LASKの中村敬斗が止まらない!日本代表に呼ばれずも3戦連発で公式戦9ゴール目

2022.09.19 17:47 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
LASKリンツのFW中村敬斗が調子の良さを維持している。開幕からゴールを量産している中村は、17日に行われたオーストリア・ブンデスリーガ第9節のティロル戦でも先発出場。試合開始早々に先制点をマークした。

LASKは中央から右サイドへ展開して再び中へと、見事なパスワークでボックス右を取ると、トーマス・ゴイギンガーの折り返しに中村。グラウンダーのクロスはやや後方へ流れたが、冷静に収めて左隅へ流し込んだ。
残念ながらその後チームは逆転を許し、1-4で今季初黒星を喫した。

ただ、中村自身は3試合連続となるリーグ戦6ゴール目を記録し、公式戦では9ゴール5アシストと明確な数字を残している。元々の推進力に加え、ゴール前での冷静さやフィニッシュワークも向上。好調を維持しており、日本代表へ推す声も少なくない。

1 2

関連ニュース
thumb

LASK中村がまたもゴール! 冷静にDFをかわし狭いコースを射抜いて公式戦11得点目

LASKリンツのFW中村敬斗がまたもゴールを記録した。 LASKは10月30日、オーストリア・ブンデスリーガ第14節でヴォルフスベルガーとホームで対戦。4-1で勝利を収めた。 前節は負傷のために欠場し、今季初のメンバー外となった中村だが、今節はスタメンに復帰。中村は66分まで出場し、早速ゴールを奪っている。 3-0とLASKのリードで迎えた59分。左サイドハーフで起用された中村は外へ開きながらパスを引き出すと、追い越したDFレネ・レナーへ預けて自身はゴール前へ侵入。すると、クロスのクリアボールが中村の前へ。右足裏でのコントロールからカバーに入ったDFをかわし、左隅の狭いコースを左足で冷静に射抜いた。 試合の主役こそハットトリックを達成したMFロベルト・ジュリに譲ったものの、日本期待の若武者は復帰後即結果を残し、リーグ戦では8得点目。公式戦では11点目をマークしており、さらなる上積みも間違いなくできる。 中村は年代別の日本代表経験はあるものの、フル代表には未選出。日の丸を背負ってプレーする日も遠くないかもしれない。 LASKは終盤に1点を返されながらも4-1で快勝。ザルツブルク、シュトゥルム・グラーツに次ぐ3位につけている。 <span class="paragraph-title">【動画】ゴール前でも冷静に相手をかわして左足!中村敬斗の今季公式戦11点目</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="4NNxtASV3xs";var video_start = 72;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.11.01 17:45 Tue
twitterfacebook
thumb

LASKの中村敬斗が今季二桁ゴール達成! 鋭い抜け出しで冷静に決める

LASKリンツのFW中村敬斗がゴール数を大台に載せた。 LASKは15日、オーストリア・ブンデスリーガ第12節でオーストリア・クラーゲンフルトと敵地で対戦。3-1と勝利を収めた。中村はフル出場を果たし、78分に追加点を挙げている。 LASKは15分、中村のミドルシュートのこぼれ球にFWマリン・リュビチッチが詰めて先制に成功。63分に同点とされて押され気味となるも、72分に再びリュビチッチが決めて勝ち越すと、6分後に中村が追加点を挙げて熱戦を制した。 3試合ぶりのゴールを決めた中村はこれがリーグ戦7得点目となり、カップ戦を含めると公式戦では10ゴール目。海外挑戦4シーズン目にして初となるシーズン二桁得点を達成している。 年代別の日本代表経験はあるものの、フル代表には未選出。このタイミングからカタール・ワールドカップ(W杯)へのサプライズ選出となる可能性はさすがに小さいだろうが、将来的には日の丸を背負ってのプレーに期待が高まっている。 <span class="paragraph-title">【動画】ついに欧州での二桁達成!中村敬斗の今季公式戦10得点目</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="rLqtnz_GGMs";var video_start = 76;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.10.17 22:50 Mon
twitterfacebook
thumb

絶好調・中村敬斗が2試合連続ゴール! 今季の公式戦で早くも8ゴール

LASKリンツのFW中村敬斗が絶好調を維持している。 開幕からゴールを量産している中村。11日に行われたオーストリア・ブンデスリーガ第8節のオーストリア・ルステナウ戦にも2列目の左サイドで先発出場した。 すると23分、右サイドに大きく展開すると、トーマス・ゴイギンガーがボックス右からクロス。これをエフティミオス・クルリスがボックス中央で触り、最後は中村が右足で蹴り込み、LASKが先制した。 中村はこれでリーグ戦5ゴール目。2試合連続ゴールとした。またカップ戦を含め、今季は10試合で8ゴール5アシストを記録。目に見える結果を残し続けている。 なお、試合はその後に追いつかれて2試合連続ドロー。上位対決は引き分けに終わった。 <span class="paragraph-title">【動画】2試合連続ゴールで今季のリーグ戦で早くも5ゴール目!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="9XcdQygFs20";var video_start = 28;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.09.13 10:45 Tue
twitterfacebook
thumb

LASK中村敬斗が絶好調! 鮮やか切り返しからの左足で公式戦9戦7発目

オーストリアで研鑽を積むLASKリンツのFW中村敬斗の勢いが止まらない。 4日、オーストリア・ブンデスリーガ第7節が開催され、LASKはリートをホームに迎えた。 ここまで全試合で先発している中村は、この日も左ウイングでスタート。左足で見事な一撃を突き刺した。 早々の10分に退場者を出すという難局を向かえたLASK。だが、数的不利を物ともせず積極的に相手ゴールへ迫ると、前半のアディショナルタイムに日本の若武者がゴールをこじ開けた。 LASKは大きなサイドチェンジで右サイドへ展開すると、DFフィリップ・ストイコビッチが長い距離を持ち運んでクロス。クリアによって流れたボールをファーで中村が拾い、右足のタッチで相手DFをかわして対角へ左足のシュートを決めた。 中村はこれがリーグ戦では今季4得点目。カップ戦も含めると、9試合で7得点5アシストという、ハイペースを維持している。 試合は後半に相手も退場者を出して数的同数となったものの、追い付かれて1-1でタイムアップ。チームは5勝2分けの2位となり、ザルツブルクに首位を明け渡している。 <span class="paragraph-title">【動画】ゴール前での鮮やかな切り返しから中村敬斗が今季公式戦7ゴール目</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="IEukYjEwyOc";var video_start = 138;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.09.06 22:05 Tue
twitterfacebook
thumb

好調・中村敬斗が今季リーグ戦2ゴール目! 見事な動きだしで決勝点記録《オーストリア・ブンデスリーガ》

LASKリンツのFW中村敬斗が好調を維持している。 14日、オーストリア・ブンデスリーガ第4節が開催。LASKはラピド・ウィーンをホームに迎えた。 前節のヴォルフスベルガー戦で3アシストを記録して勝利に貢献していた中村は、この試合も[4-2-3-1]の左ウイングでプレーした。 今季は公式戦4試合で2ゴール4アシストを記録。リーグ戦でも開幕戦でゴールを決めていた中村は、1-0で迎えた43分に魅せる。 中盤でボールを持ったトーマス・ゴイギンガーがスルーパス。これを相手DFとの駆け引きに勝って動き出した中村がボックス内で受け、前に出たGKをかわして無人のゴールへと流し込み、2-0とリードを広げた。 好調を維持している中村は、69分にお役御免。チームは後半アディショナルタイムに1点を返されたものの、2-1で逃げ切り勝利。中村のゴールが決勝点となり、首位をキープした。 LASKリンツ 2-1 ラピド・ウィーン 【LASK】 トーマス・ゴイギンガー(前10) 中村敬斗(前43) 【ラピド・ウィーン】 マルコ・グリュル(後46) <span class="paragraph-title">【動画】スルーパスに絶妙な反応!中村敬斗が今季2ゴール目!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="S7R7CdcDu78";var video_start = 42;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.08.15 16:03 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly