プレミアリーグがFA杯とEFL杯の新ルールを提案、後者はトップ6の不参加が可能に?

2022.09.20 22:40 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
現在、プレミアリーグでFAカップとEFLカップの今後の方針変更が検討されているようだ。イギリス『タイムズ』が伝えている。

今回の議題の根幹にあるのは過密日程の緩和。21日に予定されているプレミアリーグの株主総会で、国内2つのカップ戦のレギュレーションについて新たな提案がなされるようだ。

注目すべき提案の1つは、FAカップの3回戦と4回戦における再試合制度の廃止。通常、90分で決着が着かなければもう一度フルタイムで試合を行うというレギュレーションだが、2016年に準々決勝の再試合が廃止されるなど、ここ数年の縮小化を鑑みると考慮すべき項目だ。
一方で2018年に5回戦の再試合制度が復活されたケースもあるが、2021-22シーズンに新型コロナウイルスの影響で既に3回戦と4回戦の同制度が撤廃された事例もあるため、実行は可能なはずだ。

そして、最も注目すべきはEFLカップについて。欧州大会に参加しているクラブに限り、トップチームではなくU-21チームでエントリーする、あるいは全くもって不参加とするかが提案されている模様。過去9回の優勝クラブがいわゆるトップ6であったことを考えると、これは劇的な変化になりそうだ。

これらの提案に関する決定が今回の会議でなされる可能性は低いとのことだが、仮に採用されたとすれば、24-25シーズン以前に変更されることが予想されている。

関連ニュース
thumb

FAカップ、ベスト16の対戦カード決定! 三笘薫輝くブライトンは2部ストークと激突

FAカップ5回戦の対戦カードが決まった。 4回戦は先週末に行われ、プレミアリーグで首位をひた走るアーセナルを下したマンチェスター・シティのほか、マンチェスター・ユナイテッド、トッテナムが勝ち上がり、ブライトン&ホーブ・アルビオンも日本代表MF三笘薫の劇的弾で前回王者のリバプールをリーグ戦に続いて破った。 そんな4回戦は再試合を含め、いくつかの試合を残すが、ひと足先に次のラウンドに向けた抽選会が30日に行われ、8つの対戦カードが決定。前回王者のリバプールを撃破したブライトンはチャンピオンシップ(イングランド2部相当)のストーク・シティと対戦する。 2018–19シーズン以来の優勝を目指すシティはチャンピオンシップのブリストル・シティと激突。そのほか、マンチェスター・ユナイテッドはウェストハム、トッテナムはレクサムか、シェフィールド・ユナイテッドとの顔合わせとなっている。 なお、この5回戦の試合は2月27日から始まる週に開催。スケジュールはクラブ、放送局、そして地方自治体の間で取り決められる。 ◆対戦カード一覧 サウサンプトン vs ルートン・タウンorグリムズビー・タウン レスター・シティ vs ブラックバーンorバーミンガム・シティ ストーク・シティ vs ブライトン&ホーヴ・アルビオン レクサムorシェフィールド・ユナイテッド vs トッテナム フルアムorサンダーランド vs リーズ・ユナイテッド ブリストル・シティ vs マンチェスター・シティ マンチェスター・ユナイテッド vs ウェストハム イプスウィッチ・タウンorバーンリー vs シェフィールド・ウェンズデイorフリートウッド・タウン 2023.01.31 09:40 Tue
twitterfacebook
thumb

「ブライトンのシンボル」三笘薫が世界を席巻!衝撃は日英以外にも拡散し西紙は論文紹介も

ブライトン&ホーヴ・アルビオンの日本代表MF三笘薫が世界中で話題となっている。 29日に行われたFAカップ4回戦で、リバプール撃破の立役者となった三笘。劇的で鮮やかな決勝点以外にも、幾度の突破やアウトサイドでのラストパスでも決定機を演出しており、『DAZN』からは“ミトマショー”と題してこの試合におけるプレー集が公開されている。 日本はもちろん、イギリス中を震撼させた三笘。影響は日英以外にまで及んでいるようだ。 アメリカ『ESPN』は「Kaoru Mitomaはスペシャル」とゴールシーンを紹介すれば、中米ホンジュラスの『diez』は試合結果と三笘のこれまでのスタッツを絡め、「ブライトンのシンボル」と締めた。 スペイン『AS』は「三笘薫について知っておくべきこと」と題し、これまでの経歴を紹介するまでに。川崎フロンターレからロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズに渡ったことや日本代表での成績はもちろん、筑波大学ではドリブルに関する論文を執筆したこと。装着したカメラを使い、相手をかわすためのデータを取得していたことなどについても触れている。 カタール・ワールドカップ(W杯)スペイン代表戦でのアシストが世界中を震撼させた三笘。あれから2カ月足らずでまたしても世界に衝撃を与えることとなった。 <span class="paragraph-title">【動画】圧巻ドリブルから決勝点まで!FAカップ、リバプール戦の三笘薫のプレー集</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="pU2tgZrtDdg";var video_start = 19;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.30 17:30 Mon
twitterfacebook
thumb

トッテナムの岩渕真奈が初ゴール!加入後2戦目、反転からの左足で結果残す

トッテナムに所属するなでしこジャパンのFW岩渕真奈が移籍後初ゴールをマークした。 今季のアーセナルでは出場機会の乏しかった岩渕は、出場機会を求めて今冬に今シーズン終了までの期限付き移籍でトッテナムへ加入。25日の女子コンチネンタルカップ準々決勝で早速加入後初先発を飾った。 29日に行われた女子FAカップ4回戦のロンドン・シティ戦にも続けて先発。目に見える結果も残した。 トッテナム1点リードの前半アディショナルタイム、速い攻撃から右サイドへの展開となると、アシュリー・ネビルからのグラウンダークロスをニアで受けに行く。岩渕は右足で打つと見せかけてボディフェイントから反転し、中央から左足。シュートはDFの足に当たってコースが変わり、右隅へと吸い込まれた。 ツキもあったとはいえ、フィニッシュまでの動きは見事。中盤でボールの収まりどころとなるなど、69分の交代まで精力的なプレーを披露した。 試合は追加点を挙げたトッテナムが5-0で勝利。次のステージへ駒を進めている。 <span class="paragraph-title">【動画】カットバックから見事なターンで岩渕がトッテナム移籍後初ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> <a href="https://twitter.com/buchi_mana?ref_src=twsrc%5Etfw">@buchi_mana</a> nets her first for <a href="https://twitter.com/SpursWomen?ref_src=twsrc%5Etfw">@spurswomen</a>!<a href="https://twitter.com/hashtag/WomensFACup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WomensFACup</a> <a href="https://t.co/AknwC8tsQp">pic.twitter.com/AknwC8tsQp</a></p>&mdash; Vitality Women&#39;s FA Cup (@VitalityWFACup) <a href="https://twitter.com/VitalityWFACup/status/1619682441140248578?ref_src=twsrc%5Etfw">January 29, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.30 15:30 Mon
twitterfacebook
thumb

「相変わらずの破壊力」「なんという勝者」リバプール相手に圧巻パフォーマンスの三笘薫、地元紙も最高の評価「最も脅威的な攻撃のオプション」

ブライトン&ホーヴ・アルビオンの日本代表MF三笘薫が最高の評価を得ている。 29日に行われたFAカップ4回戦でブライトンはホームにリバプールを迎えた。 2週間前にプレミアリーグで対戦した際には、3-0で快勝した相手。試合は前半に1点ずつを奪いながら、後半はゴールがなかなか生まれず。90分が終了しようとしていた。 しかし、終了間際の後半アディショナルタイムに三笘が大仕事。ボックス手前右でFKからボールを繋ぐと、三笘は巧みなアウトサイドでのファーストタッチでわざと浮かせてジョー・ゴメスをかわし、右足アウトで押し込み劇的な逆転ゴール。三笘のスーパーゴールで、ブライトンが5回戦へと駒を進めた。 劇的な決勝ゴールを決めた三笘に対し、イギリス『Sussex Live』は9点(10点満点)を与え、劇的ゴールを称えた。 「トレント・アレクサンダー=アーノルドの周りを常に走り回り、相変わらずの破壊力を見せた。ブライトンの最も脅威的な攻撃のオプションであり、終盤には勝利に値するゴールを決めた」 「チームメイトがゴール前でより冷静であれば、数アシストできたはずだ」 また、イギリス『Sussex Express』も9点(10点満点)を与え、アーセナル移籍を果たしたベルギー代表FWレアンドロ・トロサール以上だと評価した。 「なんという勝者だ!彼のプレーを見るのはいつだって楽しい」 「選手を抜くことを愛し、今回もトレント・アレクサンダー=アーノルドに厳しい時間を過ごさせた。トロサールの穴を埋める以上のものを見せている」 <span class="paragraph-title">【動画】何度見ても信じられない三笘薫の華麗なタッチと判断の劇的スーパーゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="pLMTZtEg8iE";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.30 09:20 Mon
twitterfacebook
thumb

「魔法がかかった瞬間」ブライトン指揮官も三笘薫を称賛、リバプール撃破には「満足している」

ブライトン&ホーヴ・アルビオンのロベルト・デ・ゼルビ監督がリバプール戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 29日に行われたFAカップ4回戦でブライトンはホームにリバプールを迎えた。 2週間前にプレミアリーグで対戦した際には、3-0で快勝した相手。試合は30分にハーヴェイ・エリオットのゴールでリバプールが先制するが、39分にルイス・ダンクのゴールで同点に追いつくことに成功。そのまま後半へ突入する。 後半は互いに攻め込むもゴールが生まれないでいたが、アディショナルタイムに日本代表MF三笘薫が大仕事。ボックス手前右でFKからボールを繋ぐと、三笘は巧みなアウトサイドでのファーストタッチでわざと浮かせてジョー・ゴメスをかわし、右足アウトで押し込み劇的な逆転ゴール。三笘のスーパーゴールで、ブライトンが5回戦へと駒を進めた。 デ・ゼルビ監督はリバプール戦の勝利についてコメント。結果に満足しながらも改善点はあるとした。 「この結果に満足している。リバプールは素晴らしい試合をしたし、この試合はとても難しかった。彼らはピッチ上でとても強かった」 「ただ、我々はより良いプレーをすることができた。我々は改善できる、しなければいけない」 また、劇的な決勝ゴールを記録した三笘についても言及。“魔法がかかった瞬間”と称えた。 「三笘は素晴らしい選手であり、魔法がかかった瞬間だった。彼、そしてファン、すべての人のためだった」 <span class="paragraph-title">【動画】魔法の瞬間、三笘薫が衝撃のリバプール撃破弾! 完璧なタッチとフェイントのスーパーゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="pLMTZtEg8iE";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.30 09:05 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly