マドリーが逆転で開幕5連勝! バルベルデのスーペルゴラッソに若きセレソンコンビが2戦連続の躍動《ラ・リーガ》

2022.09.11 23:04 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガ第5節、レアル・マドリーvsマジョルカが11日にサンティアゴ・ベルナベウで行われ、ホームのマドリーが4-1で逆転勝利した。

開幕5連勝を目指す首位のマドリーは、日曜ランチタイムキックオフのホームゲームでマジョルカと対戦した。

前節、ホーム開幕戦となったベティスとの首位攻防戦をヴィニシウス、ロドリゴの若きセレソンコンビのゴールで2-1と競り勝ったエル・ブランコ。ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)でも敵地でセルティックを相手にアザールのゴールなどで3-0の勝利を飾った。
週明けにCLのRBライプツィヒ戦、来週末にアトレティコ・マドリーとのダービーを控える中、マジョルカ戦では先発5人を変更。セルティック戦で負傷したベンゼマの代役にアザールを据えたほか、軽傷を抱えてベンチ外のミリトンに代えてリュディガー、中盤はクロースの相棒にバルベルデ、セバージョスを起用した。

開始直後に裏へ抜け出したムリキにいきなり枠内シュートを打たれる入りとなった以降は、ボールを握って相手を押し込んでいくマドリー。

[5-4-1]の守備ブロックを敷くマジョルカに対して、ボランチ脇のスペースを使いながらコンビネーションやヴィニシウスらの個人技で局面の打開を図る。14分にはクロースのミドルシュート、以降は押し込んでの波状攻撃でゴールをこじ開けにかかる。だが、前半半ば過ぎにバルベルデとの連携でボックス内に侵入したロドリゴのシュートはGK正面を突きゴールとはならず。

すると、序盤以降はほぼ決定機を作らせなかったアウェイチームに狙っていた攻撃からゴールを奪われる。35分、バルベルデのファウルで与えた自陣左サイドでのFKの場面でキッカーのイ・ガンインに正確なボールをファーへ送り込まれると、ムリキに打点の高いヘディングで合わせられた。

0-0でも不満が残る状況の中で先手を奪われたマドリーはすぐさま反撃を開始。だが、スペースを消す相手に対して急造トリデンテがなかなか効果的な崩しを見せられず、ブロックの手前でボールを動かすにとどまる。

だが、0-1でのハーフタイム突入が濃厚と思われた前半アディショナルタイム3分にバルベルデが圧巻の個人技で同点ゴールをもたらした。GKクルトワからスローを受けたセバージョスから自陣中央右辺りでボールを受けたバルベルデがハーフウェイライン手前からドリブルを開始。相手守備陣の緩さはあったものの、緩急と巧みなコース取りでぐんぐんと相手陣内でボールを運んでいく。そして、ボックス手前右からカットインを仕掛けると、利き足とは逆の左足で見事なミドルシュートをゴール左上隅に突き刺し、4人抜きの独走弾を完結させた。

バルベルデのスーペルゴラッソでスコアをイーブンに戻して後半に臨んだマドリーは、後半も押し込む戦い方を継続。だが、状況に応じて6バック化するマジョルカの守備に苦戦を強いられる。

これを受け、アンチェロッティ監督は59分、アザールとメンディを下げてモドリッチとナチョを同時投入。この交代でロドリゴをセンターフォワード、バルベルデを右ウイング、アラバをセンターバックから左サイドバックに配置転換。異なるアプローチでゴールを目指す。

マジョルカも同じタイミングで交代カードを切ったことで、試合に動きが生まれると、64分にはマドリーにピンチ。マジョルカの途中出場コンビに左サイドを崩されてグルニエからのマイナスの折り返しをアントニオ・サンチェスにフリーでシュートされるが、これは枠の左に外れて事なきを得た。

その後、マドリーはセバージョスに代えてカマヴィンガ、直後の71分には負傷したルーカス・バスケスを下げてカルバハルの投入を余儀なくされ、20分以上を残して交代機会をすべて使い切ることになった。

このアクシデントで少し嫌な空気が漂うが、絶好調の若きエースがまたしても決定的な仕事を果たした。72分、相手陣内中央でドリブル突破を仕掛けたロドリゴからボックス手前でボールを引き取ったヴィニシウスは絶妙なファーストタッチでDFを外してボックス左に持ち込むと、GKのポジションを冷静に見極めて左足のシュートを流し込んだ。

ヴィニシウスの公式戦5試合連続ゴールで逆転に成功したエル・ブランコは、ここからゲームコントロールを意識した戦い方にシフト。ボールを動かしながら、前がかりな相手に対して前線のスピードを生かしたカウンターで追加点を目指す。

すると、試合終盤の89分には相手陣内右サイドで鮮やかなドリブル突破を仕掛けたロドリゴがボックス付近でDF2枚をかわして右足のシュートを流し込み、リーグ戦2試合連続ゴールを記録。さらに、試合終了間際の93分には同胞MFクロースの正確なFKのアシストからリュディガーが見事なボレーシュートで移籍後初ゴールを記録。試合終盤に見せた畳みかける攻めで一気に突き放した。

そして、前半こそベンゼマ不在による攻撃の停滞を感じさせたマドリーだったが、バルベルデのスーペルゴラッソに、若きセレソンコンビの2試合連続の躍動によって終わってみれば、4-1の快勝。開幕5連勝で次節マドリード・ダービーに大きな弾みを付けた。

関連ニュース
thumb

ヴィニシウスがナイキとのスポンサーシップ解除を要求…以前から関係は悪化

レアル・マドリーのブラジル代表FWヴィニシウスが、個人契約を結んでいる『ナイキ』との契約解除を求めているようだ。ブラジル『O Globo』が伝えている。 ヴィニシウスとナイキのスポンサーシップは、ヴィニシウスが13歳の頃からスタートしている。試合でナイキが誇る名器『マーキュリアルシリーズ』を履く姿はすっかりお馴染みとなった。 2028年まで契約を結んでいるものの、現在はその関係が悪化しているとのこと。『O Globo』によれば、両者は数カ月前から対立しており、ヴィニシウスはナイキ主催のイベントへの参加を拒否する姿勢を見せていたという。 そして、今回のカタール・ワールドカップでナイキがマーキュリアルシリーズの旧モデルの着用を求めたことが追い討ちをかけ、ついにヴィニシウスは弁護士に契約を打ち切るよう指示を出したようだ。 なお、昨季のチャンピオンズリーグでもヴィニシウスは旧型のスパイクを履いてプレー。当時から契約解除に向けた法的手続きは始まっていたようだ。 2022.12.05 13:30 Mon
twitterfacebook
thumb

マドリーがラッシュフォードへの関心を再燃、ユナイテッドの売却シナリオとは…

レアル・マドリーが、マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォード(25)への関心を再燃させているようだ。 カタール・ワールドカップ(W杯)に参戦中のラッシュフォード。グループ初戦のイラン代表戦で途中出場直後にゴールを挙げ、最終節のウェールズ代表戦ではスタメン出場し、圧巻の直接FKを含む2得点を挙げている。 所属するユナイテッドでも今季、公式戦19試合で8得点3アシストと好調。以前にもマドリーからの関心を報じられた時期があったが、ここにW杯での印象的な活躍が上乗せされたことで再燃してきているようだ。 スペイン『ムンド・デポルティボ』によると、ユナイテッドはマドリーの動きを警戒しつつも、マドリー以外にもラッシュフォードに興味を持つクラブは存在。来たる移籍市場で売却せざるを得なくなる可能性が捨てきれないという。 それは、ラッシュフォードと契約延長で合意できていないため。契約が2023年6月までのなか、クラブは1年延長オプションの行使権を持つ。しかし、行使したとて2024年夏までに売り時は限られており、このまま延長オファーに同意して貰えなければ、いずれは売却せざるを得ないということだ。 2022.12.04 20:03 Sun
twitterfacebook
thumb

マドリー、クロアチア代表CBグヴァルディオルに関心? 日本戦はスタメン確実

レアル・マドリーが、RBライプツィヒのクロアチア代表DFヨシュコ・グヴァルディオル(20)への関心を強めているようだ。スペイン『Fichajes』が報じている。 5日にカタール・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦の日本代表戦を控えるグヴァルディオルは、グループステージで全3試合にフル出場し、日本戦もスタメンが確実。今夏にはチェルシー行きが噂された20歳のセンターバックだ。 所属するライプツィヒでは昨夏の加入から即座に定位置を掴み、今年9月に契約を2027年6月まで延長も、W杯の活躍で再びチェルシー行きが再燃し、つい先日には「将来のことはわからない」と発言。ついに欧州王者マドリーも無関心を装えなくなったようだ。 『Fichajes』は、ライプツィヒの同僚、フランス代表FWクリストファー・エンクンク(25)が来夏のチェルシー移籍を確実なものとしている一方、グヴァルディオルの去就は宙に浮いたままと説明。マドリーは来夏の獲得に本腰を入れる見込みとされている。 2022.12.04 15:26 Sun
twitterfacebook
thumb

マルセロ長男エンツォがマドリーとの最初の契約にサイン! 父の攻撃センス受け継ぐFW

元ブラジル代表DFマルセロ(34)の長男がレアル・マドリーとの最初の契約にサインした。 2006年から昨シーズン終了まで在籍し、個人として歴代最多25のタイトル獲得に貢献したレジェンドDFを父親に持つのが、FWエンツォ・アウベス・ヴィエイラ(13)。 幼少期から父と同じエル・ブランコに在籍してきたストライカーは、インファンティルA(13~14歳)のカテゴリーでプレー。偉大な父とポジションは異なるものの、卓越したテクニックと攻撃センス、アスリート能力をしっかりと受け継いでおり、将来のトップチーム昇格が期待される逸材の一人だ。 そのエンツォは3日、自身のインスタグラムを通じて、「世界最高のクラブとの僕の最初の契約。とても幸せだよ」と、マドリーとの最初の契約にサインしたことを明かした。 <span class="paragraph-title">【画像】マルセロ長男がエル・ブランコとの最初の契約にサイン</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CltsfPnrnWz/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CltsfPnrnWz/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #F4F4F4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CltsfPnrnWz/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Enzo Alves(@enzoalvesv)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script></div> 2022.12.04 07:00 Sun
twitterfacebook
thumb

マドリーとフランス代表で躍動するチュアメニ、かつてセスクがバルサに推薦「ブスケッツの後継者に最適だった」

フランス代表としてカタール・ワールドカップでも活躍中のオーレリアン・チュアメニだが、セスク・ファブレガスはいち早くその才能に気づいていたようだ。 セスクとチュアメニはモナコでおよそ2年半共闘した間柄。チュアメニはそのモナコで徐々に頭角を現すと、2021年9月にフランス代表デビューを果たし、今回のカタールW杯でもメンバー入り。本戦ではグループステージ3試合で先発出場している。 セスクが初めてチュアメニを知ったのは、チュアメニがまだボルドーに在籍していた頃のこと。リーグ・アンのボルドー戦で感銘を受けたと、セスクは『フットメルカート』の取材で語った。 「彼が他の選手とは違うことをすぐに見抜いたよ。初めて彼を見たのは、モナコで行われたボルドーとのリーグ戦のことだった」 「僕はベンチからのスタートだったんだけど、彼のパフォーマンスに驚かされてね。思わずスタッフに『ボルドーのあのMFは誰なんだ?』と尋ねたのを覚えている」 すると2020年1月、モナコはそのチュアメニを1800万ユーロで獲得し、2人はチームメイトに。当時のことをセスクは「彼はウチに来て、少し適応する時間も必要だったけど、その後はどんどん成長して僕が思っていた通りの素晴らしい選手になったよ」と語る。 そして、セスクはさらに、チュアメニを古巣のバルセロナに推薦したという。 「バルサでオーレルのことを話したのは本当だ。彼らはセルヒオ・ブスケッツの後継者を探す準備にとりかかっていて、僕にとっては完ぺきな選手だった」 「だけど、バルサが資金不足だった時期で、4000万ユーロ以上は提示できなかったと思う」 ただ、セスクの期待とは裏腹に、チュアメニは今夏レアル・マドリーへ移籍。多くのビッグクラブが獲得に動いた中で、最大1億ユーロの値がついた。 バルセロナの最大のライバルへ移籍したチュアメニだが、ここまではレギュラーとして公式戦18試合に出場中。セスクは「オーレリアンに限界はない」と、ライバルで活躍する22歳へエールを送っている。 2022.12.03 18:45 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly