京都の選手をSNSで誹謗中傷…なりすましアカウントと思われる投稿に「法的措置などを視野に入れ厳正に対処して参ります」

2022.10.03 10:53 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
京都サンガF.C.は3日、SNSでの誹謗中傷についての声明を発表した。

クラブの発表によると、1日に行われた明治安田声明J1リーグ第31節のサガン鳥栖戦の試合後、他クラブのサポーターになりすましたと思われるアカウントにて、京都の選手への差別的な誹謗中傷を伴う悪意ある投稿が確認されたとのことだ。

この所、SNSを通じた誹謗中傷、差別的な投稿が散見されている中、京都は厳正に対処するとした。
「このような投稿は該当選手たちはもちろんのこと、なりすましの被害を受けられた方やこの投稿を見られた関係者の方々、ファン・サポーターの皆さまなどを傷つける行為であり、クラブとして決して看過することはできません」

「Jリーグのガイドラインに則り、専門家等のアドバイスをいただきながら法的措置などを視野に入れ厳正に対処して参ります」

「SNSが私たちの生活に浸透したことにより、コロナ禍でも年齢・性別・国境を越えてたくさんの人たちとつながり、憧れの選手たちとも交流ができるようになり、選手、クラブ、Jリーグ、そしてサッカーがより身近になりました。しかし一方で、SNSなどネット上の書き込みは匿名でできるものが多いことから、心無い投稿や度を超えた批判などで、特定の個人を傷つけるケースが増えています。そして、それが瞬く間に世界に拡散され、個人のプライバシーや名誉、人権を脅かし、人を窮地に追い込んだり、法律に違反する行為に発展するなど、深刻な事態になることも少なくありません」

「ファン・サポーターの皆さまにおかれましても、クラブと共にこの想いをご共有いただき、リスペクトを持った発信・行動を行っていただきますようお願い申し上げます。また、なりすましのアカウントを見つけられた場合、各SNS運営会社への削除依頼等の通報手続きにご協力をお願いいたします」

京都では9月18日に行われたFC東京戦の後にも選手への差別的な誹謗中傷を伴う悪意ある投稿があったと報告していた。

関連ニュース
thumb

京都10番、アカデミー卒の福岡慎平が契約更新! 「2023シーズンもタフに自分らしく貪欲に」

京都サンガF.C.は3日、MF福岡慎平(22)と2023シーズンの契約を更新した旨を発表した。 京都のアカデミー卒である福岡は2種登録も経験して、2019年に正式昇格。アンダー世代の日本代表歴も持つヤングタレントで、2年目から一気にポジションを掴み、チームがJ1昇格を果たした今季から背番号を10番に変更した。 自身にとっては初挑戦のJ1リーグだったが、インサイドハーフやアンカーで28試合に出場。そのほか、ルヴァンカップ7試合出場1得点、天皇杯4試合出場、J1参入プレーオフ1試合出場の数字をマークした。 契約更新を受けて、クラブ公式サイトで「今シーズンも熱い声援ありがとうございました!」と今季を通じてのサポートに感謝しつつ、来季に向けて決意を新たにしている。 「来季もこの素晴らしいクラブでプレーできることを誇りに思います。2023シーズンもタフに自分らしく貪欲にプレーして、このクラブにタイトルをもたらせるよう日々成長していきます!」 2022.12.03 10:05 Sat
twitterfacebook
thumb

京都、通算在籍12年の宮吉拓実と契約更新 「紫に染まったスタジアムで来シーズンも共に」

京都サンガF.C.は2日、FW宮吉拓実(30)と2023シーズンの契約を更新した旨を発表した。 宮吉は京都の育成出身で、トップチーム昇格を果たしてからカターレ富山、サンフレッチェ広島、北海道コンサドーレ札幌でもプレー。2019年に京都復帰を果たした。 チームとともに明治安田生命J1リーグを戦った今季はリーグ戦15試合出場で2得点。ルヴァンカップや、天皇杯、J1参入プレーオフでも計8試合でプレーした。 来季で京都の選手として通算13シーズン目を迎える宮吉はクラブの公式サイトを通じて、決意を新たにしている。 「京都サンガF.C.を応援してくださるファン、サポーターの皆さま、また日頃よりご支援いただいているスポンサーの皆さま、今シーズンもたくさんのサポートをしていただきありがとうございました」 「コロナ禍による手拍子のみでの応援、声出し応援適用試合での熱いご声援、サンガスタジアムby KYOCERAのあの素晴らしい雰囲気の中、このクラブの一員としてプレーさせていただいていることが本当に幸せです」 「僕は今年、自分の人生の中で大切な人を3人失いました。日々サッカーができることに感謝し、一日一日を大切に頑張っていきたいと思います。紫に染まったスタジアムで来シーズンも共に戦いましょう」 2022.12.02 12:50 Fri
twitterfacebook
thumb

J1残留決めた京都、来季ユニフォームは鳳凰のシルエットを大胆配置し2トーンカラーに

京都サンガF.C.は23日、2023シーズンのユニフォームデザインが決定したことを発表した。 ロアッソ熊本とのJ1参入プレーオフ決定戦により、辛くもJ1残留を決めた京都。曺貴裁監督の続投も発表され、就任3年目でスタイルの深化を狙う。 さらなる躍進を目指す来季のユニフォームはPUMAのグローバルコンセプト『CELEBRATING THE ROOTS』に基づき、クラブのエンブレムからインスピレーションを得たデザインとなった。 エンブレムで使用されている鳳凰が胸元に大きく大胆に配置され、色味は京都の街並を思わせる2トーンカラーで構成。ホームは濃淡のパープル、アウェイは白とグレーを採用した。 GK用の1stユニフォームは水色、2ndユニフォームが緑を基調としている。 販売等に関する詳細については未定。決定次第告知されるとのことだ。 <span class="paragraph-title">【写真】鳳凰のシルエットを大胆配置、京都の2023年用ユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">2023シーズン ユニフォームデザイン決定のお知らせ<br><br>詳細はこちら<br><a href="https://t.co/D4OuEqNhAw">https://t.co/D4OuEqNhAw</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E4%BA%AC%E9%83%BD%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%ACFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#京都サンガFC</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E4%BA%AC%E9%83%BD%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%AC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#京都サンガ</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%AC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#サンガ</a> <a href="https://t.co/pWMOgzwp36">pic.twitter.com/pWMOgzwp36</a></p>&mdash; 京都サンガF.C. (@sangafc) <a href="https://twitter.com/sangafc/status/1595266695366836224?ref_src=twsrc%5Etfw">November 23, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.11.23 20:45 Wed
twitterfacebook
thumb

京都、今季加入の大前元紀と契約満了 「来年もJ1の舞台で京都らしく頑張って」

京都サンガF.C.は19日、FW大前元紀(32)の契約満了を発表した。 流通経済大学付属柏高校から清水エスパルスでプロ入り後、ドイツ挑戦も経験した大前。清水でJリーグ復帰してから、大宮アルディージャ、ザスパクサツ群馬を経て、今季からJ1昇格の京都入りした。 トータルで公式戦21試合に出場して、大半が途中からだったが、5ゴールを記録。チームはロアッソ熊本とのプレーオフを経て、J1残留を決めたが、自身は加入1年でチームを退団することが決まった。 大前はクラブを通じて、まずチームのJ1残留を祝福。その上で自身の退団を報告し、1年間の声援に感謝した。 「まずはJ1残留おめでとうございます。来年もJ1の舞台で京都らしく頑張ってください。今シーズンをもって退団することになりました。あまり力にはなれませんでしたがサポートしていただきありがとうございました。1年間と短い時間でしたが応援してくださりありがとうございました」 2022.11.19 16:15 Sat
twitterfacebook
thumb

PO行きもJ1残留の京都が曺貴裁監督の続投を発表「来シーズンもともに戦ってください」

京都サンガF.C.は19日、曺貴裁監督(53)の続投を発表した。 湘南ベルマーレで長らく指揮を執った曺貴裁は、2021年から京都の監督に就任。1年目でチームを12年ぶりのJ1昇格に導いていた。 久々のJ1の舞台となった今シーズンは、スタイルを貫きながら戦い続けたものの、後半戦で勝ち点が伸び悩み、16位でフィニッシュ。J1参入プレーオフに回ったが、ロアッソ熊本相手に1-1のドローとなり、J1残留を掴んでいた。 曺貴裁監督はクラブを通じてコメントしている。 「2023シーズンも監督として京都サンガF.C.の指揮をとることが決まりとても喜ばしい気持ちです。昨シーズンはJ1の厳しい試合やプレーの老獪さに戸惑いながらも選手たちは大きく成長してくれました」 「最後のプレーオフの戦いを乗り越えたことを良い意味で自信とし、来シーズンはさらに飛躍できるよう選手・スタッフ・クラブと一丸となってあの素晴らしいサンガスタジアム by KYOCERAを感動空間にしていきたいと思います」 「京都の街の魅力にサッカーが本当に浸透するように、これからも努力を続けたいと思います。来シーズンもともに戦ってください」 2022.11.19 09:27 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly