雷雨で中断された再開試合、藤枝が岐阜を3ゴールで一蹴【明治安田J3第21節】

2022.09.14 21:58 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
14日、明治安田生命J3リーグ第21節のFC岐阜vs藤枝MYFCが行われ、0-3で藤枝が勝利した。

9位の岐阜(勝ち点32)と5位の藤枝(勝ち点42)の一戦。この試合は、8月20日に行われていたが、雷雨の影響で試合途中で中断していた。

藤枝は横山暁之が11分にゴールを決めた状況、0-1からスタートした中、前半22分から再開した。
異例のスタートとなった中、互いに攻め込み、積極的にシュートを放っていく。

しかし、決定力を欠きゴールは生まれず。藤枝は再開前の試合でのゴールで1点をリードして後半を迎える。

後半も追いつきたい岐阜が積極的に攻め込んでいく中、フィニッシュの精度を欠いてしまう。

すると64分、岐阜のGK桐畑和繁がボックス内でファウル。これで藤枝はPKを獲得すると、渡邉りょうが冷静に決めて藤枝がリードを広げる。

リードを広げられた岐阜だったが、藤枝はさらに追加点。74分に榎本啓吾がヘディングゴールを決めて3点差に。攻撃が機能しない岐阜は成す術なく敗戦。0-3で再開試合は終了した。

◆明治安田生命J3リーグ第21節
▽9/14(水)
FC岐阜 0-3 藤枝MYFC

▽8/20
いわきFC 4-1 福島ユナイテッドFC
SC相模原 0-1 鹿児島ユナイテッドFC
カターレ富山 2-1 愛媛FC
ヴァンラーレ八戸 3-1 AC長野パルセイロ

▽8/21
テゲバジャーロ宮崎 0-2 ガイナーレ鳥取
FC今治 2-1 カマタマーレ讃岐
Y.S.C.C.横浜 4-2 アスルクラロ沼津
ギラヴァンツ北九州 0-1 松本山雅FC


関連ニュース
thumb

札幌が濱大耀と契約満了…2年間を過ごす富山からも退団

北海道コンサドーレ札幌は26日、DF濱大耀(24)との契約満了を発表した。 濱は札幌のアカデミー出身で、2017年にトップチーム昇格。2021年からはカターレ富山に貸し出されたが、2年間を通じて明治安田生命J3リーグで出番なしだった。 富山からも退団が決まった濱は両クラブを通じて別れの挨拶をしている。 ◆北海道コンサドーレ札幌 「北海道コンサドーレ札幌に関わる皆様、ユースから数えて9年間の間、たくさんの声援とサポートありがとうございました。ここ2年間はレンタル先での活動でしたが、札幌にいた4年間、ユースでの活動を含めれば7年間、本当に沢山の経験をさせてもらいました」 「9年間で毎日のように『結果で恩返しを』と闘志を燃やし進んできましたが、最後まで叶えることができずにチームを去ることになってしまい、申し訳なく思います。ですが、四方田さんやミシャさんのもとでサッカーを学べたこと、札幌のトップレベルの選手たちとしのぎを削り切磋琢磨できたとこと、迫力あるスタジアムでたくさんの応援の中プレーできたこと、札幌での日々はサッカー選手として、とても幸運なことだったと思えます 「ここでの経験を生かして次の場所でも頑張りたいと思います。最後に、お世話になったファンやサポーター、パートナー、チーム関係者の皆様、9年間本当にありがとうございました」 ◆カターレ富山 「カターレ富山に関わる皆様、2年間という短い間でしたが、ありがとうございました。今シーズンは昨年の怪我の影響で、シーズン中に復帰することは叶いませんでした。また、チームとしてJ2に復帰する目標を達成することができず、個人としてそこに全く貢献できなかったことを申し訳なく思います」 「僕の短いキャリアの中でも断トツで苦しい1年間でしたが、ファンやサポーターの皆さんがかけてくれる声援や日頃からのサポート、監督やコーチ、チームドクターやトレーナー、そしてチームメイトに支えられて今日まで練習に励むことができました」 「富山での2年間の経験を生かして、今後も自分らしく頑張っていこうと思います。またどこかで皆さんに会えることを楽しみにしています。2年間ありがとうございました」 2022.11.26 17:35 Sat
twitterfacebook
thumb

来季J2の藤枝、杉本拓也の退団発表…今季は入団5年目にして出場なしに

藤枝MYFCは26日、GK杉本拓也(32)との契約満了を発表した。 杉本は日本大学、ガイナーレ鳥取を経て、2018年に藤枝入り。地元凱旋となり、昨季まで守護神を務めたが、今季はチームが明治安田生命J3リーグ2位でJ2昇格を決めたなか、出場ゼロだった。退団を受け、クラブを通じて別れの挨拶をしている。 「2022シーズンを持ちまして契約満了になりました。藤枝MYFC関わる皆様、J2昇格おめでとうございます。これからの藤枝MYFCのご活躍をお祈り申し上げます」 2022.11.26 17:20 Sat
twitterfacebook
thumb

仙台MF大曽根広汰、来季J2の藤枝にレンタル 「貢献できるように頑張ります!」

藤枝MYFCは26日、ベガルタ仙台からMF大曽根広汰(23)の期限付き移籍加入を発表した。加入期間は2024年1月31日まで。同期間中は仙台との公式戦出場不可となる。 大曽根は川崎フロンターレのアカデミー出身で、日本体育大学を経由して仙台に今季入団。明治安田生命J2リーグ5試合でプレーした。 来季からJ2リーグの藤枝で修行を積む大曽根は新天地を通じて「ベガルタ仙台から加入しました、大曽根広汰です。藤枝の攻撃的なサッカーに早くフィットして、チームに貢献できるように頑張ります! 応援よろしくお願いします!」とコメントした。 一方、仙台を通じては「1年間熱い応援をありがとうございました。来シーズンは藤枝MYFCに期限付き移籍し、プレーすることになりました」と移籍を報告。移籍先での成長を誓った。 「ファン、サポーターのみなさまの期待に応えることができず、不甲斐ない思いでいっぱいです。この悔しさを糧にして、藤枝で成長して、大好きな仙台に帰って来て、ユアスタのピッチで躍動できるように1年間がんばってきます。引き続き応援をよろしくお願いいたします」 2022.11.26 13:25 Sat
twitterfacebook
thumb

北九州が6選手と契約更新! 池高暢希「J2昇格を来シーズンは必ず」

ギラヴァンツ北九州が26日にDF伊東進之輔(19)、MF平原隆暉(19)、FW平山駿(24)、DF前田紘基(24)、MF池高暢希(22)、MF井野文太(19)との契約更新を発表した。 今季の明治安田生命J3リーグでは池高が27試合2得点、平山が17試合4得点、前田が15試合出場、井野が5試合出場、平原が1試合出場を記録。伊東は出番なしだった。 6選手はクラブを通じて、それぞれ決意を新たにしている。 ◆伊東進之輔 「来シーズンもギラヴァンツ北九州でプレーさせていただくことになりました。今シーズンは自分自身すごく悔しい思いの多いシーズンとなりました。この悔しい思いを晴らせるように来シーズンも頑張っていきます。よろしくお願いします」 ◆平原隆暉 「来季もこの素晴らしいクラブでプレーする機会を頂き感謝しています。この思いを結果で恩返しできるよう頑張っていきたいと思います。応援よろしくお願いします」 ◆平山駿 「まず初めに今シーズンたくさんの熱い応援とサポートありがとうございました。来シーズンもギラヴァンツ北九州でサッカーできることを嬉しく思います。自分含め、ギラヴァンツ北九州はもっとやれると思います。それを来シーズン証明したいと思います。ギラヴァンツ北九州に関わる人を笑顔にできるように頑張っていきます。引き続き応援よろしくお願いいたします」 ◆前田紘基 「まず初めに今年1年間、応援ありがとうございました。 2023シーズンもギラヴァンツ北九州でプレーさせていただくことになりました。今シーズンはJ2昇格という目標とは程遠い結果になってしまい、申し訳ございませんでした。 来シーズンは、皆さんと一緒に喜びを分かち合えるように戦いますので、熱い応援宜しくお願いします!」 ◆池高暢希 「来シーズンもギラヴァンツ北九州でみなさんと共に戦えることを嬉しく、誇りに思います。今シーズン、悔しくも達成できなかったJ2昇格を来シーズンは必ず掴み取りましょう! ギラヴァンツ北九州の勝利のために走り貪欲に戦います。よろしくお願いします!」 ◆井野文太 「まず初めに今年は熱い応援、サポートなどありがとうございました。来シーズンもギラヴァンツ北九州でプレーさせていただきます。今年の悔しさを忘れず、来シーズンは多くの方々と喜びを分かち合えるよう頑張ります。来年も引き続き応援よろしくお願いします」 2022.11.26 12:55 Sat
twitterfacebook
thumb

鳥取、大卒3年目の安藤一哉が退団…双方合意で契約解除

ガイナーレ鳥取は26日、MF安藤一哉(25)と双方合意のもとで契約解除に至った旨を発表した。 安藤はジェフユナイテッド千葉のアカデミー育ちで、2020年に東京農業大学から鳥取に入団。今季は明治安田生命J3リーグ9試合に出場した。退団を受け、別れの挨拶をしている。 「大学卒業から3年間お世話になりました。この3年間、自分の思い通りに行ったことなんてほとんどないかもしれません。ですが、応援してくださるスポンサー様はじめ、ファンサポーターの方々などのお陰でたくさん成長することができました。今回の決断は簡単なものではありません」 「健康であること、人間らしく生きることは、サッカーをプレーするよりも一番大切なことだとこの一年考えさせられました。このプロという世界に引き入れて下さった吉野強化部長には感謝の思いしかありません。もっとプレーで恩返しをしたかったですが叶わないことが悔しいです」 「長くなりましたが、ガイナーレ鳥取の今後の飛躍、発展を心より願っています。J2昇格への力になることはできませんでしたが、これからは一歩外から祈っています。改めてガイナーレに関わる全ての方々、3年間ありがとうございました」 2022.11.26 12:40 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly