京都が豊川弾で貴重な勝ち点3、参入PO圏脱出!鳥栖は3戦未勝利【明治安田J1第31節】

2022.10.01 17:03 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
1日、明治安田生命J1リーグ第31節のサガン鳥栖vs京都サンガF.C.が駅前不動産スタジアムで行われ、0-1で京都が勝利した。

前節は鹿島アントラーズと引き分けた鳥栖と、 FC東京に敗れた京都の一戦。鳥栖は4名を変更。ファン・ソッコ、ジエゴ、小泉、本田が外れ、島川、中野、手塚、西川を起用した。

対する京都は、FC東京戦から3名を変更。佐藤、武富、ピーター・ウタカが外れ、本多、福岡、山﨑を起用した。京都はJ1参入プレーオフ圏に現在位置している。
試合は、鳥栖はスピードを生かしたカウンター、京都は豊富な運動量を見せながらボールを繋いでいく形で展開していく。

互いに譲らない展開が続く中17分、京都がワンチャンスを生かす。左サイドを崩すと、左からのクロスを相手DFがクリア。これを豊川が拾うと、ボックス際で相手DFをかわして左足一閃。右ポストを叩いてネットを揺らし、京都が先制する。

先制を許した鳥栖は、左サイドの岩崎を中心に、先発した西川ら前線の選手が仕掛けてチャンスを作るが、京都が非常に集中した守備を見せて、決定機を迎えさせない。

京都は立ち位を変えてパスを繋ぎ、鳥栖のお株を奪う展開を前半は見せていた中、後半は鳥栖が反撃。立ち上がりはしっかりとパスを繋ぎ、選手も流動的に動いで押し込んでいく。

すると京都にアクシデント。52分に山﨑が左太もも裏を痛めたのかピッチに倒れ込み担架が登場。そのまま運ばれ、武富孝介と交代する。

互いにゴールを奪えず、選手交代で流れを代えにいくと徐々に鳥栖がペースを握ることに。京都ゴールへと迫っていく回数が増えていく。

鳥栖は背後を狙っていく攻撃に切り替え、押し込んでいくことに。しかし、京都は集中した守備でなんとか耐えていく。

鳥栖はなんとかゴールをこじ開けようとするが、最後まで京都はゴールを破らせず。0-1で京都が勝利。4試合ぶりの勝ち点3を積み上げ、プレーオフ圏を脱出。アウェイでは4月17日の第9節柏レイソル戦以来の勝利となった。

サガン鳥栖 0-1 京都サンガF.C.
【京都】
豊川雄太(前17)

関連ニュース
thumb

「帰るならアントラーズ」 日本代表DF植田直通が4年半ぶりの鹿島復帰! 6年連続無冠の状況打破誓う

鹿島アントラーズは30日、ニームから日本代表DF植田直通(28)の完全移籍加入を発表した。 熊本県生まれで大津高校出身の植田は2013年に鹿島でプロ入り。フィジカル戦に強いセンターバックとして着実に力をつけるなか、J1、Jリーグカップ、天皇杯のタイトル獲得も経験した。 日本代表としても2017年12月のデビューを遂げ、2018年夏にジュピラー・プロ・リーグのセルクル・ブルージュで欧州挑戦を決断。2021年1月から当時リーグ・アンのニームに舞台を移した。 ニームでは完全移籍に移行した昨季こそ公式戦31試合に出場とレギュラー格だったが、今季に入ってから明らかに出番が減少。ここまで1試合の出場にとどまるなか、古巣である鹿島復帰を決めた。 4年半ぶりの鹿島復帰となる植田はクラブの公式ウェブサイトを通じて、“鹿島愛”とともに、6年連続の無冠が続くチームの復権に意気込みを語っている。 「移籍してからもアントラーズの試合は毎試合チェックしていて、自分が力になれるうちに帰りたいという思いはずっとありました。僕の中にはいつもアントラーズというチームがあり、日本へ帰るならアントラーズしか考えていませんでした。またアントラーズのユニフォームを着て皆さんの前で戦えることを光栄に思いますし、タイトルから遠ざかっているチームの力になれるよう、そして、皆さんと一緒にタイトルが獲れるよう、精一杯頑張ります」 2022.11.30 18:20 Wed
twitterfacebook
thumb

湘南が鹿島からDF杉岡大暉を完全移籍で獲得、昨季途中から期限付きでプレー「タイトル争いのできるチームにしたい」

湘南ベルマーレは30日、鹿島アントラーズのDF杉岡大暉(23)を完全移籍で獲得することを発表した。 杉岡はFC東京U-15深川から市立船橋高校へと進学。2017年に湘南へと入団した。 プロ1年目から出場機会を得てレギュラーに定着。2020年に鹿島に完全移籍するも、出場機会を得られず、2021年途中から湘南に期限付き移籍で復帰。今シーズンは明治安田生命J1リーグで29試合、YBCルヴァンカップで6試合1得点、天皇杯で1試合に出場した。 杉岡は両クラブを通じてコメントしている。 ◆湘南ベルマーレ 「この度、湘南ベルマーレに完全移籍することになりました。一度チームを離れたなかでも常に気にかけてくれチャンスを与えてくださったベルマーレに感謝しています」 「高卒から育てていただいたこのチームをリーグ、カップ戦を問わずタイトル争いのできるチームにしたいという強い覚悟をもって決断しました。そのために自分の持ってる力を全身全霊かけて戦います。改めてよろしくお願いします!!」 ◆鹿島アントラーズ 「このたび、湘南ベルマーレに完全移籍することになりました。アントラーズでの一年半がなければ今の自分はいません。そう思えるほど自分にとって濃く刺激的な日々でした。アントラーズでの経験を活かして今後も頑張ります。短い間でしたがありがとうございました」 2022.11.30 17:38 Wed
twitterfacebook
thumb

名古屋が甲府MF山田陸の完全移籍加入を発表!「J1の舞台でプレーできることを幸せに思います」

名古屋グランパスは30日、ヴァンフォーレ甲府からMF山田陸(24)の完全移籍加入を発表した。 山田は大宮アルディージャの下部組織出身で、トップチーム昇格後はグルージャ盛岡、AC長野パルセイロへの期限付き移籍を経て2020年から甲府でプレー。今シーズンは公式戦44試合に出場して、クラブ史上初となる天皇杯優勝にも貢献した。 来季からJ1でプレーする決断を下した山田。両クラブを通じて、これまでの感謝や新天地での意気込みを述べている。 ◆名古屋グランパス 「名古屋グランパスの皆さま、初めまして。山田陸です。J1の舞台でプレーできることを幸せに思います。J3やJ2で得た貴重な経験を糧に、挑戦する姿勢を大事にして名古屋で頑張りたいと思います」 「名古屋の地でチームの目標に対して貢献することはもちろん、地域にも馴染み、自分自身の挑戦が成功できるように全力を尽くします。皆さま、熱いサポートをよろしくお願いします」 ◆ヴァンフォーレ甲府 「ヴァンフォーレ甲府のファン、サポーターの皆様、そして、クラブに関わるスタッフ、選手の皆様、3年間本当にありがとうございました。プロになってからJ3リーグを転々とし、何もなかった僕に手を差し伸べてくれて、ここまでやってこれたのは、関わってくださった皆様のお陰です」 「この度、名古屋グランパスに移籍することになりましたが、僕の中で甲府の一員として戦えたことは一生の誇りです。僕は、甲府の街、人の温もり、チームの雰囲気、甲府の事が本当に大好きです」 「来年は、ヴァンフォーレ甲府の一員として皆様と共に戦えませんが、今後のクラブの活躍と躍進を心より祈っています。僕のサッカー人生に希望の光をもたらしてくれたクラブと甲府に関わる全ての皆様に本当に感謝しています。本当にありがとうございました」 2022.11.30 16:43 Wed
twitterfacebook
thumb

「カッコいい」福岡が来季の1stユニフォーム以外も発表! GKユニはクラブカラーのネイビーも展開「絶対需要ある」

アビスパ福岡は28日、2023シーズンの2ndユニフォームとGKユニフォームのデザインを発表した。 2022シーズンの最終節でJ1残留を決めた福岡。5日には福岡に縁のある選手たちと話し合い決定したという2023シーズンの1stユニフォームを発表していた。 今回発表された2ndユニフォームとGKユニフォームも1stユニフォームと同じデザインに。ヨネックスがサプライヤーを務めるユニフォームはシャツ前面に均等の縦ストライプがデザインされ、背面首元のワンポイントデザインには、ホームタウン「FUKUOKA」を表すシンボルマークとして、博多織の代表的な博多献上模様が取り入れられている。 2ndユニフォームはクラブカラーの一つであるシルバーを継続して使用。GKユニフォームはサンセットレッド、ネイビー、グリーンの3色が展開される。 新ユニフォームには、ファンからも「今年の戦闘着もいかすなぁ」、「かっこよ」と好評の声が。さらに、「キーパーのネイビーカッコいい」、「キーパーユニフォームのネイビー、絶対需要あると思うんだけどなぁ」とGKユニフォームに追加された新色に注目する声が上がっている。 <span class="paragraph-title">【画像】福岡の2023シーズン2ndユニフォームとGKユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>2023オーセンティック2nd&GKユニフォーム<br>デザイン発表及び販売開始‼️<br>\<br><br>お待たせしました<br>2023シーズン1stユニフォームに続き<br>2nd・GKの戦闘着をご用意<br><br>GKは新たにクラブカラーのネイビーが登場<br>選手と共に戦う準備をお願いします<br>詳細は<a href="https://t.co/a6pnUmQJkE">https://t.co/a6pnUmQJkE</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%A2%E3%83%93%E3%82%B9%E3%83%91%E7%A6%8F%E5%B2%A1?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#アビスパ福岡</a> <a href="https://t.co/Ae8KDNulVz">https://t.co/Ae8KDNulVz</a> <a href="https://t.co/p8kRmf1Ur9">pic.twitter.com/p8kRmf1Ur9</a></p>&mdash; アビスパ福岡【公式】 (@AvispaF) <a href="https://twitter.com/AvispaF/status/1597169284631105538?ref_src=twsrc%5Etfw">November 28, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】選手もデザイン選びに関わった福岡の2023シーズン1stユニフォーム!</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="w7bFx40KAok";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.11.30 16:35 Wed
twitterfacebook
thumb

柏がJ2降格の清水からDF立田悠悟、DF片山瑛一を獲得!「覚悟を持ってレイソルのために戦います」

柏レイソルは30日、清水エスパルスからDF立田悠悟(24)とDF片山瑛一(31)が完全移籍加入することを発表した。 ジュニアユース時代から清水の下部組織に所属する立田は、2017年にトップチーム昇格を果たすとセンターバックの主力に定着。今シーズンも明治安田生命J1リーグで26試合に出場した。 埼玉県出身の片山は、2014年に早稲田大学からファジアーノ岡山入りを果たしてプロデビュー。その後、セレッソ大阪を経て昨シーズンから清水に加入。今シーズンは主に右サイドバックとしてリーグ戦31試合に出場して2ゴールの成績を収めた。 J2降格の清水から移籍する決断を下した両選手は、両クラブを通じてコメントしている。 ◆立田悠悟 【柏レイソル】 「柏レイソルに移籍することになりました立田悠悟です。いち早く、顔と名前を覚えてもらって、皆さんから応援してもらえるように、覚悟を持ってレイソルのために戦います。応援よろしくお願いします」 【清水エスパルス】 「清水エスパルスに関わる皆様、いつも応援いただきありがとうございます。今回移籍という決断をしました。まず、この移籍に関して賛否両論あると思いますが、自分の目標や夢を叶えるためにチャレンジしたい気持ちが強く、自分なりの答えを出しました。長い間、清水エスパルスに様々な部分で成長させてもらいましたし、エスパルスに関わる全ての皆様に感謝の気持ちを伝えたいと思います」 「間違いなく、清水エスパルスは自分の全てだったし、かけがえのないクラブです。だからこそ、エスパルスで培ったものをさらに伸ばし、自分なりの道を切り開いていきます。最後にファン、サポーターの皆様、これからも清水エスパルスの応援をよろしくお願いします」 ◆片山瑛一 【柏レイソル】 「柏レイソルに加入することになりました、片山瑛一です。自分の持っている力のすべてを柏レイソルのために尽くします。そして、選手としても人としてもさらに成長していけるように日々精進していきます」 【清水エスパルス】 「この度、柏レイソルに移籍することになりました。この2年間は本当に思い描いていたようにはいかず、エスパルスの関係者の皆様やサポーターの方々には辛い想いばかりをさせてしまいました。しかし、そんな中、どんな時でも沢山の愛情をクラブや選手に注いでいただき本当に感謝しています。期待に応えることはできませんでしたが、どんな時も自分らしく最後まで走り続けられたのは応援してくださった皆様のおかげです。本当にありがとうございました」 「この2年間、辛く苦しいことが多かったですが、同時に沢山の気づきや学びを得ることができました。そして、このエスパルスのエンブレムを背負い戦って得た自信や誇りを胸に、また新しい場所で覚悟を持ってチャレンジしていきたいと思います。クラブは変わりますが、1人のサッカー選手として、戦う姿で勇気や感動を感じていただけるように、一生懸命全力で走り続けていきます。2年間、本当にありがとうございました」 2022.11.30 15:41 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly