マドリーの開幕連勝がストップ…復帰ベンゼマのPK失敗響き10人のオサスナとホームでドロー《ラ・リーガ》

2022.10.03 06:01 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガ第7節、レアル・マドリーvsオサスナが2日にサンティアゴ・ベルナベウで行われ、1-1のドローに終わった。

好調ロドリゴとバルベルデのゴールでアトレティコ・マドリーとの敵地でのダービーを2-1で制し、インターナショナルマッチウィークの中断に入ったマドリー。ヨーロッパ5大リーグで唯一となる開幕6連勝と絶好調のチームは、週明けにチャンピオンズリーグ(CL)のシャフタール戦を控える中、5位のオサスナを相手に7連勝を狙った。

アンチェロッティ監督はアトレティコ戦から先発4人を変更。負傷の守護神クルトワ、モドリッチの代役にGKルニン、セバージョスを起用したほか、ミリトンとバルベルデに代えてリュディガーと負傷明けのエースFWベンゼマを起用した。
インターナショナルマッチウィーク明け初戦ということもあり、ややエンジンのかかりが遅いホームチーム。ボールは握るものの、オサスナの堅固な守備ブロックを揺さぶり切れず、効果的にフィニッシュまで持ち込めない。

一方、堅守速攻を徹底するオサスナは攻撃の回数こそ多くないものの、バルセロナからのレンタルプレーヤーであるアブデの積極果敢な仕掛けを使いながらロングカウンターで際どい場面を創出。前半半ば過ぎにはモンカジョーラの枠を捉えたミドルシュートや、相手CKを撥ね返してのカウンターからボックス右のアブデに決定機も、ここはシュートを枠に飛ばせない。

焦りはないものの、前半の内に攻撃の糸口を見つけたいマドリーは37分、相手のゴールキックを撥ね返してのカウンターから左サイドでDFと入れ替わったヴィニシウスが快足を飛ばして深い位置まで運び、アウトサイドを使った巧みなクロスを供給。これをファーにフリーで走り込んだベンゼマが右足インサイドで合わせるが、このシュートは惜しくも左ポストの外側に外れた。

それでも、マドリーは前半終了間際に意外な形から先制に成功した。42分、右CKの流れから左サイドのヴィニシウスが右足インスウィングのクロスをゴール前のスペースに落とすと、飛び込んだリュディガー、ベンゼマはボールに届かなかったものの、クロスがそのままゴール右隅に決まった。

ヴィニシウスの幸運なゴールによって1点リードで試合を折り返したマドリーだが、開幕からクリーンシートが一度もないチームはこの試合でも守り切れない。

オサスナは50分、相手陣内中央でボールを持ったウナイ・ガルシアが正確なフィードをボックス中央に送り込むと、リュディガーと競ったキケ・ガルシアがバックヘッドで合わせたボールがゴール左上隅の完璧なコースに決まる。さらに、畳みかけるアウェイチームは53分にもボックス右へ侵入したモイ・ゴメスのプルバックから再びキケ・ガルシアに決定機も、右足のダイレクトシュートは枠の左に外れた。

一方、追いつかれたホームチームは53分にチュアメニ、セバージョスを下げて切り札のバルベルデとカマヴィンガを同時投入し、クロースがピボーテの位置に一列下がる。この交代策で攻撃のギアを上げると、アラバの直接FKやロドリゴのボックス内での仕掛けで早速チャンスを作り出していく。

さらに、74分にはメンディとクロースを下げてミリトン、アセンシオを投入したアンチェロッティのチームは、[4-2-4]に近い攻撃的な布陣でゴールをこじ開けにかかる。

すると、78分にはカマヴィンガのフィードに反応したベンゼマがゴール前でDFダビド・ガルシアに後方から押し倒され、オンフィールド・レビューの結果PKを獲得。さらに、決定機阻止のダビド・ガルシアが一発退場に。だが、このPKの場面でベンゼマはGKの動きが気になったか、シュートをクロスバーに当ててしまい、痛恨のPK失敗に。

それでも、残り時間を考えれば、10人のオサスナを相手に勝ち越しゴールを奪える可能性は十二分にあると思われたが、ベンゼマのゴールネットを揺らした場面が際どいオフサイドで取り消されるなど、なかなかゴールをこじ開けられない。

その後、カルバハルを下げてマリアーノを投入し、最後は力業での打開を試みたマドリーだが、途中出場のアリダネを中心に身体を張る相手守備陣にことごとく撥ね返された。

そして、試合はこのまま1-1でタイムアップを迎え、開幕からの連勝がストップしたマドリーは、勝ち点で並んだバルセロナに得失点差で抜かれて首位の座を明け渡すことになった。

関連ニュース
thumb

「世界一ほっこりする宣戦布告」ブラジル代表FWからモドリッチへ、W杯準々決勝で当たる両者が心温まる掛け合い

互いを慕う両国代表選手のやり取りが脚光を浴びている。 9日、カタール・ワールドカップ(W杯)の準々決勝、クロアチア代表vsブラジル代表がエデュケーションスタジアムで行われる。 ヨーロッパの主要リーグに在籍する選手を多数擁する両チーム。レアル・マドリーからはクロアチアのルカ・モドリッチ、ブラジルのエデル・ミリトン、ヴィニシウス・ジュニオール、ロドリゴ・ゴエスが選出されている。 その中でロドリゴ(21)がラウンド16後にモドリッチ(37)へメッセージ。「W杯で会いましょう、パパ!」と、マドリーで自身がモドリッチに祝福されている写真を、、ハートの絵文字付きで投稿した。 代表の命運を懸けての一戦を前に「世界一ほっこりする宣戦布告」をしたロドリゴ。ファンからは「明日はパパと息子が対戦。とてもエキサイティング」、「とてもかわいい」、「親子対決になるのかあ、切ないなあ」との声が上がり、モドリッチ自身もハートで返信をした。 マドリーも一連のやり取りを引用し、「父のように、息子のように。マドリーが団結したこと、誰も分断しないこと...#FIFAワールドカップ」と紹介。「たくさんの愛が関係しています」、「私の子供たちはなんて美しいのでしょう」、「素晴らしいすべてのファミリー」と両者やクラブに温かいコメントが届いている。 前回大会は準優勝、初の頂点を目指すクロアチアか。歴代最多5度の優勝を誇り、2002年の日韓大会以来となる王座奪還を狙うブラジルか。運命のキックオフは24時となっている。 <span class="paragraph-title">【写真】モドリッチへ「世界一ほっこりする宣戦布告」をしたロドリゴ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">See you PAPA <a href="https://twitter.com/lukamodric10?ref_src=twsrc%5Etfw">@lukamodric10</a><a href="https://twitter.com/hashtag/FIFAWorldCup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FIFAWorldCup</a> <a href="https://t.co/JKkYBslf7z">pic.twitter.com/JKkYBslf7z</a></p>&mdash; Rodrygo Goes (@RodrygoGoes) <a href="https://twitter.com/RodrygoGoes/status/1600176633024897024?ref_src=twsrc%5Etfw">December 6, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.09 21:10 Fri
twitterfacebook
thumb

まるで地下都市!大規模改修中のマドリー本拠地、ピッチ格納庫の様子を公開

冒険心をくすぐられそうだ。 レアル・マドリーの本拠地、サンティアゴ・ベルナベウは現在大規模な改修中。2019年6月からスタートし、新型コロナウイルス(Covid-19)の影響で一時はストップしたものの、現在もワールドカップ(W杯)によるラ・リーガ中断期間を利用して着々と工事が進められている。 開閉式天井の建設やイベント利用を可能にするためピッチを格納式にするなど大規模事業が進行中。プロジェクションマッピングの投影に対応した外壁新設も行われる。 マドリーは8日に改修中のスタジアムを公開。一段と目を惹くのは、ピッチを格納するための地下空間だろう。 「サンティアゴ・ベルナベウの深淵に入り、芝生がどのように保存されるかを見てみよう!」と紹介された地下は芝生維持のために温室となる予定で、巨大な空間が広がっている。深さも5階分以上はあると思われ、巨大クレーンが稼働する様子を含めて『ESPN』は「まるで地下都市だ」と表現している。 スケールの大きさにファンからも「最高のホーム」、 「史上最高のスタジアム」、「ホームスイートホーム」、「ああ、我が家が恋しい」、「世界最高のクラブには、最高のスタジアムが必要です」などの声が寄せられている。 進化を遂げるスタジアム。竣工時期は2023年上半期を予定している。 <span class="paragraph-title">【動画】巨大空間が広がるサンティアゴ・ベルナベウの地下、ピッチが格納される予定だ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/Cl4c1w5ItAH/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/Cl4c1w5ItAH/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/Cl4c1w5ItAH/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Real Madrid C.F.(@realmadrid)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】新サンティアゴ・ベルナベウの完成イメージ</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="muGyJEu12A8";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.12.09 20:58 Fri
twitterfacebook
thumb

ブラジルの超新星エンドリックがマドリーと契約へ! 移籍金は推定104億円か

レアル・マドリーがパウメイラスのU-17ブラジル代表FWエンドリック(16)の獲得に迫っているようだ。移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が報じている。 ブラジル屈指の名門であるパウメイラスに所属し、U-17ブラジル代表としてもプレーするエンドリックは、爆発的なスピードと、類まれな創造性、ゴール前での冷静さを兼ね備えたメガクラック候補だ。 先日にはクラブ記録を106年ぶりに更新する16歳と3カ月4日での最年少ゴール記録を更新。カンピオナート・ブラジレイロ・セリエAを制したチームで6試合に出場して、3ゴール1アシストのスタッツを残しており、バルセロナやチェルシー、パリ・サンジェルマン(PSG)といったメガクラブが争奪戦を繰り広げていた。 そんなブラジルの超新星についてはマドリーも以前から関心を示しており、ロマーノ氏によれば、移籍金6000万ユーロ(約86億円)+税金の総額7200万ユーロ(約104億円)でパウメイラスと口頭合意、個人間交渉も最終局面を迎えており、マドリーは12月中に全ての書類に署名を済ませる予定だという。 なお、エンドリックの移籍は同選手が国際サッカー連盟(FIFA)の定めた国外移籍が認められる満18歳の誕生日を迎えた後の2024年7月となる。 2022.12.09 00:02 Fri
twitterfacebook
thumb

ヴィニシウスがナイキとのスポンサーシップ解除を要求…以前から関係は悪化

レアル・マドリーのブラジル代表FWヴィニシウスが、個人契約を結んでいる『ナイキ』との契約解除を求めているようだ。ブラジル『O Globo』が伝えている。 ヴィニシウスとナイキのスポンサーシップは、ヴィニシウスが13歳の頃からスタートしている。試合でナイキが誇る名器『マーキュリアルシリーズ』を履く姿はすっかりお馴染みとなった。 2028年まで契約を結んでいるものの、現在はその関係が悪化しているとのこと。『O Globo』によれば、両者は数カ月前から対立しており、ヴィニシウスはナイキ主催のイベントへの参加を拒否する姿勢を見せていたという。 そして、今回のカタール・ワールドカップでナイキがマーキュリアルシリーズの旧モデルの着用を求めたことが追い討ちをかけ、ついにヴィニシウスは弁護士に契約を打ち切るよう指示を出したようだ。 なお、昨季のチャンピオンズリーグでもヴィニシウスは旧型のスパイクを履いてプレー。当時から契約解除に向けた法的手続きは始まっていたようだ。 2022.12.05 13:30 Mon
twitterfacebook
thumb

マドリーがラッシュフォードへの関心を再燃、ユナイテッドの売却シナリオとは…

レアル・マドリーが、マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォード(25)への関心を再燃させているようだ。 カタール・ワールドカップ(W杯)に参戦中のラッシュフォード。グループ初戦のイラン代表戦で途中出場直後にゴールを挙げ、最終節のウェールズ代表戦ではスタメン出場し、圧巻の直接FKを含む2得点を挙げている。 所属するユナイテッドでも今季、公式戦19試合で8得点3アシストと好調。以前にもマドリーからの関心を報じられた時期があったが、ここにW杯での印象的な活躍が上乗せされたことで再燃してきているようだ。 スペイン『ムンド・デポルティボ』によると、ユナイテッドはマドリーの動きを警戒しつつも、マドリー以外にもラッシュフォードに興味を持つクラブは存在。来たる移籍市場で売却せざるを得なくなる可能性が捨てきれないという。 それは、ラッシュフォードと契約延長で合意できていないため。契約が2023年6月までのなか、クラブは1年延長オプションの行使権を持つ。しかし、行使したとて2024年夏までに売り時は限られており、このまま延長オファーに同意して貰えなければ、いずれは売却せざるを得ないということだ。 2022.12.04 20:03 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly