広島がアドバンテージ活かした丁寧な試合運びで8年ぶり決勝進出!《ルヴァンカップ》

2022.09.25 19:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
YBCルヴァンカップ準決勝第2戦、サンフレッチェ広島vsアビスパ福岡が25日にエディオンスタジアムで行われ、0-0の引き分けに終わった。この結果、広島が決勝進出を決めている。

21日に行われた第1戦では、アウェイの広島が3点先行する一方的な展開となったものの、福岡も終盤に意地を見せ、フアンマの2ゴールで逆転に望みを繋げた。

このリターンマッチで今度はホームに構える広島は、前回と同じ11人を先発起用。一方、最低でも2得点が必要となる福岡は大幅に8人変更。フアンマは切り札としてベンチに置かれることになった。
立ち上がりはアウェイの福岡が攻勢。細かいパスワークで左右に揺さぶりながら、クルークスがミドルシュートを放っていく。10分手前にはドリブルを仕掛けた金森がFKを獲得し、中村が直接狙うが、ここは大きく枠の上に外れた。

対して、なかなか攻撃の起点が作れない広島は何度かロングボールでトライ。14分の一本では、満田が相手の守備ラインの裏へ抜け出そうとしたところを三國に倒され、三國にはイエローカード。これにより、累積で決勝戦には出場できなくなった。

徐々に盤面を裏返していく広島は20分に決定機を迎える。森島が左サイドの深い位置で起点となり、中へパスを供給。これは相手に当たって上手く味方に届かなかったが、こぼれ球を拾った川村がするするとゴール前に侵入し、左足でフィニッシュ。しかし、左ポストに嫌われ先制とはならなかった。

ヒヤリとした福岡も26分、右サイドバックの前嶋が前線へ送った浮き球のパスからルキアンがボックス右に侵入。しかし、DFに寄せられながら流し込みにかかったシュートはGK大迫の正面に飛び、こちらも決定機だったがネットは揺らせなかった。

その後は後半の半ばにかけてこう着状態に。広島は後半立ち上がりに満田のミドルシュートで、福岡は山岸の技巧派プレーからチャンスを作るが、スコアは0-0のまま。

60分を迎え、福岡はフアンマをピッチへ。70分手前にはジョン・マリを投入する。一方の広島はまだメンバーを入れ替えず、ロングボールを適度に散らしながらノーリスクノーリターンな内容で優位な状況を進めていく。

そんな広島が動いたのは87分のこと。ドウグラス・ヴィエイラや森島、野上らを下げて、松本やベン・カリファ、住吉を投入する。

そして、最後まで危なげない試合運びを見せた広島が、第1戦のアドバンテージを活かして逃げ切りに成功。2戦合計3-2で、8年ぶりの決勝進出を決めた。10月22日に国立競技場で行われる決勝の相手はセレッソ大阪だ。

関連ニュース
thumb

「楽観的で野心的すぎる」元広島のミキッチが堂安律の発言に不快感、それでも警戒するのは3人「スペースを与えてはいけない」

かつて森保一監督の下でもプレーし、サンフレッチェ広島、湘南ベルマーレでプレーしたクロアチア人のミハエル・ミキッチ氏が、日本代表について言及した。クロアチア『HRT』が伝えた。 2009年にディナモ・ザグレブから広島に加入したミキッチは、右のサイドアタッカーとして主力として戦った。 ミハイロ・ペトロヴィッチ監督の下でプレーした後、森保監督の下でもレギュラーを務め、2012年、2013年のJ1連覇、2015年の優勝と、3度のJリーグ優勝に貢献してきた。 森保監督を知り、そしてJリーグのこともよく知るミキッチ氏。カタール・ワールドカップ(W杯)のラウンド16で母国・クロアチア代表と日本が対戦することになる中、堂安律のコメントについて言及。「冗談抜きで日本が優勝します」と語ったことに厳しい言葉を返した。 「楽観的で野心的すぎる発言だと思う。彼らはラウンド16で行き詰まるだろう。スペインとドイツには勝ったが、コスタリカには負けた」 「彼らにはクオリティがある。彼らに感謝しているが、現実的にはスペインやドイツよりも、優れたチームではないと言わざるを得ない」 「何かをしなければならないとわかっている時、彼らはプレーすることを気にしない。そのプレッシャーがない時は同じではないんだ」 「彼らはこの試合でプレッシャーにさらされると思う。彼らは間違いなく、スペイン代表とドイツ代表との2試合よりも、遥かに多くの痛みを感じることになるだろう」 ドイツとスペインからゴールを奪った堂安のビッグマウスとも言える発言に不快感を露わにしたミキッチ。その堂安、そして三笘薫(ブライトン&ホーヴ・アルビオン)、浅野拓磨(ボーフム)には「スペースを与えてはいけない」と警戒しつつ、森保監督のゲームプランについても「延長戦にもつれ込むことを狙っている」と推測。かつてのエピソードも語った。 「明らかに、延長戦でチャンスがあると考えていると思う。クロアチアが本命であることを認識していながら、その方向に試合を導くことを望んでいる。私は試合が延長戦に入ることを望まない」 「日本人の典型的な例として、感情を表に出すのがとても苦手だ。彼は決定に影響を与えることができないことを知っている」 「彼が広島で私を指導した時、試合中は冷静だったが、試合後は元気を出して感情を表に出していた」 また、日本サッカーは現在は北海道コンサドーレ札幌を指揮し、広島、そして浦和レッズでも指揮したミシャ監督と、ジェフユナイテッド市原・千葉、そして日本代表を率いたイビチャ・オシム監督の旧ユーゴスラビア圏の2人が大きな影響を与えているとした。 「彼らが最強の団結力を持っていることは確かだ。ミハイロ・ペトロヴィッチと共に育ち、彼から学んだ。彼の指導法と学習法は、他のすべての人とは正反対だった」 「彼は今も日本にいて、17年間日本のトップリーグに所属している。一方で、彼はイビチャ・惜しむから学んだ。この2人は、日本サッカーとその発展に大きな影響を与えている」 2022.12.05 20:43 Mon
twitterfacebook
thumb

広島が飛躍の松本泰志と契約更新! 公式戦38試合で5ゴール

サンフレッチェ広島は5日、MF松本泰志(24)と2023シーズンの契約を更新したと発表した。 昌平高校出身の松本は2017年から広島でキャリアを始め、アビスパ福岡やセレッソ大阪でのレンタル生活も経験。2021年はC大阪に貸し出されたが、同年7月に復帰した。 そうして迎えた今季はルヴァンカップを制して躍進したチームとともに飛躍の年に。明治安田生命J1リーグでの23試合出場3得点を含む公式戦38試合で5ゴールを決めた。 2022.12.05 11:15 Mon
twitterfacebook
thumb

広島の頼れる男、塩谷司が契約更新!

サンフレッチェ広島は4日、DF塩谷司(33)と2023シーズンの契約を更新したことを発表した。 かつては現日本代表の森保一監督のもと、広島で3度のJ1優勝に貢献した塩谷。2017年から2021年にかけてはUAEのアル・アインでプレーし、加入1年目にリーグ戦とカップ戦の二冠を達成した。 そして2021年10月に広島に復帰。今季はJ1で26試合、天皇杯で5試合、優勝したルヴァンカップで8試合に出場し、準決勝のアビスパ福岡との第1戦で得点も記録した。 2022.12.04 13:50 Sun
twitterfacebook
thumb

2年修行が続いた松本大弥、来季から広島復帰! 金沢での今季はJ2リーグ8得点

サンフレッチェ広島は3日、MF松本大弥(22)の来季復帰決定を発表した。 広島アカデミー卒の松本は2種登録を経験して、2019年に正式昇格。2021年から武者修行に出て、大宮アルディージャに続き、今季からツエーゲン金沢でプレーした。 その金沢ではケガによる戦線離脱もあったが、公式戦35試合に出場。明治安田生命J2リーグでは34試合出場でチーム2位の8ゴールと活躍した。 3年ぶりの広島復帰となる松本はクラブを通じてサンフレッチェ・ファミリーの皆さん、ただいま!」と復帰を報告。そして、喜びと決意を語った。 「2年間の期限付き移籍を経て、もう一度広島に帰ってくることができました。また素晴らしいチームの一員として戦えることを嬉しく思います。決して順風満帆な2年間ではありませんでしたが、この2年間でさまざまな経験もできました」 「この経験を生かしつつ、サンフレッチェ広島に新たな風を吹かせられるように全力で頑張りたいと思います。ファミリーの皆さんにエディオンスタジアム広島で会えることを楽しみにしています!」 一方、金沢の公式サイトを通じては「この度サンフレッチェ広島に復帰することになりました」と退団の挨拶とともに、感謝の言葉を綴っている。 「1年間という短い間でしたが本当に金沢が大好きになりました。もっともっとこの街に住みたい、金沢に貢献したいという思いが強くなりました。 しかし今回このような決断をしたのは今後の自分のサッカー人生を考え、また新しい場所でチャレンジしたい、厳しい環境でチャレンジしたいという思いが強かったからです」 「来シーズン金沢でプレーすることはできませんが、金沢のサポーターの皆さんに自分が活躍する姿を見せることが最大の恩返しだと思ってます! 引き続き応援してもらえると幸いです! 本当に1年間温かい応援ありがとうございました! 今後のツエーゲン金沢の躍進を願っています。ゲンゾーまたね!!」 2022.12.03 11:15 Sat
twitterfacebook
thumb

ルヴァン杯王者の広島、野上結貴が名古屋に完全移籍 「また新しい場所で期待と覚悟を持ってチャレンジ」

名古屋グランパスは2日、サンフレッチェ広島からDF野上結貴(31)の完全移籍加入を発表した。 野上は桐蔭横浜大学から横浜FCで入団後、4年半が経った2016年夏にサンフレッチェ広島に完全移籍。移籍2年目から毎シーズンの明治安田生命J1リーグで20試合以上の出場数を記録と主力センターバックに定着した。 今季はミヒャエル・スキッベ新監督の下、センターバックだけでなく、ウイングバックやボランチもこなしてみせ、チームのルヴァンカップ優勝などの躍進に貢献。J1リーグでは25試合に出場して1ゴールだった。 名古屋の公式ウェブサイトを通じて「サンフレッチェ広島から移籍してきました。野上結貴です」と挨拶とともに意気込みを語っている。 「早くチームに馴れ、名古屋グランパスに貢献したいですし、ファミリーの皆さんに"加入してくれて良かった"と思ってもらえるよう、日々のトレーニングから頑張ります。よろしくお願いします」 一方、広島の公式サイトでは「このたび、名古屋グランパスに移籍することを決断しました。皆さんの前で報告できず、申し訳ないです」と語り、思い出にふけながら、感謝の言葉を綴った。 「広島にきて6年半のことを振り返ると色々なことを思い出します。優勝カップを手にしたく、この広島を選び、期待と覚悟を持って来ました。見知らぬ土地、知り合いもいない最初の年に一気に白髪だらけになったこと」 「森﨑兄弟からのメッセージの入った手紙付きのパスに驚かされたこと。 残留争い、優勝争い。そして今年、ルヴァンカップを獲った10月22日(土)のことは一生忘れることはないです」 「書きたいこと、伝えたいことがあり過ぎて…。時間が経つにつれ、人見知りの僕が広島のチームの雰囲気の良さ、広島の人の優しさ、温かさに触れ、馴染むことができ、家族みんなが大好きな場所となりました」 「このチームはここ数年の苦しい時期を乗り越え、これから新スタジアムに向けて最高の監督、スタッフ、メディカル、尊敬するベテラン、期待の若手、そして素晴らしいファミリー達と共に飛躍していくと思います。そんなサンフレッチェを応援しています。不安は僕がいない柴﨑軍団くらいですね(笑)」 「僕はまた新しい場所で期待と覚悟を持ってチャレンジする決断をしました。変わらず応援していただけると嬉しいです。長くなりましたが、本当にありがとうございました。ガミ」 2022.12.02 15:15 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly