「凄く好き」「一番酷い」賛否両論の物議醸すベルギーの“斬新すぎる”W杯アウェイユニ、カラーリングに非難が「オランダじゃない?」

2022.09.23 21:15 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ベルギーサッカー協会(RBFA)は23日、ベルギー代表がカタール・ワールドカップ(W杯)で着用するアウェイユニフォームを発表した。

すでにホームユニフォームが発表され、袖口の炎の柄が話題となっていた中、アウェイユニフォームも大きな話題となっている。

ベルギーのアウェイユニフォームだが、ベルギーで開催される世界最大規模のEDMイベントである「Tomorrowland」とコラボし、ポジティブで、遊び心のある形で「LOVE」を呼びかけることをコンセプトとした。

白をベースとしたユニフォームだが、「Tomorrowland」の花火からインスピレーションを得たカラフルなグラフィックが特徴。多様性、平等、包括性という共通の価値観を象徴している。

アディダスのロゴやRBFAのエンブレム、そして背番号はオレンジや紫、黄色、赤などのカラフルなデザインに。また、背番号の下には大きく「LOVE」の文字がカラフルなデザインで入っている。

これにはファンも「これはなんだ!?」、「素晴らしい写真」、「素晴らしいぞ!」、「凄く好き」、「愛してる」と好意的な意見も多い中、奇抜すぎる試みに反発も。「今までで一番酷いぞ」、「なぜこれがベルギーカラー?」、「地獄だ」、「オランダじゃない?」、「なんだこれ」、「ロゴが全く見えない」と、ベルギーの国旗に使用されている、赤、黒、黄色を全く感じないカラーが使用されていることに非難が衆中している。

なお、このアウェイユニフォームは25日に行われるUEFAネーションズリーグ(UNL)のオランダ代表戦でお披露目される。

1 2

関連ニュース
thumb

「もはや芸術」パス20本で9人関与、オランダ代表の鮮やかゴールシーンに世界中が注目「これが本物のサッカー」

カタール・ワールドカップ(W杯)でもこのようなシーンが見られるだろうか。オランダ代表のゴールシーンに注目が集まっている。 オランダはUEFAネーションズリーグ(UNL)・リーグAのグループ4で、22日にポーランド代表と、25日にベルギー代表と対戦。それぞれ、2-0,1-0で勝利を収め、グループステージ無敗で2大会ぶりの2度目の準決勝進出を決めた。 UNLの公式ツイッターはポーランド戦での先制点となった14分のゴールに着目。「これぞトータル・フットボール」と紹介している。 敵陣右サイドでのスローインを始点にピッチ全体を使ってボールを回し続け、時にくさびを打ち込みながら機を伺うと、DFヴィルヒル・ファン・ダイクの対角パスからテンポを上げ、右サイド深い位置でのトライアングルを経てボックス右に侵入したMFデンゼル・ダンフリースがクロス。最後はFWコーディ・ガクポが押し込んだ。 およそ1分間ボールを保持し続け、通したパスは20本以上。FWステーフェン・ベルフワイン以外のフィールドプレーヤー全員がボールに関与して生まれたゴールには「ヴィルヒルがWC(のトロフィー)を持ち上げるのが待ち切れない」、「これが本物のサッカー」、「efootballでよくやるやつ」、「全盛期のバルサみたい」、「もはや芸術」などの賛辞が多数寄せられ、再生回数は500万に迫る勢いだ。 W杯ではグループAに入り、セネガル代表、エクアドル代表、カタール代表と戦うオランダ。「11月が楽しみだ」とのファンの声があるように、悲願のW杯初優勝へ向けて大きな手ごたえをつかむ2戦となった。 <span class="paragraph-title">【動画】9人関与、パス20本以上!UNL、オランダ代表の芸術的ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="yCScR_rPI14";var video_start = 45;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.09.27 17:45 Tue
twitterfacebook
thumb

「デ・ブライネやアザールは簡単ではない」値千金の決勝弾を決めたファン・ダイク、ベルギー相手の難しさを語る

オランダ代表のDFヴィルヒル・ファン・ダイク(リバプール)が、ベルギー代表戦を振り返った。『UEFA.com』が伝えた。 オランダは25日、UEFAネーションズリーグ(UNL)リーグAグループ4最終節でベルギー代表と対戦した。 勝ち点差3で臨んだオランダ。2位のベルギーに敗れ、3点差をつけられた場合は準決勝に進めないという状況だった。 試合はこう着状態のままスコアレスで推移。しかし、73分に左CKからのクロスをファン・ダイクがヘッド。これが決まり先制に成功。ベルギーの攻撃を前半から凌いだオランダはそのまま逃げ切り1-0で勝利を収め、首位で準決勝進出を決めた。 キャプテンとして守備を統率したファン・ダイクは、試合後にコメント。厳しい試合だったが、勝利したことを喜んだ。 「仕事を終えた。今日はとてもタフだった。またクリーンシートを維持することはとても重要だった。相手が逆転する可能性も少しはあったけど、僕たちは3ゴールを奪われないことを確実にできると確信していた」 「僕たちはいつも改善できるが、世界ランキング2位の選手や、世界最高のMFの1人であるケビン・デ・ブライネやエデン・アザールと対戦することは簡単ではない」 「でも、結局のところ、フットボールは勝つことが大事で、勝てたことを嬉しく思う」 また、自身の先制ゴール後にもチャンスを作れたと回想。ただ、1点に終わったことを反省し、次に繋げていくとした。 「ゴールの後、僕たちはさらに多くのチャンスを作り、2点、3点、または4点を奪えたかもしれない」 「でも、僕たちは、間違いなくゲームを分析し、改善できる点を確認するだろう。それが僕たちのやり方だ」 2022.09.26 09:55 Mon
twitterfacebook
thumb

ファン・ダイク弾でベルギーを下したオランダが無敗で準決勝進出! ウェールズは未勝利でリーグB降格《UEFAネーションズリーグ》

UEFAネーションズリーグ(UNL)2022-23リーグA・グループ4のオランダ代表vsベルギー代表が25日に行われ、1-0でオランダが勝利した。 3日前に行われたポーランド代表戦を2-0で完勝した首位のオランダ(勝ち点13)は、その試合から先発を4人変更。ポーランド戦で負傷したデパイやフレンキー・デ・ヨング、コープマイネルスらに代えてヤンセンやベルフハイス、デ・ローンらを先発で起用した。 一方、前節のウェールズ戦を2-1で勝利し準決勝進出へ望みをつないだ2位のベルギー(勝ち点10)は、その試合から先発からティーレマンスとカラスコをオナナとカスターニュに変更した以外は同じ先発メンバーを起用。ウェールズ戦で退席処分となったマルティネス監督に代わり、アシスタントコーチのティエリ・アンリ氏が指揮を執ることとなった。 準決勝進出を懸けた天王山は、3点差以上での勝利が条件となるベルギーが立ち上がりからボールを握ると14分、敵陣でボールを奪ったデ・ブライネが持ち上がりラストパス。これをバチュアイがボックス左からダイレクト合わせたが、シュートは相手GKの正面を突いた。 その後は両チームがアタッキングサードまでボールを運ぶが、互いに集中した守備陣を崩せず、なかなか決定機まで持ち込めない。すると30分にオランダはベルフハイスが負傷するアクシデントに見舞われ、ガクポとの交代を余儀なくされた。 対するベルギーは32分、デ・ブライネのループパスからゴール前に抜け出したヴィツェルがチャンスを迎えたが、つま先で合わせたボールはGKパスフェールにキャッチされた。 ゴールレスで迎えた後半、オランダはヤンセンとアケを下げてテイラーとマラシアを投入。対するベルギーはバチュアイとムニエを下げてデ・ケテラエルとカラスコをピッチに送り出した。 後半も膠着状態が続く中、ベルギーは66分にデ・ブライネのロングパスでゴール前に走りこんだオナナが右足ボレーで合わせたが、これはGKパスフェールの好セーブに阻まれた、 対するオランダは74分、ガクポの左CKをゴール前でフリーのファン・ダイクがヘディングで叩き込んだ。さらに76分には、ボックス右でパスを受けたガクポの落としからベルフワインが決定機を迎えたが、シュートは右サイドネットに外れた。 先制したオランダは90分、ブリントのロングパスでボックス内に侵入したベルフワインが胸トラップからハーフボレーでゴールに迫ったが、これはGKクルトワの好セーブに阻まれた。 1点を追うベルギーは、試合終了間際にルケバキオがオーバーヘッドシュートでゴールに迫ったが、直後に試合終了のホイッスルが響き、逃げ切ったオランダがグループステージ無敗で2大会ぶりの2度目の準決勝進出を決めた。 また、同時刻開催となったリーグA・グループ4もう一試合のウェールズ代表vsポーランド代表は0-1でポーランドが勝利した。 試合はゴールレスで迎えた後半に動く。ポーランドは58分、左サイドでボールを受けたキヴィオルのアーリークロスをボックス手前のレヴァンドフスキがワンタッチで繋ぐと、ボックス内に抜け出したシフィデルスキが難なくネットを揺らした。 結局、これが決勝点となり、ポーランドが1-0で勝利。今大会未勝利に終わったウェールズがリーグB降格となった。 2022.09.26 05:58 Mon
twitterfacebook
thumb

「レアル・マドリーではデリケートな状況」 エデン・アザールが明かす

ベルギー代表FWエデン・アザールがレアル・マドリーでの現状に本音を漏らしたようだ。 ベルギー『RTL』によると、アザールは22日にホームで行われたUEFAネーションズリーグ(UNL)2022-23のリーグA・グループ4第5節のウェールズ代表戦後、レアル・マドリーで置かれた状況を問いただされると、フラストレーションをのぞかせたという。 「プレーがしたいっていう複雑な時期だ。プレーしたいのに、プレーできていないわけだから。でも、僕は全力を尽くすし、ピッチに立ちたい。レアル・マドリーでは良い感じでプレーできている」 「ただプレーの回数が少ないだけ。プレーできれば、うまくやれる。デリケートな状況だ。もっとプレーがしたいし、もっと貢献できる。リズムを取り戻せば、昔に戻れるけど、プレーするしかない」 アザールは2019年夏に夢だと語るレアル・マドリー移籍を鳴り物入りで果たしてから、今季で4年目。度重なる故障で大きく下げた評価はすぐに取り戻せず、今季のここまで限定的な出番が続いており、先発回数も出場した公式戦4試合でたったの1回しかない。 ちなみに、65分間にわたるプレーで2-1の勝利に貢献したウェールズ戦については「プレーができ、しかも先発できたのは嬉しかった」と話し、W杯のメンバー入りに向けて引き続きアピールを誓った。 「特に、前半は良かったね。3ポイントを掴めたしね。W杯の準備も兼ねて、オランダに行く。自分がプレーできたら、何がやれるかはわかっている。できるだけ出場時間を確保して、良い状態でW杯に臨めるかどうかは僕次第だ」 2022.09.23 12:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ウェールズに勝利のベルギー、指揮官は代表デビューの若手DF絶賛 「彼以上のデビューを果たした人物は知らない」

ベルギー代表のロベルト・マルティネス監督が、勝利に満足感を示した。『UEFA.com』が伝えている。 ベルギーは22日に行われたUEFAネーションズリーグ(UNL)2022-23のリーグA・グループ4第5節で、ウェールズ代表と対戦した。立ち上がりから主導権を握り、10分にMFケビン・デ・ブライネのゴールで先制に成功すると、続く37分にFWミッチー・バチュアイが追加点。後半は反撃に転じた相手に1点を返されたが、2-1で勝利した。 最終節で首位のオランダ代表と準決勝進出をかけ、直接対決に臨むマルティネス監督はおおむね満足しつつ、後半の戦い方には改善が必要だと認めている。 「今日のチームパフォーマンスには満足しているよ。特に、前半は私が選手たちに求めていたものをしっかり見せてくれる内容だった。ただし、2-0でリードしてから試合中にもかかわらず少し力を抜いてしまったかもしれないね。それについては避けるべきことだろう」 また、先発で代表デビューのDFゼノ・デバストに言及。プレッシャーのかかる状況でありながら、堂々とプレーした選手を絶賛した。 「ゼノ・デバストのデビューにはとても感動したよ。わずか18歳の選手として、彼以上のデビューを果たした人物を私は知らないね。私は今日の彼のプレーを見ていて、『本当にこれがデビュー戦なのか?』と思うくらいだった」 2022.09.23 11:20 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly