー

◆バイエルン追うインテルとバルサが激突~グループC~
Getty Images

死のグループでは前節、白星スタートを切ったバイエルンとバルセロナが激突。FWレヴァンドフスキの古巣対決が注目されたが、バイエルンが元エースFWをシャットアウトし、2連勝スタートとした。迎える第3節、バイエルンを追うインテルとバルセロナが激突する。

インテルは前節、グループ最弱のビクトリア・プルゼニに2-0と快勝。10人となった相手をしっかりと下して1勝1敗スタートとした。セリエAでは内容こそ悪くないものの、直近のローマ戦も落として早くも4敗を喫し、波に乗り切れない状況が続く。チームの心臓であるMFブロゾビッチを負傷で欠く中、2位通過を争うバルセロナを叩いて流れを変えられるか。

一方、昨季のリベンジを果たすべくバイエルンに挑戦したバルセロナは、幾つか決定機も生み出し善戦したものの結果的には敗戦に終わった。そして代表ウィークでは守備陣にケガ人が出てしまい、苦しい台所事情に。ラ・リーガで早くも9ゴールを挙げる活躍を見せているレヴァンドフスキの活躍で不安な守備陣をカバーしたい。

インテル、バルセロナ相手に連勝スタートと流石の強さを見せ付けるバイエルンは、グループ最弱のプルゼニとの連戦。ブンデスリーガでは直近のレバークーゼン戦で5試合ぶりの勝利を飾って悪い流れを断ち切った中、この連戦で一気にグループステージ突破を決めてしまいたいところだ。

【グループC】
▽10/4(火)
《25:45》
バイエルン vs ビクトリア・プルゼニ
《28:00》
インテル vs バルセロナ

◆鎌田&長谷部がスパーズと激突~グループD~
Getty Images

グループDでは前節、スポルティングがトッテナムを撃破して連勝スタート、フランクフルトがマルセイユに競り勝って初勝利とした。迎える第3節、フランクフルトがトッテナムと対戦する。

マルセイユ戦ではDF長谷部を3バックの中央に据え、見事1-0のシャットアウト勝利を手にしたフランクフルト。粘り強い戦いぶりで嬉しいCL初勝利とした中、ブンデスリーガでも長谷部が3バックの中央を任されて連勝中と、ベテランがチーム状況を好転させた。トッテナム戦でもいぶし銀の長谷部の活躍に注目だ。

対するトッテナムはスポルティングに後半追加タイム被弾で惜敗。どちらに転んでもおかしくない試合を競り負けてしまった。そして直近のアーセナルとのノースロンドン・ダービーでは完敗。悪い流れに陥りそうなところだが、グループの主導権を握るためにもここは負けられない一戦となる。

MF守田がレギュラーとして存在感を示すスポルティングは2連敗スタートのマルセイユと対戦。しっかりと叩いて3連勝スタートとしたい。

【グループD】
▽10/4(火)
《25:45》
マルセイユ vs スポルティング
《28:00》
フランクフルト vs トッテナム


関連ニュース
thumb

W杯初戦で重傷のリュカ、手術が無事成功…近くリハビリ

フランス代表DFリュカ・エルナンデスの手術が成功した。所属先のバイエルンが25日に発表している。 フランス代表の一員としてカタール・ワールドカップ(W杯)に臨むリュカ・エルナンデスだが、22日に行われたグループD第1節のオーストラリア代表戦で早々に負傷交代。右ヒザの前十字じん帯断裂という重傷を負った。 クラブによると、リュカ・エルナンデスは24日の夜にオーストリアのインスブルックで手術。クリスチャン・フィンク医師が執刀し、無事に成功したとのことで、数日のうちにミュンヘンでリハビリを始めるという。 なお、全治は一部メディアの見立てで約半年といわれ、残るW杯欠場はもちろんのこと、バイエルンでの残りシーズンも絶望的な様相を呈している。 2022.11.26 09:15 Sat
twitterfacebook
thumb

W杯だけじゃない!女子CLでバルサが"らしさ"全開のパスワークからゴラッソ決める

カタール・ワールドカップ(W杯)が盛り上がりを見せているが、UEFA女子チャンピオンズリーグ(UWCL)でも素晴らしいゴールが生まれた。 24日、UWCLのグループステージ第3節、バルセロナvsバイエルンが、Spotifyカンプ・ノウで行われ、3-0でバルセロナが快勝。バイエルンのなでしこジャパンDF熊谷紗希は74分から途中出場を果たしている。 試合を通じて主導権を握ったバルセロナは、前半こそ無得点に終わったものの、後輩開始早々にブラジル女子代表ジェイゼ・フェレイラのヘディングで先制に成功。60分には左サイドをえぐったスウェーデン女子代表MFフリドリーナ・ロルフォの折り返しを、スペイン女子代表MFアイタナ・ボンマティが流し込んでリードを広げた。 さらに、その6分後にはこれぞバルセロナという、精錬されたビルドアップからダメ押しの3点目を奪う。 高い位置からはめに来たバイエルンのプレスをGKも使ってかいくぐると、中盤ではワンタッチのパスを駆使してサイドのスペースへ展開。最後は2018年U-17女子ワールドカップのMVP、FWクラウディア・ピナがボックス手前から鮮やかなミドルシュートを決めた。 この日も4万6937人の観衆を集め、完勝でタイムアップを迎えたバルセロナ。グループステージ3戦を終えて16得点1失点で全勝と、盤石の強さを発揮している。 <span class="paragraph-title">【動画】プレスをかいくぐるパスワークから最後はゴラッソで仕上げ!女子バルセロナが奪った3点目</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="b4NTgZVQ3cg";var video_start = 300;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.11.25 18:15 Fri
twitterfacebook
thumb

プレミア勢関心もライマーは来夏バイエルン入り一択か?

RBライプツィヒのオーストリア代表MFコンラート・ライマー(25)は来夏のバイエルン行きを強く望んでいるようだ。移籍市場に精通するジャーナリストのクリスティアン・ファルク氏が報じている。 レッドブル・ザルツブルク、ライプツィヒとレッドブルグループの志向するスタイルを体現してきたライマー。 しかし、今シーズン限りで満了する契約を延長する意思を示しておらず、来夏のフリートランスファーが既定路線となっている。 ここ最近ではリバプールに加え、チェルシーが獲得に向けた動きを見せているが、あくまでバイエルン行きを望む職人系MFは話し合いに応じる意思はないという。 一方、ライプツィヒ時代に同選手を指導したユリアン・ナーゲルスマン監督は、今夏にも獲得に動いた教え子を未だに熱望しており、ライマーの意向を含めて相思相愛と言われる。 ただ、ファルク氏によると、現時点でライマーとバイエルンは口頭合意に至っているものの、公式な合意はないという。 卓越した運動量と戦術眼、闘争心、プレーの連続性を武器に、中盤のバトルで質的と量的優位性をもたらす重要なプレーヤーだが、希望通りに来季はミュンヘンでプレーすることになるのか…。 2022.11.24 23:40 Thu
twitterfacebook
thumb

右ヒザ前十字靭帯断裂のリュカが近日中に手術へ、バイエルンSD「とても残念に思っている」

バイエルンは23日、フランス代表DFリュカ・エルナンデスが右ヒザ前十字靭帯の断裂で長期離脱になることを発表した。 22日にカタール・ワールドカップ(W杯)グループD第1節のオーストラリア代表戦に先発出場したリュカだが、9分の失点場面でヒザを負傷。その後、同日夕方に受診した検査の結果、上記の診断が下された。 バイエルンのハサン・サリハミジッチSD(スポーツ・ディレクター)は、リュカの状態と今後について以下のようにコメントしている。 「リュカ・エルナンデスが右ヒザ前十字靭帯を断裂したとフランス代表のドクターが知らせてきた。もちろん、我々は皆ショックを受けており、とても残念に思っている。だが、リュカはファイターであり、強くなって戻ってくるはずだ。彼はこれからすぐにドーハを離れ、こっちで手術をしてミュンヘンでリハビリを始めることになるだろう。我々は可能な限り彼をサポートするつもりだ」 2022.11.23 23:30 Wed
twitterfacebook
thumb

「ミッキーに感化された?」可愛さ重視? ニャブリの新ヘアスタイルが話題に

カタールW杯に臨むドイツ代表FWセルジュ・ニャブリの新しいヘアスタイルが話題となっている。ドイツ『ビルト』が伝えた。 23日のグループステージ初戦で日本代表と対戦するドイツ代表。優勝候補の一角に数えられるチームにおいて、バイエルン所属のニャブリは攻撃陣の主力選手であり、日本代表はこの韋駄天アタッカーを十分に警戒しなくてはならない。 そのニャブリだが、開幕を目前に控え、チームメイトも驚いたという変貌がちょっとした話題に。現地カタールでのある朝、突如として新たなヘアスタイルで練習場に現れたという。 頭の両側面に2つのおさげを結び、かわいらしい姿へとイメチェン。凛々しい表情とのギャップもバッチリと言える。SNS上では「可愛いね」や「僕の娘かな?」「ミッキーマウスに感化された?」などと言ったコメントが飛び交っている。 <span class="paragraph-title">【写真】ミッキー?少し可愛くなったニャブリ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Serge Gnabry bringing a new hairdo to the World Cup<a href="https://t.co/EIbJyfdOcs">pic.twitter.com/EIbJyfdOcs</a></p>&mdash; B/R Football (@brfootball) <a href="https://twitter.com/brfootball/status/1594433891577872384?ref_src=twsrc%5Etfw">November 20, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.11.21 15:13 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly