首位新潟がドローで足踏み、2位横浜FCが1ポイント差に迫る【明治安田J2第39節】

2022.10.01 21:45 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
1日、明治安田生命J2リーグ第39節の6試合が各地で行われた。

首位を走る新潟は、7位モンテディオ山形とのアウェイ戦に臨んだ。立ち上がりは静かな展開となるも、ペースを掴んだ山形がまずはチャンスを作る。25分に敵陣中央でボールを持った山田がボックス内に浮き球のボールを供給。これを国分が落とし、最後はゴール前のディサロが左足で合わせたが、枠の左に外れる。

勢いを強めるホームチームは34分、敵陣中央から国分が送ったロングボールをボックス左手前で松本、山田と繋ぎ、最後はゴール前のディサロへ。左足のシュートをゴール右上に突き刺した。
前半は相手に押し込まれていた印象の新潟だが、後半に入って徐々に攻勢を強めていく。56分に敵陣で相手からボールを奪取した伊藤がボックス手前左までドリブルで持ち込み、ボックス左にスルーパスを送る。これに反応した谷口が走り込み、左足を振りぬいたが、枠の左へ。

アウェイチームは64分にも決定機を迎える。右CKの場面でキッカーの星が鋭いボールを送ると、谷口がヘディングシュート。これは相手GKの正面に飛び、こぼれたところを藤原が詰めるも、再び相手GKの好セーブに阻まれる。

後半は幾度となく相手ゴールに迫る新潟。85分には待望の瞬間が訪れる。敵陣中央に細かいパスワークで侵入し、ボックス手前左でボールを持った堀米がボックス内にパスを送る。ボールを後ろ向きに受けた谷口は反転しながら右足を振りぬくと、相手DFの股を抜いて、ゴール左に決まった。

この流れのまま逆転を目指したい新潟だが、その後見せ場を作ることはできず、1-1のドロー決着。1ポイントを得るにとどまった。

2位横浜FCは最下位のFC琉球とアウェイで対戦した。立ち上がりは両チーム攻撃の機会を窺う時間が続いたが、ファーストシュートを放ったのは横浜FC。14分にカウンターの流れから長谷川のスルーパスでボックス手前中央に抜け出したイサカ・ゼインがシュートを放つも、相手GKに防がれる。

対する琉球は16分に最初のチャンス。敵陣でボールを奪ったが左サイドから沼田がアーリークロスを上げると、これは相手GKにはじかれるも、こぼれ球をファーサイドの大本が折り返し、最後はゴール前の金井が左足でフィニッシュ。しかし、こちらも相手GKの好セーブに阻まれる。

横浜FCは33分にも速攻から攻め込む。岩武の自陣からの浮き球のパスで、ボックス右へ抜け出したイサカ・ゼインが相手DFに倒されてPKを獲得。これを小川が落ち着いてゴール右に決め、先制に成功する。

先制を許した琉球は前半の間にそれでも試合を折り返して62分、自陣での組み立てから上原が絶妙なロングボールをボックス内に供給。ゴール前で福村が合わせたが、上手くミートできずに相手GKにキャッチされてしまった。

さらに、72分にもホームチームに決定機。敵陣で相手からボールを奪った金井がドリブルでボックス手前中央まで持ち込み、ゴール前にスルーパスを送る。抜け出した池田は相手GKとの一対一を迎えるが、左足のシュートは枠の左に逸れる。

その後も集中した守備で琉球の猛攻をしのぎ切った横浜FCが0-1で勝利。3ポイントを獲得し、首位新潟との勝ち点差「1」まで迫った。

その他、5位の大分トリニータは8位V・ファーレン長崎との“九州ダービー”に3-1で勝利。18位栃木SCはアウェイで17位のヴァンフォーレ甲府を0-1で破り、これが7試合ぶりの白星となった。

▽10/1(土)
モンテディオ山形 1-1 アルビレックス新潟
ザスパクサツ群馬 1-0 大宮アルディージャ
ヴァンフォーレ甲府 0-1 栃木SC
徳島ヴォルティス 3-2 FC町田ゼルビア
FC琉球 0-1 横浜FC
大分トリニータ 3-1 V・ファーレン長崎

▽10/2(日)
ロアッソ熊本 vs ブラウブリッツ秋田
ベガルタ仙台 vs 東京ヴェルディ
水戸ホーリーホック vs ジェフユナイテッド千葉
ツエーゲン金沢 vs ファジアーノ岡山
レノファ山口FC vs いわてグルージャ盛岡

関連ニュース
thumb

大宮がJ最多出場のGK南雄太と契約更新、アキレス腱断裂からの復帰目指す「全力の限りを尽くしたい」

大宮アルディージャは8日、GK南雄太(43)との契約更新を発表した。 南は静岡学園高校から1998年に柏レイソルに入団。正守護神としてプレーすると、2010年にロアッソ熊本へと完全移籍。2014年に横浜FCへと完全移籍していた。 2021年7月に大宮へと期限付き移籍で加入すると、明治安田生命J2リーグで19試合に出場。今シーズンから完全移籍に切り替わり、守護神としてプレーすると、元日本代表GK楢崎正剛氏が持っていたJリーグのGK最多出場記録を更新。しかし、5月に試合中のプレーで右足アキレス腱断裂の重傷を負っていた。なお、15試合に出場していた。 引退もよぎったという南だったが懸命のリハビリを行い、トレーニングを行うまでに復帰。新シーズンへの意気込みを語った。 「2023シーズンも大宮アルディージャで共に闘わせていただけることになりました!このような状況の自分にまたサッカーをさせていただける環境を与えてくださったことに心から感謝し、アルディージャの勝利とここ数年の低迷からの巻き返しのために、自分は全力の限りを尽くしたいと思います」 「そして、43歳でアキレス腱断裂という大怪我を乗り越えた姿を一人でも多くの方にお見せして、同じような境遇の方々に少しでも勇気や希望を与えられるような存在になることも、自分の今後の現役生活に課せられた一つの使命だと思っています。そのためにも、もう一度NACK5スタジアム大宮のゴールマウスに立てるように、負傷前以上に日々精進していく所存です」 「来季こそサポーターの皆さんと共にたくさんの喜びを分かち合えるように、サポーターの皆様のたくさんの笑顔が見られるようなシーズンになるよう精いっぱい頑張りますので、アルディージャにかかわるすべての人が一つになって、上を目指して共に闘いましょう!」 2022.12.08 11:18 Thu
twitterfacebook
thumb

山形が名古屋のU-21日本代表DF成瀬竣平を育成型期限付き移籍で獲得「J1昇格を目指し全力で闘いたい」

モンテディオ山形は8日、名古屋グランパスのU-21日本代表DF成瀬竣平(21)を育成型期限付き移籍で獲得することを発表した。 移籍期間は2024年1月31日まで。名古屋との公式戦には出場できない。 成瀬は名古屋の下部組織出身で、U-15、U-18と所属。2種登録時代にJ1デビューを果たすと、2019年に正式に昇格していた。 名古屋ではJ1で45試合に出場。リーグカップでも13試合、天皇杯で2試合に出場。今シーズンはシーズン途中にファジアーノ岡山へと期限付き移籍し、J2で31試合、天皇杯で1試合に出場していた。 新たに武者修行に出る成瀬は、3クラブを通じてコメントしている。 ◆モンテディオ山形 「モンテディオ山形の皆さん、はじめまして。 育成型期限付き移籍で加入する成瀬竣平です。山形でプレーする機会を与えていただき、とても感謝しています。僕自身、今まで以上の覚悟と責任を持ち、このクラブの一員として、J1昇格を目指し全力で闘いたいと思います。そして、クラブに関わる全ての人と共に喜びあえるシーズンにしたいと思います。よろしくお願いします!」 ◆名古屋グランパス 「来シーズンはモンテディオ山形でプレーすることになりました。昨シーズンに引き続きこのチームを離れることにはなりますが、アカデミー時代からお世話になっている名古屋グランパスへの思いは変わりません。自分の活躍が皆さんの耳に届くよう、山形の地で頑張ってきたいと思います」 「そしてまたグランパスファミリーの皆さんの前でプレーできるその時を楽しみにしています。少しでも僕のことを気にかけていただけたら幸いです!」 ◆ファジアーノ岡山 「今シーズン途中加入という形で、チームに加わらせていただき、J1昇格を目指して日々精進してきました。僕自身、初めての移籍ということもあり、不慣れな部分も大いにありましたが、選手、スタッフ、サポーターの方達に支えられ、シーズンを通して戦うことができました」 「チームはプレーオフまでいったものの、J1昇格という形で終わることができず、とても悔しい気持ちでいっぱいです。これから自分自身もっとレベルアップした姿を皆さんにお見せできるよう頑張っていきたいと思います」 「短い間でしたが、たくさんの応援をありがとうございました。またスタジアムで会えることを楽しみにしています」 2022.12.08 10:50 Thu
twitterfacebook
thumb

甲府がACLで9試合4得点、京都退団のFW武富孝介を獲得「全力で勝利に貢献する覚悟を持ってきました」

ヴァンフォーレ甲府は8日、京都サンガF.C.を契約満了となっていたFW武富孝介(32)を完全移籍で獲得したことを発表した。 武富は柏レイソルの下部組織出身で、2009年にトップチーム昇格。ブラジルのモジミリンで半年間プレー。その後柏に復帰すると、ロアッソ熊本、湘南ベルマーレへの期限付き移籍を経験する。 2018年に浦和レッズへと完全移籍。2019年には期限付き移籍で湘南へ戻ると、2021年から京都でプレーしていた。 京都では加入1年目に明治安田生命J2リーグで10試合に出場し1得点を記録。今シーズンは明治安田生命J1リーグで25試合に出場し3得点、リーグカップで2試合、天皇杯で1試合に出場していた。 また、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)も2015年の柏時代に9試合に出場し4得点を記録している。 甲府に加入する武富は、クラブを通じてコメントしている。 「ヴァンフォーレ甲府に加入することになりました武富孝介です。自分を必要としてくれたこのチームのために全力で勝利に貢献する覚悟を持ってきました」 「J2リーグ、天皇杯、そしてACL、全ての試合で山梨全体が盛り上がり、喜んでもらえるように自分の持っている全てを出し切ります」 「どんなときでもチームが一体感を持ち、ポジティブに前へ進んでいけるように努力していきたいと思います」 「みなさんとスタジアムで会えるのを楽しみにしています!よろしくお願いします!」 2022.12.08 10:20 Thu
twitterfacebook
thumb

山形生え抜きのGK大友竜輔が契約更新 「J1昇格を成し遂げる1年に」

モンテディオ山形は7日、GK大友竜輔(22)の契約更新を発表した。 大友は山形のユース育ちで、2種登録選手も経験して、2019年に昇格。2020年から2シーズンにわたってアスルクラロ沼津に貸し出され、今季から復帰した。 その今季は明治安田生命J2リーグの1試合でプレー。契約更新を受け、クラブを通じて来季の抱負を語っている。 「2023シーズンも山形でプレーできる事をとても嬉しく思います。山形に貢献できるような最高のシーズンにできるように努めていきます! 応援してくださる、ファン、サポーターの皆様と共にJ1昇格を成し遂げる1年にしましょう!」 2022.12.07 18:39 Wed
twitterfacebook
thumb

群馬FW高木彰人が来季契約を更新 「リハビリからのスタートになりますが…」

ザスパクサツ群馬は7日、FW高木彰人(25)と2023シーズンの契約を更新した旨を発表した。 かつて世代別の日本代表でもプレーした高木はガンバ大阪のアカデミーからトップチームに昇格してプロ入りしたものの、定位置を掴めず、モンテディオ山形や松本山雅FCにレンタル移籍。2021年から群馬に移り、今季は負傷による離脱もあったが、公式戦24試合で3ゴールを記録した。 クラブを通じて「来シーズンもザスパクサツ群馬で戦うことになりました! リハビリからのスタートになりますが、しっかり怪我を治してチームに貢献できるように頑張りたいと思います。来シーズンもよろしくお願いします!」とコメントしている。 2022.12.07 18:25 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly