水戸の秋葉忠宏監督が今季限りで退任へ「また戻ってこられるような指導者に」

2022.10.02 16:55 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
水戸ホーリーホックは2日、秋葉忠宏監督(46)が今季限りで退任することを発表した。

現役時代はアルビレックス新潟で200試合以上の出場記録を持つ秋葉監督は、2009年に当時神奈川県社会人リーグに所属していたSC相模原で選手兼監督として指導者キャリアをスタート。2010年に現役を引退し、監督業一本に絞った。

その後はザスパクサツ群馬の監督や、世代別の日本代表コーチを経て、2020年から以前ヘッドコーチを務めた水戸の監督に就任。1年目はJ2リーグ9位、2年目が10位でフィニッシュさせた。
今シーズンはリーグ戦39試合を消化した時点で16位。残留をほぼ確実なものとしているが、今季限りで袂を分かつことになったようだ。

「日頃より水戸ホーリーホックを応援してくださるファン・サポーター、パートナー企業、ホームタウンを始めとするホーリーホックファミリーのみなさん、いつもありがとうございます」

「この3年間、たくさんのことにトライさせてもらい、色々な別れや新しい出会いを経験し、充実した時間を過ごさせていただきました。ファン・サポーター、パートナー企業、フロント、全てが近いファミリー感がとても好きです」

「クラブが大きくなっていこうとしている様子が目に見えて伝わってきていたからこそ、ホーリーホックファミリーと一緒に歩んでいく時間がすごく楽しく感じられました」

「でも、だからこそ選手たちが良くやってくれている中で結果を出すことができず、新しい景色にたどり着けなかったことを本当に申し訳なく感じています」

「それと同時に、この厳しい世界の中でもっと選手の成長を手助けできる、結果を引き出せる指導者になりたいと思い、精進し修行をし、またこのクラブに戻ってこられるような指導者になりたいと思います」

「今の水戸ホーリーホックの規模からしたら、J2に居続けること自体が当たり前でありません。みなさんの力がないと、J2に居続けることも新しい景色を見ることもできないと思います」

「今以上に大勢の方を巻き込み、大勢の方に支援してもらい繋がることで、一緒に感動や喜びを共有し新しい景色へたどり着けるクラブになることを期待しています」

「水戸ホーリーホックは、自分にとって指導者として本格的にキャリアをスタートさせた思い入れのあるクラブです。名実ともにJ1昇格に値するクラブへと歩んでいくことをいつまでも応援しています」

「残り3試合、最後まで水戸ホーリーホックらしく、アグレッシブで超攻撃的で獰猛なチームだと示せるようにしっかりとしたものをお見せしたいと思いますので、一緒にフットボールを楽しみながら、エキサイティングで心揺さぶる瞬間を共有していただければ嬉しく思います」

関連ニュース
thumb

長野がFW山本大貴と契約更新、今季加入のチームトップスコアラー

AC長野パルセイロは5日、FW山本大貴(31)との契約更新を発表した。 山本は熊本県出身で、ルーテル学院高校から駒澤大学を経て、ベガルタ仙台でプロ入り。その後は松本山雅FCを経て、ファジアーノ岡山へ移籍した。 2021シーズン限りで岡山との契約満了を迎えると、今季から長野へと加入。明治安田生命J3リーグで23試合に出場してチームトップとなる9ゴールを記録した。 山本はクラブを通じて「2023年シーズンも長野パルセイロでプレーさせてもらえることになりました。今年以上の結果を出せるように頑張ります。共に闘いましょう」とコメントしている。 2022.12.05 18:48 Mon
twitterfacebook
thumb

山形が主力の加藤大樹と契約更新、今季J2で38試合6ゴール

モンテディオ山形は5日、MF加藤大樹(29)の契約更新を発表した。 加藤がびわこ成蹊スポーツ大学、SP京都FCを経て、レノファ山口FC入りの2016年にプロ入り。その後、ツエーゲン金沢でのプレーを挟み、2020年から山形に活躍の場を移した。 山形移籍3年目の今季も主力を張り、明治安田生命J2リーグでは38試合出場で6ゴール。J1参入プレーオフでも2試合に出場した。契約更新に際して、来季の抱負を語っている。 「2023シーズンもモンテディオ山形でプレーさせていただく事になりました。今シーズンの悔しさを糧に来シーズンこそはJ1昇格を掴み取りましょう。よろしくお願いします」 2022.12.05 18:30 Mon
twitterfacebook
thumb

鹿児島、今季15GのFW有田光希の契約更新を発表「ユニホームの売り上げに期待しています」

鹿児島ユナイテッドFCは5日、FW有田光希(31)の契約更新を発表した。 新潟県出身の有田は、北越高校から2010年に入団したヴィッセル神戸でプロデビュー。その後は愛媛FC、京都サンガF.C.、ヴァンフォーレ甲府を経て、今シーズンから鹿児島入りを果たした。 新天地で早速ポジションを掴むと、明治安田生命J3リーグで34試合に出場して、15ゴールをマーク。チームは目標としていたJ2昇格を逃したものの、初年度から2桁ゴールを記録する活躍を見せた。 新シーズンもエースとしての活躍が期待される有田。クラブを通じてサポートへの感謝を述べつつ、来季のJ2昇格を誓った。 「愛する鹿児島ユナイテッドFCファミリーの皆さんへ。こんにちは!みんなのありたんです!この度2023シーズンも鹿児島ユナイテッドFCでプレーさせていただく事になりました!」 「改めて、2022シーズンご支援、ご声援頂いたスポンサー様、ファン、サポーターの皆様。皆様と共に目指したJ2昇格という目標を達成出来ず申し訳ありません。最終的に勝ち点1差という惜しい状況かもしれませんが、大きな差だと思っています。この悔しさを忘れず、2023シーズンこそJ2昇格を掴み取り、皆様と笑って終われる一年にする為に全身全霊をかけて戦っていきたいと思います!」 「どんな時も鹿児島ユナイテッドFCに関わる皆さんが明るく前を向いていけるよう、プレーはもちろんピッチ外でも皆さんを引っ張っていきます!そして開幕前のユニホームの売り上げが伸びている事を今から期待しています!どうぞよろしくお願いします!」 2022.12.05 18:23 Mon
twitterfacebook
thumb

沼津、瓜生昂勢が古巣のJFLヴェルスパ大分に完全移籍 今季J3で33試合2ゴール

アスルクラロ沼津は5日、MF瓜生昂勢(26)が日本フットボールリーグ(JFL)のヴェルスパ大分に完全移籍する旨を発表した。 世代別の日本代表歴を持つ瓜生は2018年に福岡大学からFC今治に入団後、2019年から2年間にわたってヴェルスパ大分でプレー。2021年から沼津に加わり、今季の明治安田生命J3リーグでは33試合に出場して2得点だった。 来季の古巣復帰を決断した瓜生は「今シーズンも多大なるご支援、ご声援をありがとうございました。この度、アスルクラロ沼津を離れヴェルスパ大分に移籍することになりました」と移籍の報告とともに、別れの挨拶をした。 「ファン・サポーターの皆様、スポンサーの皆様、パワーサポート店の皆様、綿仁株式会社の皆様、運営スタッフの皆様、フロントスタッフの皆様、今井さん、望月監督、コーチングスタッフの皆様、チームメイトのみんな、アスルクラロ沼津に関わる全ての皆様、二年間本当にありがとうございました。この移籍をするにあたって本当に多くの事を考えました、色々な想定をしました。そして自分自身の判断で決めました」 「僕が初めてJリーグのピッチを踏んだクラブがアスルクラロ沼津です。暖かく迎え入れて頂き、二年間サポートして頂いた皆様には本当に感謝しかありません。この二年間には数多くの想い出があり、皆様と共に闘った日々は間違いなく自分を成長させてくれました。オンザピッチもオフザピッチも、常に後押しをくれるサポーターの皆様のおかげでどんなに苦しい状況でも前を向いて頑張ることができました」 「沼津で得た経験や知識をまた次の環境で存分に活かしていきたいと思います。敵はいつも自分自身。“誰よりも前に進むことよりも、今よりも前に進むことを大切にする” そんな人生にしていきたいです。僕自身来季はJFLを闘うことになります。Jリーグ昇格を目指して頑張ります。覚悟を持って行ってきます。必ずまたJリーグの舞台に戻ってきます!! 本当にありがとうございました!! チームメイトの皆んなありがとう!!」 2022.12.05 18:15 Mon
twitterfacebook
thumb

富山が2選手と契約更新! 高橋駿太は「J2復帰しましょう」と来季抱負

カターレ富山は5日、FW高橋駿太(33)とGK平尾駿輝(19)の契約更新を発表した。 高橋は富山県生まれで富山第一高校卒。2007年にモンテディオ山形でプロ入り後、栃木ウーヴァFCや、FC琉球、AC長野パルセイロ、ザスパクサツ群馬を渡り歩き、2019年から富山に加わった。一方の平尾は履正社高校から今季入団のルーキーだ。 今季の明治安田生命J3リーグでは高橋が33試合2得点、平尾が出場なし。両選手はクラブの公式ウェブサイトを通じて、それぞれ決意を新たにしている。 ◆高橋駿太 「来シーズンも地元カターレ富山でプレーできること、とても幸せです。来シーズンこそカターレファミリーみんなでJ2復帰しましょう。応援よろしくお願いします」 ◆平尾駿輝 「来シーズンもカターレ富山プレーさせていただくことになりました。チームの目標であるJ2復帰を目指し、日々精進していきます。来シーズンも熱い応援をよろしくお願いします!」 2022.12.05 17:58 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly