拮抗した試合は途中出場・安部柊斗の衝撃ミドルでFC東京が連勝! 敗れた鹿島は6戦未勝利【明治安田J1第31節】

2022.10.01 16:58 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
1日、明治安田生命J1リーグ第31節の鹿島アントラーズvsFC東京が県立カシマサッカースタジアムで行われ、0-1でアウェイのFC東京が勝利した。

中断明けの一戦。鹿島は3位以内を目指す大事な戦いに、 FC東京は改めてスタイル浸透を掲げての一戦となる。

鹿島は中断前のサガン鳥栖戦から2名を変更。和泉竜司、荒木遼太郎に代えて、名古新太郎、仲間隼斗を起用した。
対するFC東京は、その鹿島を追いかける7位。中断前の京都サンガF.C.戦からは、2名変更。日本代表のドイツ遠征に参加したDF長友佑都、出場停止のDF森重真人に代えて、中村帆高、木村誠二を起用した。

試合は互いに強度高くプレーすると、3分、左CKから鹿島がビッグチャンス。仲間がニアサイドでフリックすると、最後は名古が飛び込んで合わせるが、わずかに枠を超えていった。

ハードなプレーが続き、ファウルも重なる中、20分にFC東京はビッグチャンス。鹿島が自陣でパスミス。名古のパスミスを拾ったレアンドロが右サイドを上がった渡邊凌磨にパス。しかし、渡邊はシュートを打てず、クリアされてしまう。

28分にもFC東京がチャンス。木本恭生が最終ラインからロングフィード。これに見事に飛び出した松木玖生が胸トラップからシュートに持ち込むが、精度を欠いて枠には飛ばない。

鹿島が徐々に押し込めずにいくと、35分には再びFC東京がチャンス。ディエゴ・オリヴェイラがDF3人を引き連れてドリブルをスタート。左にはバングーナガンデ佳史扶がフリーで待っていたが、強引にシュート。しかし、枠を超えていく。

すると鹿島がセットプレーから決定機。38分、ボックス右で仲間がファウルを受けると、FKのクロスから混戦となり、最後は関川郁万がボックス内からシュート。しかし、これはブロックされる。

さらに40分にもチャンス。仲間が粘りスルーパス。アルトゥール・カイキが折り返し、ディエゴ・ピトゥカがシュートもミートせず。こぼれ球を仲間が合わせにいくが、枠を捉えられない。

互いにスコアを動かせないまま後半へ。すると57分にFC東京がチャンス。渡邊が背後を取るとGKと一対一のチャンスだったが、シュートは空振りに終わってしまう。

さらに59分、木本からの縦パスからチャンス。最後はバイタルエリアでレアンドロが右足を一閃。シュートは枠を捉えるが、GK早川友基がセーブする。

鹿島は名古に代えて和泉、 FC東京はディエゴ・オリヴェイラと松木を下げて、アダイウトンと安部柊斗を投入し、流れを変えにいく。すると、67分にはアダイウントンが投入後にすぐさまファーストシュート。惜しいシュートとなったが、枠をわずかに外れる。

ここからは徐々にオープンな展開に。81分には、鹿島がカウンターを仕掛けるもFC東京がボールを奪い返すと、そのままカウンター。最後はルイス・フェリッピがボックス内でシュートも、力なくGKがキャッチする。

それでも84分、ゴールをこじ開けたのはFC東京だった。左サイドを仕掛け、バングーナカンデ佳史扶がクロス。これはクリアされるが、ボックス手前で拾った安部がフリーでボールを拾うと、胸コントロールから右足一閃。ゴール右に見事なシュートが決まり、GK早川が触るもネットを揺らした。なお、これがFC東京にとってのJ1通算1000ゴール目のメモリアルゴールとなった。

同点に追い付かなければいけない鹿島はアルトゥール・カイキ、樋口雄大を下げて、エヴェラウドと松村優太を投入。 FC東京は渡邊、塚川孝輝を下げて、紺野和也と長友佑都を投入する。

すると89分に鈴木優磨の浮き球のパスに反応したエヴェラウドがボックス内でダイレクトで合わせにいくが、わずかに届かない。

その後も鹿島が攻め込んでいくが、最後までネットを揺らせず。 FC東京が勝利を収めて連勝。鹿島は6戦未勝利と苦しい状況から抜け出せなかった。

鹿島アントラーズ 0-1 FC東京
【FC東京】
安部柊斗(後39)

関連ニュース
thumb

重傷から復活期す宮市亮、J1王者の横浜FMと契約更新!

横浜F・マリノスは5日、日本代表FW宮市亮(29)と2023年度の契約を更新したと発表した。横浜FMの公式ツイッターではその旨とともに「来シーズンも共に戦おう」とのメッセージが添えられている。 中京大学附属中京高校から一気にアーセナル入りして欧州のフットボール界に飛び込み、オランダやドイツでもプレーした宮市。2021年7月に横浜FM入りし、Jリーグデビューを果たした。 そして、移籍2年目の今季はチームにも慣れ、Jリーグ初ゴールを決めたりと存在感。今年7月のEAFF E-1 サッカー選手権では代表に復帰したが、右ヒザ前十字じん帯断裂の重傷を負った。 チームは最終的に川崎フロンターレからJ1王座を奪還したが、今年8月上旬の手術で全治8カ月見込みと診断され、残りシーズンで全休。今季は公式戦21試合出場で3得点という数字だった。 2022.12.05 16:46 Mon
twitterfacebook
thumb

C大阪、修行続いたGK茂木秀が岐阜に完全移籍!

FC岐阜は5日、セレッソ大阪からGK茂木秀(23)の完全移籍加入を発表した。 桐光学園高校卒の茂木はC大阪でプロ入り後、FC町田ゼルビアや水戸ホーリーホックに続くレンタルで今年5月からFC今治に。アンダー世代の代表歴も持つ23歳GKは明治安田生命J3リーグの20試合でプレーした。 来季からはC大阪を完全に離れ、岐阜に活躍の場を求める茂木。今治を含めた3クラブを通じて次のようにコメントしている。 ◆FC岐阜 「初めまして。セレッソ大阪から加入しました茂木秀です。今シーズンFC岐阜さんと対戦した時のサポーターの応援や圧力は相手チームながらとても嫌な存在でした。それが来年自チームの応援となるとこんな力強いことはないと思っています。選手、サポーター一体となって来シーズンを駆け抜けましょう! このチームのJ2昇格に貢献できるよう全力で頑張りたいと思います。たくさんの応援よろしくお願いします」 ◆セレッソ大阪 「セレッソ大阪のサポーターの皆様、この度FC岐阜に移籍することになりました。目標であるトップチームでの出場は叶いませんでしたが、セレッソ大阪でプロ生活を始め、主にU-23で経験を積み、たくさんのいい思い出を作らせてもらいました。このチームでプレーしたい気持ちは変わらないし、いつか必ずまた戻って来て、また会える日を楽しみにしています。セレッソで培った経験を活かして、これからのサッカー人生も楽しみたいと思います! 今まで本当にありがとうございました。これからも引き続き応援よろしくお願いします!」 ◆FC今治 「サポーターの皆様。半年間の間でしたが、たくさんの応援をありがとうございました。僕自身、FC今治での時間はとても濃く本当に大好きなチームとなりました。来シーズンこのチームでプレーすることはできませんでしたが、このチームで得れたものを活かしてまたいつかこのチームに欲してもらえるような選手になれるようこれからも頑張っていきます。また来年は対戦相手として里山スタジアムに行けるのでまた皆様と会える日を楽しみにしています! 改めて今シーズンの応援ありがとうございました。今後とも茂木秀の応援をよろしくお願いします。#モギヒヤクノトシニ 」 2022.12.05 13:59 Mon
twitterfacebook
thumb

「2023シーズンもFC東京で」 今季14発のアダイウトンが来季契約合意!

FC東京は5日、MFアダイウトン(31)と来季契約に合意した旨を発表した。 2015年のジュビロ磐田入りから母国ブラジルを離れ、Jリーグでプレーするアダイウトン。2020年からFC東京に活躍の場を求めた推進力溢れるアタッカーは今季も躍動し、明治安田生命J1リーグでは31試合に出場してチーム最多の12ゴールを決めた。 トータルでも35試合出場で14ゴールと活躍したアダイウトンはクラブの公式ウェブサイトを通じて決意を新たにしている。 「2023シーズンもFC東京で戦えることをとても嬉しく思っています。すべてのファン・サポーターと喜びを分かち合えるように頑張ります。応援よろしくお願いします」 2022.12.05 13:29 Mon
twitterfacebook
thumb

秋田が鳥栖の大卒ルーキーFW梶谷政仁を期限付きで獲得「雪国秋田を自分のプレーで熱くできるように」

ブラウブリッツ秋田は5日、サガン鳥栖のFW梶谷政仁(22)が期限付き移籍で加入することを発表した。 期限付き移籍期間は2023年2月1日~2024年1月31日となっている。 梶谷は埼玉県出身で、正智深谷高校から国士舘大学を経て、2022年に鳥栖に入団した。 今シーズンは明治安田生命J1リーグでの出番はなかったが、YBCルヴァンカップで4試合、天皇杯で1試合に出場した。 秋田は「背後への動き出しと献身的な守備が持ち味のFW」と特徴を紹介している。 梶谷は両クラブを通じてコメントしている。 ◆ブラウブリッツ秋田 「初めまして!サガン鳥栖から期限付き移籍で加入することになりました、梶谷政仁です!雪国秋田を自分のプレーで熱くできるように、チームのために全力を尽くします!!ファン、サポーターの皆様、応援よろしくお願いします!」 ◆サガン鳥栖 「この度、ブラウブリッツ秋田に期限付き移籍することになりました。1年間という短い期間でしたが、サガン鳥栖のチームメイト、スタッフ、ファン・サポーターの皆さん、鳥栖の街が大好きになりました!」 「何倍にも成長して必ず戻ってきます。1年間ありがとうございました!いってきます!!」 2022.12.05 13:17 Mon
twitterfacebook
thumb

G大阪退団のパトリックが京都入り! 「私自身の歴史をこのクラブにも残したい」

京都サンガF.C.は5日、ガンバ大阪からFWパトリック(35)の完全移籍加入を発表した。 サンフレッチェ広島に舞台を移す時期もあったが、2014年夏からと2019年夏からとでG大阪のキャリアを紡いだパトリック。G大阪が最終的に明治安田生命で残留を決めた今季もリーグ戦でチーム最多5得点を記録して、公式戦でも34試合出場で10ゴールと奮闘した。 だが、ここ数年にわたって試行錯誤が続くG大阪はシーズン終了後の契約満了を決断。そして、注目された移籍先だが、同じく関西を拠点とし、来季でJ1昇格2年目の京都に決まった。クラブの公式サイトを通じて、挨拶とともに、意気込みを語っている。 「神に感謝します。京都サンガF.C.からいただいたこの機会をとても光栄に思いますし、強化部、監督からの信頼にも感謝します。このクラブのため、私の最良を毎日尽くすことを約束します」 「私にとっても新たなるチャレンジとなります、タイトル争いをしたいとも思いますし、私自身の歴史をこのクラブにも残したいと思います」 「このユニフォームを纏い、サポーターの前に立つことを楽しみにしていますし、いつもスタジアムで我々を支えてくれる彼らのため、ゴールや戦う姿勢を見せ、ピッチで多くの喜びを届けたいと思います」 2022.12.05 12:45 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly