守田英正スタメンのスポルティングが土壇場2発で本命スパーズ撃破! GS連勝を達成《CL》

2022.09.14 03:50 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)のグループD第2節、スポルティングCPvsトッテナムが13日にエスタディオ・ジョゼ・アルバラーデで行われ、ホームのスポルティングが2-0で勝利した。なお、スポルティングのMF守田英正は71分までプレーした。

スポルティングはグループステージ開幕戦となったフランクフルト戦を敵地で3-0の快勝。さらに、先週末に行われたポルティモネンセ戦も4-0の大勝で飾り、3連勝中だ。グループ本命チームをホームで迎え撃ったこの一戦では、負傷のサン・ユステに代えてヌーノ・サントスを起用した以外、フランクフルト戦と全く同じスタメンを採用。その初戦で2点を演出した守田は、古巣初対戦のマーカス・エドワーズらと共に継続起用となった。

一方、マルセイユとの初戦を2-0で競り勝って白星発進のトッテナムは、エリザベス女王逝去の影響によって先週末開催予定だったマンチェスター・シティ戦が延期に。中5日という休養十分な状態で敵地リスボンへ乗り込んだ。マルセイユ戦からはラングレに代えてベン・デイビスを起用した以外、同じメンバーを起用。スポルティング下部組織出身のダイアーは初のジョゼ・アルバラーデ凱旋となった。
試合は地力で勝るアウェイのトッテナムが立ち上がりから押し込む入りに。試合開始直後に続けてセットプレーを得ると、直後にも前からの連動したプレスでショートカウンターを仕掛け、ホイビュアがミドルシュートを放った。

一方、開始数分の守勢を凌いだスポルティングは開始7分に最初の決定機を創出。中盤でボールを持った守田から前線のエドワーズに縦パスが通り、一気に攻撃をスピードアップ。そのままボックス付近まで運んだエドワーズからラストパスを受けたゴンサウヴェスがシュートに持ち込むが、これはGKロリスにはじき出された。

ファーストチャンスでの先制ゴールとはならなかったものの、このプレーをキッカケにマイボール時で落ち着き始めたホームチームは、要所で相手のプレスを剥がして、良い形で相手陣内へボールを前進させるシーンを増やしていく。だが、アタッキングサードでは相手の堅固な守備ブロックを前に決定機までは持ち込めない。

以降はボールを握って遅攻を中心に、要所でロングカウンターを繰り出すスポルティングがペースを掴む。26分にはトリンコンが個人技でペナルティアーク付近まで運んでシュートに持ち込むが、ここは精度を欠く。

対して3トップへの縦パスをスイッチに先制点を狙うトッテナムは、攻撃の回数は少ないものの、アタッキングサードまでボールを運べば、ホームチームを凌駕する個のクオリティでより決定的なシーンを作り出す。だが、ボックス内で訪れたリシャルリソンやエメルソンのシュートチャンスは相手の粘りの寄せもあって良い形で打ち切れず。また、ケインのスルーパスに抜け出したリシャルリソンのゴールもオフサイドで認められず。

その後、ゴールレスでのハーフタイム突入濃厚と見られた前半アディショナルタイムには、アカデミー在籍時に“スパーズのメッシ”との異名を持っていたエドワーズがその本家を彷彿とさせる鮮やかなドリブル突破で局面を打開。最後はトリンコンに預けてゴール前に侵入し、完璧な形で右足シュートに持ち込むが、ここはGKロリスのビッグセーブに阻まれた。

互いに選手交代なしで臨んだ後半は、前半同様にトッテナムが勢いを持って試合に入る。開始直後にはケインの左クロス、素早いリスタートからエメルソンにボックス内で続けて決定機も、ここはGKアダンの好守に遭う。さらに、53分にはリシャルリソンのスルーパスに抜け出したケインがボックス左に持ち込んでファーポストを狙った左足のシュートを放つが、これもアダンのファインセーブに阻まれる。

後半は完全にアウェイチームのペースで試合が進んでいくが、スポルティングも最後のところで身体を張ってゴールを割らせない。そして、0-0のまま時間が進んでいく中、70分過ぎには両ベンチが動く。

消耗激しいホームチームはカードを1枚もらっていた守田、トリンコンを下げてアレクサンドロプロス、パウリーニョを続けて投入。一方、トッテナムは動きが少なくなったソン・フンミンを諦めてクルゼフスキを投入した。

後半終盤にかけては消耗戦となり、互いに細かいミスが増えて試合は膠着する。だが、スポルティングが最後の最後に勝負強さを発揮した。

90分、直前に右サイドから鋭いカットインを仕掛けたポロのミドルシュートはGKロリスのビッグセーブに阻まれるが、このプレーで得た左CKの場面でキッカーのポロが正確な右足のクロスを供給。これをニアでうまくコースを変えたパウリーニョのヘディングシュートがゴール右隅に決まる。

土壇場で先制に成功したスポルティングは、さらに試合終了間際の93分には直前にエドワーズに代えて投入したアルトゥール・ゴメスがカウンターから左サイドを鮮やかなドリブルで突破し、そのままボックス内に侵入。最後は冷静にゴール右隅に右足のシュートを流し込み、ほぼファーストプレーでCLデビュー戦ゴールを奪った。

この直後に試合はタイムアップを迎え、本命トッテナムとの直接対決を見事に制したスポルティングが連勝でグループ首位を維持した。

関連ニュース
thumb

スパーズがポロ獲得に接近! 28日タッサ・ダ・リーガ決勝後に移籍か?

トッテナムが、スポルティングCPのスペイン代表DFペドロ・ポロ(23)の獲得に迫っているようだ。 今冬の移籍市場で右ウイングバックの補強に動いていたトッテナムは、予てより今シーズンのチャンピオンズリーグの2試合で直接対峙したスポルティングDFをトップターゲットに定めてきた。 ここまでは4500万ユーロ(約63億7000万円)に設定された契約解除金の支払いを渋り、より安価な金額のオファーや選手譲渡を盛り込んだオファーを掲示したが、スポルティングは首を縦に振らず。 この間に選手サイドとは2028年までの5年半契約で合意に至ったものの、クラブ間交渉は平行線を辿っていた。 しかし、移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏やイギリス『フットボール・ロンドン』が報じるところによれば、トッテナムは今季公式戦25試合3ゴール11アシストの数字を残す23歳の獲得に近づいているという。 トッテナムは最終的に4500万ユーロの支払いを受け入れた模様で、数年間の分割という形で移籍金を支払うことになるという。さらに、今月28日にポルトとのタッサ・ダ・リーガ決勝を控える中、同試合でポロを起用したいというスポルティングの要求も受け入れた模様だ。 なお、ポロの獲得が決定した場合、トッテナムはU-21イングランド代表DFジェド・スペンスをレンタル移籍に出す意向で、ブレントフォードやレスター・シティが受け入れ先の候補に挙がっている。 ラージョ・バジェカーノやジローナの下部組織に在籍歴のあるポロは、2019年8月にマンチェスター・シティに加入。だが、トップチームで出場機会はなくバジャドリー、スポルティングにレンタルに出されていた。 その後、2年のレンタル期間に目覚ましい活躍を披露したスペイン代表DFは、今年5月にスポルティングが完全移籍で買い取っていた。 173cmとサイズには恵まれていないものの、スピードと運動力に優れるポロは積極的な持ち上がりと、高精度の右足のキックを最大の特長とする。また、タッチライン際に張るだけでなく内側のポジションで組み立てや崩しにも絡めるモダンなサイドプレーヤーだ。 2023.01.27 06:30 Fri
twitterfacebook
thumb

トッテナム、ペドロ・ポロの1月獲得諦めず… 交渉成立ならスペンス売却も

トッテナムが、スポルティングCPに所属するスペイン代表DFペドロ・ポロ(23)の獲得交渉を続けているようだ。 ポロは元マンチェスター・シティの右サイドバックで、2020年夏にシティから2年レンタルでスポルティング入りし、昨夏には完全移籍に移行。2025年6月までの契約を結んでいる。 身長は173cmと小柄だが、豊富な運動量と良質なクロス、スピードなどが魅力。スポルティングでは右ウィングバックを本職とし、今季の公式戦24試合で3得点、そして驚異の11アシストを記録している。 移籍市場に精通するジャーナリスト、ファブリツィオ・ロマーノ氏の最新情報では、スポルティングは4000万ポンド(約64億1000万円)のリリース条項の満額支払い以外では首を縦に振らない姿勢を崩していないという。 一方、イギリス『Football Insider』によると、ポロ獲得に成功なら既存戦力を1枚削る考えとのことで、ポロと定位置が被るアイルランド代表DFマット・ドハーティ(31)、ブラジル代表DFエメルソン・ロイヤル(24)、U-21イングランド代表DFジェド・スペンス(22)のいずれかだと考えられている。 なお、スペンスにはレバークーゼンやクリスタル・パレス、ウォルバーハンプトン、サウサンプトンから関心が寄せられているとのことだ。 2023.01.24 20:18 Tue
twitterfacebook
thumb

【プリメイラ・リーガ日本人選手】守田復帰のスポルティングがリーグ戦3試合ぶりの白星!

2022-23シーズンのプリメイラ・リーガ第17節が週末に行われた。 今シーズンのプリメイラ・リーガでは、スポルティングCPへ移籍したMF守田英正やジル・ヴィセンテで飛躍を遂げたMF藤本寛也らに加え、昨夏にはヴィトーリア・ギマランエスにDF小川諒也、ボアヴィスタにMF渡井理己、カーザ・ピアにFW邦本宜裕と新たに3人が参戦。また、今冬にはサンタ・クララにMF三竿健斗、カーザ・ピアにMF相馬勇紀が加入している。 守田が4試合ぶりにベンチ入りしたスポルティングは、8位ヴィゼラとホームで対戦。スポルティングはゴールレスで迎えた後半にエドワーズを下げて守田を投入。 するとスポルティングは、59分に試合を動かす。ボックス左深くまで侵入したマテウス・レイスのクロスをファーサイドのポロが折り返し、最後はゴンサウヴェスが流し込んだ。 その後、アレックス・メンデスのゴールで追いつかれたスポルティングだったが、試合終了間際に獲得したPKをポロが決め、リーグ戦3試合ぶりの勝利を飾った。 ★守田英正[スポルティングCP] ▽1/20 スポルティングCP 2-1 ヴィゼラ ◆後半からプレー ★小久保玲央ブライアン[ベンフィカ] ▽1/21 サンタクララ 0-3 ベンフィカ ◆ベンチ入りせず ★藤本寛也[ジル・ヴィセンテ] ▽1/26 カーザ・ピア 1-3 ジル・ヴィセンテ ◆93分までプレー ★小川諒也[ギマランエス] ▽1/21 ギマランエス 0-1 ポルト ◆ベンチ入りせず ★田川亨介[サンタ・クララ] ▽1/21 サンタクララ 0-3 ベンフィカ ◆65分からプレー ★三竿健斗[サンタ・クララ] ▽1/21 サンタクララ 0-3 ベンフィカ ◆65分までプレー ★渡井理己[ボアヴィスタ] ▽1/23 ブラガ vs ボアヴィスタ ★中村航輔[ポルティモネンセ] ▽1/20 アロウカ 4-0 ポルティモネンセ ◆フル出場 ★邦本宜裕[カーザ・ピア] ▽1/26 カーザ・ピア 1-3 ジル・ヴィセンテ ◆60分までプレー ★相馬勇紀[カーザ・ピア] ▽1/26 カーザ・ピア 1-3 ジル・ヴィセンテ ◆60分からプレー 2023.01.23 07:15 Mon
twitterfacebook
thumb

W杯後初出場の守田英正、三笘薫や久保建英の活躍に言及「薫といいタケといい刺激が凄い」

戦友の活躍はスポルティングCPの日本代表MF守田英正に大きな影響を与えているようだ。 ケガの影響でカタール・ワールドカップ(W杯)後はメンバー外が続いていた守田だが、20日に行われたプリメイラ・リーガ第17節、ホームでのヴィゼラ戦で復帰。互いに無得点のハーフタイムから途中出場し、2-1の勝利に貢献した。 ようやく2023年の公式戦初出場を飾った守田。22日未明には自身のツイッターで、ともにW杯を戦ったメンバーMF三笘薫(ブライトン&ホーヴ・アルビオン/イングランド)やMF久保建英(レアル・ソシエダ/スペイン)の活躍に言及し、「薫といいタケといい刺激が凄いな。環境に感謝するよ。俺もここから」と綴った。 W杯後、2人はそれぞれのクラブで鮮烈な活躍を披露。直近のプレミアリーグでもスーパーゴールを決めた三笘は言うに及ばず、久保も先週のダービーマッチで圧巻のゴール。守田としても期するものがあっただろう。 スポルティングはリーグ戦と並行して24日に国内カップ戦の準決勝を控え、来月にはヨーロッパリーグ(EL)のプレーオフも待っている。復活を遂げた日本のボランチにもかかる期待は大きいだろう。 <span class="paragraph-title">【SNS】「俺もここから」と綴る守田英正</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">薫といいタケといい刺激が凄いな。環境に感謝するよ。俺もここから。</p>&mdash; Hidemasa Morita/守田英正 (@mrt_510) <a href="https://twitter.com/mrt_510/status/1616855282948411392?ref_src=twsrc%5Etfw">January 21, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.22 18:50 Sun
twitterfacebook
thumb

【プリメイラ・リーガ日本人選手】三竿健斗がポルトガルデビューも中村航輔との日本人対決はゴールレスドロー

2022-23シーズンのプリメイラ・リーガ第16節が週末に行われた。 今シーズンのプリメイラ・リーガでは、スポルティングCPへ移籍したMF守田英正やジル・ヴィセンテで飛躍を遂げたMF藤本寛也らに加え、昨夏にはヴィトーリア・ギマランエスにDF小川諒也、ボアヴィスタにMF渡井理己、カーザ・ピアにFW邦本宜裕と新たに3人が参戦。また、今冬にはサンタ・クララにMF三竿健斗が加入している。 前節のベンフィカ戦でMOMに輝いたGK中村航輔の所属するポルティモネンセは、田川亨介と三竿健斗の所属するサンタ・クララをホームに迎えた。中村と三竿が先発した試合は、28分にサンタ・クララのピエール・サーニャが2枚目のイエローカードで退場処分を受ける。 数的優位となったポルティモネンセは、後半立ち上がりの52分にペドランのロングスルーパスに反応したウェリントンがボックス右深くまで切り込みシュートを放ったが、これは相手GKがファインセーブ。 さらに試合終了間際の94分には、レルバスのロングパスをボックス内のロチェスが競り合うと、こぼれ球を拾ったウェリントンがチャンスを迎えたが、このシュートも相手GKの好セーブに阻まれ、そのままゴールレスドローで終了した。 ★守田英正[スポルティングCP] ▽1/15 ベンフィカ 2-2 スポルティングCP ◆ベンチ入りせず ★小久保玲央ブライアン[ベンフィカ] ▽1/15 ベンフィカ 2-2 スポルティングCP ◆ベンチ入りせず ★藤本寛也[ジル・ヴィセンテ] ▽1/16 ジル・ヴィセンテ - ギマランエス ◆ ★小川諒也[ギマランエス] ▽1/16 ジル・ヴィセンテ - ギマランエス ◆ベンチ入りせず ★田川亨介[サンタ・クララ] ▽1/13 ポルティモネンセ 0-0 サンタ・クララ ◆ベンチ入りも出場せず ★三竿健斗[サンタ・クララ] ▽1/13 ポルティモネンセ 0-0 サンタ・クララ ◆フル出場 ★渡井理己[ボアヴィスタ] ▽1/14 ブラガ 1-0 ボアヴィスタ ◆ベンチ入りも出場せず ★中村航輔[ポルティモネンセ] ▽1/13 ポルティモネンセ 0-0 サンタクララ ◆フル出場 ★邦本宜裕[カーザ・ピア] ▽1/16 エストリル 2-0 カーザ・ピア ◆83分までプレー 2023.01.17 07:30 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly