ギャラガーの土壇場恩返し弾で逆転のチェルシーがポッター新体制で初白星!《プレミアリーグ》

2022.10.02 01:27 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第9節、クリスタル・パレスvsチェルシーが1日にセルハースト・パークで行われ、アウェイのチェルシーが1-2で逆転勝利した。

開幕から3勝1分け2敗の7位に低迷するチェルシーは、先月にトゥヘル監督を電撃解任。その後任としてブライトンからポッター監督を引き抜いた。そのイングランド人指揮官の初陣となったチャンピオンズリーグ(CL)のレッドブル・ザルツブルク戦は1-1のドローに終わっており、インターナショナルマッチウィーク明けの初戦では新体制初白星を狙った。

週明けに勝ち点3必須のCLミラン戦を控える中、ポッター監督は曲者とのロンドン・ダービーに向けて先発2人を変更。クリバリとアスピリクエタに代えてチアゴ・シウバ、ジョルジーニョを起用し、[4-2-3-1]に並びを変更した。そして、前半は1トップにオーバメヤン、2列目は右からスターリング、ハヴァーツ、マウントが並ぶ形に。
互いに様子見の入りとなったが、ホームのパレスがファーストチャンスをゴールに結びつける。7分、相手陣内でのボール奪取からカウンターに転じたパレスは右サイドのアイェウが早いタイミングで正確なクロスをゴール前に送り届けると、飛び込んだエドゥアールがスライディングシュートの形でうまく合わせてゴール左へ流し込んだ。

いきなり出ばなをくじかれたチェルシーは、直後にもエゼにあわや連続失点という際どいミドルシュートを許すなど、難しい立ち上がりとなる。それでも、徐々に反撃に転じていくと、19分にはハヴァーツの右クロスに反応したマウントが枠をわずかに外れるヘディングシュート。24分にはリース・ジェームズの右からのグラウンダークロスに反応したスターリングが自らのシュートのこぼれ球に反応してゴール至近距離からシュートに持ち込むが、今度は右ポストを叩いた。

徐々にゴールの匂いをさせ始めるチェルシーだが、30分過ぎには試合の行方を左右するインシデントが発生。自陣で味方からバックパスを受けたチアゴ・シウバがエドゥアールにボールを奪われて入れ替わられかけると、思わずボールを手ではじき出す。決定機阻止でのレッドカードの可能性もあったが、VARの介入後も主審のイエローカードの判定が支持されて事なきを得る。

すると、38分にはセットプレーの流れから前線に攻め残っていたチアゴ・シウバがクラインに競り勝ってリース・ジェームズからのロングフィードをボックス中央へ折り返すと、これをオーバメヤンが巧みな右足の反転ボレーで合わせ、待望の加入後初ゴールとした。

前半の内に追いついたアウェイチームは、ここから攻勢を仕掛けると、クラインの負傷交代で6分が与えられたアディショナルタイムに2点目に迫る。ボックス内での間接FKからマウントが豪快に右足を振るが、これは惜しくもサイドネットを叩いた。

1-1のイーブンで折り返した試合は、後半も立ち上がりは拮抗。ボールは握りながらもなかなか決定機まで持ち込めないチェルシーは、56分にジョルジーニョを下げてロフタス=チークを最初のカードとして切る。

その後はマウントやスターリング、ハヴァーツの2列目が散発ながら決定機に絡むも攻撃が手詰まると、75分過ぎにはオーバメヤンとハヴァーツ、マウントに代えてブロヤ、ギャラガー、プリシッチと続けて交代カードを切っていく。

一連の交代策も攻撃を活性化させるまでには至らないが、昨季のセルハースト・パークで輝きを放っていた若武者が最後の最後に決定的な仕事を果たした。90分、ボックス手前左でプリシッチから足元にボールを受けたギャラガーが豪快に右足を振り抜くと、このシュートがゴール右上隅に突き刺さった。

そして、ギャラガーのチェルシー初ゴールで試合を引っくり返したチェルシーが、苦しみながらも敵地でのダービーを逆転で制してポッター新体制2戦目で初勝利を手にした。

関連ニュース
thumb

チェルシーと紐づく去就に「いずれわかるはず」 渦中のグヴァルディオルが開口

RBライプツィヒのクロアチア代表DFヨシュコ・グヴァルディオル(20)がチェルシー行きの噂に口を開いた。 グヴァルディオルは母国の名門ディナモ・ザグレブから昨夏にライプツィヒ入りしたセンターバック。初の海外移籍だったが、公式戦46試合でピッチに立って今季も主力を張り、現在はカタール・ワールドカップ(W杯)の戦いに身を投じる。 今夏にトッテナムらの関心が囁かれたなか、チェルシーの本腰報道も熱を帯び、プレミアリーグ勢の人気銘柄に。そんな矢先の今年9月にライプツィヒとの契約を2027年6月まで延長したが、チェルシーの継続的な関心が取り沙汰される。 クロアチアのベスト16進出に貢献して、不屈の戦いぶりで反響を呼ぶ5日の日本代表戦に向かうグヴァルディオルだが、イギリス『The Athletic』でチェルシーと紐づく去就を問われると、決まり事なしと返したようだ。 「わからないよ。ここ数カ月の出来事は把握している。でも、正直に言って、まったくわからないんだ。僕の代理人がこのことに対応してくれているし、いずれわかるはず。今はライプツィヒで幸せさ。どうなるかは誰にもわからないけどね」 「もちろん、(チェルシーは)ビッグクラブだし、いつの日か僕もそこにいるかもしれない。そうなれば本当に素晴らしいし、(代表でチームメイトのマテオ・)コバチッチがいるからなおさらね。わからないけど、彼とはよく話をするんだ」 「今の僕からは話せるのはライプツィヒで幸せで、ここにとどまって、彼らのためにプレーするということだけさ」 2022.12.03 09:25 Sat
twitterfacebook
thumb

ベナセル、ミランとの契約延長交渉不調の場合はプレミア行きか

ミランのアルジェリア代表MFイスマエル・ベナセル(25)にプレミアリーグ行きの可能性があるようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 ミランとの契約が2024年6月に切れるベナセル。ミランとの契約延長を最優先としているものの、チームメートのDFテオ・エルナンデスが受け取っている500万ユーロの年俸を希望しているとのこと。 仮にミランとの交渉が不調に終わった場合はチェルシーとアーセナルがベナセルの獲得に関心を持っているようでプレミアリーグ行きの可能性があるようだ。 現状では両クラブとも関心を持っているレベルにとどまっているが、ミランとの交渉が進展しなければベナセル獲得へ本腰を入れる可能性があり、去就に注目が集まる。 2022.12.02 23:45 Fri
twitterfacebook
thumb

来夏去就注目のライスがステップアップ願望口に…

ウェストハムのイングランド代表MFデクラン・ライス(23)が来シーズンのステップアップ願望を明かした。イギリス『テレグラフ』が報じている。 現在、プレミアリーグ最高の若手ホールディングMFとしての評価を確立するハマーズのキャプテン。今夏にはステップアップの可能性が取り沙汰されたものの、愛するクラブとの紳士協定によって残留を決断した。 しかし、今夏積極的な補強を敢行したチームは、デイビッド・モイーズ監督の限界を露呈するようなリーグ戦の低迷を強いられており、23歳MFの来夏の退団がより現実味を帯びてきている。 そういった中、現在スリーライオンズの一員としてカタール・ワールドカップ(W杯)という代表レベルにおける最高峰の舞台を経験するライスは、公式会見の場で自身の去就に言及。 周囲のチームメイト同様にクラブレベルでもチャンピオンズリーグ(CL)のような最高峰の舞台に挑戦したいと、改めてステップアップ願望を口にした。 「皆さんが知っているように、チャンピオンズリーグのフットボールをプレーし、トロフィーを獲得している友人がここにはいる。キャリアは1つしかなく、キャリアの終わりには、自分が何を勝ち取ったのか、プレーした最大のゲームを振り返りたいと思うものだ」 「僕は野心的で、それをやりたいと思っている」 なお、ウェストハムはライスの移籍金を7000万ポンド~1億ポンド(約116億~166億円)程度に見積もっており、移籍先候補に挙がるプレミアリーグのメガクラブにとって十分に支払いが可能な金額だ。 ただ、以前から有力な候補に挙がる古巣のチェルシーやマンチェスター・ユナイテッド、リバプールに関してはCL出場権獲得へ微妙な立ち位置となっており、マンチェスター・シティやアーセナルなどと競合した際にはその部分がネックとなりそうだ。 2022.12.02 05:30 Fri
twitterfacebook
thumb

マドリーがチェルシーのアスピリクエタに関心か、今夏にはバルサ移籍の噂も

レアル・マドリーが、チェルシーのスペイン代表DFセサール・アスピリクエタ(33)の獲得を検討しているようだ。イギリス『BBC』が伝えている。 すでにチェルシーのレジェンドクラスの選手に昇華されているアスピリクエタ。今夏にはバルセロナ移籍の噂もあったが、最終的に2024年まで契約を延長し、在籍11年目を迎えている。 カタール・ワールドカップでも初戦のコスタリカ戦にフル出場し、7ゴール無失点の完勝に貢献。まだまだ衰えを見せない33歳だが、そんな鉄人に母国のビッグクラブが触手を伸ばしているようだ。 『BBC』のロブ・プラトリー記者によると、マドリーは1月の獲得を検討している模様。同クラブには同じくカタールW杯に参戦中のダニ・カルバハルが活躍中だが、同選手も1月には31歳を迎え、バックアッパーのルーカス・バスケスは本職ではない。 アスピリクエタも年齢的に長い目で見られる選手ではないが、あと2、3年はトップレベルでのプレーが見込める。本人も以前に母国でのプレーを望んでいることを認めたこともあり、マドリーの獲得のチャンスは小さくないかもしれない。 2022.12.01 14:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ケパやメンディでも満足できず? チェルシー、ポルトガル代表GKジオゴ・コスタ獲得を画策か

チェルシーが、ポルトのポルトガル代表GKジオゴ・コスタ(23)に関心を持っているようだ。ポルトガル『A Bola』が伝えている。 現在、スペイン代表GKケパ・アリサバラガとセネガル代表GKエドゥアール・メンディという2人の名GKが所属するチェルシー。後者は2020-21シーズンのチャンピオンズリーグ優勝に大貢献し、同年のFIFA男子最優秀GKという確かな地位を築いたが、ここ数年その後塵を拝していたケパも、今季は中断前まで再び台頭していた。 トップクラスのGK2人が鎬を削る贅沢な環境だが、チェルシー上層部は新たにポルトガル代表GKの獲得を目論んでいる模様。ポルトの下部組織出身のジオゴ・コスタは、カタール・ワールドカップでも守護神として活躍中。2戦目のウルグアイ戦ではクリーンシートで勝利に貢献した。 ケパやメンディに負けず劣らずの優れたGKだが、ポルトとは11月に2027年まで契約を延長したばかり。その際に契約解除金が7500万ユーロに設定されたが、チェルシーは推定7000万ユーロの移籍金を用意しているとのこと。すでに代理人のジョルジュ・メンデス氏と接触しているという。 イギリス『サン』によれば、チェルシーとしては週給15万ポンドと言われるケパの維持コストを高額と見ているようで、2025年までの契約となっている28歳は、すでに退団が既定路線になっていると推測されている。 2022.11.30 16:40 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly