【セリエA第8節プレビュー】スタートダッシュに失敗したインテルvsローマ開催

2022.10.01 07:00 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
代表ウィーク前の前節、ミランvsナポリのビッグマッチが行われ、ナポリ守護神メレトの活躍でナポリが2-1で競り勝った。一方でインテルが4連勝中だった絶好調ウディネーゼに屈して早くも3敗目を喫し、不振のユベントスがセリエA初昇格のモンツァに金星を献上している。迎える第8節、スタートダッシュに失敗したインテルvsローマのビッグマッチが土曜に開催される。

7位インテル(勝ち点12)は前節、ウディネーゼ相手に先制する展開とするも、絶好調の相手に押し込まれ続けて終盤の2失点により敗れてしまった。早くも3敗目を喫した中、ローマ戦も長期離脱中のFWルカクは欠場確定。代表戦で負傷し、出場停止のMFブロゾビッチも欠く中、不安要素が多いが復調のキッカケを掴んでチャンピオンズリーグのバルセロナ戦に向かえるか。

一方、6位ローマ(勝ち点13)は前節、強敵アタランタに惜敗。堅守を見せてきた相手に対してシャットアウト負けを喫してしまった。こちらも波に乗り切れないシーズンインとなったが、インテル戦をキッカケとできるか。
敵地でのミラン戦を制し、首位をキープしたナポリ(勝ち点17)は、9位トリノ(勝ち点10)とのホーム戦に臨む。守勢だった中、1失点に抑えたGKメレトの活躍も特筆だったが、PK獲得で流れを呼び込んだMFクワラツヘリアも流石のパフォーマンスを継続中。引き続きジョージアが生んだ至宝のプレーに注目だ。公式戦6連勝としてCLアヤックス戦に臨みたい。

そのナポリに屈した5位ミラン(勝ち点14)は、14位エンポリ(勝ち点7)とのアウェイ戦を戦う。ナポリ戦では内容的には悪くなかったものの、接戦を落としてしまった。代表戦で負傷した守護神メニャン、攻撃を牽引するDFテオ・エルナンデス不在は痛いが、出場停止明けのFWレオンの爆発に期待したい。

低調なパフォーマンスが続く8位ユベントス(勝ち点10)は16位ボローニャ(勝ち点6)とのホーム戦を戦う。モンツァ戦では終始劣勢を強いられる赤っ恥の醜態を晒した中、FWディ・マリアが追い打ちをかけるように退場。数的不利となり、0-1で押し切られた。代表ウィーク中のアッレグリ監督の解任があるかに思われたが、アニェッリ会長は続投を決断。この判断が吉と出るか、ボローニャ戦が試金石となる。

◆セリエA第8節
▽10/1(土)
《22:00》
ナポリvsトリノ
《25:00》
インテルvsローマ
《27:45》
エンポリvsミラン

▽10/2(日)
《19:30》
ラツィオvsスペツィア
《22:00》
レッチェvsクレモネーゼ
サンプドリアvsモンツァ
サッスオーロvsサレルニターナ
《25:00》
アタランタvsフィオレンティーナ
《27:45》
ユベントスvsボローニャ

▽10/3(月)
《27:45》
ヴェローナvsウディネーゼ

関連ニュース
thumb

失意のルカク、インテルのマルタ遠征には帯同せず… しばしのオフへ

ベルギー代表FWロメル・ルカクは、中断期間を利用して行われるインテルのマルタ遠征には帯同しないようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ケガの状態が不安視されながらもカタール・ワールドカップ(W杯)に臨んだルカク。だが、1日に行われたグループF最終節のクロアチア代表戦では何度も訪れた決定機をモノにできず、チームも0-0のドローに。前回大会3位のベルギー代表はグループステージ敗退というまさかの結末を迎えた。 失意に沈む一方、所属するインテルは中断期間明けに向けて再始動しており、3日には隣国マルタへの遠征に。だが、W杯を終えたばかりのルカク、大会途中にカメルーン代表を離脱したGKアンドレ・オナナは帯同せず、しばしのオフを挟んで来週末に合流するという。 また、ケガからの回復途上にあるDFダニーロ・ダンブロージオとDFマッテオ・ダルミアンも遠征に帯同しない一方、ケガでW杯を断念したアルゼンチン代表FWホアキン・コレアは途中から帯同する可能性もあるとのことだ。 シーズン開幕直後のケガに端を発した離脱が長引き、W杯では失意の結果に終わったルカク。最近は今季終了後のレンタル期間満了に伴うインテル退団が濃厚とも言われているが、後半戦の巻き返しには期待したい。 2022.12.03 15:45 Sat
twitterfacebook
thumb

ケシエがインテルに売り込みか、1月にレンタルの可能性

バルセロナのコートジボワール代表MFフランク・ケシエ(25)の代理人がインテルに売り込みをかけているようだ。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じている。 ケシエは今夏、ミランからバルセロナにフリーで加入。4年契約を結んだが、負傷や適応に苦しみバルセロナではラ・リーガ2試合、チャンピオンズリーグでは3試合のスタメン出場にとどまっている。 出場機会を得られない中、ケシエの代理人はインテルに売り込みをかけているようで、1月にも話し合いが持たれるとのことだ。 ただ、インテル側の財政的にレンタルであること、650万ユーロの一部年俸をバルセロナに支払ってもらうことが条件となるようだ。果たしてケシエは半年でミラノに戻ってくることになるのだろうか。 2022.12.02 22:40 Fri
twitterfacebook
thumb

インテル、デ・フライに2年契約延長オファーか

インテルがオランダ代表DFステファン・デ・フライ(30)に契約延長オファーを提示するようだ。イタリア『トゥットメルカート』が伝えている。 デ・フライは今季終了後にインテルとの契約が満了を迎える。そのデ・フライに対し、インテルはこれまでと同等の年俸での2年契約延長オファーを提示すると『トゥットメルカート』は報じた。 3バックの中央で守備を統率する役割を担っているデ・フライ。今季もここまでセリエA12試合、チャンピオンズリーグ4試合に出場と主力としてプレーしている。 なお、カタール・ワールドカップに参戦しているデ・フライは同大会終了までこのオファーを受け入れるかは決めない方針とのことだ。 2022.11.30 23:45 Wed
twitterfacebook
thumb

古巣ミランの宿敵... インテルがフランク・ケシエに関心か

インテルが、バルセロナのコートジボワール代表MFフランク・ケシエ(25)に関心を寄せているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 今夏のバルセロナ移籍前はミランに5シーズン在籍したケシエ。昨季はミランの11年ぶりとなるセリエA優勝に貢献し、最終節のサッスオーロ戦ではインテルとのスクデット争いの行方を決定づけるゴールも決めていた。 しかし、バルセロナではなかなかチャビ・エルナンデス監督の信頼を得られず。中断期間までにラ・リーガ7試合の出場にとどまり、うちスタメン起用は2試合と、早くも退団を考え始めているのではと報じられていた。 そんななか、古巣ミランの宿敵であるインテルが獲得に名乗り。ケシエ自身は少なくとも今季終了までは定位置確保に努めるつもりだが、望みが薄いと判断すれば来夏の退団を考慮するといい、バルセロナもレンタル放出を検討しているという。 『カルチョメルカート』は、インテルはケシエがアタランタからミランへ移籍した2017年夏以降、途切れることなく獲得の可能性をうかがっていたとし、現在は財政難ゆえに選手の年俸負担が獲得への課題と結論づけている。 2022.11.29 21:10 Tue
twitterfacebook
thumb

来夏移籍金ゼロも… 1月にフランス代表FWテュラム争奪戦?

ボルシアMGのフランス代表FWマルクス・テュラム(25)を巡り、争奪戦が繰り広げられる可能性があるようだ。 フランス代表としてカタール・ワールドカップ(W杯)に参戦中のテュラム。ここまで2試合の途中出場で得点はないが、チームはグループ最終節を残して決勝トーナメント進出を決めたため、来月1日のチュニジア代表戦ではスタメン起用も考えられる。 所属するボルシアMGでは今季の公式戦19試合で13得点4アシストと大ブレイクを果たし、たちまちビッグクラブ注目の的に。契約は2023年6月までのため、フリーとなる来夏の争奪戦が予想されるが、現在では来年1月の移籍市場でステップアップするとの見方も強まりつつある。 候補に挙がるのはバイエルンやアトレティコ・マドリー、インテル、ドルトムント、ニューカッスル、アストン・ビラなど。中でもドイツ『ビルト』が特に熱心だと主張するのが、ラ・リーガで降格圏に低迷するセビージャだ。 セビージャはホルヘ・サンパオリ監督がストライカーの獲得を要望。ボルシアMGは想定外の活躍を披露したテュラムの慰留をすでに断念しており、来年1月にオファーが来た場合は移籍金3000万ユーロ(約42億9000万円)を要求するとされている。 財政状況が苦しいセビージャは、チーム内で重要な戦力と見なされない選手の譲渡を考慮。アルゼンチン代表MFパプ・ゴメス(34)や、同代表MFマルコス・アクーニャ(31)が候補に挙げられている。 2022.11.29 20:16 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly