名古屋、広島守護神の牙城を崩せずホームでドロー…創立30周年を白星で飾れず【明治安田J1第30節】

2022.09.17 20:55 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
明治安田生命J1第30節、名古屋グランパスvsサンフレッチェ広島が17日に豊田スタジアムで行われ、0-0の引き分けに終わった。

この一戦が創設30周年の記念試合となる名古屋。ゴールレスドローに終わった先週松の神戸戦から14日に延期されていた川崎F戦も1-1で、現在は2戦連続で引き分けとなっている。

一方、8月以降公式戦8連勝中だった広島は前節、川崎相手に4-0の大敗を喫した。リーグ戦でも十数年ぶりの6連勝を阻まれ、逆転優勝はさらに厳しくなった。
それでもACL出場圏内となる3位より上の順位を目指す広島は、ルヴァンカップを含めて今季3連勝している名古屋に対し、立ち上がりから攻勢で試合を進めていく。ただ、パスの回転率は普段通り相手を上回るものの、肝心のシュートシーンがなかなか作れず。森島がミドルシュートを放つ場面があったが、相手に当たって決定機にはならなかった。

対する名古屋はボールを奪っては少ない手数で広島のゴールを脅かす。35分には永井、41分には森下、さらに43分には相馬と、立て続けにチャンスを迎えるが、ゴールには結びつかなかった。また、初スタメンの永木もシュートシーンを迎えたが、ボックス手前から放ったシュートは枠を捉えられなかった。

後半から広島は松本を下げて川村を投入。前半のシュート数が相手を下回っていた広島は、立ち上がりに佐々木のミドルシュートでリズムを作っていく。

しかし、後半は名古屋の流れに。まずは51分、敵陣左サイドでボールを奪い、相馬がドリブル突破からグラウンダーのクロスを供給。逆サイドから永木が飛び込んだが、ここは絶妙なタイミングで距離を詰めたGK大迫に軍配が上がる。

続く52分には、カウンターからロングボールを落ち着かせ、左サイドの仙頭がカットインから右足でミドルシュート。だが、これは枠に飛ばせなかった。

まだまだ攻勢が続く名古屋は64分に最大の決定機を迎える。永井が塩谷からボールを奪ってシュートへ。ここはGKに阻まれたが、こぼれ球を拾った森下にビッグチャンス。ボックス中央から冷静に流し込みにかかったが、驚異のリアクションを見せたGK大迫が再びのファインセーブ。広島守護神がこれでもかと立ちはだかる。

その後は互いに選手交代を行う中で、名古屋はレオ・シルバが65分の登場から11分後に宮原と交代。ケガをした様子もなく、戦術的な理由のようだ。

広島はドウグラス・ヴィエイラを下げてピエロスを投入。89分のカウンターで森島のクロスに飛び込み決定機を迎えたが、シュートは上手く合わせられず枠の外へ。

終盤にかけては広島に流れが傾きかけたが、両者共に最後までネットを揺らせず、0-0の痛み分けとなった。

名古屋 0-0 広島


関連ニュース
thumb

札幌が濱大耀と契約満了…2年間を過ごす富山からも退団

北海道コンサドーレ札幌は26日、DF濱大耀(24)との契約満了を発表した。 濱は札幌のアカデミー出身で、2017年にトップチーム昇格。2021年からはカターレ富山に貸し出されたが、2年間を通じて明治安田生命J3リーグで出番なしだった。 富山からも退団が決まった濱は両クラブを通じて別れの挨拶をしている。 ◆北海道コンサドーレ札幌 「北海道コンサドーレ札幌に関わる皆様、ユースから数えて9年間の間、たくさんの声援とサポートありがとうございました。ここ2年間はレンタル先での活動でしたが、札幌にいた4年間、ユースでの活動を含めれば7年間、本当に沢山の経験をさせてもらいました」 「9年間で毎日のように『結果で恩返しを』と闘志を燃やし進んできましたが、最後まで叶えることができずにチームを去ることになってしまい、申し訳なく思います。ですが、四方田さんやミシャさんのもとでサッカーを学べたこと、札幌のトップレベルの選手たちとしのぎを削り切磋琢磨できたとこと、迫力あるスタジアムでたくさんの応援の中プレーできたこと、札幌での日々はサッカー選手として、とても幸運なことだったと思えます 「ここでの経験を生かして次の場所でも頑張りたいと思います。最後に、お世話になったファンやサポーター、パートナー、チーム関係者の皆様、9年間本当にありがとうございました」 ◆カターレ富山 「カターレ富山に関わる皆様、2年間という短い間でしたが、ありがとうございました。今シーズンは昨年の怪我の影響で、シーズン中に復帰することは叶いませんでした。また、チームとしてJ2に復帰する目標を達成することができず、個人としてそこに全く貢献できなかったことを申し訳なく思います」 「僕の短いキャリアの中でも断トツで苦しい1年間でしたが、ファンやサポーターの皆さんがかけてくれる声援や日頃からのサポート、監督やコーチ、チームドクターやトレーナー、そしてチームメイトに支えられて今日まで練習に励むことができました」 「富山での2年間の経験を生かして、今後も自分らしく頑張っていこうと思います。またどこかで皆さんに会えることを楽しみにしています。2年間ありがとうございました」 2022.11.26 17:35 Sat
twitterfacebook
thumb

福岡、移籍1年目の平塚悠知と契約更新

アビスパ福岡は26日、MF平塚悠知(26)との契約更新を発表した。 平塚は札幌大学、水戸ホーリーホックを経て、今季途中から福岡でプレー。自身初の明治安田生命J1リーグで4試合1得点を記録するなど、公式戦6試合でプレーした。 2022.11.26 17:25 Sat
twitterfacebook
thumb

名古屋、高卒3年目の吉田晃と契約満了…修行先のJFL岡崎からも退団

名古屋グランパスは26日、DF吉田晃(21)の契約満了を発表した。 吉田は2020年に九州国際大付属高校から名古屋入りしたが、出番を得られず、今年途中から日本フットボールリーグ(JFL)のFCマルヤス岡崎に育成型期限付き移籍。岡崎でも1試合の出場に終わった。 修行先の岡崎からも契約満了が発表され、フリーの吉田。名古屋を通じては悔しさを滲ませつつ、感謝の言葉を綴った。 「今シーズン限りで名古屋グランパスを離れることになりました。3年間でなかなか試合に絡めず、プレーするところを見せることができず悔しかったです。試合に出られなくても学ぶことが多く、貴重な経験をさせてもらうことができました。名古屋グランパスに関わる全ての皆さん、3年間本当にありがとうございました!」 2022.11.26 16:55 Sat
twitterfacebook
thumb

福岡が井上聖也&田邉草民と契約更新!

アビスパ福岡は26日、DF井上聖也(23)とMF田邉草民(32)の契約更新を発表した。 井上は甲南大学から今季入団のルーキー。明治安田生命J1リーグでこそ出番なしだったが、ルヴァンカップと天皇杯でトータル8試合に出場した。 一方、田邉は2019年にFC東京から加入。J1リーグで22試合に出場するなど、公式戦34試合でプレーした。 2022.11.26 16:20 Sat
twitterfacebook
thumb

鹿島、今季11発FW知念慶を川崎Fから獲得! 「勝利のために常にベストを」

鹿島アントラーズは26日、川崎フロンターレからFW知念慶(27)の完全移籍加入を発表した。 沖縄県出身の知念は2017年に愛知学院大学から川崎Fに入団してプロの世界に。2020年こそさらなる出番増加を目指して大分トリニータにレンタル移籍したが、2021年から川崎Fに戻って、FW小林悠やFWレアンドロ・ダミアンとの熾烈なポジション争いに再び身を投じた。 そして、復帰2年目の今季も途中出場が多かったが、明治安田生命J1リーグでは27試合に出場。得点数はキャリアハイの7ゴールをマークしたほか、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)を含めた公式戦を通じても11得点を決めた。 知念は鹿島を通じて「鹿島アントラーズという歴史あるクラブに加入できることを嬉しく思います。自分自身、チャレンジャーとして覚悟を持ってこのクラブにきました。アントラーズの勝利のために常にベストを尽くします。よろしくお願いします」とコメントした。 一方、川崎Fの公式ウェブサイトを通じては「この度、鹿島アントラーズに移籍することになりました。川崎フロンターレに加入して6年、いい時も悪い時もいつも温かい応援ありがとうございました」と移籍を報告するとともに、感謝の言葉と新天地での活躍を誓っている。 「大学時代、実力も知名度もない自分を拾っていただき、ここまで育てていただいたクラブには本当に感謝しかありません。フロンターレではサッカーだけでなく1人の人間としても多くのことを学ばせてもらいました」 「壁にぶつかることもたくさんありましたが、チームメイト、監督・コーチ、チームスタッフ、サポーター、家族、多くの人の支えがあったからこそ辛いことも乗り越えられました。本当にありがとうございました」 「チームを離れるのは本当に寂しいです。ですが、自分は新たな環境にチャレンジすることで成長したいと考え、決断しました。みなさんに成長した姿を見せられるように頑張ります。5年間本当にありがとうございました」 2022.11.26 15:15 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly