レーティング:アーセナル 3-1 トッテナム《プレミアリーグ》

2022.10.01 22:38 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第9節、アーセナルとトッテナムによるノースロンドン・ダービーが1日にエミレーツ・スタジアムで行われ、ホームのアーセナルが3-1で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽アーセナル採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
1 ラムズデール 6.0
PKによる1失点にとどめる安定したゴールキーピング。リシャルリソンの決定機阻止に加え、判断の良い飛び出しやディストリビューションで勝利に貢献した

DF
4 ホワイト 6.5
内側と外側のレーンを行き来しながらサカを後方支援。先制点のアシストや深くえぐってのクロスなど、危なげない繋ぎと共に攻撃に貢献。守備でもそつのない対応を見せた
(→冨安健洋 -)

12 サリバ 7.5
攻守両面で圧巻のパフォーマンスを披露。守備能力はさることながらマイボール時の冷静且つ大胆なプレーで存在感を示した

6 ガブリエウ 5.5
PK献上に加え、前半は守備面でバタバタした場面が散見。ただ、周囲のサポートもあって後半は持ち直した

35 ジンチェンコ 6.0
チーム全体が押し込んだことにより中盤でプレーする機会が多くボールを的確に循環させた。懸念の守備面でも大きな穴はあけず

MF
7 サカ 6.5
決定的な仕事には至らなかったが、自身のシュートが決勝点の起点に。マイボール時に複数のDFを引き付けて周囲を自由にプレーさせ、切り替えの部分でもハードワークした

5 トーマス 7.0
圧巻のダイレクトシュートで先制点を奪取。それ以外の2つのゴールにも絡むなど、攻撃面では的確な判断で多くのチャンスの起点に。守備面でも相手の屈強な中盤コンビやケイン相手によく身体を張った

(→サンビ・ロコンガ 5.5)
余裕のある展開で無難なプレーで逃げ切りに貢献

8 ウーデゴール 6.0
相手の中盤相手にボールを失う場面も散見されたが、コンディションに不安を抱える中でも攻守に水準以上のパフォーマンスを見せた

(→ファビオ・ヴィエイラ -)

34 ジャカ 7.0
トドメの3点目を奪取。先制点後にチームメイトを集めて指示を送るなど、躍動したプレー面以外でもリーダーシップを発揮するなど、勝利の立役者に

11 マルティネッリ 6.5
1アシストに加えてエメルソンの退場を誘発。サイドに張って果敢に勝負を仕掛けてアタッキングサードで突破口となった。攻守両面でオープンプレーではダイナミックなプレーが光った

FW
9 ガブリエウ・ジェズス 7.0
値千金の決勝点を記録。休養十分でキレを感じさせるプレーが多く、巧みなポストワークやプレーの連続性、果敢な仕掛けと相手守備陣の脅威に

(→エンケティア -)

監督
アルテタ 5.5


▽トッテナム採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
1 ロリス 5.0
コンディションの問題を抱えた中でプレー。決勝点に繋がるファンブルを犯すなど難しい試合になったが、2本のビッグセーブもあった

DF
17 ロメロ 4.5
前半は良い潰しもあったが、後半は2失点に絡むなど難しい試合に。ジェズスやマルティネッリの仕掛けに苦戦した

15 ダイアー 5.0
個人として大きなミスはなかったが、後手を踏む対応が目立った。前半のビルドアップの局面ではもう少し工夫がほしかった

34 ラングレ 5.5
圧力を感じる状況が多かった中、らしくないパスミスも散見。ただ、守備では決定的なクリアなど良いプレーもあった

(→ダビンソン・サンチェス 5.5)
大勢が決した展開の中でも身体を張って傷口を広げず

MF
12 エメルソン・ロイヤル 4.0
意図的なプレーではなかったと思われるが、状況を考えれば軽率と言わざるを得ないファウルで一発退場。それ以外の局面でもパフォーマンスレベルは低かった

5 ホイビュア 5.0
前半は良い潰しもあったが、代表戦での疲労は大きく後半は完全にトーンダウン


(→スキップ 5.5)
今季初出場で生え抜きとしての気概を見せるパフォーマンス

30 ベンタンクール 5.5
ホイビュア同様に満身創痍でのプレーとなったが、消耗激しいダービーで一定水準のパフォーマンスを継続した

14 ペリシッチ 5.0
代表戦での蓄積疲労に加え、守備に追われる時間が長く持ち味の攻撃面で精度を欠いた

(→ビスマ 5.5)
中盤の活性化を期待されたが、さすがに数的不利では違いを生めず

FW
9 リシャルリソン 5.5
PK奪取など、持ち味の献身的な守備や仕掛けで一定の存在感を示したが、エメルソン退場の煽りを受けて早いタイミングでの交代に

(→セセニョン 5.5)
攻撃面では見せ場なしも守備では最低限の仕事をこなす

10 ケイン 5.5
ノースロンドンの王様としてPKを決め切る。史上初のプレミアリーグアウェイ100ゴールに到達も、後半は数的不利を撥ね返す存在感は示せず

7 ソン・フンミン 5.0
韓国での2試合連続フル出場でのダービーということもあり輝きは限定的に

(→ドハーティ 5.5)
セセニョン同様に守備に奔走する試合に

監督
コンテ 5.0
負傷者に加え、代表戦でのコンディション問題で難しい試合に。退場者の存在もあり、多くの責任を問うのは酷と言える

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
サリバ(アーセナル)
決勝点のジェズスにジャカとトーマスの中盤コンビの活躍も光ったが、初のダービーで相手の強力トリデンテを抑え込み、攻撃面でもテイクオン、パス成功率など驚異的なスタッツを叩き出した21歳DFをMOMに選出。次節以降のリバプール、マンチェスター・シティ戦のパフォーマンス次第では一気にワールドクラスへステップアップする可能性も。

アーセナル 3-1 トッテナム
【アーセナル】
トーマス(前20)
ガブリエウ・ジェズス(後4)
ジャカ(後22)
【トッテナム】
ケイン(前31[PK])

関連ニュース
thumb

ベナセル、ミランとの契約延長交渉不調の場合はプレミア行きか

ミランのアルジェリア代表MFイスマエル・ベナセル(25)にプレミアリーグ行きの可能性があるようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 ミランとの契約が2024年6月に切れるベナセル。ミランとの契約延長を最優先としているものの、チームメートのDFテオ・エルナンデスが受け取っている500万ユーロの年俸を希望しているとのこと。 仮にミランとの交渉が不調に終わった場合はチェルシーとアーセナルがベナセルの獲得に関心を持っているようでプレミアリーグ行きの可能性があるようだ。 現状では両クラブとも関心を持っているレベルにとどまっているが、ミランとの交渉が進展しなければベナセル獲得へ本腰を入れる可能性があり、去就に注目が集まる。 2022.12.02 23:45 Fri
twitterfacebook
thumb

来夏去就注目のライスがステップアップ願望口に…

ウェストハムのイングランド代表MFデクラン・ライス(23)が来シーズンのステップアップ願望を明かした。イギリス『テレグラフ』が報じている。 現在、プレミアリーグ最高の若手ホールディングMFとしての評価を確立するハマーズのキャプテン。今夏にはステップアップの可能性が取り沙汰されたものの、愛するクラブとの紳士協定によって残留を決断した。 しかし、今夏積極的な補強を敢行したチームは、デイビッド・モイーズ監督の限界を露呈するようなリーグ戦の低迷を強いられており、23歳MFの来夏の退団がより現実味を帯びてきている。 そういった中、現在スリーライオンズの一員としてカタール・ワールドカップ(W杯)という代表レベルにおける最高峰の舞台を経験するライスは、公式会見の場で自身の去就に言及。 周囲のチームメイト同様にクラブレベルでもチャンピオンズリーグ(CL)のような最高峰の舞台に挑戦したいと、改めてステップアップ願望を口にした。 「皆さんが知っているように、チャンピオンズリーグのフットボールをプレーし、トロフィーを獲得している友人がここにはいる。キャリアは1つしかなく、キャリアの終わりには、自分が何を勝ち取ったのか、プレーした最大のゲームを振り返りたいと思うものだ」 「僕は野心的で、それをやりたいと思っている」 なお、ウェストハムはライスの移籍金を7000万ポンド~1億ポンド(約116億~166億円)程度に見積もっており、移籍先候補に挙がるプレミアリーグのメガクラブにとって十分に支払いが可能な金額だ。 ただ、以前から有力な候補に挙がる古巣のチェルシーやマンチェスター・ユナイテッド、リバプールに関してはCL出場権獲得へ微妙な立ち位置となっており、マンチェスター・シティやアーセナルなどと競合した際にはその部分がネックとなりそうだ。 2022.12.02 05:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ホワイトの代表離脱に「我々は君のそばにいる」 所属先アーセナルがメッセージ

DFベン・ホワイトのイングランド代表離脱に所属先のアーセナルが反応した。 カタール・ワールドカップ(W杯)グループBを2勝1分けで首位突破したイングランド代表。決勝トーナメント1回戦の相手もグループA2位のセネガル代表に決まり、ここからもう1つギアを上げていきたいところだ。 だが、イングランドサッカー協会(FA)は11月30日にホワイトの私事による離脱を報告。すでにイングランド代表が拠点を置くアル・ワクラから離れ、帰国した旨とともに、再合流の見通しがないとも記されている。 そのリリースではプライバシーの尊重も求められたなか、アーセナルがFAに追随する形で渦中のベン・ホワイトに関する声明を発表。多くに触れず、「我々は誰もが君のそばにいる、ベン」とのメッセージを送った。 2022.12.01 16:55 Thu
twitterfacebook
thumb

W杯16強入りのイングランド代表、ベン・ホワイトが私事で離脱…復帰見通しなしとも

イングランドサッカー協会(FA)は11月30日、DFベン・ホワイトのイングランド代表離脱を発表した。 カタール・ワールドカップ(W杯)グループBを2勝1分けで首位突破したイングランド代表。決勝トーナメント1回戦ではグループA2位のセネガル代表と対戦する。 だが、ホワイトはプライベートの諸事情でアル・ワクラにあるイングランド代表のトレーニングセンターを離れ、帰国の途に。戻ってくる見通しもないという。 また、その発表では選手のプライバシー尊重を求める文面も。アーセナルで主力を張るホワイトだが、今大会では出場がなかった。 2022.12.01 09:00 Thu
twitterfacebook
thumb

再び初戦でシティvsチェルシー! FAカップ3回戦の対戦カード決定

FAカップ3回戦の組み合わせ抽選会が28日に行われた。 イングランドサッカー協会(FA)に登録されている全てのクラブが出場可能なFAカップ。この3回戦からはプレミアリーグ勢、チャンピオンシップ(イングランド2部)勢が参戦する。 今回の組み合わせでは先日のEFLカップ3回戦に続きマンチェスター・シティとチェルシーという優勝候補同士の対決が実現。 さらに、前大会王者のリバプールはウォルバーハンプトン、マンチェスター・ユナイテッドはエバートンとのプレミア勢と対戦することに。また、クリスタル・パレスvsサウサンプトン、ブレントフォードvsウェストハムが1部同士で激突する。 DF冨安健洋のアーセナルとMF三笘薫のブライトンは、前者がフットボールリーグ1(イングランド3部)のオックスフォード、後者がチャンピオンシップのミドルズブラと対戦。その他ではトッテナムがフットボールリーグ1のポーツマス、DF中山雄太が長期離脱中のハダースフィールドは同じチャンピオンシップ勢のプレストンと対戦する。 なお、3回戦は2023年1月6日~9日にかけて開催される。FAカップ3回戦組み合わせは以下の通り。 ◆FAカップ3回戦 マンチェスター・シティ vs チェルシー マンチェスター・ユナイテッド vs エバートン リバプール vs ウォルバーハンプトン クリスタル・パレス vs サウサンプトン ブレントフォード vs ウェストハム オックスフォード(3) vs アーセナル トッテナム vs ポーツマス(3) ミドルズブラ(2) vs ブライトン シェフィールド・ウェンズデー(3) vs ニューカッスル ハル・シティ(2) vs フルアム カーディフ(2) vs リーズ ボーンマス vs バーンリー(2) ブラックプール(2) vs ノッティンガム・フォレスト ダゲナム&レッドブリッジ(5)orジリンガム(4) vs レスター・シティ アストン・ビラ vs スティブネイジ(4) プレストン(2) vs ハダースフィールド(2) レディング(2) vs ワトフォード(2) チェスターフィールド(5) vs WBA(2) チャールトン(3)orストックポート(4) vs ウォルサール(4) ボレアム・ウッド(5) vs アクリントン・スタンリー(3) ダービー・カウンティ(3) vs バーンズリー(3) コヴェントリー(2) vs レクサム(5) ノリッジ(2) vs ブラックバーン(2) イプスウィッチ(3) vs ロザラム(2) ルートン・タウン(2) vs ウィガン(2) フリートウッド・タウン(3) vs QPR(2) グリムズビー(4) vs バートン・アルビオン(3) フォレストグリーン・ローヴァーズ(3) vs バーミンガム(2) ブリストル・シティ(2) vs スウォンジー(2) ハートルプール(4) vs ストーク(2) ミルウォール(2) vs シェフィールド・ユナイテッド(2) シュールズベリー(3) vs サンダーランド(2) ※()内の数字は所属カテゴリー 2022.11.29 06:15 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly