【プレミア注目プレビュー】無敗シチズンズに4連勝のユナイテッドが挑む! 今季最初のマンチェスターダービー

2022.10.02 12:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第9節、マンチェスター・シティとマンチェスター・ユナイテッドによるマンチェスター・ダービーが、日本時間2日22:00にエティハド・スタジアムでキックオフされる。開幕から無敗を継続する2連覇中の王者シチズンズに4連勝の赤い悪魔が挑む、今季最初のダービーマッチだ。

クラブ史上初のリーグ3連覇を目指すシティは、ニューカッスル、アストン・ビラと伏兵相手に2つのドローを喫したが、ここまで5勝2分けの2位と上々の滑り出し。ゲーム支配や被カウンターの対応に課題を残すものの、待望の新エースストライカーであるハーランドの加入により、ここまで1試合平均3ゴールを超える23ゴールを挙げるなど、圧倒的な破壊力でライバルチームに早くも脅威を与えている。

ここまでチャンピオンズリーグ(CL)ではセビージャ、ドルトムントと強豪との対戦を経験しているが、リーグ戦では前々節のトッテナム戦の延期によって、今回のダービーマッチが今季初の対ビッグ6戦となる。今月中旬にリバプール、アーセナルとの重要な連戦を控える中、上り調子の宿敵をホームできっちり叩き、今後の戦いに弾みを付けたいところだ。
一方、テン・ハグ新体制で捲土重来を期すユナイテッドは、屈辱の開幕連敗スタートとなったが、第3節のリバプール戦で会心の今季初勝利。ここからディフェンスラインを中心にメンバー、戦い方が整理されると、直近のアーセナル戦では開幕5連勝の首位チームを3-1で破り、4連勝を達成。1試合未消化ながら順位を5位まで上げている。

ここまで相手よりもボール支配率で下回る試合が多く、アヤックス時代のようなボールを握ってゲームを支配するオランダ人指揮官の志向するスタイルを表現できていないものの、サー・アレックス・ファーガソン時代の黄金期のようなハードワーク、勝負強さで勝ち点3を拾う泥臭い戦いで、今季3度目の対ビッグ6戦で再び勝利を狙う。

なお、昨季はシティがいずれも快勝でシーズンダブルを決めているが、近年は力関係が大きく入れ替わった中でもダービーマッチではユナイテッドの奮闘もあって比較的拮抗した戦績となっている。そのため、ホームチーム優位と見られる今回の一戦でもダービーらしい好勝負が期待される。

◆マンチェスター・シティ◆
【4-3-3】
▽予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.

GK:エデルソン
DF:ウォーカー、アカンジ、ルベン・ディアス、カンセロ
MF:ベルナルド・シウバ、ロドリ、デ・ブライネ
FW:フォーデン、ハーランド、グリーリッシュ

負傷者:DFストーンズ、ラポルテ、MFフィリップス
コロナ陽性者:なし
出場停止者:なし

出場停止者はいない。負傷者に関してはフィリップスに加え、代表戦で負傷したストーンズが欠場となるが、開幕から離脱が続いたラポルテに復帰の目途が立っている。

スタメンに関しては前述の11人を予想したが、ルベン・ディアスの相棒、インサイドハーフ、ウイングに関してはアケ、ギュンドアン、マフレズが起用され、中盤と前線の配置変更も想定される。

◆マンチェスター・ユナイテッド◆
【4-2-3-1】
▽予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.

GK:デ・ヘア
DF:ダロト、ヴァラン、マルティネス、マラシア
MF:マクトミネイ、エリクセン
MF:アントニー、ブルーノ・フェルナンデス、サンチョ
FW:ラッシュフォード

負傷者:GKドゥブラフカ、DFマグワイア、B・ウィリアムズ、トゥアンゼベ、FWマルシャル、ラッシュフォード
コロナ陽性者:なし
出場停止者:なし

出場停止者はいない。負傷者に関しては控えの数選手に加え、代表戦で負傷したマグワイアの欠場が濃厚だ。一方で、中断前の負傷から復帰を目指すマルシャル、ラッシュフォードに関してはすでに練習復帰しており、メンバー入りの可能性がある。

スタメンに関してはコンディションに不安を抱えるラッシュフォードに代えてクリスティアーノ・ロナウド起用の可能性があるものの、それ以外は直近の主力メンバーが引き続きスタメンに名を連ねる見込みだ。より守備的に戦う場合は2列目にブルーノ・フェルナンデス、エリクセン、サンチョを並べ、マクトミネイの相棒にカゼミロ(フレッジ)を配置するオプションの採用も十分に考えられる。

★注目選手
◆マンチェスター・シティ:FWアーリング・ハーランド
Getty Images

公式戦7試合連発の好調引っ提げて初のダービーへ。ザルツブルク、ドルトムントで圧倒的なパフォーマンスを披露した22歳は、今夏満を持してプレミアリーグに挑戦。開幕前に行われたリバプールとのコミュニティ・シールドでは再三の決定機を逸する人間らしさを見せたが、いざレギュラーシーズンが開幕すると、ここまでリーグ戦2試合連続ハットリック、公式戦7試合連続ゴールを含め、10試合14ゴールと驚異的なペースでゴールを量産する怪物ぶりを見せつける。

守備時の振る舞いや、作りの部分でのボールへの絡み、周囲との連携に関してはまだまだ改善すべき部分はあるが、驚異的なアスリート能力、ストライカーとしての動き出しの質の高さを生かし、早くもホットラインを築くデ・ブライネを筆頭に世界屈指のチャンスメイカーたちから良質なラストパスを引き出し、見事な決定力で多くのゴールに結びつけている。

その絶好調のノルウェー代表は、モルデ時代に指導を受けたスールシャールの存在もあり、過去に幾度となく移籍の可能性が取り沙汰されたユナイテッドを相手にする初のダービーで公式戦8試合連発を狙う。

◆マンチェスター・ユナイテッド:DFラファエル・ヴァラン
Getty Images

百戦錬磨のDFが怪物ストップ狙う。昨夏、レアル・マドリーから鳴り物入りで加入したフランス代表DFだが、加入1年目はプレミアリーグへの適応や度重なるコンディション不良の影響もあり、低迷したチームと共に期待外れの1年を過ごした。

それでも、今シーズンはスタメン出場した公式戦5試合すべてでチームを勝利に導く安定したパフォーマンスを披露し、ダロト、マルティネス、マラシアと形成する新生ユナイテッドのディフェンスラインを牽引している。とりわけ、指揮官の戦術を熟知し、ビルドアップの安定感、闘争心溢れる出足の鋭い対人対応に定評があるアルゼンチン代表DFとの補完性は良好で、自身の持ち味であるカバーリング、空中戦の強さを遺憾なく発揮している。

今回のダービーでは試合を通して押し込まれる展開が想定される中、こまめなラインの上げ下げやコーチングというディフェンスリーダーの仕事と共に、個人としては絶好調の相手エースストライカーを封じる仕事が求められる。相棒のマルティネスは決してフィジカルが弱い選手ではないが、195cmのハーランドに対して175cmのサイズでは空中戦、五分五分の球際の競り合いではやはり分が悪い。そのため、この試合に限っては怪物FWへの対応を積極的に引き受けたい


関連ニュース
thumb

アスレティック新SD、ウナイ・シモンら主力選手の慰留に自信「最優先事項だ」

アスレティック・ビルバオの新たなスポーツ・ディレクター(SD)に就任したミケル・ゴンザレス氏が、主力選手らの慰留に自信をのぞかせた。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 アスレティックはラ・リーガの中堅クラブながら、複数のスペイン代表選手が在籍。同国代表の正GKウナイ・シモン(25)とFWニコ・ウィリアムズ(20)は、カタール・ワールドカップ(W杯)のメンバーにも選出されている。 両選手は揃ってビッグクラブからの関心が高く、近い将来のステップアップは濃厚とも。だが、ゴンザレス新SDは29日の就任セレモニーで、2人を含めた主力選手らの引き留めはクラブの最優先事項と明言している。 「優れたタレントの維持は最優先事項。クラブはこれまでも力を入れてきた。ニコとイニャキはこの街とクラブに根ざした存在で、今後何年もここで過ごすだろう。若いサンセトも将来のプロジェクトを語る上で必要不可欠だ」 ニコと兄のガーナ代表FWイニャキ・ウィリアムズ(28)、U-21スペイン代表MFウイハン・サンセト(22)をクラブの根幹と位置付けるゴンザレスSD。一方、マンチェスター・ユナイテッド行きが噂されるシモンについても同様の姿勢を崩していない。 「彼は現時点でワールドクラスのGK。アスレティックのみならず、W杯でも力を発揮しているね。レベルの高い選手がビッグクラブに注目されるのは当然のこと。彼とは長い契約を結んでいて、我々は非常に落ち着いている」 2022.11.30 16:25 Wed
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドいまやフリーも…バイエルンCEO「我々の哲学にそぐわない」 改めて否定

フリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(37)だが、バイエルンのユニフォームに袖を通す姿はやはりお目にかかれなさそうだ。 C・ロナウドは今夏の移籍騒動からマンチェスター・ユナイテッドで不穏さを醸すなか、カタール・ワールドカップ(W杯)開幕前にイギリスメディアでクラブのありとあらゆる方面に噛みついたインタビューが決定打となり、22日に契約解消。言わずもがな、スター選手だが、所属先なしでW杯参戦している。 今夏にも選手代理人のジョルジュ・メンデス氏が売り込みをかけたクラブの1つとして囁かれながら、「我々のフィロソフィーに沿わない」と話したバイエルン最高経営責任者(CEO)のオリバー・カーン氏はドイツ『スカイ』で「我々はこの件について、もう解を出した」と改めて獲得の可能性を否定した。 「我々にははっきりとしたアイデアがあり、どのようにしてチームを作っていくべきかという部分にも明確なフィロソフィーがある。彼を評価しているが、議論の余地なしさ。我々の誰もがクリスティアーノ・ロナウドのことを好いているが、哲学にそぐわない」 そんなC・ロナウドの去就を巡っては現時点でサウジアラビアの強豪アル・ナスルが高待遇のオファーを出したとの噂。今後の動向が注目される。 2022.11.30 11:00 Wed
twitterfacebook
thumb

F・デ・ヨングが今夏の移籍話をシャットアウト 「僕はW杯中」

バルセロナのオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング(25)が自身に長らくつきまとうマンチェスター・ユナイテッド行きの話を拒んだ。イギリス『メトロ』が報じた。 バルセロナの苦しい財政事情の煽りを受けて、クラブの売却対象に上がったF・デ・ヨング。アヤックス時代の恩師であり、今季からユナイテッドを率いるエリク・テン・ハグ監督の根強い誘いが取り沙汰されるなどしたが、最終的に本人の望み通り、バルセロナ残留で決した。 そうして迎えた今季のバルセロナでチャビ・エルナンデス監督の下で重用され、改めて存在感を示すが、メディアの前にひとたび姿を現せば、オランダ代表としてカタール・ワールドカップ(W杯)の戦いに臨む今を含め、今夏去就の振り返りを求める質問がいまだ続いている。 決勝トーナメント進出、さらに首位通過がかかったカタール代表とのグループA最終戦を29日に控えるなかでもそうした質問が飛んだようだが、F・デ・ヨングは「僕はW杯のトーナメントを戦っているんだ。クラブフットボールの話をするつもりはない」と口を閉ざしたという。 なお、つい先日も母国メディアで今夏の移籍騒動を振り返っており、チャビ・エルナンデス監督に非がなく、あくまで上層部が企てたことだと述べ、クラブでの充実ぶりを強調している。 2022.11.29 17:10 Tue
twitterfacebook
thumb

再び初戦でシティvsチェルシー! FAカップ3回戦の対戦カード決定

FAカップ3回戦の組み合わせ抽選会が28日に行われた。 イングランドサッカー協会(FA)に登録されている全てのクラブが出場可能なFAカップ。この3回戦からはプレミアリーグ勢、チャンピオンシップ(イングランド2部)勢が参戦する。 今回の組み合わせでは先日のEFLカップ3回戦に続きマンチェスター・シティとチェルシーという優勝候補同士の対決が実現。 さらに、前大会王者のリバプールはウォルバーハンプトン、マンチェスター・ユナイテッドはエバートンとのプレミア勢と対戦することに。また、クリスタル・パレスvsサウサンプトン、ブレントフォードvsウェストハムが1部同士で激突する。 DF冨安健洋のアーセナルとMF三笘薫のブライトンは、前者がフットボールリーグ1(イングランド3部)のオックスフォード、後者がチャンピオンシップのミドルズブラと対戦。その他ではトッテナムがフットボールリーグ1のポーツマス、DF中山雄太が長期離脱中のハダースフィールドは同じチャンピオンシップ勢のプレストンと対戦する。 なお、3回戦は2023年1月6日~9日にかけて開催される。FAカップ3回戦組み合わせは以下の通り。 ◆FAカップ3回戦 マンチェスター・シティ vs チェルシー マンチェスター・ユナイテッド vs エバートン リバプール vs ウォルバーハンプトン クリスタル・パレス vs サウサンプトン ブレントフォード vs ウェストハム オックスフォード(3) vs アーセナル トッテナム vs ポーツマス(3) ミドルズブラ(2) vs ブライトン シェフィールド・ウェンズデー(3) vs ニューカッスル ハル・シティ(2) vs フルアム カーディフ(2) vs リーズ ボーンマス vs バーンリー(2) ブラックプール(2) vs ノッティンガム・フォレスト ダゲナム&レッドブリッジ(5)orジリンガム(4) vs レスター・シティ アストン・ビラ vs スティブネイジ(4) プレストン(2) vs ハダースフィールド(2) レディング(2) vs ワトフォード(2) チェスターフィールド(5) vs WBA(2) チャールトン(3)orストックポート(4) vs ウォルサール(4) ボレアム・ウッド(5) vs アクリントン・スタンリー(3) ダービー・カウンティ(3) vs バーンズリー(3) コヴェントリー(2) vs レクサム(5) ノリッジ(2) vs ブラックバーン(2) イプスウィッチ(3) vs ロザラム(2) ルートン・タウン(2) vs ウィガン(2) フリートウッド・タウン(3) vs QPR(2) グリムズビー(4) vs バートン・アルビオン(3) フォレストグリーン・ローヴァーズ(3) vs バーミンガム(2) ブリストル・シティ(2) vs スウォンジー(2) ハートルプール(4) vs ストーク(2) ミルウォール(2) vs シェフィールド・ユナイテッド(2) シュールズベリー(3) vs サンダーランド(2) ※()内の数字は所属カテゴリー 2022.11.29 06:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ラッシュフォードが「アイドルだった」C・ロナウド退団に言及「信じられない体験」

マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードが、クリスティアーノ・ロナウドの退団について口を開いた。イギリス『サン』が伝えている。 今夏の移籍騒動から不穏さを醸した今季のC・ロナウド。エリク・テン・ハグ新監督の下で明らかに序列を落とすなか、試合で出場拒否に走れば、イギリスのテレビ『TalkTV』でもクラブの内部批判を展開した。 ユナイテッドはその後、「しかるべき措置の開始」を明らかにすると、22日にC・ロナウド側との双方合意による即座の退団決定をアナウンスした。 現在はカタール・ワールドカップ開催中ということもあり、その話題への関心は一旦薄まってはいるが、チームメイトはやはりコメントを求められているようだ。これまでに同胞のブルーノ・フェルナンデスやレアル・マドリーでも共闘したカゼミロが言及していが、ラッシュフォードも「彼はアイドルだった」と別れを惜しんだ。 「18カ月の間、彼とプレーできたことは信じられないような体験だった。いつも目標にしていたアイドルなんだ。だからこそ、彼の隣でプレーできるなんで夢みたいだったんだ」 「僕はそれをずっと思い出にしまっておく。永遠に心の中に残り続けていくことだろう」 「彼の幸運を祈っているよ。これまでマンチェスター・ユナイテッドのために成し遂げてきたことに感謝し、残りのキャリアがうまくいくことを願っている」 2022.11.28 16:25 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly