台風被害で延期の静岡ダービー、ルヴァン決勝も予定の10月22日に代替開催

2022.09.30 16:15 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
Jリーグは30日、明治安田生命J1リーグ第31節の清水エスパルスvsジュビロ磐田に関して、代替開催日決定を発表した。

この試合は当初こそ1日に予定したが、台風15号による豪雨災害の影響で断水や浸水の被害が大きい静岡県において安全確保や試合進行が難しく、28日に開催中止がアナウンスされた。

そんな静岡ダービーだが、ルヴァンカップ決勝のセレッソ大阪vsサンフレッチェ広島も予定の10月22日に行われる運びに。IAIスタジアム日本平で16時にキックオフする。


関連ニュース
thumb

鳥栖がJ3ベストイレブンのGK内山圭を獲得 J2昇格決めた藤枝の守護神

サガン鳥栖は27日、藤枝MYFCのGK内山圭(29)が完全移籍で加入することを発表した。 横浜F・マリノスと川崎フロンターレの下部組織でプレーした経歴を持つ小泉は東海大学に進学後、2016年に日本フットボールリーグ(JFL)の東京武蔵野シティFCに入団。2017年7月にロアッソ熊本入りし、今季からは藤枝に移籍した。 移籍1年目だったが、正確なフィードと一対一でのシュートストップを武器に守護神の座を射止め、明治安田生命J3リーグの全34試合にフル出場。2位フィニッシュしたチームのJ2昇格に大きく貢献し、今季のJ3アウォーズでベストイレブンにも輝いた。 内山は両クラブを通じてコメントしている。 ◆サガン鳥栖 「サガン鳥栖を応援する皆さん、初めまして。藤枝MYFCから来ました内山圭です。オファーをいただいた時から心躍る思いでした。チャレンジできる環境に飛び込み、自分の成長を求めていきたいと思います。そして、それがチームに貢献することとなるように日々精進したいと思います。まだまだ若輩者ではありますがJリーグ制覇に向けて力になれるように頑張ります。よろしくお願いします!」 ◆藤枝MYFC 「この度、移籍を決断しました。須藤さんの言葉で加入を決めましたが志半ばで離れることを申し訳なく思います。どうしてももっと「成長したい」という思いが強くなりました。それも今年1年間藤枝MYFCでプレーをしてたくさんの挑戦をしてきたからだと思います」 「藤枝総合の雰囲気がとても好きでした。勝った後の皆さんの笑顔が大好きでした。負けた後は皆さんのおかげで立ち直ることができました。アウェイ今治戦の後、皆さんの顔を見ると悔しくて涙がでました。ホーム最終戦、そして昇格を決めた長野戦の応援にはアップの時から感動しました」 「来年J2で戦う皆さんを陰ながら応援させていただきます。僕も進化を続けるエンターテイメントサッカーに負けじと成長していきます。1年間藤枝MYFCで戦えたことは僕の誇りです。ありがとうございました」 2022.11.27 17:36 Sun
twitterfacebook
thumb

「もう一度自分が知らない所へ…」 鳥栖MF小泉慶がFC東京へ完全移籍

FC東京は27日、サガン鳥栖のMF小泉慶(27)が完全移籍で加入することを発表した。 小泉は横浜F・マリノスの下部組織出身で、流通経済大学付属柏高校に進学。2014年からアルビレックス新潟に入団し、4シーズンを過ごした。 以降は柏レイソル、鹿島アントラーズを経て2021年8月に鳥栖に加入。これまで明治安田生命J1リーグ通算224試合の出場で7得点を記録している。 今シーズンはケガで離脱する期間がありながらも、主力としてJ1で30試合に出場。ボランチを主戦場にプレーしたが、右サイドバックやトップ下もこなせるユーティリティプレーヤーだ。 小泉は両クラブを通じてコメントしている。 ◆FC東京 「サガン鳥栖から加入することになりました小泉慶です。FC東京がタイトルを獲得するために、勝つことだけを考えてプレーします。応援よろしくお願いします」 ◆サガン鳥栖 「1年半という短い間ですがサガン鳥栖でプレー出来た事、最高の出会いが沢山あった事、感謝の気持ちしかありません。ただ個人的にサッカー選手としてはもう若くありません。もう一度自分が知らない所へ行き挑戦したいと思いました。そう思わせてくれたのはサガン鳥栖でプレー出来たからこそだと思ってます。また必ず会いましょう。1年半ありがとうございました」 2022.11.27 15:40 Sun
twitterfacebook
thumb

FC東京MF安部柊斗が来季契約合意 「チームを勝たせられるような選手に」

FC東京は27日、MF安部柊斗(24)と2023シーズンの契約に合意した旨を発表した。 安部は元々、FC東京のアカデミー出身。明治大学に進学するが、2019年に特別指定選手として登録され、2020年に正式入団した。 そのFC東京では1年目から中盤の主力に。今季も明治安田生命J1リーグで30試合4得点を記録するなど、公式戦34試合でプレーした。 契約更新に際して、FC東京のクラブ公式ウェブサイトで決意を新たにしている。 「2023シーズンもFC東京でプレーさせていただくことになりました。自分自身勝負の1年だと思っています。どんな時もブレずにやり続け、チームを勝たせられるような選手になります。2023シーズンも応援よろしくお願いします」 2022.11.27 13:15 Sun
twitterfacebook
thumb

名古屋がターレス復帰発表! 今季加入も熊本に即レンタル

名古屋グランパスは27日、MFターレス(21)の復帰を発表した。 ブラジル出身のターレスは秀岳館高校に進学するのを機に来日し、2021年に熊本入団。今季を前に名古屋入りが決まったが、期限付き移籍という形で熊本で引き続きプレーした。 その今季は相次ぐケガもあり、明治安田生命J2リーグ12試合の出場に終わったが、チームはJ1参入プレーオフ進出と躍進の1年に。自身もプレーオフの3試合でプレーしていた。 名古屋入り決定から1年越しでJ1初挑戦を果たすターレスはクラブを通じて意気込みを語った。 「名古屋グランパスの皆さん、私を信じてくださり、2023シーズン共にプレーできることを本当に感謝しています。名古屋グランパスのような歴史ある素晴らしいクラブの一員になるという夢を叶えることができて、とても嬉しく思っています」 「ロアッソ熊本での2年間と同じように、プロとして日々精進していきたいと思います。また更にレベルアップして、ピッチで結果を残せるように、全力で頑張ります。ピッチに立ち、ゴールを決め、名古屋グランパスのサポーターの皆さんに『ターレスダンス』をご紹介できることを楽しみにしています。一緒に名古屋グランパスを盛り上げましょう!」 一方、熊本の公式ウェブサイトを通じては苦楽を振り返りながら、感謝の言葉を綴っている。 「シーズンをもちまして、ロアッソ熊本を離れることとなりました。子どもの頃からの夢であったプロサッカー選手を叶えてくれたチームに別れをつげることはとても心苦しいです。自分を歓迎してくれたサポーターのみなさん、加入してからいろんなことを教えてくれた監督・スタッフ・チームメイト、すべての皆さんに感謝しています」 「楽しいことも苦しいこともありましたが、忘れることはありません。本当は、皆さん一人一人に感謝の気持ちを伝えたい気持ちでいっぱいです。私はこれからもロアッソ熊本のことを応援しています。皆さん、来シーズンもロアッソ熊本を応援してください。ロアッソ熊本が本当に大好きです。2年間、お世話になりました」 2022.11.27 11:35 Sun
twitterfacebook
thumb

札幌が濱大耀と契約満了…2年間を過ごす富山からも退団

北海道コンサドーレ札幌は26日、DF濱大耀(24)との契約満了を発表した。 濱は札幌のアカデミー出身で、2017年にトップチーム昇格。2021年からはカターレ富山に貸し出されたが、2年間を通じて明治安田生命J3リーグで出番なしだった。 富山からも退団が決まった濱は両クラブを通じて別れの挨拶をしている。 ◆北海道コンサドーレ札幌 「北海道コンサドーレ札幌に関わる皆様、ユースから数えて9年間の間、たくさんの声援とサポートありがとうございました。ここ2年間はレンタル先での活動でしたが、札幌にいた4年間、ユースでの活動を含めれば7年間、本当に沢山の経験をさせてもらいました」 「9年間で毎日のように『結果で恩返しを』と闘志を燃やし進んできましたが、最後まで叶えることができずにチームを去ることになってしまい、申し訳なく思います。ですが、四方田さんやミシャさんのもとでサッカーを学べたこと、札幌のトップレベルの選手たちとしのぎを削り切磋琢磨できたとこと、迫力あるスタジアムでたくさんの応援の中プレーできたこと、札幌での日々はサッカー選手として、とても幸運なことだったと思えます 「ここでの経験を生かして次の場所でも頑張りたいと思います。最後に、お世話になったファンやサポーター、パートナー、チーム関係者の皆様、9年間本当にありがとうございました」 ◆カターレ富山 「カターレ富山に関わる皆様、2年間という短い間でしたが、ありがとうございました。今シーズンは昨年の怪我の影響で、シーズン中に復帰することは叶いませんでした。また、チームとしてJ2に復帰する目標を達成することができず、個人としてそこに全く貢献できなかったことを申し訳なく思います」 「僕の短いキャリアの中でも断トツで苦しい1年間でしたが、ファンやサポーターの皆さんがかけてくれる声援や日頃からのサポート、監督やコーチ、チームドクターやトレーナー、そしてチームメイトに支えられて今日まで練習に励むことができました」 「富山での2年間の経験を生かして、今後も自分らしく頑張っていこうと思います。またどこかで皆さんに会えることを楽しみにしています。2年間ありがとうございました」 2022.11.26 17:35 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly